mirin さん プロフィール

  •  
mirinさん: mirinのブログ
ハンドル名mirin さん
ブログタイトルmirinのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/mirincomirin/
サイト紹介文心の振れ幅が大きくなって涙がにじみそうな夜は……。
自由文そっとつぶやいています…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/01/03 13:39

mirin さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 春風
  • その一途な心で 見上げる枝枝はたおやかに身をまかせている凛とした心根の奥底に横たわる慟哭も飾り気のない微笑みも午後にはすべて散っていくはなびらとともに回帰する [続きを読む]
  • 想いは
  • 紡がれた物語いくつもの時をこえいま出逢うのばした両手にふれるほどの痛みはもう感じないふくらみかけた桜のつぼみひと思いに春になりそうこれからはちぎれた季節の想いを語ろう [続きを読む]
  • 新春に
  • 紺碧の海はいつでも光をとじこめては放っているそれは思いがけずむけられた微笑みにも似て新しい年のはじまりはおだやかでたなびく雲と雲のすきまから手をふる姿がみえるよう [続きを読む]
  • 青空に
  • 後ろから小走りでおいかける小声で名前を呼んでみる指先は冷たくなって吐息が白く凍るけれどどこまでも空が蒼いからどこまでもついていける思い出の場所までたどりついたら澄み切ったその心にその静謐な心の底にありがとうといえるのに [続きを読む]
  • 氷雨にうたれながら
  • ひそやかに降りだした雨は音もなく冷たくてまるで氷のしずくのように頬をぬらす川面にえがく規則正しい模様は頂き物のハンカチにも似て次々と終焉をむかえる雨粒がやがてまた空にむかっていくようにいつか昇華させたい気持ちを胸にいだきながら待っている [続きを読む]
  • 驟雨の中を
  • ずいぶんと急ぎ足でやってきた秋の気配を受けとめるどこか遠くで雷が鳴り驟雨の中を想い出と一緒に走る時ひとつ前の季節さえ忘れるほどの冷たい空気で胸の中をいっぱいにしてみる [続きを読む]
  • この三日月が
  • 新月に願いをたくすのを誰が最初にはじめたのか理もなくその無の心で新しい月の暗さに何を願うのか古代より思いは同じ三日月の今夜はかない光に身を照らすこの願いがかなえられたとあふれる泪がおしえてくれた [続きを読む]
  • 祈り
  • ちりばめられた星々に願いをかけるときなみだでにじむ無数の光に永遠を誓うこの吐息がはてる時まで祈り続けようせめてこの声があたなに届くまで祈り続けよう [続きを読む]
  • 過去の記事 …