Kingfisher−KAZU さん プロフィール

  •  
Kingfisher−KAZUさん: Kingfisher−KAZU おさかな大好きぃぃぃ〜
ハンドル名Kingfisher−KAZU さん
ブログタイトルKingfisher−KAZU おさかな大好きぃぃぃ〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/kingfisher-kazu/
サイト紹介文[KINGFISHER]=カワセミ 釣りのこと熱帯魚のこと、大好きなお魚を追いかけて今日も右魚左魚(右往左往)…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/12/29 11:25

Kingfisher−KAZU さんのブログ記事

  • テレスピレス3人衆
  • テレスピレス河…なんと言う魅力的な響きだろうか⁉アマゾン河の中流域、サンタレンで南側から合流するタバチョス河、さらにその上流部にてタバチョス河に合流するのがテレスピレス河(Rio Teles Pires )です。交通の便が良くないのとブラジルの法律により輸送が厳しく規制されているところから、魅力的な魚種が多く生息しているにもかかわらず輸入が困難な地域です。そんなテレスピレス河…テレスピレス河産と付けば魅 [続きを読む]
  • 近況報告
  • 最近インスタグラムばかり利用してすっかりブログをサボってます??インスタのほうが楽ですよね。直感的というかお手軽と言うか…自分のブログ見てびっくり⁉なんと2017年になって1回しか投稿していない。毎日皆さんのブログは拝見しているにもかかわらず…読者さん、Amebaさんどうもすいません。ということでちょっと近況報告です??最近のマイブームはズバリ、コクリオドン系ヒポストムス系でして、またまたディープな変態レベ [続きを読む]
  • 20170420湘南茅ヶ崎港〈ちがさき丸〉ビシアジ釣行
  • 死んじゃったわけではありません。生きていますなんと10ヶ月振りの釣行熱帯魚に夢中でして…しかもブログよりすっかりInstagramに慣れてしまって 、ブログの更新はなんと5ヶ月振りで、釣果はといいますと(ちがさき丸さん撮影画像)こんな感じでした天気に恵まれて何より…でも午前はデカサバに邪魔されて、マツるは手を切るはと厳しい集中力が続かずダメ釣り師でしたが、午後は少しポイントを移動して入れ掛りを堪能久しぶりに楽 [続きを読む]
  • 2016年ゆく年くる年
  • 相変わらずの大晦日は出勤。勤務地町田から2時間かけての帰宅途中のブログ更新です。振り返ると2016年は年末に導入した貴重なお魚を★してしまい、傷心から始まりました。その後は順調にプレコが増えて、水槽もずいぶん増えました。今年一番の大物収穫は、5月に我が家に来たこの子達↓ですねトカンチンスオレンジロイヤル、43センチと40センチの子がドーンと我が家のメイン水槽に入りました。画像一枚目の40センチの子は8月に水槽 [続きを読む]
  • 孤高のトリム系
  • 我が家唯一のトリム系プレコ。1年半で8センチから18センチに成長しました。ちょっとおデブ気味かな??1年半前に我が家に来たとき尾鰭と背鰭がソリッドレッドになるかなあ?なんて期待しましたが、普通のウルトラになりました。でも、パナクエ水槽で孤軍奮闘する君が大好きですよ。通称ウルトラスカーレットプレコ「L025」とか「Pseudacanthicus sp」で流通していましたが、今年やっとこの子に学名が付きました。「Pseudacanthicu [続きを読む]
  • 孤独なPterygoplichthys
  • Pterygoplichthys属要するにセルフィンプレコの仲間です。我が家唯一のPterygoplichthys属、ネグロ本流バルセロス産のクイーンセルフィンプレコです。セルフィンプレコって300円くらいで東南アジアブリードが入手できる昨今、この子はその約60倍くらいの値段だったかな子供の頃から憧れのお魚だったのと、結構人気で入荷しても常に即売してしまうようなので、思わず連れて来てしまった子です。「値段はそれなりだけど、しょせんセ [続きを読む]
  • 悪は誰だ⁉
  • ↓導入当初のマーブルタティアとても餌食いが良くスクスク育ち、家に来て3ヵ月で9センチから18センチに急成長しました。↓トラキヨプテルス アルビクルクスこちらもマーブルタティアとほぼ同時期に家に来て、8センチから17センチに急成長しました。どちらも同じ水槽に入っていますが、この水槽に入れた魚がしばしば被害にあっており…どちらもアウケニプテルス科でどっちが悪さをするのか分からずにいました。マーブルタティアは動 [続きを読む]
  • シングーから来たタティア
  • バイレットブルータティアダムがたくさんできて環境が激変しつつあるシングー河から来た。シングーはアマゾン河の支流のなかでも透明度が高く異質の支流。それゆえに固有種も多いと言う。筆頭はインペリアルゼブラプレコだろうか。アマゾン本流のような透明度の低い濁った水には燃えるような赤やイエローの魚が、透明度の高いシングーのブルーの世界にはインペや画像のタティアのような青白い魚が似合う。今シングーはどうなってい [続きを読む]
  • 女王様
  • たまには…と思いパナクエ属以外のプレコを連れて来てみました。ただのセルフィンプレコではありませんよ。その名も「クイーンセルフィンプレコ バルセロス」です。先週入った3尾は即完売でしたが、現地に残っていたちびっ子を運良くゲットできました?導入にあたりまったく知識のないセルフィンプレコについて調べてみました。①東南アジアブリードのちびっ子がいっぱい売っています。5センチ弱から20センチくらいまで、苔取りと [続きを読む]
  • ブルーアイプレコ2種
  • Panaque cokuriodon↓Panaque suttoni↓やっぱり別種ですね。同じ水槽の同じ照明下なので目の色、体色の違いは明白です。顔の形も違いますね。それから鱗の並び方とトゲトゲの感じも違います。最近ショップで見られるのは、Panaque cokuriodon、いわゆる旧タイプってやつです。やっぱり目がキレイなブルーだから人気もあるのでしょうね。半分疑っていましたが、やっぱり別種です。新タイプを売ってくれた京都「のアクアリウム サン [続きを読む]
  • 初2ショット
  • 2ショットです?ブルーアイプレコの新旧両タイプの初2ショットです。画像の左、黒っぽくて目がキレイな青なのが旧タイプと言われるPanaque cochliodonで、画像の右もしくは中央、グレーっぽくて目もブルーグレーなのが新タイプPanaque suttonorumです。コツコツ購入して、それぞれトリートメントをしっかりして、やっとメイン水槽に3尾とも入り、バッチリ立ち上がって、やっと3尾が競いあって餌を食べている姿を画像に収めることが [続きを読む]
  • メイン水槽デビューまで
  • 先月の20日に我が家に来たアラグアイアゴールデン26センチ。日本に輸入されたのはその10日前くらいか?今回はいたって順調に立ちあがり、すでに人工餌を見ている前でモグモグしている。このように、すぐに餌付いてくれる子もいれば数ヶ月餌付いてくれない子もいる。私の場合、ライト点灯時に人工餌をしっかり食べてくれた時を「餌付いた」としている。流木は食べて糞をしている、餌を食べているのを見たことないが痩せてもいない、 [続きを読む]
  • 何種いるでしょうかあ?⁉
  • タティア水槽お食事中(^o^) さて 何種いるでしょうか? A video posted by Kazumasa Sugiura (@kazumasasugiura) on Oct 28, 2016 at 9:37pm PDTはてさて、何種いるでしょうか?正解は、①タティア コンコロール ずっと映ってます。②ホルスタインタティア③最初の方に画面左端に出てくる黒っぽい奴タティア レティクラータス④幅広ボディーでヒラヒラと泳いでるスポットブルドックキャット⑤少し大きめでグレー地にスポット柄 [続きを読む]
  • ツーショットを撮らせてくれない(>_<)
  • どちらの画像もブルーアイプレコだが、上の画像が「Panaque cokuriodon」、下の画像が「Panaque suttonorum」だと思う。資料が少なすぎてよくわかりませんが、同じ水槽にいながらこれだけ体色と目の色が違うので別種です。ツーショットを撮りたいのだが、何故か並んでくれない。我が家には上の画像のタイプが2尾と下の画像のタイプが1尾いるが、意外と3尾とも気が強いようで他のロイヤルプレコに負けていません。 [続きを読む]
  • いつかブリーディングを…
  • ↑たぶん♂のトカンチンスオレンジロイヤル43センチ通称「皐月」この胸鰭先端のトゲトゲは♂でしょ?↑同じくトカンチンスオレンジロイヤル40センチ通称「メイ」「皐月」と比べると♀らしい胸鰭です。体型は「皐月」の方が体高がありシングープラチナタイプ。「メイ」は体高が低くタバチョスサンダータイプ。性格は♂っぽい「皐月」は極めておっとりしており、♀っぽい「メイ」は破壊王。今はそれぞれ1200*600*450に入っているが15 [続きを読む]
  • グリーンキャット食事中(^o^)
  • 曲がった髭を左右に伸ばして餌を探知します。ちなみに通常時↓髭は体側にある窪みに収容されていて、水の抵抗を減らしています。上の画像の2個体は美事なグリーンになりましたが、下の画像の個体はガンメタのままです。なかなか格好良い魚ですよ? [続きを読む]
  • コンコロールタティア
  • Centromochlus concolor http://www.planetcatfish.com/common/species.php?species_id=2138たぶんコイツだと思います。現在4センチくらい、ペルーから来ました。タティアの仲間ではホルスタインタティアの次に陽気なタイプです。ホルスタインタティアと比較して目の位置が低い!↓ホルスタインタティア目と口の位置からするともっと泳ぎ回っても良い気がしますが、ホルスタインタティアの方が泳ぎます。コイツはそれな [続きを読む]
  • グラスドルフィンキャット
  • グラスドルフィンキャット Tympanopleuracf.piperatus? 約4センチ、お腹の中の赤虫が透けて見えます。 A video posted by Kazumasa Sugiura (@kazumasasugiura) on Oct 19, 2016 at 7:44pm PDTTympanopleura cf. piperatus?ドルフィンキャットと言えばAgeneiosusですが 、planet catfishではここで記載されています。http://www.planetcatfish.com/common/search_result.php?family_id_url=22&genus_id_url=259& [続きを読む]
  • メイン水槽の「メイ」さん
  • 破壊王メイ(トカンチンスオレンジロイヤル40センチ)の軽?い頭突き…普段はこんな優しくありません。 A video posted by Kazumasa Sugiura (@kazumasasugiura) on Oct 16, 2016 at 4:32pm PDTメイン水槽②のトカンチンスオレンジロイヤル破壊王「メイ」40センチです。途中登場するのが、グリーンロイヤル(コロンビア)30センチとサンダーロイヤル(リオアラピヌス)34センチです。水槽が1200*600*450なので、これくらいの魚 [続きを読む]
  • メイン水槽の近況報告(^o^)
  • サンダーロイヤル34センチ(リオアラピヌス)がコロンビアグリーンロイヤル30センチに幅寄せ攻撃 A video posted by Kazumasa Sugiura (@kazumasasugiura) on Oct 16, 2016 at 4:25pm PDT先日6ヶ月間のトリートメントを経てやっとメイン水槽にデビューしたサンダーロイヤル(リオアラピヌス)34センチです。なかなか人工飼料に餌付いてくれず、その後はエピスチリス(ツリガネ虫病)になったりと世話のかかった子です。輸入か [続きを読む]
  • テレスピレス河産サンダーロイヤル
  • ついに入手テレスピレス河のサンダーロイヤル27センチです。今回4尾輸入された魚のうちの一番大きい個体です。テレスピレス河のサンダーと言えば「シノッピ」と言われるブランド魚ですが、あえて「シノッピ」とは私も某ショップの店長も言いません。「シノッピ」はW.B.SABBYが現地で厳選して輸出した魚で、価格も桁が一桁違います。今回私が入手したのは、出処はテレスピレス河の上流域の街Sinopで間違いないのですが、SABBYの魚で [続きを読む]
  • リオアラピヌス産サンダーロイヤルプレコ
  • 2月にブラジルから輸入され、3月3日に京都のショップから我が家に来て、ハンガーストライキ、エピスピリスなどのトリートメントを半年経て、やっとメイン水槽にデビューできました??祝 メイン水槽デビューリオアラピヌスはタバチョス河の最下流で合流する支流です。この地域のサンダーは、シングーのプラチナみたいな体型で柄はハッキリとサンダーという個体群のようです。3月には数匹の輸入でハッキリとわかりませんでしたが、1 [続きを読む]
  • Acanthodorasspinosissimus?
  • 以前某ショップからAcanthodoras spinosissimusとして連れてきたお魚は、たぶん普通のスポットトーキングキャットAgamyxis pectinifronsでしたで、今回は…どうでしょうブラジルアマゾンの下流域、グアマ川のプジャルから来た普通のアカンソドラスAcanthodoras cataphractusに混じりで入ってきた奴です。もちろん限定1尾…イーストアフリカさんの眼力に感謝です。同ロットで入ったAcanthodoras cataphractusと [続きを読む]
  • グリーンキャット2尾追加
  • 先月我が家に来て、1ヶ月間のトリートメントが終わりやっと調子があがってきたグリーンキャットですが、本調子になってみるとあまりに格好良いので、2尾追加しちゃいました?どれくらい格好良いかと言いますと…シルバーのメルセデスがグリーンキャットに見えてきましたあグリーンキャットはものの本によりますと、まずは輸送に弱い…塩が必要?…白点病になりやすい…入荷が珍しい…などなど我が家も例にもれず白点病の洗礼を受け [続きを読む]