zono さん プロフィール

  •  
zonoさん: バラのこと、花のこと
ハンドル名zono さん
ブログタイトルバラのこと、花のこと
ブログURLhttp://rosecollectiondiary.blog84.fc2.com/
サイト紹介文バラと花の日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 318日(平均0.4回/週) - 参加 2011/01/02 20:09

zono さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ゆうぜん? 石斛
  • 石斛も一斉に咲きだしました。4月下旬から五月が咲く時期ということでちょうど今が見ごろのようです。石鹸のような清潔感のある花の香りもします。ずっと名札にゆうぜんと付いてますが、調べるとゆうぜんはもっとオレンジっぽい花でした。あとで、誰かに聞いてみようとおもってます。品種は今のところ、白、黄色、ピンク、黄緑が花色であるのかくらいの初心者としては難しいです。茎も太かったり細かったり、葉も薄かったり厚かっ [続きを読む]
  • 若松 金稜辺
  • 若松という金稜辺。一個一個の蕾がとても大きかったのでどんな花が咲くのか楽しみに待っていました。海老茶色の花が咲きました。重みがあるのでぐっと垂れ下がってボリュームをかんじます。開花時期が他の金稜辺より早いらしいですが、初めてみたので来年また観察してみたいです。葉は斑縞で広葉です。結構厚い葉でがっちりしている様子はほぼ見慣れた洋花のシンビジュームに近いです。金稜辺なのでこの若松も日本ミツバチがすきな [続きを読む]
  • 日本ミツバチの好きな蘭 金稜辺原種
  • 金稜辺の原種。日本ミツバチが好きな蘭として金稜辺が人気だと聞いてましたが、ピンクの混ざる黄緑色の花もきれいでした。香りは朝昼晩どの時間帯も嗅いでみましたがあまりないようです。もしも本気で確実にミツバチを呼びたいとおもったら何鉢かもち、温度を調整して開花時期をずらしミツバチを誘うようです。結構な努力がいるみたいなので、ほとほどに夢見るくらいが楽しそうです。面白いとおもうのは、金稜辺の小型で花芽がつき [続きを読む]
  • カンアオイ 露の蝶
  • カンアオイ 露の蝶花が地味ながら咲いてます。地味です。葉を愛でるものなので葉をもっと増やしてみたいです。ウマノスズクサ科カンアオイ属露の蝶ってこういうことらしいです。ふむふむ↓http://www.yoshimurayukari.com/article/15174336.html [続きを読む]
  • 恵蘭 西海錦 (満開)
  • 西海錦が咲きました。香りは朝から意外と中香くらいでふわっと漂ってます。本には微香とかいてありましたが、離れて50cmくらいで香ってきます。恵蘭は葉を重視するらしいのですが、花がみれるとやっぱり嬉しいです。 [続きを読む]
  • 恵蘭 西海錦(さいかいにしき)
  • 東洋蘭の西海錦(さいかいにしき)が咲きそうです。恵蘭の細葉系ということですが、寒蘭と見分けがまだつかない初心者なので随分寒蘭が早く咲くんだなあと勘違いして一日見ていました。ちょうど今頃咲く蘭でした。葉は、白黄色曙斑。花は、純白に紅色の模様。香りは、微香。でもいい匂いでした。性質はつよいらしいです。咲き始めを昨日みたので来週は満開だとおもいます。たのしみです。  [続きを読む]
  • 恵蘭『朝陽』
  • 一鉢だけ咲いてました。恵蘭『朝陽』。細葉系/玉花蘭/開花期:7〜9月 こんな暑い時期にこんなに香りのよい上品な蘭が咲くとは素晴らしい!でも初心者で難しいことはよくわからないです。本を買って勉強したいです。もしくは気合の入った方に聞くです。昼間でも上品な香りがするし、花もきれいです。葉が斑入りできれいだし、いいなあとただ思ってみています。葉巾の広い広葉系 大明蘭中国報歳台湾報歳葉巾の細い細葉系 建蘭、玉 [続きを読む]
  • 上野公園に古墳があったとは!
  • 今まで、全く気付いていなかった!!上野公園に古墳が堂々とありました!上野の森美術館の近くなので今まで何度も通りすぎていました。他にも天海僧正の髪のおさめられた塔や西洋美術館などのミニ解説も興味深かったです。蓮の観賞会のツアーは、こんな感じでてんこ盛りで上野大好きな私にはいい勉強会でした。ただプラプラ散歩してるだけでは、まだまだ知らないことがいっぱいありそうです。------------------------------------ [続きを読む]
  • 木に残る戦災の火傷
  • 早朝蓮の観賞会に参加したのですが、先生が不忍池に行くまでの道のりで普段通り過ぎていた上野公園の穴場を案内してくださりました。その一つがこの樹木です。第二次世界大戦の東京大空襲の記憶がこの樹木に残っていました。樹木の火傷は消えないということで、たしかに黒く焼けた跡がありました。特にプレートもないので、先生のお話を聞かないと通りすぎてしまう場所ですが戦争の記憶をなくさない貴重なお話が聞けました。 [続きを読む]
  • 蓮のおめざセット
  • 蓮の甘納豆、蓮のお茶。いただいた時間が8時くらいだったので、おめざのお菓子になりました。蓮の実は、昔は薬として使われたらしいので、栄養がありそう。蓮の実甘納豆は、栗みたいな味でおいしいものでした。上野公園の蓮の実では作れないようです。食用の蓮の実をとる蓮があるんだとか。レンコンも公園の蓮は牛蒡根だということで、食用の蓮とは違うということです。食べれるレンコンは、花が葉より上にはいかない、花もさほど [続きを読む]
  • 象尾杯
  • 象尾杯。中国の暑気払いの一つということです。蓮の葉にお酒を注ぎ、茎がストローになるのを利用してちゅうーちゅうー吸うので、お酒だとちょっとでもほろ酔いです。子供はお水でちゅうーちゅうー大人はお酒でちゅうーちゅうー唐の随筆集に消夏飲酒法として出てくるようです。8/8/上野公園の早朝勉強会で体験しました。 [続きを読む]
  • ネジバナ 小町蘭 後光
  • 7月中旬くらいから気になるネジバナが咲いています。小町蘭 後光というやけに、高級なネジバナです。ずっとなんでネジバナがこんなに値段が高いのかなと気になっていたのですが園芸種というか変わったネジバナを小町蘭というようで、これもまた葉芸を楽しむようで、なんとも優雅な世界です。もう少しきちんと誰かに聞いてみようと思います。しかし伝統園芸は奥深いです、覚えきれるかな????万年青も風蘭も東洋蘭も葉芸、ネジ [続きを読む]
  • 薩摩千鳥 雷神
  • 薩摩千鳥、さつまちどり P.kurokamiana var.micropunctata 鹿児島の甑島(こしきじま)にだけ自生するウチョウランの変種、固有種です。この写真の薩摩千鳥には雷神という名前がついています。自生地では西日の強い斜面でも咲いているそうです。羽蝶蘭の中でも暑さに特に強いようです。羽蝶蘭のなかでは遅咲きの部類とあります。収集家の方に聞くと、花の形、色、斑、葉など色々観賞ポイントがあるようですがそこまではわからな [続きを読む]
  • 安房千鳥  桜色
  • あわちどり。羽蝶蘭の変種です。千葉県の房総半島の一部に自生するランの一種として人気があります。なんとも可憐、涼しげです。咲き始めてから気づくと5月下旬からこんなかんじで咲いています。まだまだきれいです。蕾もたくさんありますが、花もちがとてもよくてさすが蘭です。半日陰で風通しのよい環境が好みです。土も水はけがよい砂のようなものがあうようです。野生では絶滅寸前の貴重な蘭ですが、自生地はこんなに葉がコン [続きを読む]
  • 過去の記事 …