futakobu さん プロフィール

  •  
futakobuさん: へっぽこ!自分癒しの旅
ハンドル名futakobu さん
ブログタイトルへっぽこ!自分癒しの旅
ブログURLhttp://ameblo.jp/hanamakabe/
サイト紹介文二人の子供を持つアニメオタクシングルマザーの徒然的内容日記。リニューアルして自分癒し続行中。
自由文人生いろいろあるよね。躓いたって起き上ればいい。でも起き上がった後、上を向いて歩けるようになるまでは少し時間がかかるかも。
自分のトラウマと向き合うネタが最近は多いです。
たまにアニメネタ。等々よくわからんジャンルになっていますが、よかったら読んでみてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/01/03 11:49

futakobu さんのブログ記事

  • 色々へっぽこだ。
  • 結構まずいみたい。私の精神状態が。 日に日に眠れなくなってる。昨晩はほとんど眠れなかった。 今月初旬からちょっと落ち込むことがあって、発作のような体調の不安定さもいつもより長引いてます。これらの事は些細な事と感じていて、工夫して息抜きをすれば簡単に解消されると思っていました。 なのに、あまり効果が無かったみたい。 友達に誘われて食事しながら話していたんだけど、いつにも増してぶっちゃけ話をしていたようで [続きを読む]
  • 夏季休暇
  • あの後、数日はひどい頭痛の日々で、鎮痛剤があまり効かず。 職場で遅刻や早退をして、なんとか山の日まで乗り切った感じ。 今年は分割して夏季休暇を取ることにしましたが、それでも少し連休になります。ここで体の調子を整える事に専念します。 頭痛外来行った方が良いのかなとは思うけど、頭痛外来って予約取りにくいし気軽に行けないし。 とりあえず盆暮れ正月は、我が家が基本家でまったりコース。それを知って友達から「ヒマ [続きを読む]
  • イライラMax
  • 体調が悪いことも影響しているんですが。リフレッシュしたばかりではあるものの、頭痛はずっと続いていて、鎮痛剤も効かなくてイライラ。 なんだかなー。 やっと休日になって、ひと段落つきたいのに、子供たちは好き勝手言う。 夏休みで出たり入ったりするけど、基本家で昼食をとる子供たちの為に、常備菜やおかずをいろいろ作ってるのに、相変わらず食べない。気分が乗らないとか言って。 普段食べているものを作っているのに。 [続きを読む]
  • サードプレイス
  • 今回行ったホテルは、ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルのロビーラウンジ。 若い頃にね、このホテルとても人気で、記念日に彼氏にリザーブして貰った人も多いんです。 私は、当然そんな事をしてもらえず(親に外泊禁止されていたからね)いつか泊まりたいなあって淡く思いながら、20年以上も経っちゃった。果たして、この先泊まれる日が来るのか。 で、ケーキセットとコーヒーとかもいいなって思っていましたが、 [続きを読む]
  • ミッションコンプリート
  • 年に一度の検査のため、仕事を早退することにして病院の予約をしていたのですが、体調的にNGとなり急遽キャンセルすることに でも予定通り早退はすることにして、自分がやりたいことをやろうと。時間もお金も少々贅沢に使って。まずは上野に行って、お気に入りのお店のローストチキンで遅いランチ次にみなとみらいまで行って、念願のひとりホテルラウンジデビュー。 前からリュクスな場所でリフレッシュすることをささやかな趣味に [続きを読む]
  • でもでも星人と被害妄想
  • 先日、ぷんぷんすることがありました。 仲のいいとある人から茶化すように言われたこの言葉 「またいつもの被害妄想ですか?」 言われた瞬間はおどけて見せましたが、その後腹が立ってしょうがありませんでした。 彼女は今まで私のような嫌な思いを大してしてこなかったし、社会的にも十分に評価されているから、気にならないのよ!って。 その反面、どうしてそんなことを言われてしまうのかも考えました。 私は嫌なことをいつまで [続きを読む]
  • 女の正解
  • 私はバツイチで二人の子供のシングルマザー。パートナーも無く、ひとりで育てています。 同僚は子なしバツイチの後に再婚して頑張って二児を出産して育てています。それなのに、二人目が生まれてしばらくして「産まなきゃよかった」なんて言い出したんです。 子供が二人に増えると、子供の年齢差にもよりますが、個人的な感想だと一人っ子を育てる10倍も20倍も負担になります。 一気に母親は疲弊するんです。仕事をしていたらなお [続きを読む]
  • 通勤のとき
  • いつもの通勤の時、ぎゅうぎゅうの満員電車で、不快な思いをしながら会社に向かっていました。 その時にぼーっとしていた頭にふと、こんなことが浮かびました。 よくよく考えたら当たり前のことなんですが。 私の目標は、日々をはつらつと生きることです。 それは具体的には、仕事がアレでも何か趣味など打ち込めるものがあること。再婚は望んでいないけど、やっぱりパートナーかせめて茶飲み友達がいて、会いたいときに割と簡単に [続きを読む]
  • あきらめていると言いながら、やっぱりどこかで探してる
  • 数人いるパートや時短正社員の中で一人だけ、フルタイム社員と同等に案件を持たされていて、かといって他のパートさん達とそれほど時給も違わない。 なんだか損をしている気分って、母に会った時に少しこぼしました。 母はここ1、2年の間に凄いポジティブな事を言ってくれるようになりました。今まではただの容赦ないダメ出しだけだったんです。それに散々傷つけられてきました。その頃に比べたら、まるで別人です。 昨年の夏も「 [続きを読む]
  • お留守番も辛いよ
  • うちの職場は年に一度社員旅行で海外に行きます。私のような非正規も家族での参加は出来るのですが、子供の学校の予定もあって都合も付きませんし、何より私自身が社員旅行って気を遣うイベントに参加したくない事もあって、不参加を貫いています。 社員旅行とはいえ、フリープランというのも困っていて。 海外に慣れていないのに、毎度混沌としたアジアの国が行先で、子供達を引き連れて日々の食事からツアーの算段はちょっとしん [続きを読む]
  • 5555
  • 会社から帰宅時、駅の改札を通った時 前の人のICカード残高「3331」でした。 おっ、ゾロ目だー。ちょっと縁起いいかもって思って、自分のカードをタッチしたら なんと残高が5555 おーーーーーーー!すごいゾロ目キター。 すごーい 何かいいことありそう細々したストレスは絶えることなくたまってくるけど、その中のいいことに集中して過ごそう。 と、前向きな気持ちに軌道修正。とは言え心身ともにクタクタなんですけどね。 [続きを読む]
  • やっぱり連休はゆっくりできないのね。
  • 子供達は定期テストも終わり、成績はどうあれ心は夏休みモードです。 でも、こうなると母親は休まらないのでちょっと辛いです。 子供たちが夏休みって専業主婦の方も結構負担だと思うのですが、働く母親にも結構負担です。 これは子供が大きくなってもあんまり変わりません。 部活はちょいちょいあるから学校行かなくても洗濯物も減らないし。小さい頃の目が離せない大変さとは別の煩わしさがあります。 加えてうちの場合は親が近 [続きを読む]
  • 後ろ向きなあきらめ
  • では。後ろ向きなあきらめとは。これは一般的に欲求を抑え込む、普通のあきらめ。 私の人生って、あきらめで出来ているって思う程あきらめの連続。 子供のころから自分の欲求はまずかなわない第一希望なんてもっての外。 恋愛は勿論、好きなことだって、成績だって。 努力は一切報われない。好きなことは周囲から全力で妨害にあう。 嫌な目にあいたくなければ、自分のやりたいことはしないこと。そしてやらなければならないことを [続きを読む]
  • 前向きなあきらめ
  • あきらめの話は昨年頃からちょいちょい触れていますが。 前回の「日々をはつらつと生きる」ことについて、割と長いこと考えていました。 でも、考えるとドツボにはまるというか。 はつらつって何? 好きなことをして、お金にもパートナーにも恵まれて、毎日が充実してること。 なんだけど。 じゃあ、好きなことって何?ライフワークって何? うーーーーーーーーーーん ここで何年も足止め(笑) それでね、これをあきらめることにし [続きを読む]
  • 誓いを果たします
  • ちょいちょい過去のブログにも書いていますが、離婚をしたときに立てた三つの誓いがありました。・恋愛するしないにかかわらず、他者からはその可能性を持った女性と思われるよう心がけること。 ・経済的に自分の足で立つこと。 ・日々をはつらつと楽しく生きること。 この中で経済的には養育費や補助は受けているけれど、何とか自立してる。だけどあと二つはクリアしているだろうか。 年齢とともにいつまでもかわいらしいおばさん [続きを読む]
  • 一日を決める
  • HPのタブレットPC、小さいけれど、なかなか小回りが利いていいですね。 さてさて、MACOさんの引き寄せの法則オンラインセミナー受けております。この方の引き寄せの法則は、とにかくわかりやすい。シンプル。 そして、日々の些細な事から結果的に現実を大きく変えていくってメゾット。無理がなくて素晴らしい!! でね、この中に一日の目標を一秒で決めるっていうのがあるんです。 起き抜けに「今日は○○する」って心の中で決める [続きを読む]
  • やりたいことがわからないこととイライラのもと
  • 生きていくのにうんざりするほどの生きづらさから一念発起して、自分癒しに取り組み。 親との関係も劇的に良くなり、やめたくてもやめられなかった定期的に自分自身に厳しい駄目出しする習慣からも脱することができました。今はすごーく楽です。 ただ、ね。 ずるい人が目について、イライラすることは減りません。 相変わらず職場の同じチームの一部の正社員たちは毎月のように体調不良を理由に大型連休を取ります。しかも時には [続きを読む]
  • セットアップ
  • 先日の楽天スーパーセールで勢いで買ってしまったこれ。 HP x2 10-p003TU ポイント還元で実質半額だったんです。 実は昨年秋ごろからノートPCの買い替えを検討していました。現在使用しているPCは2010年に購入したEPSON製です。これ、かなり頑張って高スペックなものをチョイスしました。 なぜなら当時は、会社の10周年パーティーで個人で10年後の会社をテーマにパワーポイントでファイルを作成するようお達しがあったからです。馬 [続きを読む]
  • また左か!
  • 今年も半分過ぎましたね。なんかすっごい早いんですけどー。 ところで、江ノ島から帰ってから体調が悪いと書きましたが、あのあと喉が痛くなりまして。左側の方が痛みます。更に昨日からは左の首が寝違え状態。また左… 熱は出ていませんが、体の節々に鈍い痛みがあり、だるいです。 さらにですね、これは左に限った事ではないのですが、体毛(たとえば足のとか)が凄い速さで伸びてます…。江ノ島に行く前日に処理したんですよ。 [続きを読む]
  • ZERO〜
  • タイトルの読みは、ニュース番組のZEROのオープニングのアレです。 昨年から勤め先の給料明細がペーパーレス化し、サイトにアクセスして確認するシステムになりました。正規も非正規社員もすべて同じシステムを使用するため、ボーナスの明細書も一斉送付。 はい、非正規の私にはボーナスの取り決めはありません。それでも賞与明細書が発行されます。当初、もしかして?と淡い期待を抱きながら明細書を開いたら全ての項目がご丁寧に [続きを読む]
  • 理解されない
  • もはや持病となってしまった婦人科系のゆらぎ。プレ更年期って事なんだと思います。もともと自律神経が不安定と合わさって、年々月のサイクルが読めず。また薬が効かないほどの痛みが出たり、長引いたり。 端から見たら、毎日仕事はしているけれど、いつもなんとなく調子悪そうって印象になります。ちゃんと元気なのが一週間くらいしかないんだもの。 前回の日記の通り体調不良になったことで、会社にお休みの申請をしました。それ [続きを読む]
  • きっと好転反応
  • 江島神社から戻ってきてから身体の左側がどうもおかしい。最初は耳が痒くなった。仕事でインカムを付けているからっていうのもあるのかもしれないけど、妙にむずむずするので、綿棒等で軽く掃除をしたりもしました。三日くらいしたら、今度はなんだか体調が悪い。頭痛は江ノ島に行く前から少しあったけど、それが強くなり眩暈がした。鎮痛剤を飲んでも効かず、会社を早退して休むことに。 眠かったりはしなかったけど、体はだるく [続きを読む]
  • 江ノ島に行ってきました
  • むかしむかし、小学生時代に鎌倉に遠足に行ったことはありましたが、江ノ島にはまだ行ったことがありませんでした。 ドライブが好きな友達と休みが合ったので、江ノ島まで大人の遠足。梅雨の合間の晴れた日で、結構暑くて、汗ダラダラ出ました。 私は海沿いをドライブするイメージでしたが、ナビは最短距離を案内するため、ギリギリまで海沿いを走るコースではなく。こういう事もありますね。 車を持っておらず、運転もしない私に [続きを読む]
  • いま実践していること
  • 自分癒しをしている中で気づいてしまったこと。 「自分はお金との縁が薄い」 恋愛の縁も薄いんですが…。そこで実験的にお金を意識する習慣をつけてみました。 それを決めた日記がこれhttp://miserable.seesaa.net/article/407395056.html ・お金を擬人化してイメージ (私の場合はシュッとしたシックな男性。声を当てるなら小野大輔氏) ・擬人化した「お金さん」は自分と仲がいいかを見る。 ・「お金さん」との距離が遠いと感じ [続きを読む]
  • 身体のこえ 続き
  • 前回書いた「身体のこえ」の続きです。 多分皆さんそれぞれ身体からの声と言うかメッセージは送られてきていると思います。私は若い頃は全然わかりませんでした。それだけ元気だったのかもしれませんけど。 30代半ば頃に何度か風邪をこじらせたことがあって、それからもっと前の段階で休む必要があると反省しました。ではどの時点で休めばいいだろうと、心身の疲れ具合に注目してみたところ、このサインに気づいたんです。今はまだ [続きを読む]