陽陵泉  さん プロフィール

  •  
陽陵泉 さん: 岐阜市 マサゴ整骨院刊 健康小事典
ハンドル名陽陵泉  さん
ブログタイトル岐阜市 マサゴ整骨院刊 健康小事典
ブログURLhttp://ma-35.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文歪みと痛みと向き合い28年。腱賦活術・手足のアーチ調整等のオジナル療法や体の歪みや健康の薀蓄話
自由文体の法則、体の不思議、医学の常識のウソ・ホント、目からうろこ話、当院の最新療法等を語ります。
2年前に、自分が五十肩になった事を機に、苦手だった傷病である四・五十肩・腱鞘炎・テニス肘などに即効のある腱賦活術を考案し、骨格・神経を調整するバランス整体と共に施術の柱になっています。
2015年12月に自由国民社さんより発行の著書の
元となった記事が入っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/01/12 18:21

陽陵泉  さんのブログ記事

  • あぐらがかけない!ー仰向きに寝てつま先が内に入るタイプ
  • 人によって、重心が内側にある人と、外側にある人があります。骨盤のうち腸骨が開く人は内側重心、座骨が開く人が外側重心となります。一か月前から両膝の内側と右坐骨神経痛で来院されている女性の方は、典型的な外側重心。仰向きに寝ると爪先が内に閉じて、ハの字になっています。立つと見事なО脚になっています。外重心タイプの人は、太ももが内側に捻じれ、脛は外側に捻じれます。最初来院された時は、歩くことも 寝返りもま [続きを読む]
  • 「ストレッチ」って結構.難しいんですよ
  • 右の外側ハムストリングスを肉離れされた患者さんが少しずつ回復してきたので週末のテニスの試合に出たいとのこと。そのために、本格的な練習を開始するそうです。元々、バスケットボールの練習中、走っているだけで肉離れを起こされたので、「また、疲労して筋肉が硬くなると再発し易いので気を付けて」 と言うと、「十分にストレッチして 行うようにしますから」 とのこと。ちょっと待って! そのストレッチが曲者ですよ!「 [続きを読む]
  • たかが指1本位・・と侮らずに改善しましょうよ〜
  • 関節痛、腱鞘炎などは、程度の軽いうちに改善される事をお勧めします。腰や脚などは、痛くなったら治療される方は多いですが、肩は癒し系の美容系のエステなどのマッサージで紛らわされる方は多いです。指となると、骨折や腱断裂なら包帯固定されて使えないようになればあきらめもされるようですが、腱鞘炎で曲げ伸ばし辛い位であれば、指ごときの事でと、軽視しケアされない傾向です。5本ある指のうち、1本でも動きにくくになった [続きを読む]
  • アクシデントによるケガと起こすべくしてのケガー整骨院の施術の効果
  • 関節や筋肉を傷めて、病院や整骨院・接骨院にかかっているが一向に症状が良くならない と言われて来院される方が多いです。整骨院・接骨院は、骨折、脱臼のほか、捻挫、打撲、挫傷(筋違い・肉離れ)等の患部に対して整復固定・処置・後療法(リハビリ)を行います簡単にいうと、出血していないケガの施術を行う訳です。しかし、このケガにも2通りあります。ひとつは、外力が働き、明らかにケガをしそうな原因によるものーぶつかったり [続きを読む]
  • 期待と緊張の東京出張! 東京での代議員の仕事はじめ。
  • おかげさまをもちまして、私の初めての著書「指ではじくだけで肩の痛みが治る!江戸の秘術から生まれた凄ワザ」社団法人 全国柔整鍼灸協同組合さまの理事の先生方より出版を経験された業界の先生方が多い中、「自分が知りうる限りでは、商業出版というのは初めてかも?すごいね!」と ご評価下をいただけました。また、私の寂しいプロフィール欄に付け加えられるようにとの、有難いお気遣いとご配慮を賜りまして鍼灸マッサージ師 [続きを読む]
  • 名人の先生の凄ワザに感服!
  • 『指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ』という私の著書のタイトルにもー凄ワザーという言葉が入っています。私の考案した『セルフ腱はじき』を、出版社の編集者さまに行ってみて、その効果を評価していただき商業出版の夢が叶いました。編集長様と編集者様が お知恵を絞られて、このお題を付けて下さったと本の印刷の前に、決定しましたよ と タイトルを教えて頂きました。もちろん、私もそのワザ [続きを読む]
  • 痛い時は、平常心を失う傾向ですね
  • 拙著「指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ」の内容にある、五十肩、ゴルフ肘の症状で通院されて、2ヶ月が経ち痛みや引っ掛かりもすっかり落ち着き、ゴルフ三昧の日々のアフターケアにいらしていた女性の患者さん。年が変わって寒くなってきた辺りで、とうに忘れていた、何年振りかの、ぎっくり腰を起こされました。すっかり平常心を失われていたご様子で、普通にお電話に出たのに、呼び出し音が変わっ [続きを読む]
  • 顎が上がっている? それはへっぴり腰のせい!
  • 骨盤が後ろに倒れる事によりへっぴり腰になり、度々腰や太ももを傷めて来院される患者さん。正月に、久しぶりに顔を合わせた身内の者から「何だか、縮んで小さくなってしまったね」と言われて、へこんだそうです。「実際、4?も低くなっちゃったけどね」とボヤかれました。さらに 初詣に行ったとき、毎年上っているはずの神社の石段が上がれずに、何度も休憩をしていたところ、見かねたお孫さんが背後より手で押してくれてやっと [続きを読む]
  • 治療においても、逃げ恥作戦は必要ですよね!
  • 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。お陰様で、昨年末で550記事に達成し、今年は551回よりフォームデザインと記事形式を一新して、お届けする予定です。551とは有名な豚まんと一緒で、食いしん坊な私にぴったりの2017年の始まりです。又、当院のホームページに全柔協さんのアドレスを使わせて頂いていたのを独自ドメインを取得したため、下記にURLが変わりました。http://ma35.net/今後とも、どうぞ宜し [続きを読む]
  • 指ではじくだけで寝違えは治る!ー弾いて実感、その即効力
  • 当院の患者さんで、拙著『指ではじくだけで肩の痛みは治る!』 を愛読下さっておられます方より、嬉しいお話を聞く事ができました。日曜日の朝、背中の筋肉を寝違って、背中を伸ばす事が辛くなった為、ご主人に肩甲骨の内側の腱を弾いて貰ったのだそうです。この方は看護師の資格を持たれ、医療とは別のサークルでの講演会の原稿書きに広報活動・イベント等にも参加され活躍されている多忙な方です。そんな生活の中で、手を酷使さ [続きを読む]
  • 指ではじくだけでばね指は治る!
  • 昨年、腱賦活術の本の企画書が、数社の出版社の編集者様の目に留まり、幸運にも、自由国民社さまより、本を出させて頂ける事になりました。腱を弾く刺激は、非常に多くの傷病、症状に効果があるのは事実です。しかし、腰痛に代表される様に、腱弾き単独では治すとまでは言い難く、骨盤や腰椎の調整も必要となります。又、腱鞘炎の中でも、デュ・ケルバン腱鞘炎の様に、腫れや疼き等の炎症症状を主体とするものは、弾いてあまり効果 [続きを読む]
  • 指ではじくだけで四十肩・五十肩は治る!
  • 「指ではじくだけで肩の痛みが治る!江戸の秘術より生まれた凄ワザ」が出版されてから、丸一年が経とうとしています。本に掲載された「セルフ腱はじき」を行って効果が有った という声を頂き、治療師の先生からも「患者さんに使ってみたけどよく効くね!」と言って頂けました。又、この一年、さらに『肩の腱賦活術』をパワーアップさせた事で、改めて、「指ではじくだけで四十肩・五十肩は治る」を再確認できました。四十肩、五十 [続きを読む]
  • 吉田沙保里選手の背筋と腹筋
  • TBS TV「ジョブチューン2時間SP」放送にて、吉田沙保里選手が左手の握力が20?しかない 事をカミングアウト。これは小学校高学年の女子の平均と同じ位で、吉田選手の同年代の女性の平均握力は29?だそうです。日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」のカラダWEEK特別企画、リオ五輪の豪華メダリストが大集結!にて、強靭な背筋を持つ吉田選手の弱点が腹筋である事が、レスリング仲間により暴露。彼女が腹筋のトレーニングが苦手と明かし [続きを読む]
  • 「骨盤の開き」には3パターンある
  • 【骨盤が開く】というのには、3つのパターンがあります。1 坐骨が横に開き、太ももの骨の突起(大転子)が横に突出するタイプ出産時に、骨盤が開く形で、一番イメージされる骨盤の開きです。勿論、出産に関係の無い年齢にも見られますが、女性に多い様です。2 腸骨が横に開いて骨盤の上方が広がる3 腸骨が後ろに倒れて下がる重心の掛り方でいうと、1と2は内・外の重心の掛り方によるもので、1の坐骨が開く人は、足の内側に重心が [続きを読む]
  • 腱を弾いて復活! 介護リフォームによるエア段差で傷めた私の膝 
  • 「脇見でなくて、前ばかり見ていたら足元が凹んでいたの気が付かず・・」「初めてのお店のドアが思わぬ軽くて勢い良くて制御が利かなかった」「目測を誤って、ぶつけてしまいました」 などたまに、この様な傷め方をして来院される患者さんもおられます私めも 情けない原因により 膝の痛みに悩まされています突然、高齢の母と同居になり、支障となっていました、水回りの仕切段差を平らにリフォームする事になりました。「とって [続きを読む]
  • 前重心の人と後ろ重心の人の筋出力ストレッチのやり方
  • 立ち姿やいすの座り方、立ち座りの動作などに、その人特有の癖が見られます。この癖は、体の重心の掛かり方によるものが多いようです。そのうち、前後の重心に関わるものについて見ていくと、立った時に、つま先に重心が掛かる前重心イプと踵に重心が掛かる後ろ重心タイプに分かれます。前重心タイプは、腸骨が前傾するため、つま先重心となり、後ろ重心の人は、腸骨が後傾するために、踵に重心がかかります。次に、膝立ちをすると [続きを読む]
  • 公益社団 全柔協発会式・祝賀パーティーに出席してきました!
  • 私が所属します全国柔整鍼灸協同組合〔全柔協〕が、安倍晋三内閣総理大臣から 公益社団法人としての認定書を受けたことに伴い、公益社団 全柔協 となりました。その 発会式および祝賀パーティが、過ぎし平成28年10月23日に大阪・梅田、阪急インターナショナルホテルにて行われました。社団法人 の見直作業により、従来の「一業種一団体」の規制が撤廃されたことにより、認定の道が開かれたそうです。柔道整復師、はり師、きゅう [続きを読む]
  • ストレス症状によく効く!あご筋に行う『セルフ腱はじき』の実際
  • ストレスを感じると、知らないうちに奥歯を噛みしめている人が多いようです。また、パソコンの画面を見たり、集中して仕事をしたりする時も、グッと嚙みこんでしまうようです。この場合、咀嚼筋といわれる、あごの骨に付着する咬筋、側頭筋という筋肉が収縮し、噛み込みが続くことで痙攣を起こします。咬筋が痙攣すると、口を開くときに痛みや音がするようになります。側頭筋が痙攣すると側頭骨が下がり、こめかみがスジ張り、頭痛 [続きを読む]
  • 肩の痛みやコリの原因は巻き込み肩―巻き込む角度は左右違う
  • 四十肩・五十肩や肩こりを起こしている側は、肩が前内方に捻れています。これを肩の巻き込みと言います。肩が巻き込むと、関節が捻れて肩の動きが悪くなるほか、肩や背部の筋肉が引き伸ばされて、痛みやコリの原因にもなります。肩の巻き込みは、症状が強い側が目立ちますが、両側に見られます。両側が巻き込むと ねこ背に見え、この状態を巻き込み肩と言います。巻き込み肩は、肩甲骨の前側に付着する筋肉の緊張や痙攣により、肩 [続きを読む]