ぜっきあいず さん プロフィール

  •  
ぜっきあいずさん: 銀『塩』鐵道の夜
ハンドル名ぜっきあいず さん
ブログタイトル銀『塩』鐵道の夜
ブログURLhttp://imahamayatomi.at.webry.info/
サイト紹介文愛する蒸機達が国鉄線上から姿を消して35年の節目2011年に始める、想い出の銀塩鉄道写真の旅。
自由文誰からもホメてはもらえそうにない初代の怪しいハンドルネームは、国鉄蒸機終焉時のあの抜け殻のような自分自身を自虐的に表したもので、大学鉄研当時のニックネームでした。このblogはその前後約四十年の写真を公開しています。blog二年目からは、鉄チャン的にはごくありきたり(?)なハンドルネームにしてみました。どうぞお気軽にご来訪&コメントをお願いします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2011/01/03 15:27

ぜっきあいず さんのブログ記事

  • 彼の地は今… SRT101北帰行 - 栗丘(4)-
  • 美しく弧を描いたレイアウトの栗丘を往き交う蒸機達の姿は今も印象に残っているが、栗山トンネルの崩落が駅の様相を一変させてしまったのだろう、交換駅としての機能を失った下りホームは跨線橋が封鎖されて渡ることさえできず、その惨状は目を覆わんばかり・・・ [続きを読む]
  • 遠いあの日 「45年前の“今日”へ」 横屋
  • 知る人ぞ知る、C11重連が走る樽見線。その最大の見せ場は、東大垣-横屋間にある揖斐川橋梁前後の25‰の大築堤。但し、セメント工場が休みで荷の少ない日曜日にしか撮影に行けなかったこともあって、その大築堤で重連のスジを待っていても、やってくるのはいつも単機牽引ばかり。それに日曜日だというのにファンにも出会わなかった。 [続きを読む]
  • 彼の地は今… SRT101北帰行 - 栗丘(3)-
  • 階段を上がってホームに出るや否や「あっ、やってしまった!」と思った。拙blog「40年前の・・・」にも既出で、それまで岩見沢行223レの発車シーンだとばかり思い込んでいた景色が反対方向の追分方に広がっていて、太陽の位置も同じ。とすると、C5738が牽くあの列車は自分が乗ってきた223レではなく、その後の上り列車ということか・・・ [続きを読む]
  • 彼の地は今… SRT101北帰行 - 栗丘 -
  • ここまで、どちらかと言うと極めて私的な偏向的撮影地ばかり再訪している感があるが、それらの駅とは対極的なのが栗丘だ。実を言うと、栗丘にはあまりいい思い出がない。人が多かったのと、ろくな写真が撮れていないのがその理由なのだが、誰もが挙って下車した有名撮影地の現在もそれはそれで興味深いので、R234を再び岩見沢方面に車を走らせることにする。 [続きを読む]
  • 彼の地は今… SRT101北帰行 - 栗沢(3) -
  • 実はこの旅、ゆっくり準備をしている間もなくバタバタと出発したこともあって、蒸機時代の画を十分脳裏に焼き付けてから行った訳ではなかった。というわけで40年以上前の記憶だけに頼った結果、現地で当時の事を思い出せないことも何回かあった。栗沢駅もそんな場所のひとつ。しかし、旅から戻って当時のネガを調べ直してみると、この駅でも結構撮っていたことが分かった。 [続きを読む]
  • 彼の地は今… SRT101北帰行 - 栗沢(2) -
  • 栗沢と言えば、列車内からのロケハンで気になっていた場所が、お地蔵さんの他に当時もう一箇所あった。立派な山門のお寺で、同じくさよなら225レの前日12月13日にやっと撮影できたのだが、悪い予感は当たるもので、来る列車来る列車ことごとくDL牽引。唯1本下りの貨物を牽くDD51が廃車回送のD51を次位に従えて通過していっただけで、結局その日が最初で最後の撮影となってしまった。 [続きを読む]
  • 彼の地は今… SRT101北帰行 - 栗沢 -
  • 志文で上り1466Dを見送った後、駅の時刻表を見ると、すぐに下り岩見沢行がやってくるではないか。間隔が2-3時間は空くのがザラの現在の室蘭本線のスジでは、これは貴重だ。さてこの辺りだと何処で撮ろうかと考えてすぐに頭に浮かんだのは、C57135牽引さよなら225レが走る前日の昭和50年12月13日に彷徨った、隣駅の栗沢。 [続きを読む]
  • 彼の地は今… SRT101北帰行 - 志文 -
  • 「いつ新しい駅舎になったんですか?」 雪の中、岩見沢駅まで迎えに来てくれたレンタカー会社の若いスタッフに聞いてみた。「もう10年近く経つと思います。前の駅は火事で焼けてしてしまって、長い間プレハブの仮駅舎のままでした。」予想だにしていなかった返答に愕然とする。「えっ?追分機関区だけでなく、岩見沢駅までも・・・」 言葉を飲み込み、気を取り直して手続きを済ませると、追分方面へと車を走らせる。 [続きを読む]
  • 彼の地は今… SRT101北帰行 - 岩見沢(2) -
  • 「いわみざーわ、いわみぃざぁ〜わぁ、岩見沢 岩見沢です。」独特な節回しの到着アナウンスとあの活気はどこにいってしまったのだろう。ガランとした岩見沢一区跡を望む7番ホームから、跨線橋を渡り改札口に向かう。ところが、偶然にも短い編成同士の見覚えのある光景を目の当たりにする。デジャヴ・・・C57こそいるはずがないが、今目の前で展開されているのは、まさにあの夜の再現ではないか。急いでザックからミノルタを取り出 [続きを読む]
  • 彼の地は今… SRT101北帰行 - 岩見沢 -
  • 北斗19号から札幌でスーパーカムイ43号へと乗り継ぎ、1日目は旭川泊。せっかくなのでと、ちょっぴり欲が出て翌日は約17年ぶりに宗谷ラッセルの撮影に充てることにした。ところが、C11171の不具合による冬の湿原号の牽引機変更の影響もあるのだろうか、平日というのに結構な人出。週末は更に混雑することが予想され、早めに切り上げて本来の目的である私的感傷旅行に戻ることにする。 [続きを読む]
  • 彼の地は今… SRT101北帰行
  • いよいよ定年退職が迫った2月のある日、カレンダーを眺めていると、エアポケットのように週末を挟んで会議等の予定がない日が何日かあった。「これはもう行くしかない・・・」 職場の同僚や上司の迷惑も顧みず半ば強引にこう決めると、諦めかけていたあるプランを実行に移すことにした。 [続きを読む]