さがりばな さん プロフィール

  •  
さがりばなさん: 足猿街道まっしぐら
ハンドル名さがりばな さん
ブログタイトル足猿街道まっしぐら
ブログURLhttps://ameblo.jp/sagaribana1961/
サイト紹介文中高年の独り言
自由文日々の記憶を綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/01/09 22:07

さがりばな さんのブログ記事

  • 終戦の日
  •     ■「終戦の詔書」(原文)朕深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以(もっ)テ時局ヲ収拾セムト欲シ茲(ここ)ニ忠良ナル爾(なんじ)臣民ニ告ク朕ハ帝国政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シ其(そ)ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ抑々(そもそも)帝国臣民ノ康寧(こうねい)ヲ図リ万邦共栄ノ楽ヲ偕(とも)ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々(けんけん)措(お)カサル所曩(さき)ニ米英二国ニ宣戦セ [続きを読む]
  • ヤットサーヤットサー
  • 三味線、太鼓、鉦鼓、篠笛などの2拍子の伴奏にのって連(れん)と呼ばれる踊り手の集団が踊り歩く。えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆(あほう)に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…と唄われるよしこののリズムで知られる。しかし、よしこのは大手の有名連以外はあまり使われず、主にヤットサーヤットサーという掛け声のほうが多用されている。 徳島県内の小・中・高校では体育の授業や体育祭などで [続きを読む]
  • リトルボーイとファットマン
  • 皆さん、72年前の今日、8月6日8時15分、広島の空に「絶対悪」が放たれ、立ち昇ったきのこ雲の下で何が起こったかを思い浮かべてみませんか。鋭い閃光がピカーッと走り、凄まじい放射線と熱線。ドーンという地響きと爆風。真っ暗闇の後に現れた景色のそこかしこには、男女の区別もつかないほど黒く焼け焦げて散らばる多数の屍。その間をぬって、髪は縮れ真っ黒い顔をした人々が、焼けただれ裸同然で?がれた皮膚を垂らし、燃え広が [続きを読む]
  • 猫の死亡通知
  • 「先生」に拾われた捨て猫の“吾輩”が、先生の家に集まる人々の話に耳をそばだてて、人間社会を知っていく。猫の視点から見た人間社会とは。           ソース:【ニュース写真】:写真:読売新聞 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 夏の日に        目に涙をためて漱ぐのは    石より小さな  遺骨かな(T_T) [続きを読む]
  • 永遠の嘘をついてくれ
  • なぜ生きるの?幸せってなに?不器用で生きづらい苦しさ切なさそれを笑いに変えて生きる罪を犯すきっかけ女なら男にだまされた男なら女にだまされたその一言に囚われ人は囚人になるひとりではとらわれない素直な心を持つふたりでは自由を奪われ心を開放できないとらわれ人が生まれるそれは無責任に転がり続ける復讐劇の終わりなき始まり子供から大人へ若さから老い!かけて刑務所 だから・・・ [続きを読む]
  • “老い”の夏
  • か、け、ま、わ、れ かけまわれ 駆け回れ ニンタビ 君よ 走れ! 混沌とした夏休み野山を駆ける老い!かけっこ海辺でキレのない老い!シッコ息が切れるオムツもキレるはっきりしない記憶?天と地が混ざり合ってカオス!人は安定を望み間違いを恐れて立ち止まる「走る」気力↓「止まる」勇気↓「飛ぶ」記憶↓老いかけて↓忍足袋 [続きを読む]
  • 愛を知り・・・
  • 何も!?備えないその日暮らしの人間よ暗黒のAIが進んでるそして出会いサイトから会いたいメールがおっさんに届くわけ私はプレミアムアイスクリームのMOW(モウ)バニラとMOW(モウ)宇治抹茶が好きなんだけど君はどっちが好き?私の好みなんて気にしないで下さい的な変身がくるそんなAIもなく私をSiriもせず課金の為のメッセージなんて嫌いだ!でもAIが走り出したら止まらないあっと言う間に私は失業AIに置き換わっていく時は過 [続きを読む]
  • 必殺仕分け人・・・
  • 二重国籍でも..... いいんですか?いいんですか? 上から目線の陳謝! 陳謝!!反省してるように見えないのは私だけ?双子が国籍を選択とか?父も母も日本人なのに?国政を動かす人がみな中国人でもOKな死相(・へ・)完全に二重スパイじゃん(´・ω・`)二重じゃダメなんですか!!!ブーメラン進党解散!!あなたは議員辞職↓↓↓ いいんですよ!いいんですよ!! [続きを読む]
  • あっ!
  • 思いが 多い分 恨みつらみも たぶん多い ドアを開けたら 開けっ放し 引きこもり より 上等じゃない 貧困と 暴力は 鎖で 繋がってる 生きられないのは ウソの中で 生きてるから いちばん 大事なのは 自分だけ あとは 全部 抱きしめて 捨てなさい 無理なら 逃げる 準備を しなさい コケても やり直せる 酷い思いを したから 迷惑かけたくない いい人 だから 我慢しちゃう 神経図太く 図々しく 生きよう [続きを読む]
  • いきもの係・・・
  •    毛生え薬無言エロっぽいねぇ〜へーへーって人生変えたい?どこでどんな努力してるのそれムダな努力じゃありません方向違いの努力って笑える変えてどうするの?バリバリ仕事して人間関係良好!給料もUPしましたなんて考えても人って案外変われないらしいよそれより心の声を正直に受け止めて大事にしようよそれでもこのままじゃイヤって思うならやってみよう!会社の往復プラス自分の好きなことどっぷり浸かって思いっきりパラ [続きを読む]
  • 祈りよ届け・・・
  • 人類が 文明の利器を 得たとしても 突然訪れる 自然の猛威の中では 赤ちゃんのように 無防備だ あたりまえの 今日が 奇跡だと したら 貴方の 今日は 二度と やって来ない ありがとう 祈りを 忘れずに 立ち向かおう そうすれば 奇跡は かならず やって来る 貴方が 流した涙は 幸せの種の 水やり だから [続きを読む]
  • 15分間自重トレーニング・フロー
  • コリをほぐしつつ体幹を鍛える「15分間自重トレーニング・フロー」が長時間のデスクワーク後におすすめ | ライフハッカー[日本版]長時間デスクワークの後の筋肉のコリをほぐすには、動き回るのが一番なのですが、そこからさらに一歩踏み込み、自重トレーニングの「フロー」に挑戦することをおすすめします。自重トレーニングのフローとは、筋肉の追い込みと、ストレッチ、増強が一度にできる、体が普段しない動きを続けて行うと [続きを読む]
  • タコめし.....
  •  絵本の専門誌『月刊MOE』(白泉社)が、絵本界で活躍す る新しい才能を募集する「MOE 創作絵本グランプリ」。昨 年開催された第5回審査で見事グランプリを獲得した、つ きおかようたさんの絵本『タコめし』(白泉社)がこのほど出 版されました。  オフィス街からバスで10分の海が見える丘の上でお弁当 屋さんを営むタコさんが、せっせとお客さんのお弁当箱に お弁当を詰めてあげるというシンプルなお話ですが、なん と [続きを読む]
  • 精神的な回復力とは
  • 行く手を遮るものが何もなく、邪魔をする人が誰もいないなら、前進し続けるのは簡単なことだ。だが、妄想に取り付かれた嘘つきや全くかわいいと思えない架空のキャラクター以外に、そんな「摩擦のない世界」に住んでいる者などいるだろうか──? いるはずがい。 精神的な回復力を指す「レジリエンス」は、私たちが持って生まれるものではない。自分の人生を守るために、身に付ける防衛力だ。困難に直面したことがない人に、 [続きを読む]
  • IQを23%高くする、たった1つの習慣
  • IQを23%高くする、たった1つの習慣 | ライフハッカー[日本版]Inc.:知能には結晶性知能と流動的知能という2つのタイプがあります。 結晶性知能とは、既に獲得している情報やスキルや経験など、脳に蓄えられた知識を活用する能力のことで、年齢と共に向上する傾向があり、特に、標準知能テストでテストしやすくなってからは、ほとんどの西洋文化圏で重視されています。 一方、流動的知能は、今まで経験したことの無い状況下で、 [続きを読む]
  • タイガーマスク運動
  • タイガーマスク運動の河村正剛氏「ランドセルの寄付は意味がない」の真意 - ライブドアニュース1日、テレビ朝日「あの人が今 言いたい事 新番組!テレビにあまり出ない人の“聞いたことがない話”」には、「タイガーマスク運動」が広がるきっかけを作った河村正剛氏(43)がゲスト出演。2010年12月、アニメ「タイガーマスク」の主人公・伊達直人を名乗り、群馬の児童相談所に10個のランドセルを寄付した河村氏は、昨年12月に、初代 [続きを読む]
  • 大人のためのエッセイ
  • 書店で即売り切れ続出! 寂しいと言えなくなったすべての大人たちへ――Twitterフォロワー数13万人超・Fの処女作『いつか別れる。でもそれは今日ではない』 | ダ・ヴィンチニュース発売日の翌日、Amazonで購入しようとしたら既に「入荷待ち」になっていた。都内の書店を数軒回っても、「在庫切れ」と言われる。結果、手元に届いたのは2週間後。Twitterフォロワー数が13万人超のF氏のデビュー作『いつか別れる。でもそれは今日では [続きを読む]
  • 恐怖の告白!!
  • 松居一代 ブログで謎めいた発信が続く 6月7日の再開後から/芸能/デイリースポーツ online尾行や失踪について記述した27日の公式ブログの内容が話題を集めている女優の松居一代(60)だが、今年4月22日を最後に更新が途絶え、今月7日、約1カ月半ぶりに再開したこの公式ブログでは、再開後、次のように謎めいた発信を続けている。 ◆6月7日 タイトル「本当にごめんなさい 多謝」 「涙をいっぱい流しながら……じ [続きを読む]
  • 長生きのために食べてトレーニング
  • 2.目標のために挑戦する|Women's Health(ウィメンズヘルス)UK版ウィメンズヘルスでもカバーを飾るなど、セレブリティ以上の注目を集めるフィットネススターたち。今回ご紹介するのは、オーストラリア出身の人気フィットネスモデル兼オンライン・パーソナルトレーナーのエミリー・スカイ。今年32歳の彼女をこれほどまでに魅力的にするものは一体何なのだろう?彼女の人生のターニングポイントをさかのぼりながら、その秘密に迫 [続きを読む]
  • 「1日1万歩で健康になる」はウソ!?
  • 「1日1万歩で健康になる」はウソ!? 歩けば歩くほど不健康になる歩き方 | ダ・ヴィンチニュース?ウォーキングは誤解されている   「健康のためウォーキングを始めよう」と思い立ち、万歩計を身につけて毎日歩くという人は多いはず。「1日1万歩」が歩数の目安としてよく言われる。しかし、足専門の治療院を運営し、これまで延べ13万人の足を診てきたフットマスター・新保泰秀さんはこう説明する。「いくら1日1万歩を歩いても、体に [続きを読む]
  • 私が好きなあなたの匂い
  • 匂いフェチの方、必見! 有名ブランドの香水から呼び起こされる情景を描いた短編集 | ダ・ヴィンチニュース映像や写真には写らない「香り」という、れっきとした存在に焦点をあてた『私が好きなあなたの匂い』(長谷部千彩/河出書房新社)は、シャネル、エルメス、バーバリー、イブ・サンローランなど実在の香水をモチーフにした36のストーリーを収めた短編集です。  本作を読むと、人の感受性に「香り」というエッセンスを与えて [続きを読む]