角田和将 さん プロフィール

  •  
角田和将さん: 速読が持つ本当の力
ハンドル名角田和将 さん
ブログタイトル速読が持つ本当の力
ブログURLhttp://limixceed.co.jp/blog/
サイト紹介文10万部を超えるベストセラーとなった「1日が27時間になる!速読ドリル」(総合法令出版)の著者。
自由文角田 和将(つのだ かずまさ)
イントレ講師/トレーダー/作家

著書に10万部を超えるベストセラーとなった「1日が27時間になる!速読ドリル」をはじめ、「速読日本一が教える1日10分速読トレーニング」がある。 トレード対象はFX・株メインで、トレードスタイルは基本スイング〜デイ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/12/31 02:29

角田和将 さんのブログ記事

  • 普段読まない分野の本もたまに見る
  • 普段読まれる本の分野は人によって偏りがあるものだと思います。  例えばビジネス書をよく読む人でもスキルアップ分野の本をよく読む人もいれば、自己啓発分野の本をよく読まれる人もいます。    ただ一つ注意したいのが、その逆にあたる、普段読もうともしない興味のない分野の本にも目を向けてみた方が良いという事です。  なぜそのような事を勧めるのかと言うと、これは本を出版する側の立場に立ってみるとわかります。 [続きを読む]
  • 塚口先生とトークイベントをやりました
  • 今日は現役ヘッジファンドマネージャーの塚口直史先生と出版記念講演およびトークイベントをさせてきました。  初めてお会いした方、お久しぶりにお会いすることができた方、イントレ受講生の方、いろんな方々にお会いできて大変嬉しかったです。ありがとうございました!    塚口先生のお話は私自身も大変勉強になりました。  塚口先生の著書「トランプ・シフト」は内容こそ時事的な感じを受けるかもしれませんが、本質的 [続きを読む]
  • 堀江信宏先生の出版記念パーティーに行ってきました
  • 昨日は共通のメンターを介して知り合いました堀江信宏先生の出版記念パーティーに行ってきました。  堀江さんとはちょうど「速読ドリル」が発売された時期(2015年)に、共にインドを旅していた時以来の再会でした。  その旅から1ヶ月後、癌にかかり、ずっと闘病生活をされていたそうです。  というのも、私は2016年に寛解されたという事を堀江さんが発信された時に初めてその事実を知ったので、それはそれは驚きました。  [続きを読む]
  • 対面形式での講師の活用法
  • 通学形式の講座に行くと、基本的には講師がいて、その話を生徒が聞くというスタイルが一般的かと思います。  ただこのスタイルが基本だと思ってしまう事で、人様に対して失礼な言葉かもしれませんが、講師の使い方を誤っている人が多くいるようにも思います。    多くの人は講師から何かを教えてもらうという気持ちでいるのですが、今の時代、何かの知識を得るだけならば、ネット上でも入手できますし、教えてもらうだけなら [続きを読む]
  • TSUTAYA三軒茶屋店さんでランキング入りしました
  • 今週末に迫ったTSUTAYA三軒茶屋店さんでのトークイベント。  盛況を予感させるようにランキング入り(ランキングアップ?)していたとのご報告を頂きました!!!  お買い求め頂きました皆様、本当にありがとうございますm(_ _)m    私も「わかりやすくて良い本だな〜」とか「この本売れてるなあ」と思っていた良本に囲まれながらの健闘で、素直に嬉しさMAXです^^  なおトークイベントでサイン会参加された方には、急 [続きを読む]
  • 実現したい目的は○○○レベルに
  • 日本の法定最高速度は基本100km/hかと思いますが、車のスピードメーターが100km/h以上あります。  これは100キロで走るのに、100キロしか出ない車では安定感がなくなってしまうので、それ以上の速度が出ても大丈夫だという必要があっての事なのかなと私は思っています。  昔サーキットで走っていた時に、やはり普通乗用車で180キロを出している時と、軽自動車で同じ速度まで出した時だと、軽自動車は「壊れるんじゃないか?」 [続きを読む]
  • 銀行にお金を預けるより○○を買う?
  • マイナス金利政策の影響からか、タンス預金も含めて、貯金の動きが活発化しているような雰囲気がここ最近はあります。  (普通預金など預金通貨伸び率過去最大)http://www.asahi.com/articles/ASJCB3G91JCBULFA00H.html    しかし、結局定期預金でも普通預金でも、お金を預けている(貸している)側の立場からすると、どちらにしてもほとんど利息がない事は変わりません。  ただ手元にたくさんの現金を置いておく事も心許 [続きを読む]
  • できない人にはできない理由はわからない
  • どの分野においても言えることですが、できない人というのは、自分ができない理由がわからないものです。  例えば速読ができないという人はいつの時代も一定数必ずいますが、その人たちは共通して、速読はできないわけです。  違う例でも、FXで稼げないと言ってる人もいますが、同じくどの人もFXで稼いでいない人たちになるのです。    では、自分ができない理由をわかるようにするにはどうしたらよいか?  答えは簡単で [続きを読む]
  • 完璧主義だとうまくいかない理由
  • 速読トレーニングにおいては完璧主義だとうまくいかないという事をこれまでの著書で一貫して伝えてきております。  ひょっとしたら「適当にやるのが良いなんておかしい」と思われた方もいるかもしれませんが、なぜ完璧主義だとうまくいかないのでしょうか?    それは「イレギュラーな事に目が向く」からです。  言い換えるならば、否定的な考えや起こってほしくない事に目が向くという事です。  起こってほしくない事に [続きを読む]
  • 人生で自由になる時間は意外と短い
  • 昔は「敦盛」の舞にもあるように人間50年の時代でしたが、今は100年生きても不思議ではない世の中になりました。  この100年を秒換算すると大体31億秒になります。    秒換算したら結構な時間があるようにも思えるかもしれませんが、実際にはその中で睡眠も取らなければなりませんので、仮に睡眠時間を1日8時間とした場合、その時間は3分の2になります。  つまり人生は大体20億秒程になるのです。  もっと言えば、食事や [続きを読む]
  • 書店の特徴だけでなく○の特徴も意識する
  • 自分の中では当然のような感覚で捉えていたのですが、先日出版社さんで「そうでもないのかな?」と思った事があったのでシェアしたいと思います。    以前にこのメルマガでもお伝えしつつ、著書「速読思考」の中でも書かせて頂きましたが、書店で置かれる本には、書店毎に特徴があります。  端的に理由を書くと、本を置ける場所には限りがある事、新刊店数は毎日100冊以上入荷してくる事、置く本を決めるのは書店員さん、つ [続きを読む]
  • お金の本質を知るとお金の不安はなくなる
  • 今朝、Yahooニュース等のメディアに昨年経済評論家の加谷珪一先生とやった対談記事がアップされていました。    https://goo.gl/gLJYlT    のっけから『「とりあえず貯金」は悪手』というタイトルで始まっており、先日出した新刊のタイトル「貯金ドリル」と真逆な印象を受けるかもしれません。    結果的にお金が貯まるという状態にはなるので、今回の新刊では貯金というタイトルが付けられていますが、伝えたい本質的 [続きを読む]
  • 明日からトークイベント(東京)の整理券配布が始まります!
  • 明日2月1日(水)より、TSUTAYA三軒茶屋店さんで予定されているトークイベントのサイン会整理券配布が開始となります!        気づいたら貯金ドリル、ランキング入りもしているようで、是非明日以降にTSUTAYA三軒茶屋店でご購入頂けたら嬉しく思います。        これまでに頂いているご感想で多いのが、「貯金の事が書いてあるのかと思ったら、むしろお金の使い方の本」、「お金の考え方がわかりやすく書かれている [続きを読む]
  • 現在の常識は将来の非常識
  • 私は現在、年間の3分の1〜半分弱の期間出張しております。  そんな環境なので、私の中での定宿もいくつかあるのですが、その宿の部屋掃除は時期によって担当する人が入れ替わっているようです。    そして最近その掃除がイマイチきちんとされていない事に気づきました。  例えば連泊している時に、加湿器のフィルター清掃のランプが点灯している状態なのですが、ずっとオフにならない(つまり掃除していない)。  また使 [続きを読む]
  • 出版記念講演会やります!
  • 来月2月18日(土)に、「貯金ドリル」出版に伴って、出版記念講演会をやらせて頂く事になりました。    出版記念Wトークイベント「激動社会を自分の足で生き抜くための考え方、お金の増やし方」開催概要  日時:2017年2月18日(土) 10時半〜場所:内田洋行 ユビキタス協創広場 CANVAS 地下1階   東京都中央区新川2-4-7   ※施設詳細は以下URLよりご確認下さい。   https://goo.gl/WdIle7主催:SBIハイネットワー [続きを読む]
  • Yahooニュースでコラムが掲載されました
  • 本日Yahooニュースで新刊「貯金ドリル」を起点としたコラムが掲載されていました。  滅多に書評とかを書かれない私なので、掲載されているのを見た時には正直おそらく自分が一番驚いたのではないかと思います^^;  (「固定費を削るのは限界がある」と思ったら)http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170128-00010001-agora-bus_all    今回の新刊「貯金ドリル」について、各方面からいろんなご意見やご感想を頂 [続きを読む]
  • 出版記念イベント(東京)のお知らせ
  • 2月19日(日)にTSUTAYA三軒茶屋店さんでトークイベントをやらせて頂くことになりました!  イベント自体は参加無料との事ですので、ご家族ご友人お誘いあわせの上、是非お越し下さい^^  なおサイン会の整理券については先着順との事ですので、お取り置きのお電話または店頭で、その旨直接お伝え頂ければと思います。  サインする時、今は基本サインオンリーとさせてもらっているのですが、今回は整理券先着順との事なので、 [続きを読む]
  • 情報収集の種類
  • 情報収集の方法は様々ありますが、大きく分けて2種類あります。  それは「能動的な情報収集」と「受動的な情報収集」の2種類です。    能動的な情報収集とは、例えばGoogleやYahoo等で自分で検索ワードを入れながら、自分が知りたい情報を調べるような、自分からの一方通行で情報収集するような種類です。  また受動的な情報収集とは、テレビなどのように、相手側からの一方通行で情報収集するような種類です。     [続きを読む]
  • 本業という考えをなくす
  • 初めてお会いする人と会話する時に「お仕事は何をされていますか?」と聞かれる事があります。  私の場合、速読指導の講師から教室経営、トレーダー&プログラマー、ビジネス書作家など、いろんなものがあるので、正直毎度回答に困っています。  私の根本的な考えには「求められる事をやる」というのがあり、元々本業という考えが薄いのです。    もちろん、あなたにも「そうなれ」と言うつもりは全くないのですが、ただ今 [続きを読む]
  • 先月の海外の旅(その2)
  • 出版社に行く事が目的で来た今回の台湾。今日は(その2)です^^実はそんな事を言いながら、実は出版社へのアポは実質無しの状態で、今回は飛び込みでの訪問でした。もちろん私からは日本の出版社(ここが窓口となるので)経由で行く旨を伝えていたのですが、どうも著者が海外から来るという事があまりないせいか、とにかく会話がかみ合わず、ラチが空かない感じだったので、もう飛び込みで行ってしまえ、という流れでの訪問とな [続きを読む]
  • 努力すれば報われる?
  • 先日ニュースサイトで「努力すれば報われる社会か」を尋ねたところ、肯定的な見方が15.2%だったという記事がありました。  http://mainichi.jp/articles/20160917/k00/00e/040/201000c    確かにどれだけ努力しても1%の才能もない場所だったらそれは報われない可能性が高いでしょう。  しかしこの記事を見て思ったのが、努力しようとするという事は何か取り組みを始める時に思う事なので、そもそもスタートラインに [続きを読む]
  • あえて自分の考えを持たない
  • ニュースなどの時事的な情報を読む時、自分の考えを持って読まないと、偏った見方しかできなくなる危険性があります。  テレビのニュースがわかりやすいと思いますが、事実として起こった事を伝えるだけではなく、必ず評論家のコメントなど、事実として起こった事以外の内容が必ず入ります。    起こった事実が仮にすごく良いことであっても情報発信する人が否定的に思っていると、否定的に発信されたり、その逆もあったりし [続きを読む]
  • ビジネス書作家として生計を立てられない理由
  • 10万部以上のベストセラーともなると、「執筆だけで食べていけるんじゃ?」と言われることがしばしばあります。  しかし、それはほぼ不可能な事です。    本が売れなくなっている等、理由はいろいろあるのですが、本を出す側から見た理由の一つに、年間に発行できる冊数に制限があるのです。  法的な制限というわけではないのですが、出版業界的には、同じ著者の本は基本的に最低でも新刊が出てから3ヶ月以上を空けて次の [続きを読む]
  • 「私には無理です」と言ってしまう理由
  • 速読や投資などの自己実現について話している時、「私にはできない」とか「私には無理」という人が多くいます。  そもそも「無理だ」とか「できない」と思っている前提で何かに取り組み始めても、正直それを継続する事は難しいでしょう。    このように、やる前から「そんな事できるはずがない」とか「自分には無理」と思ってしまう人には、共通する潜在的な思考が存在しています。    それは「過剰な結果を期待している [続きを読む]
  • 2月に札幌でトークイベントやります
  • 一昨日に新刊が発売になる連絡をさせて頂きましたが、その出版を記念して紀伊國屋書店札幌本店で出版記念トークイベントをやる事になりました。  昨夜その連絡を受けたばかりなので、まだ書店オフィシャルHP等には案内が掲載されていませんが、詳細について掲載されたらまたお知らせしたいと思います。    「貯金ドリル」出版記念トークイベント場所:紀伊國屋書店札幌本店日時:2017年2月11日(土)   13時:開場   13 [続きを読む]