八朔 さん プロフィール

  •  
八朔さん: ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して
ハンドル名八朔 さん
ブログタイトルワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して
ブログURLhttp://hassakuman.blog103.fc2.com/
サイト紹介文京都発、八朔が「明日なき暴食」を理念に関西を中心にラーメンを食べ歩きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2011/01/08 17:41

八朔 さんのブログ記事

  • bass / らーめん @京都市中京区蛸薬師麸屋町
  • いつの間にかひっそりこっそりオープンしていた「bass」さん。蛸薬師麸屋町北西角です。およそラーメン店とは思えぬシュッとした外観故に、誰もが口走る隠れ家的という表現。飾り気のない白壁の建物は地中海風・・・と言うまでもなく地中海未訪の私にそう言わせてしまう、もしかしたら伊勢志摩風のオサレーノ。厨房側と壁側に配されたカウンター。メニューはシンプルというかオンリー。BGMはバキバキではなく、これまたシュッとし [続きを読む]
  • 家系ラーメン 頂?家 / ラーメン 醤油豚骨 @大阪府枚方市牧野
  • 枚方が熱くなってきました。私の場合、リピ店が多いエリアですが切磋琢磨にしのぎを削って、なんなら一石二鳥棚ぼたで、フラッと出掛けて美味しいラーメンが食べられるなんてサイコーです。牧野駅前にオープンした「家系ラーメン 頂?家」さん。最近関西でも増えつつある家系。実はIEKとEAKの違いもわかってないニワカですが、NWFやPWFについてなら3日後の朝まで口からマシンガンぶっ放せます。スミマセン。「ラーメン 醤油豚骨(68 [続きを読む]
  • K's NOODLE / にぼまぜ @京都市伏見区竹田
  • 2年前、鞍馬口で濃麺を提供されていた「K's NOODLE」さん復活で、ヅラ落としてしまいそうになるぐらいビックリ。「伏見にぼ次朗」跡地にて華麗に再登場です。濃度とともにテンションも下がり、やがて看板の灯も落ちた鞍馬口K'sでしたが、守山めん食堂でいただいた試作は未だに私の中の最強豚骨。そんな過去がセピア色に変わろうとしはじめた矢先、突如ムフフなお知らせfrom加藤屋で、この日、私は伏見へ。今回はドロリンチョではな [続きを読む]
  • ラーメン モリン / 冷やしぶっかけ @滋賀県大津市島ノ関
  • おおっ、誰か知らんけどイイッ!今年も県庁前でオリオンできる季節の到来です。熱い想いでラーメン作っている「ラーメン モリン」さん。暑苦しいから、それクレとポスター見つめながらルービー、今日も一日ごくろうさん!おつまみ盛(400円)で軽くジャブ。お店に足を踏み入れた瞬間に提供される最良の時間と空間。それがこのお店のメインディッシュでプライスレスです。たまに眼鏡の奥から笑みが添えられたりしてガクガクブルブル。 [続きを読む]
  • Kitchen OMUHICO / オムヒコ式香露2017 @滋賀県長浜市
  • まだ間に合う!青春映画並みに駆け込んだため、LED電球に照らされた外部看板撮り忘れました。「Kitchen OMUHICO」さんにて期間限定の冷やしメニューを。閉店前でしたが快く引き受けてくださった店主さんに感謝感激、バイトちゃんもニッコリで、これまででもっとも手応えを感じた次第であります。「オムヒコ式香露2017(880円)」 ※6月下旬頃までの期間限定近頃、こちらの主軸になりつつあるしなやかな中太麺に柔らかな醤油ダレの構 [続きを読む]
  • 麺屋 一刃 / 鶏白湯 塩ラーメン @大阪府藤井寺市
  • 長い時間、この画像とにらめっこ。何故この日この辺りに居たのか一向に思い出せません。「いろんなところにラーメン食べに行ってますよね〜」とよく言われますが、私の場合そのとき居る場所で食べているだけです。歌って踊れる自営業。夢は猫のような生活スタイルで150才まで生きることです。5月8日オープンの「麺屋 一刃」さん。券売機が店外、この位置にあると心なしか背中のプレッシャーも和らぐようで。活気あふれる店内、爽や [続きを読む]
  • 中華蕎麦 つけめん 寿限無 / 中華蕎麦 @名古屋市千種区今池
  • 意外と駐車場高くなかった今池。名店が犇めき合っているエリアに2017年初頭に登場は「中華蕎麦 つけめん 寿限無」さん。街中のお店ということでこじんまりとしていますが、清潔感に溢れた店内、スタッフもシュッとしています。メニューは清湯の「中華蕎麦」と濃厚の「つけめん」の二本立てということで、言わずと知れたドリーとテリーです。お品書きの説明が手取り足取りで、コピペすれば記事書かんでええのではと思ったりして。「 [続きを読む]
  • 麺屋 希楽夢 / 塩そば @愛知県知多郡東浦町
  • 2017年初頭、感度が鈍りつつあるMYアンテナにビビッと来たのが、「麺屋 希楽夢」さんのオープンでした。ほな、行こかと、サンダル履くものの気軽には訪れられない知多半島。一人勝手に焦らされてる間にあれやこれやと情報だけが入ってきて、身も心もタマランチ。前日、三重で仕事を終え、遂に憧れの地で朝を迎えたワタシ、初訪店でシャッター。オチケツ、オレ・・・です。「塩そば(780円)」+レアチャーシュー増し(250円)この日は [続きを読む]
  • 中華そば 満丸 / 中華そば@滋賀県草津市野村
  • 素朴。遠回しに地味といってるわけではなく、良い意味で真っ直ぐな思いが自然のままに麺とスープを纏ったかのような、懐かしく優しい味。こういうラーメンが好きですし、こういうラーメンを作ろうとした人の想いに惹かれます。「中華そば 満丸」さん。近江大橋取付道路の野村南交差点を東へ。ちなみにこの交差点を南へ行くとレアポケモンがよく出現しますが、住宅地なのでお行儀よくポケ活しましょう。「中華そば(700円)」出で立ち [続きを読む]
  • 本かしわ中華そば 滋源 / ラーメン @大阪府守口市
  • 黄砂の飛散が少なくなり、鼻スピスピも治まってきました。こちらはまだスンスンと匂いを嗅げた頃にいただいたもの、「本かしわ中華そば 滋源」さんでの一杯。開いた扉の位置がそのまま座席といった感じの、こじんまりとしたカウンターのみのお店です。「ラーメン(600円)」ああ、これは好きなヤツ。スープを一口飲んだ瞬間に、遠い目で「はぁ〜」と息を長く吐いてしまうヤツです。親鶏を丸ごと一羽使用したスープは透明感のあるクリ [続きを読む]
  • 京都ラーメン 旭 / 旭ラーメン @京都府城陽市
  • 「旭ラーメン 並(680円)」4月、大久保バイパス沿いにオープンした「京都ラーメン 旭」さん。看板に「京都」、「旭」、「老舗」、「豚骨醤油」の文字が躍り、この私にすらボケる隙を与えないお見事なスタンスです。見た目以上に広い店内、待てど暮らせどの間に席数数えれば、カウンター、テーブル合わせて64席。後日、食べログとも数字がピッタリでちょっと嬉しかったり。私が訪れたのはオープン間もない頃とあって、どんだけネタ提 [続きを読む]
  • じゅうたろう / 和風しょうゆラーメン @奈良県宇陀市榛原
  • 三重から奈良まで165号線をひたすら走って、仕事?シカにイノシシ、たまに幻でも見てるのかと錯覚するような美女がルームミラーに映ったりします。榛原付近で何気にラーメン店を検索して見つけたお店が「じゅうたろう」さん。お昼は「手打蕎麦 はぎ乃」として営業されている二毛作のお店です。国道から少し上って小高い丘の中腹にあります。コの字型カウンターと小上がりの座敷席。厨房は奥なので見えませんが店主さんが一人で切り [続きを読む]
  • 麺哲支店 麺野郎 / 肉つけ麺 @大阪府池田市
  • ほとんど寝ずに一昼夜、忘れた物と失った時間を思い返して一気に疲れが増した真夜中手前、視界の中の眩しい灯は「麺哲支店 麺野郎」さん。最後の切り札を出すように決め打ち、俺やるやんと思いつつも、隣りのオサーンは無言でモリモリ。「肉つけ麺(1200円)」麺を食らうと言いつつも面食らう肉量。この迫力はそのまんま肉の旨味を伝える強い力に繋がり、麺食って肉食って、肉食って麺を食う、です。その麺。滑らかながら張りのある [続きを読む]
  • 吉岡マグロ節センター / マグロ節の中華そば味玉入り @大阪府豊中市蛍池
  • 店名だけ聞けば「産直市場?」な印象を受けますが、本気のラーメン店、「吉岡マグロ節センター」さん。蛍池の176号線空港入口交差点近く、トレーラーハウスを改装したド派手なお店です。威勢良くビシバシと迫り来る力強いラーメンがいただけます。「マグロ節の中華そば味玉入り(850円)」口の中いっぱいに広がる芳醇なマグロ節の風味に圧倒されます。その大きな訴求力は至近距離からピンポイントで撃ち抜いたように一口目からピーク [続きを読む]
  • 麺厨房 華燕 / 汁なし担々麺 @大阪府高槻市
  • 久しぶりにおやっさんのお店、「麺厨房 華燕」さん、団地下のパラダイスへ。息子さんが営まれる駅前店と何がどう違うのか馬鹿舌腹黒の私には判別できませんが、お袋のオッパイの味憶えてんのかぐらいに愛しいおやっさんの攻めがここにあります。初訪時にニンニクブラック頂いて以来、ずっとコレ。猿だ、一つ覚えだと言われようが、コレでイクのが幸せ直行便です。「汁なし担々麺 温(800円)」唐辛子のスパイシー感と融合して絶対的 [続きを読む]
  • Omotenashi Noodles よこじ / 淡炊味玉錦爽鶏だしそば @愛知県豊田市上挙母
  • こりゃ、凄いわ。昨年訪れた豊川の「ガチ麺道場」さんもそうでしたが、怖れ知らずに「ええ店あるや〜ん」と豊田市で鼻高々。受け身も取れないのにローラン・ボックに対峙したようなもので、叩きつけられてからその凄さを知りました。「Omotenashi Noodles よこじ」さんは名店「麺屋よこじ」さんが休業から復活したお店とのことです。開放感のある店内はコの字型カウンター、店主さんの軽快なトークとお客さんへの気配りが素晴らし [続きを読む]
  • 和風とんこつ かしや / 中華そば @ 大阪市西成区玉出
  • 店も人も味も私にとってはスペシャルなお店、玉出の「和風とんこつ かしや」さん。多くの方がこのお店に繰り返し通われる理由は、丼鉢を舌と心で覗いてみれば理解できます。迷わず行けよ、行けばわかるさ、かしやー!そんなスペシャルなお店で年頭から新メニューとして提供されているのが「中華そば」。そのネタだけで白飯食えるぐらい魅力的ですが、この度ようやく実食。ラーメンを前に緊張している私がいました。「中華そば(700 [続きを読む]
  • 濃厚軍団 / 濃厚ラーメン @愛知県豊田市三河豊田
  • オープン当初から気になっていたお店に念願の初訪です。ラーメンと店名のインパクト、豚骨で濃厚で軍団とくれば、そりゃ頭から離れんですよ。豊田市の「濃厚軍団」さん。お昼時で店前駐車場は満車、中待ちもあって、えらい人気ぶりです。めっちゃ気になるメニューがあったのですが、初めましてヨロシクはトップメニューをシバきます。「濃厚ラーメン(730円)」適度なざらつきを有した濃厚豚骨。油に頼ったものではなく、ガツンガツ [続きを読む]
  • 中華そば 鈴木 / 中華そば 白 @愛知県弥富市
  • 1号線を走って愛知の入口とも言える弥富市へ入ったのは、2本目の電話を無視して心を決めた頃。後はひたすら東へ進むのみ。落ち着け、オレ。ラーメンでも食って幻想だけを追いかけよう。名店が4店舗並ぶ夢のような世界、「行列のできるラーメン屋集めました!」、私的には極楽エリアへいらっしゃい。選んだのは「中華そば 鈴木」さん。ウチのオカンの旧姓が鈴木です。「中華そば 白(870円)」 ※春限定透明感あるスープは鰹を軸に魚介 [続きを読む]
  • 新福菜館 大津京店 / 中華そば @滋賀県大津市皇子が丘
  • 表通りの賑やかさと比較すれば、静かな夜が垂れ込める大津京駅前。ぼんやり浮かぶ赤テントの灯の中は、これまた賑やかな家族の声とスープの香りで一気に心が晴れます。「新福菜館 大津京店」さん。記憶が正しければ3度目の訪問。しかしいつ何時誰が問いかけても分かるように、私の新福はJUST ONLYです。「A定食・中華そば並+やきめし小(950円)」お馴染み漆黒のスープから顔を覗かす動物系の確かなる存在。まるで息吹が聞こえてく [続きを読む]
  • FLYING チキン野郎 5月23日オープン @滋賀県草津市上笠
  • 彦根のラーメン野郎が草津までひとっ飛び。名店「チキン野郎」さんの2号店が5月23日、草津市上笠にオープンします。その名も「FLYING チキン野郎」さん。草津駅からなら真っ直ぐ西へ、近江大橋取付道路の野村中央交差点をさらに西。ビミョーな説明を加えるなら「ふうらい」跡地です。店舗裏と向かいに駐車場完備。入店してすぐに券売機。カウンターとテーブル席、おっとトイレは未確認。5月21日のプレオープンにお邪魔しましたが、 [続きを読む]
  • サバ6製麺所 福島本店 / サバ醤油そば @大阪市福島区
  • 今春、天六から福島に移転された「サバ6製麺所 福島本店」さん。元のお店は私がボヤボヤしている間につけ麺専門店としてリニューアルされており、そちらも考えたもののまずはこちらで。嬉しい通し営業、明るい店内。私の場合、平日のお昼にこの辺りで油を売ってることはまずないんですが、この日は所用で珍しく。隣りでシュッとしたOLさんが豪快に焼き飯を食べられていて、世間知らずな自分を思い知ったりします。「サバ醤油そば(7 [続きを読む]