画家 HARUKA NOZAKI さん プロフィール

  •  
画家 HARUKA NOZAKIさん: 画家 野崎はるか
ハンドル名画家 HARUKA NOZAKI さん
ブログタイトル画家 野崎はるか
ブログURLhttp://ameblo.jp/atelier-haruka/
サイト紹介文画家野崎はるかのアクリル画、制作模様と日々の事。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/01/05 12:05

画家 HARUKA NOZAKI さんのブログ記事

  • ともだち
  • 今週も満席。ありがとうございました。レッスンご希望の方は早めのご予約をお願いします。*・*:.。.:*・*・・*:.。.:*・*・・*:.。.:*・*・・*:.。.:*・*・・*:.。.:*・*“必要とされること”の有り難さを思いつつ。遠く四国から通って来る子供たちを見送った後、今度は駅にて大好きな友人の来訪を待つ。会うのは数年ぶりにもかかわらず、ハナちゃんはシッポをブンブン振って大興奮。…あれ?ハナちゃんは初対面のはずですが?やっぱり君にも分かるよ [続きを読む]
  • 休憩はこちらで
  • デザインは3案に絞り込んだ。私の仕事はもちろん手描き。 あとは色が綺麗にのったら提出しどれが良いか選んでもらう。 ちょっと筆を置き、うちに滞在中のアーティストと外で休憩。 決してアウトドア派では無かった私が(ピンヒールしか履かなかった私が 笑) こんなにも自然の恵み・癒しに感謝し享受する生活を送りたいと思うようになったのは、犬と暮らすようになってから。テント買おうかな。 [続きを読む]
  • オアシス
  • 都会のオアシス【靱公園】を歩く。家を探している。新築を建てるより中古を買おうと思う。“空き家問題”となっている空き家は全部素敵にリノベして若い人が住めるようにするか、もしくは全部つぶして緑を植えるっていう選択肢もあったらええのに。そしたら日本じゅう緑でいっぱいになる。 [続きを読む]
  • 今の自分が望むもの…
  • 「モーターサイクルショー2017」@インテックス大阪へ。メイン会場に立ち並んだブースでは各社が誇る最高のバイクに憧れをもって群がる人たちと、キャンギャルのスマイルに憧れをもって群がるカメラ小僧の両方で大いに賑わっていた。試乗コーナーやHarleyのブースを見ていて思ったのは本当に良いバイクってのは乗る人を選ぶね。でないとマシンのオーラに飲まれてしまう。数時間の滞在後、バイク野郎に付き合いきれ………もとい、待 [続きを読む]
  • 帰ってからのこと
  • 半月ぶりの我が家。動物たちは思い思いの表現方法で、目一杯の愛情を示してくれた。Home, sweet home ! 私にとってもかけがえのない家族との時間が戻ってきた。帰国翌日は、シャーロックとヒナの避妊手術、翌々日はホームステイの受け入れと、休む間も無いよう予定を入れた。時差ボケは、昼寝ばかりしていては一向に治らないので強制的に元の生活リズムに戻すのが一番。…とどめは確定申告(笑)おかげさまで、14回目の申告 [続きを読む]
  • アメリカ日記14【……】
  • 再びサボテンの世界に帰って来た。どれくらい大きいかって言うと、このくらいだ!2週間前に来た時には、茶色と黄緑だけの世界だったのに…ハイウェイ沿いには花がいっぱい咲いていた。季節は進み…とここでタイムオーバー、12・13・14日目の日記を残したかったけど追いつかず!いよいよ帰路につき、これから再び24時間かけて大阪に帰ります。大切な旅の思い出を忘れたくなくて、ながながと綴った記事にお付き合いいただいて、あり [続きを読む]
  • アメリカ日記13【Go south】
  • 滞在11日目。4泊したラスベガスのホテルをチェックアウト。南下を始める。いよいよ車を出そうとした瞬間、馴染みのある植物が。「葉牡丹じゃないか。太陽に向かって元気に伸びてるね!」「こっちじゃ正月が終わっても処分されないからハッピーさ!」と言ったかどうかは知らないが、まさかの葉牡丹に出会えたことはちょっと嬉しかった。1時間ほど走り「Hoover Dam」へ。1936年竣工。日本全てのダムの貯水量を合わせても、ここの半 [続きを読む]
  • アメリカ日記12【adult】
  • 滞在10日目。2時間総立ちライブの翌朝はさすがにスロースタート。ラスベガス最終日ということもありファミリーは朝からカジノ。私はやらないので、のんびり過ごすことにする。実は前日、街なかで…(書くのもためらわれるほどダサい話だが)「どこから来たの?」「じゃぱん」「名前なんていうの?」「はるか」と答えてしまったがばかりに腹のたつ事があった。相手はすぐさま自分の歌が入ったCDを取り出し油性ペンでHarukaと書いて売 [続きを読む]
  • アメリカ日記11 【fabulous night】
  • ハーレーを出た後は街をドライブ。ニューヨークを模したエリアやエジプトのピラミッドにスフィンクスなど、各国の粋を集めたような街並みだ。ストリップ通りを散策し、メキシカン「Magaritaville」で遅めのランチ。そして夜。久々にちゃんとメイクをし…いざ「Backstreet Boys」のライブ初日へ。1999年リリースのアルバム「millennium」を親友にもらってから大好きで、今でも大事に持っている。メンバーは同年代の78年や80年生ま [続きを読む]
  • アメリカ日記⑩【Harley-Davidson】
  • 滞在9日目。朝からハーレーへ(連れて行かれる)。ラスベガスのお店はとても広くまるでミュージアムのようだった。入っていきなり、超好みのカラーリングの一台に出逢ってしまう。なんて美しい乗り物なんだ。ひとつ忠告しておきたいが、あまり私に火をつけん方がええよ?ハーレーには黒いレザージャケットだけでなく、女の子の可愛い&セクシーなシリーズや、ベビー服まであった。赤ん坊がハーレーのよだれ掛けしてサイドカーに乗っ [続きを読む]
  • アメリカ日記⑨【all living things】
  • 滞在8日目アウトドア用品店へ。雨の日の散歩用にレインブーツが欲しいと思っていて、かわいいのを見つけたので購入。キッズサイズだけどぴったりだったのでOK。満足して、店内の売り物のチェアーに腰掛けていたら1匹の犬がシッポをブンブン振りながら近づいて来て、私の手をなめまくって、足元にぴったりくっついて座った。なんていい子!と飼い主に話しかけたら、7年前、子犬の時にレスキューしたと。保護犬談義に花が咲く。ア [続きを読む]
  • アメリカ日記⑧【the neon lights】
  • 夕刻、ラスベガスにやって来た。先程まであり得ないスケールの大自然の中に浸っていて身も心もデトックスされたような状態からのここはネオンの光、大音量で流れる音楽、道行く人々、全てが刺激的で一気に浮世に引き戻された。ホテルにチェックイン後、日本食のレストランへ。味噌汁を一口飲んだら五臓六腑にしみわたった。…しみてくれないと困るよ、1杯700円の味噌汁。日本食は同行のファミリーの口には合わず早々に解散となっ [続きを読む]
  • アメリカ日記⑦【another world】
  • ??滞在6日目。朝から2時間ほど北上。着いたのは火星。ではなくモニュメントバレー。こちらに来て思うのはいや、旅の時にいつも感じることは、有名どころが素晴らしいのは勿論のこと、それより名も無き通りの人々の営みを垣間見ることも醍醐味だ。とは言っても今回はそんないとまも与えらぬほど大陸を爆走中。ジェロニモの生涯に想いを馳せる。??滞在7日目。3日間すごしたペイジのホテルをチェックアウト。朝食はクレープ屋へ [続きを読む]
  • 食生活
  • 私は食べることが大好きで、食べっぷりはいい方だ。郷に入れば郷に従って、その土地の物を味わいたい。けれどアメリカの食事は質も量も本当にヘビー級。今回の旅は私以外、全員アメリカ人のため当然 朝・昼・晩の食事は彼らのチョイスに任せている。注文の際に自分は少量のサイドメニューだけにするなど工夫しているが、6日目を迎えさすがに胃がもたれてきた。だから今夜は自分から日本食を提案してみた。ホテルの近くに「Bl [続きを読む]
  • アメリカ日記⑥ blooming
  • 滞在5日目。グランドキャニオンを観た後、夜にかけてさらに3時間ほど北上してステイしたので、滞在5日目はペイジの町で迎える。朝6時半「はるか起きて!8時のツアーに行くから!」と叩き起こされ慌てて用意し、意味が分からないままバスに乗る。着いた先は、ナバホ族のエリアにあって認可ツアーでないと入れない「アンテロープ」だった。巨大な岩の、小さな入り口から洞穴に入って息を飲んだ。水の流れによって長い時間をかけて作 [続きを読む]
  • アメリカ日記⑤ high desert
  • 滞在4日目。朝6時半。まだ暗いうちに出発し「エアポートメサ」に登る。セドナの街とレッドロックが一望できる山頂で日の出を待つ。刻々と変わる空の色。優しいピンクのグラデーションも太陽が顔を覗かせれば一気にアリゾナらしいブルーになった。ここは4大ボルテックスのひとつ。…と書いてはみたが、私は流行りに疎い人間で、あまり“スピリチュアル系”のことはよく知らない。近年、パワースポット大好きな人々が多く訪れ世界中 [続きを読む]
  • アメリカ日記④ wild bird
  • 滞在3日目。実は今日、ある施設の視察に行きました。たくさんの写真とQ&Aの内容を整理するのに少し時間をかけたいので、また後日ご報告します。*??*??*??*??*??*??*??*??*??*??*??*??*視察の後にぶらりショッピングモールへ行った。灯油タンクのような牛乳や、巨大なパッケージのお菓子、そしてこのカラフルなケーキを見るたびにアメリカを感じる。さて、そんな一般的なモールの一角に素敵 [続きを読む]
  • pet waste station
  • 所々にこんなのが立っている。犬のフンを拾うための袋がセットされ、下側がゴミ箱で、そこに捨てて帰れるのだ。日本で散歩をしていたら、いたる所で見かける「犬にフンをさせるな」のサインを100枚作るよりこれを数ヶ所に設置すれば、どれほど効果があるだろう。もし、この案が上がったとして。きっと出てくるのは「誰がフンを回収するの?税金を動物に使うな!」等のネガティヴな意見であると想像がつく。 日本の動物を取り [続きを読む]
  • アメリカ日記③ cactus
  • 滞在2日目。朝9時、モーテル(motor hotelの略。車が横付けできるドライブ旅行者のための宿)をチェックアウト。今回の旅は、デカい車だけ予約して、ホテルは決めずに来た。きっちり決まったスケジュールをこなしていくのは苦手でその日の気分や天候、モチベーションで行ける所まで行く。車で少し走れば、私が今まで見たことのない風景が広がった。山に木が生える代わりに、高さ数メートルの巨大なサボテンが生えているのだった。サ [続きを読む]
  • アメリカ日記② butterfly
  • 初日。私の“旅の教訓”の1つは、アメリカでは意識的にカロリーを抑えていかないと体調を崩すという(苦い経験)があるので、昨夜はコブ・サラダ、今朝はシンプルなオートミールにした。朝食後、チェックアウト。アリゾナ州都フェニックスから隣接するスコッツデールへ移動。蝶が観たくて、その名も「Butterfly wonderland」へ。アメリカ最大の施設であり、温度や湿度など完璧に保たれたパビリオンの中を3,000頭の蝶が自由に飛んで [続きを読む]
  • 到着
  • 羽田から9時間。機内であまり眠れずに映画を4つ観終える頃、ロサンゼルスに到着。とりあえず乾杯 次のフライトに備える。大阪の家を出てからちょうど24時間でフェニックスに到着。夕刻、どこまでも続く水平線がピンク色に染まり迎えてくれた。これから始まる2週間の旅が、実り多いものになりますように。 [続きを読む]
  • 行ってきます。
  • フライト前、最後の締めはやっぱり寿司!まだ行く前なのに、すでに日本食が恋しいってゆうね(笑)今回の旅行中、うちの動物たちをどうするかとても考えた。大阪にはどんなペットホテルやサービスがあるのかいろいろ調べ最終的に「我が家に住み込みでお世話してもらう」事を選んだ。いつもと同じ家で、いつもと同じお散歩コース。社会人として出張や帰省があるのは普通のこと。でもその間、家族である動物の不安やストレスは最小 [続きを読む]