明子HS さん プロフィール

  •  
明子HSさん: 4コマ漫画 アメリカは今日もアレだった
ハンドル名明子HS さん
ブログタイトル4コマ漫画 アメリカは今日もアレだった
ブログURLhttps://ameblo.jp/amerikawa/
サイト紹介文国際結婚・アメリカ生活四コマ。母の認知症&訪販被害漫画の後、1歳で逝った昔の愛犬話をイラストつきで。
自由文アメリカ人の夫、ハイブリッドな娘、お嬢様ビーグル犬とのアタフタ生活を描いています。日本では、母が認知症を発症し訪販被害に・・裁判闘争、終末医療についても悩みました。母の死後、昔の愛犬(のちに夫と出会うきっかけにもなりました)物語をイラストつきで載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2011/01/01 07:30

明子HS さんのブログ記事

  • 日本と違う日本料理
  • エビフライラーメン。検索してみたら出してるお店が日本にもありました!!アメリカのナゴヤさんも「名古屋? 知らない、、」などとすました顔で言ってないで「天ぷらそば」の名をかたるのもおやめになり壁には豪華絢爛に名古屋城をお描きになり堂々!!金のエビほこラーメン!!を売り出されたらいかがなものか。 ・・・で  ですね。四コマめ、日本でも「他国料理レストラン」にて同じことやってるかもしれない、み [続きを読む]
  • なでしこさんの検討結果・・
  • いやー、けっこう無いものですネ 日本レストランで脂っこくないものって ・・・え?? みたいなことが普通なのがアメリカっ♪ でもなでしこアキコ、がんばってメニューを読み込み選びましたこのいかにも和!! 和でしかありえぬ「天ぷらそば」!! 明日に続くのでございますっ ↓応援のお をいただけるとうれしいです。 [続きを読む]
  • 第十一章 九月・おちょんぷタイム
  • 第十一章 九月・おちょんぷタイム  夏(なつ)は、なかなかおとろえず、しゅじゅつのあとのピピにはつらいまいにちでした。 でもピピは、びょうきのとき、けっしてなきごとはいいません。 おなかのなかの内臓(ないぞう)をとりだされたばかりで、きずぐちはいたみ、うごくたびぐあいがわるいはずです。 でも、ピピは、だまってなつののこりをすごしていました。 にわにつくったあたらしいフェンスは、もう生理(せいり) [続きを読む]
  • わたしをみたもの
  •  こうして、パジャマすがたになったピピは、わたしのくるまで家路(いえじ)につきました。 うちのガレージにはいるまで、ピピは、ずっと、おとなしくしていました。 くるまからおりると、あるいて、げんかんアプローチにつづくかいだんを、じぶんの足でのぼります。(わたしは、ピピをだいていこうとしましたが、だかれるのがきらいなピピに、むしされてしまいました。) そうして、かってぐちのそとにあるねばしょにつくと [続きを読む]
  • それでもかわいいかおを
  • ピピは、朝にわかれたときとおなじ、しんさつだいの上にすわっていました。 でも、今のピピは、あおいプラスティックのおおきなえりをつけています。これは、しゅじゅつのきずを、じぶんでなめないようにするためでした。「おもったより、げんきでしょう?」 おいしゃさんが、あかるいこえでいいました。「はい」 わたしも、あかるくこたえました。 だけど、ピピは、ふるえて、よだれをたらしていたのです。まだ、ますいから [続きを読む]
  • なぜか名古屋@オクラホマ
  • そのあたりのレストランのメニューは、アブラとかクリームとかとにかくこってり系しかなく、メニュー説明を真剣に読み込み(アセ)材料に野菜を見つけても、どれもみなドップリの揚げ物で、その油量にわたくしおゲ●になるほどでした。 せっかくヘルシーなものを、わざわざ不健康につくりかえるのがアメリカらしいっちゃアメリカらしいのですが わたくしもう文字通りの「食傷」でございました。 そこで見つけた、どうやらその町 [続きを読む]
  • ローンも税金も払わず・・
  • 小さな家と土地ゆえ当然低めの価格に喜んでオファーを入れたら 「んとネー、これまでの未払いローン利息と滞納税金もボクの代わりに払ってほしいのそれって家の値段超えてるから全部で二倍お金がかかるけど夜露死苦哀愁(←そーゆー世代ですわたくし)♪」 なんて告白されるんですから・・・・これにつきあわされた不動産エージェントさんも買い手さんたちも、時間とエネルギーを多いに無駄にされ大迷惑!!だったことでしょう。 [続きを読む]
  • かなしいこえ
  • 八月三十日。 午前、十時三十分。 さくらびょういんの、診察台(しんさつだい)にすわっている、ピピのあたまを、わたしは、そうっとなでました。「・・・ね」 きのう、ないてあやまったことをぜんぶ、いっしゅんのうちになぞり、さいごの「ね」のひともじだけ、音にしました。「それじゃあ、おあずかりします」 おいしゃは、そういってわたしをかえらせました。 しんさつしつのドアをしめ、まちあいしつにでたところで、「 [続きを読む]
  • ピピの未来を
  •  ピピは、それで、いわゆる避妊手術(ひにんしゅじゅつ)をうけることになりました。 あした、ピピの子宮(しきゅう)と、卵巣(らんそう)をとってしまうのです。 びょういんからかえり、ゆうがた、いつものうめたてちのそうげんで、わたしは、泣(な)いてピピにあやまりました。 ピピは、げんきにうまれてきました。いつか、きにいったあいてとけっこんして、こどもをうむ。そのこいぬたちは、ピピににて、とてもとてもかわ [続きを読む]
  • わたしがきめた・・
  • 八月二十八日。 うちで、ピピのからだをあらいました。 じぶんたちであらえるように、犬ようのシャンプーをかったのです。 母は、それでいちどピピをあらってみましたが、すごくいやがられるから、といって、そうそうにやめてしまっていました。「そんなこと、ないよねえ? ピピ?」 わたしは、いちばん気温(きおん)がたかいひざかりをまって、ピピに声をかけ、はなれのにわのあらいばへつれていきました。  まずは、シャ [続きを読む]
  • 売り物件のミステリー&訪販被害の余波
  • 日本の訪販業者のかたがたには、「日本だってコレだった」に詳しく描いてますがけっきょく、大損害をこうむりました。 母のお金が2000万円超とられた。弁護士費用、母への援助だけでなく、裁判所に私の預金を保証金としてあずけもした。裁判して返金の約束をとりつけても、診断書一枚で逃げられた。このことは「逮捕できる法律を(議員さんへお願いです)」に書いたとおりです。 ・・というオモテの損害だけじゃなく、ウラ [続きを読む]
  • 家をのっとる・のっとられる
  • 空き家になったばかりのヒトんちに住み着くというのもアレだけど、 追い出されたはらいせに便器やシンクを盗むというのは、まさに盗人の猛々しさではありませんか!!(同一人物だと想定してのことですが) ボブ父さんの奥さんが心配している「一年住んだら自分ちに」というのは、あまりに年数が少なすぎるようです。実際には、家主が放置し、払わない固定資産税を代わりに納め、しかるべき長の年月をきちんと住み続けなければ [続きを読む]
  • 知らない人が
  • 3年前の夏、オクラホマへ旅したときのお話をつづけています。 散らかった部屋のど真ん中に見知らぬお客様がおられたので ほこりアレルギーのわたくし不快感プラス緊張感その人リラックスだけど御不機嫌 わたくしとしてはプラスプラスな不可解感が・・・ どうも、ご近所友だちが怒りをぶつけにこられていたようです。 イヤソレ 怒ってとうぜんですわ!! つづきます ↓応援のお をいただけるとうれしいです。 [続きを読む]
  • 珍獣だから平気でハラス?
  • 鎧のロバアト計画に 「それじゃあんまり不自然だわーーーーー」と思いつつ、時間も無いことだしとりあえずありがたく乗った奥様。 したら敵陣、 不自然さでは負けないよ!!!!爆 ・・・いろんなヒトがいるものですがーー ここまで大胆奇妙な行動は、自国の女性にはできないでしょ。前からハグできない時は後ろからハグする型で顔を寄せ、ベストフレンド風景を演出されたこともある。 それはやっぱり、私が珍獣(その地域に [続きを読む]
  • 鎧のロバート、防御のリハーサル
  • 拙アメアレまんがを長くお読みいただいているかたは覚えておられるかもしれません。 まいとしまいとし、 夫のご旧友Tとの再会にあたり、一方的に過親密なあいさつがすっげ不快なんでした。 そう訴えたら、ボブ が鎧のロバアトにーでもってこのはっきりいってひじょうにふしぜんなごあいさつ挙動指南。。笑つづきます ↓応援のお をいただけるとうれしいです。 [続きを読む]
  • アメリカの花火は自由か死か
  • 七月四日に「独立記念日はけっしん記念日」を載せました。それつながりで、三年前の夏の旅のお話、はじまりい〜 ほんと、ご家庭で花火大会をされるのはいいのですが、酔っちゃってるから危ないアブナイ・・「自由」はいいけど、くれぐれも、くれぐれも気をつけてくださいね!!! 酔ってなくても、サンディエゴでは五年前の独立記念日イベントにてなんかーー コンピューターの誤作動でーーー何万発もの花火がいっきょに30 [続きを読む]
  • うすみどりのおりものと、あおざめたちゃいろい毛
  •  八月、十三日。 つくつくほーす つくつくほーす つくつくほーーー つくつくひーよー つくつくひーよー  じゅくじゅくじゅくじゅく・・・・・  みなみのにわの、さくらのきで、ことしはじめて、つくつくほうしがなきました。 この、きょだいであっとうてきななつの、ようやくの、かすかな終焉(しゅうえん)のけはいです。 ここ数日(すうじつ)というもの、ピピは、おりものをだしていました。 それには、すこし、血 [続きを読む]
  • ピピフェンスでかこむおはなし。
  •  さて、と。 わたしは、まえからかんがえていたことがありました。それは、にわに、フェンスをめぐらせることです。もちろん、ピピのためのフェンスです。 できれば、ひがしのにわも、にしのにわも、ぜんぶかこんでしまいたいのですが、おかねがいるし、ゆうびんやさんもこまります。  父や、母とはなしあって、ひがしのにわだけ、つまり、わたしたちにんげんのいえの居間(いま)のまえだけを、かこむことになりました。 [続きを読む]