明子HS さん プロフィール

  •  
明子HSさん: 4コマ漫画 アメリカは今日もアレだった
ハンドル名明子HS さん
ブログタイトル4コマ漫画 アメリカは今日もアレだった
ブログURLhttp://ameblo.jp/amerikawa/
サイト紹介文国際結婚・アメリカ生活四コマ。母の認知症&訪販被害漫画の後、1歳で逝った昔の愛犬話をイラストつきで。
自由文アメリカ人の夫、ハイブリッドな娘、お嬢様ビーグル犬とのアタフタ生活を描いています。日本では、母が認知症を発症し訪販被害に・・裁判闘争、終末医療についても悩みました。母の死後、昔の愛犬(のちに夫と出会うきっかけにもなりました)物語をイラストつきで載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供318回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2011/01/01 07:30

明子HS さんのブログ記事

  • おしらせ
  • いつも拙ブログをごらんいただき、ありがとうございます。所用により、お休みさせていただきます。 ↓応援のお をいただけるとうれしいです。 [続きを読む]
  • 英語まんがを2本更新しました。
  • えー、、(↑最近ハマッております古畑任三郎さんのお声でお願いいたしします) 毎度おなじみ(ではないかもしれませんがー、、)拙英語まんがブログMojiFace in America にて Rice in Our Heart(我らが心のコメ)Muddy Shoes(土足)の2本をアップいたしました♪ 日本語もつけております♪ ↓応援のお をいただけるとうれしいです。 [続きを読む]
  • 巨人のえんかい
  •  ピピは、いちじくのおしりを、ふりふりとゆらしてあるきました。それは、まるで、フリルがたくさんついた下着(したぎ)みたいです。フリルパンツのピピと、わたしは、やっぱりまいにち、さんぽにでかけました。 くものない、天空(てんくう)。 はしからはしまで、ずうっと青いいろが、わたしたちのうえにひろがっています。 それでも、たいふうがちかづくのでしょうか、うめたてちのそうげんの防波堤(ぼうはて [続きを読む]
  • はじめてのせいり
  •  ある日のことです。 わたしたちは、おたまじゃくしのそうげんとはべつのくかくにいました。ピピは、くさのなかをかぎまわっています。わたしは、ぶらぶらとあるくうち、ちいさなあきちのような、しろいすなじのじめんのうえに、くろいゴムホースがおちているのをみつけました。 あつい、なつのはらっぱのまんなかに、とうとつに「ぷいっ」 と、ホースのきれっぱしがすててあるのです。 だれが、こんなものを、こ [続きを読む]
  • あしをはやせ。
  •  わたしとピピは、まいにち、そうげんにやってきました。 そして、池(いけ)は、まいにち、ちいさくなっていたのです。 おたまじゃくしたちは、すこしづつ、池のまんなかにあつまっていきます。すくなくなってしまった水のなかで、きゅうくつそうにひしめきあい、ごそごそ、ごそごそと、うごきました。 池は、容赦(ようしゃ)なく、ちぢみました。 今や、池はきりきざまれ、じめんのくぼちに、みずたまりの破片 [続きを読む]
  • 禁断のワンプレート
  • これって、日本でも人気のいわゆるビュッフェ(アメリカでは「バフェー」)スタイル? なーんだ日本だって同じじゃん♪♪ と喜びつつ和食ビュッフェの画像を見てみたら、きびしくプレートが仕切ってありましたわ、、、 とにかく。日本にいた時には「ゲッ。。」と拒否していたこのコトにほぼなんらの抵抗もなくなったというか あら、けっこだいじょぶなんだーと意外に思ったりする 今日こ [続きを読む]
  • 考える車
  • こういうのが本当にかの国の風習? 運転マナー?? 交通規則???(たとえば「スピードを出したまま思索にふけることを禁ず」の一解釈的な?)なのかどうかは、確認しておりませんし 去年のあの女性ドライバーがかの国のヒトかどうかも、わかりません。 でも、ロサンゼルスのその地域に詳しい友人の話を聞いたとき、わたくしの頭に蘇った鮮烈な夏のシーン!! (昨日のマンガをご参照く [続きを読む]
  • とまる車
  • 制限速度が日本で言うと約55キロの道路を、30キロくらいで走ってまして、前のお車。 なん? なんん・・・??? と戸惑っているうち、 ぴた・・・・ 静かに停止されました、アジア人女性とおそらくそのお子たちが乗ったオクルマさんでした。 んなんんっっ!!??? 明日につづきます♪ ↓応援のお をいただけるとうれしいで [続きを読む]
  • コロニアル時代の食事と遊び
  • 四コママンガでご紹介しましたリスキチら小学五年生の「アメリカ植民地時代を体験しよーデー」。 この日は当時の料理や遊びも体験した生徒たち。その様子を、写真でお見せします! まずは料理編。 バターつくりまーす。生クリームをびんにいれて、振る振るふるふるフル!!! 焼きリンゴづくり。りんごの皮むきは保護者ボランティアがして、芯ぬきやカットは生徒。男子もしましたよ。 ・・このよう [続きを読む]
  • ひもとおたまじゃくし
  •  そんなピピには、とてもきのどくなことがおきました。 この夏、ピピは、じゆうの庭(にわ)をうしなってしまったのです。 それは、ある日のことでした。わたしと母が出かけようとしたら、ピピがわたしたちをおいかけて、庭のまわりの塀(へい)をのりこえ、車庫(しゃこ)までついてきてしまったのです。 これは、いけません。 車庫のむこうは、すぐにどうろです。 というわけで、ピピはもう、いつでも庭 [続きを読む]
  • ずっと好き
  • E 「わはははは!!」  わたしたちは、ピピのそのこっけいなすがたに、わらいこけました。 わたしたちにんげんのわらいがおと、ピピの、その黒々(くろぐろ)とした目の、悲壮(ひそう)なかお。 そのかおを見たとき、わたしは、わらいのなかで、つめたい霧(きり)をしゅうっとふきかけられたようなきぶんになりました。  ピピ。 あなたは、どうしてじぶんだけいえのなかにはいれないのか、わからないので [続きを読む]
  • 夏の窓
  •  ところで、うちの居間(いま)には、南(みなみ)がわのかべのほとんどいっぱいに、はきだし窓(まど)があります。はきだし窓というのは、へやのごみをほうきではきだせるように、窓のしたのはしが、ゆかとおなじたかさになっている窓のことです。 この窓には、もともと、かぜははいるけど、むしははいらないように、網戸(あみど)がついていました。 ピピがきて、あちこちにきばをたてるようになってから [続きを読む]
  • オクラホマミキサーのミステリー
  • そういえば昔、ボブにオクラホマ・ミキサーの話をしたら「???」というキョトン顔をされたのでございました。 コロニアル時代体験日のしめくくりとして、このオクラホマ・ミキサーじゃなくてバージニア・リールがオクラホマ・ミキサーの音楽じゃなくて藁(わら)の中の七面鳥の音楽に乗せて・・・ ああっ!!めんどくせ==!!! つまりですね、曲名は「Turkey in the S [続きを読む]
  • コロニアル時代の教え
  • 「猫は九つ命がある」つまりなかなか命をなくさない。そんな猫でさえ、好奇心のおもむくまま行動するとヤバいっすよー。 というわけで 例えば未婚の母率もぶったかい今のアメリカからは想像もできないような敬虔で内省的で禁欲的な教えがほどこされていたのでございました。 そんな人々がーー 未知の大陸をたくましく開拓しードンパチで原住民を駆逐しー奴隷を働かせー 戦争して [続きを読む]
  • コロニアル・デーの名前
  • コロニアル・ヒストリー。 コロニーつまり植民地の時代です。 アメリカには16世紀からヨーロッパ人がやってきて植民を始めたそうですが、「コロニアル時代」というと、とくにイギリスによる植民地化→そこからの独立までをさすようです。 ということは、おおまかに17・18世紀。ちなみに日本はどっぷり江戸時代♪ りす吉の学校では、最上級生の五年生が春の一日、コロニアル時代体験 [続きを読む]
  • 犬のせんたくしごと
  •  メイドは、もちろん、おせんたくもしました。ごしゅじんのピピさまは、寝箱で朝寝(あさね)をたのしんでいらっしゃいます。メイドは、ずかずかとちかより、箱のとってをつかむと、すこしもちあげて、かたむけます。「でてごらん。でてピー」 しごとねっしんなメイドは、けっこうきびしいのです。 そこで、ピピは、ぴょおん、ととんで、箱からでます。カッ タン。金属(きんぞく)の薄板(うすいた) [続きを読む]
  • フードの中のいのち
  •   このメイドさんは、ごしゅじんさまのおやつと、たべものもかいにいきます。 「ビーフ」「チキン」「シチュー」・・・・スーパーマーケットには、かわいい犬のしゃしんをつかった、カラフルなパッケージの品々(しなじな)がならんでいます。 でも、わたしは、そんな陽気(ようき)なふうけいのなかで、ときどき、ぞっとするのでした。 もし、ピピが・・・・ わたしは、そうぞうします。  もし、ピピが、 [続きを読む]
  • 犬のふとんをしく
  •  まいばん、わたしは、そんなピピさまのベッドをつくりました。まずは、寝箱(ねばこ)をひっくりかえして、中にあるどろや、毛(け)や、ゴミなどをおとします。寝箱をしょていのいちにおくと、その上にある蚊よけランプをつけます。寝箱の中に、イスようのしかくいざぶとんをふたつ、ならべます。その上に、ピンクのもうふをよつおりにして、しきます。このとき、もうふは箱のかどからすこしずつはみだ [続きを読む]
  • 君の名は。をぶっとばす
  • 君の名は。のすばらしさはすでに多くの多くの皆様が書かれているので、わたくしごときの感想は書きませんがひとつだけ いい友達持ってるよねー二人とも。 (そこ!?)(でも友だちの支えがなかったらどこかでくじけていたかもしれない) そしてもうひとつ! 悪人がいない!!あのカッターナイフ男以外はっ (・・・・・・・・) 個人的にいちばんウケたのは、瀧くん [続きを読む]
  • 君の名は。を待っていた。
  • 君の名は。@アメリカ。 我が家がふだん行く地元の映画館では上映されず、車で30分くらい離れた街の映画館に行きました。四月はじめのことです。 本編の前にコマーシャルと他作品の宣伝トレーラーが流れるのは筋書きどおり。 なんですけど「君の名は。」がアニメっつーことでトレーラーはアニメ映画ばかりでもってアメリカのアニメっつーとモロお子チャマ向けなんでそーゆーのがこ [続きを読む]
  • 蚊と犬のたたきかた
  •  ゆうがたは、蚊(か)のじかんでもあります。 ピピは、まとわりつく蚊を、うるさがりもしません。たとえ、じぶんの鼻(はな)のあたまに蚊がとまっていても、へいきなかおをしているのは、わたしにはしんじられないこうけいでした。 ピピのまわりで、キッと目をつりあげたわたしは、あたまをふり、手をうち、ひっしに蚊をとります。 わたしのその、蚊たたき音頭(おんど)ぼんおどりを、ピピは「へんなやつ [続きを読む]
  • まるい穴
  •  ・・・ピピは、干潟にはいませんでした。「ぴぴー!!」 なまえをよびましたが、へんじはありません。 まあ、ひごろから、「わん」とこたえるピピではありませんでした。いつだって、だまってひとりで、ずんずん、ずんずん、いってしまうのです・・・ しんぱいでぼうぜんとしたわたしのかおのまえに、ゆうがたの干潟はてらてらと、にぶいちゃいろにひかって、ひろがっていました。 それにしても、ピピは、どこに [続きを読む]