jhm さん プロフィール

  •  
jhmさん: I shall be released
ハンドル名jhm さん
ブログタイトルI shall be released
ブログURLhttp://jhm1998.exblog.jp/
サイト紹介文函館のどこかを撮っています。たまに旅先の写真も撮ります。時々毒を吐きます。
自由文函館よ、世界に届け。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2011/01/04 10:29

jhm さんのブログ記事

  • 戸惑い
  • いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つの お願いします。(笑) にほんブログ村 [続きを読む]
  • 旬鮮酒家 「桜路」 と Bar SharEs HISHII と 酒
  • 昨夜は友人と青柳町の「桜路」に行ってまいりました。一緒に行った人の話では、土曜日は世行くでいっぱいで入れなかったそうですが、さすがに平日は落ち着いていました。でもそのおかげで、ゆっくりと美味しい料理を堪能することができました。ここではちょっと変わった興味を惹く料理が多く、焼き枝豆、牡蠣の燻製などなど、どれも「うーん」と唸ってしまうものばかり。本当は寿司も握ってくれるのですが、そこに辿り着くまでにお [続きを読む]
  • モノクロ写真を撮るということ
  • 私の写真はモノクロが多いと思っていらっしゃる方もいるようだ。そのように言われると多いのは確かだが、比率的するとカラーの方がやはり多い。たぶんそれだけモノクロ写真の方が印象に残るのからなのだと思う。昔はカラーで撮ったものをモノクロに変換して作製していた。しかし、ある時最初からモノクロで撮ったらどうなるのか試しにやってみたら、とんでもなく「間が抜けた」写真となってしまっていた。そう、それまでは「色」で [続きを読む]
  • ジャド プール
  • 札幌の帰りの昼食は円山周辺でとることが多い。今回は久しぶりに南6西24のジャド プールに寄った。相変わらずの人気で駐車場がいっぱいだったため、電話をして1名可能かどうか確認したら用意できますとのことだったため、少し離れた場所に見つけた有料駐車場に車を停め歩いてお店に行った。札幌では時には有料駐車場に停めるくらいの心の準備がなければ好きなところには行けないことがある。また、この店はそれくらいの価値がある [続きを読む]
  • バスキアの絵があるカフェとその店を教えてくれた雑貨店
  • そのカフェのドアを開けた瞬間に目に飛び込んで来て、気になって落ち着かない気持ちにさせる絵があった。席に座ってからもその絵を何度も見た。作家の名前「JEAN MICHEL BASQUIAT」からフランス人の画家の作品かと思った。だが、珈琲が出されて飲み少し落ち着いた頃、オーナーご夫婦と会話ができ、訊いてみるとフランス系のアメリカ人だと教えてくれた。ご覧のようにアートマニアのような雰囲気があるようなお店には思えない。その [続きを読む]
  • 死神がいる料理店
  • この方は決して死神ではありません(笑)札幌狸小路市場、「蕎麦とお料理の店」の店主さんです。加茂福酒造の「死神」というお酒がありますので、そのノベルティか何かのTシャツです。料理は美味しいので、決して誰も死にません(笑)いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つの お願いします。(笑) にほんブログ村 [続きを読む]
  • ピアノとバイオリン
  • 先週の土曜日、また素敵な音楽と共に時間を過ごすことができた。良い演奏は何時間でも聴いていることができます。いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つの お願いします。(笑) にほんブログ村 [続きを読む]
  • 定禅寺通り
  • 仙台に行ったことがある方の中には、ここを歩いた人も多いでしょう。単に両側にケヤキの木が植樹されているということだけではなく、歩道の一部にはこのような彫刻がさりげなく我々を迎えてくれる。この定禅寺緑地の両側には車道があり、車がいつも行き交っているが、この道を歩いているとそんなことも気にならなってしまう。そして、この通りには建築物としても注目に値する建築物がある。そのひとつが「せんだいメディアテーク」 [続きを読む]
  • ハードボイルドとナイトバー
  • まさかこんなことになるはずではなかった。夜のバーでは、私がカウンターの片隅でひとりで飲み、なぜか5つ離れた席に30代くらいの女性が一人で座り、少しもの寂しげにお酒を注文する。その1杯を女性が飲んだところで、私はバーテンダーに、「彼女に1杯ご馳走を」と言ってちょっと苦いけど甘さも少しあるカクテルを注文する。私も同じものを頼み、少し離れた場所から乾杯をする。それを飲み干すと私は彼女の分も一緒にとお金を置い [続きを読む]
  • BAR JEY'S
  • 驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、先日初めて大門のBAR JEY'Sに行った。友人が行こうと提案してもらったおかげで行ったのだが、前からずっと気にしていたお店だった。何かきっかけがないとなかなか新しいお店に入ることが少なくなった自分でありますが、内心レパートリー以外のお店も知りたいという気持ちには変わりなく、こういう機会はとても大切なものです。そして、お店によって置いている酒も違い、このイチローズモル [続きを読む]
  • 歴史が変わる始まりとなった場所〜旧幕府軍上陸の地
  • 森町鷲ノ木の海岸にこの碑はある。本当に目立たなく訪れる意思を持って探さなければ見つからないような場所だ。しかし、函館地方における歴史的な大事件はここから始まったのだ。ここに旧幕府軍が上陸しなければ今の函館はなかっただろう。旧幕府軍はこの地から箱館に向かい、官軍や松前藩と闘い箱館・松前を手中にした。戦いが劣勢となった松前藩士たちは奥尻や青森に逃避せざるを得なかった。しかし、青森で大編隊を組んだ官軍と [続きを読む]
  • 雲が絡みついた函館山
  • 今日の昼頃。湿気があり、余計に暑さを感じましたが、暑いの大好き人間としては、車の窓を開けて走ると心地良い風が髪の毛をはためかせてくれた。北海道ではとてもいい季節です。いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つの お願いします。(笑) にほんブログ村 [続きを読む]
  • 観光税導入の提言
  • 実は機会があれば行政関係者に話していたことがある。それは函館市の特別税として「観光税」を導入したらどうかということだった。このブログではしつこいほどお話ししていますが、函館のかなりの企業収入は観光そのものと観光に付随する仕事(クリーニングやお土産、ホテルの食事の食材他)に亘って得られていると思われます。また、そのような仕事をしている方々が消費する日常品などで色々な産業も市民に利用されています。例え [続きを読む]
  • 入舟漁港の夕陽の向こうに
  • 家からすぐ近くなのになかなか夕陽を撮る気になれなかった入舟漁港に今日行ってみた。あまりにもネットには夕陽の写真がたくさん溢れているし、比較的容易にきれいに撮れるのが夕陽だからあまり関心を持たなくなったのだが、今日はなぜか足が漁港に向かった。色々な構図で撮ってみた。漁港には猫もいたし、当然だけれどカモメもたくさんうろついていた。この写真を撮って帰途に就いた時、向こう側から、入舟町周辺に水産加工場研修 [続きを読む]
  • この函館を
  • 何から話し始めようか。話さないことはたくさんありすぎてドコカラチヲつけていいのかわからない。明日は本来なら休日だが、仕事が入ってしまったのでもう寝ることにしよう。話すことだって相当のパワーが必要なんだから。いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つの お願いします。(笑) にほんブログ村 [続きを読む]
  • 世界で最も優れた写真は
  • それは、「私が撮りたいと思っている写真」です。決して「私が撮った写真」ではありません。どうして、そんな大胆なことが言えるのか?その理由はとても簡単です。もし、私が撮りたいと願っている写真を誰かが撮っていてくれたのなら、私はもう撮る必要が無くなります。その人の写真をずっと眺めていればそれで自分は満足できるはずです。そうなると、もう私にはカメラは必要ありません。今持っているカメラを売り払って海外旅行に [続きを読む]
  • 私はなぜ旅を出るのか(小林麻央さんの言葉)
  • 元アナウンサーの木庭薬麻央さんが亡くなったそうだ。テレビのニュースをはしごしていると、何度もその報道が流れる。その中で、麻央さんがBBCに寄港した文章がとても印象に残った。要約しようとすると微妙な今が消えてしまいそうなので、一部を中略なく引用させていただきます。例えば、私が今死んだら、人はどう思うでしょうか。「まだ34歳の若さで、可哀想に」「小さな子供を残して、可哀想に」でしょうか??私は、そんなふう [続きを読む]
  • 遊べるというのは健康な証拠
  • 私くらいの歳になって来ると、遊びに行くということがとても貴重になって来ます。特に夜出かけるためには、一日の仕事の疲れにも勝る元気がないと億劫になってしまいます。億劫ならまだしも、本当に体調が優れないと仕事が終わったら真直ぐ家に帰って休もう、というシグナルを自然に自分に発してしまいます。ですから、夜飲みに行けるということは少なくともその時は健康であるという証拠でもあるのです。何週間か前、ブログを書く [続きを読む]
  • 寒気と咳の夏がまたやって来た
  • 函館も最高気温が20℃を超える日が続くようになりました。普通でしたら、暖かい気候が好きな私にとっては「待ちに待った季節」と喜ぶべきことなのですが、日常的な生活(仕事を含め)では苦痛の季節がやって来たことになるのです。その原因は言うまでもなく「エアコン」です。エアコンから吹かれる空気は、まず喉に来ます。喉が風邪をひいた時のような痛みになり、ぐっと喉を内部で締め付けられたような鈍い苦しさを覚えます。それ [続きを読む]
  • 函館港の空と海と止まった時間
  • 久し振りに昔よく撮ったような写真を撮ってみた。構図はそんなに変わっていない。カメラとレンズが良くなった分ちょっとだけ画質が良くなっただけだ。そんなに変わらないものを撮りながらも、以前は気が付かなかったことに気付いた。それは撮った後に写真を眺めて思ったことだが、写真撮影というものは時間を止める作業なのだと。だからじっと見ていることができるのだろう。一度振り返り、また先に進むことができたらいいことだ。 [続きを読む]
  • 杉並町のbar
  • 私には珍しい杉並町のbarでのショット(お酒も写真も)です。雰囲気、どこかと似ていませんか?初めて行った杉並町のbarは、「ル・コントワール」のOB会(?)でした。いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つの お願いします。(笑) にほんブログ村 [続きを読む]
  • 抽象写真
  • 以前からやってみたいと思っていたパターンで写真を撮ってみました。もちろんこれはテスト版ですが、色々と応用できるのではないかと思っています。あっ、これだけでしたらたぶん面白くない写真だと思います(笑)これはあるバーでテストしてみました。このオブジェがあるところです。いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つの お願いします。(笑) にほんブログ村 [続きを読む]