ぜっきあいず さん プロフィール

  •  
ぜっきあいずさん: 銀『塩』鐵道の夜
ハンドル名ぜっきあいず さん
ブログタイトル銀『塩』鐵道の夜
ブログURLhttp://imahamayatomi.at.webry.info/
サイト紹介文愛する蒸機達が国鉄線上から姿を消して35年の節目2011年に始める、想い出の銀塩鉄道写真の旅。
自由文誰からもホメてはもらえそうにない初代の怪しいハンドルネームは、国鉄蒸機終焉時のあの抜け殻のような自分自身を自虐的に表したもので、大学鉄研当時のニックネームでした。このblogはその前後約四十年の写真を公開しています。blog二年目からは、鉄チャン的にはごくありきたり(?)なハンドルネームにしてみました。どうぞお気軽にご来訪&コメントをお願いします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2011/01/03 15:27

ぜっきあいず さんのブログ記事

  • 朱鞠内の印象
  • −23℃の朝。キハのエキゾーストノートが遠ざかると、後に残るのはただひたすら静寂のみ・・・ [続きを読む]
  • 水上幻冬(10)
  • 豹変と表現した方が的確かもしれない。初めて水上を訪れた早春、思わずあの有名な一節を思い出した。 [続きを読む]
  • 6th Anniversary 撮影余話(3)
  • 2016年にUPした中から、先ず1974年の七尾線現役時代を、そしてその15年後1989年の復活運転をピックアップしてC56の思い出を振り返りましたが、最後の今回はそれから更に20年後のカットを選びました。デジイチに奥手だったため、ちょうど銀塩一眼レフ使用の末期で、この銀塩画ブログに登場し得るのもこの頃の写真までということになります。 [続きを読む]
  • 6th Anniversary 撮影余話(2)
  • 能登のポニー最後の冬から15年後、信じられないことが起こりました。前の年に単機で「ときめき」号を牽いて和倉までは来ていた梅小路のC56160が、C571と重連で穴水まで入線するというのです。それも雪が十分期待できる2月の建国記念の日の連休に。七尾以北にC57との重連が走るなどというのは、国鉄時代の線路規格のイメージから半信半疑でしたが、思い出の場所・能登中島駅前の高台の高校は、ともかく再訪してみたいと思いました。 [続きを読む]
  • 6th Anniversary 撮影余話(1)
  • このブログを始めたのはちょうど6年前の元旦のことですが、きっかけの一つがRail Magazine誌前編集長名取紀之氏の名物ブログ「編集長敬白」の「32年前の“今日”へ -1974年北海道の旅-」の記事であることは、以前にも書きました。その「編集長敬白」が年末を以て終了というサプライズで幕を閉じた2016年。ブログ終了の理由が名取氏の定年退職と知って、これまたビックリ。ということは全くの同い年、当然ながら定年もほぼ同じタイ [続きを読む]
  • 遠いあの日 「45年前の“今日”へ」 加太
  • 45年前の“今日”、昭和46年12月19日。まだ真っ暗な草津で東海道線から乗り継いだのは草津線の始発722レ。おそらく大半が京都・大阪方面からなのだろう、D51654[奈]の次位の旧客のボックスは既に多くのSLファンで埋まっている。この日は、言わば加太のリターンマッチ。何故なら初めての加太撮影行は、友人Ic君が寝坊して2時間以上も現着が遅れてしまったのだ。今回はIb君とのコンビで、彼はちゃんと早朝4時の待ち合わせに来てくれて [続きを読む]