かんちゃん さん プロフィール

  •  
かんちゃんさん: かんちゃん 音楽のある日常
ハンドル名かんちゃん さん
ブログタイトルかんちゃん 音楽のある日常
ブログURLhttp://yaplog.jp/yk6974/
サイト紹介文音楽をテーマに日々を語っていきます。かつてのメルマガの復活って感じです。
自由文音楽なら何でも・・・・・つまり、CDや放送、コンサート、オーディオ、コンサート、はたまた駅の発車ベルなどなど、「音」にまつわるものであれば何でも取り上げます。音楽そのものだったり、そこから派生するさまざまなものだったり。エッセイと呼ぶにはつたないですが、音楽をテーマに日々発信していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2010/12/29 13:41

かんちゃん さんのブログ記事

  • 神奈川県立図書館所蔵CD:ヴィラ=ロボス 弦楽四重奏曲全集4
  • 神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、ヴィラ=ロボスの弦楽四重奏曲全集を取り上げていますが、今回は第4集を取り上げます。第4集で収録されているのは、第2番、第12番、第16番の3曲ですが、ここまで来るとこの全集の編集方針が明らかになったと言っていいでしょう。つまり、番号順で作品の軌跡を追いながらではなく、幾つかの作品を年代順にピックアップして、ヴィラ=ロボスの弦楽四重奏曲の軌跡をたどり、俯瞰しようという方針で [続きを読む]
  • 今月のお買いもの:ヘンデル ユダス・マカベウス2
  • 今月のお買いもの、平成29年1月のものを御紹介しています。今回は銀座山野楽器本店にて購入しました、ヘンデルのオラトリオ「ユダス・マカベウス」の後半です。後半、と言っても、第2部途中からなんですけどね。で、一番有名な「勇者は帰る」は、このCDの19トラック目に入っています。ボーイソプラノがとても美しい!その後に続く女声も本当に美しい・・・・・ユダス・マカベウスに関しては一枚目を取り上げた時に説明しましたが、 [続きを読む]
  • 今月のお買いもの:ヘンデル ユダス・マカベウス1
  • 今月のお買いもの、平成29年1月に購入したものを御紹介しています。今回は銀座山野楽器にて購入しました、ヘンデルのオラトリオ「ユダス・マカベウス」です。実は、ずっと探していたんです、この曲のCD。いや、国内盤なら、もう夏くらいにディスクユニオン新宿クラシック館にて見つけていました。ただし、幅が広い・・・・・棚がですね、もうきつきつなのです。多分追加に新たに買う予定ではいますが、一段か二段作れればいいかな [続きを読む]
  • 神奈川県立図書館所蔵CD:ファリャ 三角帽子
  • 神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回はスペインの作曲家、ファリャの「三角帽子」です。フリューベック・デ・ブルゴス指揮フィルハーモニア管の演奏です。ファリャは最近、管弦楽作品を採り上げました。神奈川県立図書館所蔵CD:ファリャとアルベニスの管弦楽曲http://yaplog.jp/yk6974/archive/1541南欧の独特の和声が魅力的なファリャの作品をこの時聴いて、さらにと思って借りたのがこの音源でした。ファリャと言えば、この [続きを読む]
  • 今月のお買いもの:リース 交響曲集
  • 今月のお買いもの、平成29年1月に購入したものを御紹介しています。今回はディスクユニオン池袋店にて購入しました、リースの交響曲のアルバムをご紹介します。たまには他の音盤組合の店へ行ってみるのもいいものです。こういった掘り出し物が見つかります。リースの交響曲など、実は山野でもなかなかお目にかかれません。リースと言えば、このブログでも幾度かご紹介したことのある、ナクソスのマンガ「運命と呼ばないで」の主人 [続きを読む]
  • 神奈川県立図書館所蔵CD:ファリャとアルベニスの管弦楽曲
  • 神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回はスペイン音楽のアルバムをご紹介します。スペインの作曲家と聴いて、どなたを思い出しますか?え、誰かいたっけ?ってなりません?言われてみれば、そんな人もいたよね〜ってなると思いますが、すぐ出てくることはなかなかないように思います。え、ボッケリーニですって?確かに彼はスペインで活躍した作曲家ですので、ひとりに数えてもいいかもしれませんが、基本的にはイタリアの作曲家 [続きを読む]
  • 神奈川県立図書館所蔵CD:マルチヌー 管弦楽曲集
  • 神奈川県立図書館所蔵CD、今回は久しぶりにマルチヌーの登場です。マルチヌーの管弦楽曲集をご紹介します。この資料を借りてきたのは、マルチヌーへの興味がわいていたことがきっかけです。当ブログでも、交響曲で3回、協奏曲でも3回取り上げております。そんな中で借りてきたこの音源ですが、じつは最初に収録されている作品は、後に再びCDで購入することになります。それが以下のエントリで、都合によりCDのほうが先の御紹介にな [続きを読む]
  • 今月のお買いもの:山田一雄 管弦楽作品集
  • 今月のお買いもの、平成29年1月に購入したものを御紹介しています。今回はディスクユニオン御茶ノ水クラシック館にて購入しました、ナクソスから出ている日本作曲家撰集から、山田一雄の管弦楽作品集を取り上げます。いつもと違う店に行きますと、いつもとはまた一味違ったCDが見つかると言うものです。このヤマカズさんの作品集もそういったものになるでしょう。そう、このアルバムは、あの指揮者山田一雄が残した管弦楽作品を収 [続きを読む]
  • 今月のお買いもの:デイヴィスが振る第九
  • 今月のお買いもの、平成29年1月分をご紹介します。今回はディスクユニオン新宿クラシック館にて購入しました、サー・コリン・デイヴィスが振る「第九」です。毎年、第九のCDを購入することが半ば行事と化しているのが年末から年始にかけての情況なのですが、そろそろ棚も少なくなってきたことなので、何でも買うということはやはり憚られるのです。この一枚も、他の演奏とにらめっこして、厳選して買ってきたものです。サー・コリ [続きを読む]
  • 神奈川県立図書館所蔵CD:ラモー クラヴサン組曲集1
  • 神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、今回はラモーのクラヴサン組曲集を2回にわたって取り上げます。今回は第1回目として、前半3曲を取り上げます。知っているひとからすれば、いきなりラモーへ飛ぶんですかと驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。印象派の時代からいきなりバロックへと飛ぶわけですから。どんな脈絡があって借りたのかと訝しがる方もいるかもしれません。でも、私の中ではきちんとした関連があって、この音源 [続きを読む]