くまくま さん プロフィール

  •  
くまくまさん: マンガを読みたい!
ハンドル名くまくま さん
ブログタイトルマンガを読みたい!
ブログURLhttp://mangawoyomu.blog33.fc2.com/
サイト紹介文難しい本ばかりじゃなく、マンガだって読みたい。そんな人のためのオススメ本を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 20日(平均29.1回/週) - 参加 2011/01/13 18:28

くまくま さんのブログ記事

  • C.M.B. 森羅博物館の事件目録 (26)(加藤元浩)
  • 瞬間に変じる価値観 それまで信じていた価値観が一瞬で変じる時を切り取る。「ゴンドラ」 テレビによる出る料理研究家が、義弟からスキャンダルを種に金を脅し取られそうになり、殺害を決意する。雪山のゴンドラを利用した犯罪計画を立てて実行するのだが…。榊森羅と七瀬立樹がその真実を明らかにする。「ライオンランド」 呪医(オムオフ)のガンビットに会いに行く依頼を受けた榊森羅と七瀬立樹は、マサイの住む村へと向かう。 [続きを読む]
  • 覚の駒 (1)(内富拓地)
  • 心を暴く一手 京都に棲む妖怪、覚と鬼蜘蛛は、人の心の奥底に潜む一手を暴く。時間を渡り歴史上の各地に現れる覚は、相手が瀕死の際に現れて将棋を指すことで、彼らが本当に望むことを明らかにしてしまうのだ。 キスカ島の撃墜王である瀧田飛雄、新撰組一番隊組長の沖田総司、瀬戸内で奮戦した巫女の大祝鶴、キリシタンの天草四郎、彼らが生死の狭間で見る真実とは何か? [続きを読む]
  • Q.E.D. 証明終了 (48)(加藤元浩)
  • あなたの人生はどれか 同じような多くの人の中に埋もれてしまう綺羅星のような才能と、それに憧れて道を踏み外してしまう人生。「代理人」 人気の覆面作家である世見一夏のエージェントが殺害される。エージェントの所属会社は、原稿を取るために新たなエージェントとして天道星子を送り込む。ところが気難し屋の相手は、エージェントを殺した犯人を捕まえれば原稿を渡すというのだった。「ファイハの画集」 モロッコの貧しい少 [続きを読む]
  • Q.E.D.証明終了 (47)(加藤元浩)
  • 人と人が関わることの難しさ 事故の満足と他者の満足の基準は異なるわけで、一方が他方のためにとしたことでも、それがすんなりと伝わるかは分からない。そんな擦れ違いが破滅をもたらすか、あるいは誤解が解けるのか、いずれかによって結末は大きく変わってしまう。「陽はまだ高い」 インドネシアのバリ島にあるアメリカ国家安全保障局所管の研究所で、研究データが盗まれるという事件が発生する。警備責任者のムティアラが相談 [続きを読む]
  • ベイビーステップ (31)(勝木光)
  • 人生の岐路 ブラデントンオープンにおけるピート・ゴンザレスとの対戦はいよいよ終盤戦。野球の持ち味を生かして、ここに至って新たな技を繰り出してくるピートに対し、丸尾栄一郎は勝つことができるのか。 そして日本に帰国した丸尾栄一郎は、鷹崎奈津とのデートで気分転換をし、全日本選手権へ挑む。それぞれの人生の岐路がやってきた。 [続きを読む]
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録 (25)(加藤元浩)
  • 恋愛のカタチ 今回は男と女の恋愛がテーマのようだ。始まってもいない恋愛や終わってしまった恋愛、片思いなど、様々な始まりや終わりの形がある。そこにある人間の姿は物語を超える。「掘り出し物」 クラスメイトの横槍の従兄である横槍達洋がペンションを開業する。開業資金200万円を貸した横槍家は、成功可否を確認するために、息子とその友人たちを送り込むのだった。 やってきたビーチ…から遠く離れた山奥にポツンと建て [続きを読む]
  • ましろのおと (11)(羅川真里茂)
  • 養分を得て育つ 東ノ宮杯民謡全国大会の前年度優勝者である壬生悠理から、伴奏者をドーピングのように考えている甘さを指摘された沙上麻仁は、またもや自信を無くす。しかし、澤村雪からh伴奏者は養分のようなものだと言われ、新たな気持ちで大会へと向かう。 いよいよ東ノ宮杯民謡全国大会当日がやってきた。神木清流の伴奏で能力以上の謡を見せる参加者をよそに、沙上麻仁は自分の持ち味を目一杯生かす。そして無冠の女帝であ [続きを読む]
  • 魔乙女たちのエデン (1)(新谷信貴 / 杉井光)
  • 地獄から地獄へ 中世の欧州は地獄だった。地底よりわき出でる謎の怪物たちに人々は食い殺されていた。その怪物を殺すため、毒には毒を以て制す精神で、魔女の卵である魔乙女たちが育てられており、彼女たちには怪物と戦って死ぬか、あるいは魔女として処刑されるか、二つに一つの運命しか用意されていなかった。 そんな修道院の一つに、両親から捨てられた男の魔女(ウォーロック)の才能を持つルカが預けられる。彼は自分の力を [続きを読む]
  • 87CLOCKERS (5)(二ノ宮知子)
  • 眠れない戦い 一ノ瀬奏は、MIKEに自分の大切さをわからせるために部屋を飛び出したハナと共に、酪農家のオーバークロッカーのもとで住み込みバイトをすることになった。 初めての仕事に悪戦苦闘しながらも、ハナと同じ屋根の下で暮らせることに喜びを感じる奏だったが、ネット中継でジュリアに鼻の下を伸ばすMIKEを見たハナの表情を見て、一気に覚める。 そして早朝から深夜まで働きつつ、眠る時間を削ってオーバークロックの世 [続きを読む]
  • ヘルズキッチン (12)(天道グミ)
  • 奴隷のサービス 一ノ瀬初夏に恋するサービサー、百舌恭介と出会った守屋悟は、そのサービスの凄さに圧倒される。だがそのサービスを奴隷のサービスと断じる悪食伯爵ドグマにはめられ、彼とサービス勝負をすることになってしまった。しかも負ければ、二度と一ノ瀬初夏に話しかけることができない。その勝負の結末は? 雪が降った日に学園の森の奥に沸くという願いがかなう温泉を巡って争われる戦いや、のんびりお菓子好きの先生に [続きを読む]
  • 駒ひびき (1)(水鳥なや / むらさきゆきや / さがら総)
  • 奥に響いちゃうっ! 将棋の永世名人だった祖父を亡くしたばかりの女子高校生である水瀬あゆみは、それまで毎日やってきた将棋の駒にも触れなくなった。しかし、高校に入学し、クラスメイトの今井ユズに引っ張って行かれたことで、将棋部に入部することになる。 そこで出会った、失踪した両親が残した借金を返さなければヤクザによって姉妹そろって風俗に沈められてしまう運命を背負う久隅鋭利香と対局し、久しぶりに膣奥に響いち [続きを読む]
  • 電波教師 (10)(東毅)
  • 生活の第一歩は食糧から 私立柊学園本校校長である柊有栖にひと泡吹かせるため、鑑純一郎は本校校長を目指し、理事長の柊暦の許可を得て、本校に生徒として入学した。銀杏学園から生徒たちを引き連れ、本校で行われているポイント争奪バトルの頂点に立つことを目指す。 最底辺から出発することになった銀杏学園メンバーは、まずは日々の糧を得るための農作業に精を出すことになる。ところが、そこで助けてくれたチームが退学にな [続きを読む]
  • 鉄楽レトラ (5)(佐原ミズ)
  • フラメンコの怪物 一ノ瀬鉄宇、市川円、菊池英がフラメンコを教わるタブラオ「al alba」の師匠である森野君枝の師匠であった河内美和が登場する。彼女は君枝が膝を壊す原因を作った人物だった。 未だに後悔にさいなまれる君枝を見て、一ノ瀬鉄宇は彼女がよく口ずさむアレグリアスで河内美和の鼻を明かそうとする。 [続きを読む]
  • 暗殺教室 (9)(松井優征)
  • 才能の開花 沖縄リゾート合宿中の私立椚ヶ丘学園3-Eに仕掛けられた致死性ウイルス接種事件の黒幕は、かつて潮田渚に苦汁をなめさせられた鷹岡明だった。鷹岡は唯一残されたワクチンを賭けて、渚に決闘を挑む。 ビッチ先生の告白や、Aクラスに復帰することになった竹林孝太郎に関するエピソードを収録。そして新たな暗殺者の影が…。 [続きを読む]
  • ニセコイ (12)(古味直志)
  • みんなが主役 桐崎千棘が告白を意識するエピソード、一条楽が舎弟の出店した洋菓子屋を応援しようとしたら小野寺小咲の家の和菓子屋と対立することになってしまった話、水泳が得意な宮本るりが蝶ノ内羽子との対決で新たな考え方を得る話、ポーラ・マッコイと予防接種の大騒動、橘万里花のオウムを一条楽が預かったことに端を発する騒動などが描かれる。 [続きを読む]
  • 食戟のソーマ (6)(佐伯俊 / 附田祐斗)
  • 父親の過去 遠月十傑評議会が運営する秋の選抜への出場権を得た一年生が発表された。幸平創真や田所恵、薙切えりなの従妹である薙切アリスらが出場する。 そんな極星寮に、幸平創真の父親である城一郎が顔を出す。そこで寮母の大御堂ふみ緒と再会し、彼が当時は才波城一郎という名で、堂島銀に次ぐ遠月十傑第二席だったことが明らかになる。 秋の選抜の課題がカレー料理と発表され、城一郎から当時の後輩が遠月茶寮料理學園でス [続きを読む]
  • 四月は君の嘘 (9)(新川直司)
  • キツイ一発 病気に負けて満足してふりをして夢を捨てようとする宮園かをりにキツイ一発をお見舞いするため、有馬公生は相沢凪に頼み込み、胡桃ヶ丘中学音楽科の学園祭で連弾をすることを頼み込む。 一方、それを受け入れた相沢凪は、初めて寝食を忘れてピアノに打ち込む生活の中で、彼女の兄や、有馬公生のいる世界を垣間見るのだった。 [続きを読む]
  • こもりクインテット! (1)(Tiv / 杉井光)
  • チカの父親は誰なのか…? 母親が卒業した高校へ入学したドラマーの相原チカは、母親が在籍した民族音楽研究部に入部しようとして、もはや存在していないことを知る。落ち込む彼女の前に現れた少女は、彼女をとある場所に連れて行った。 そこにいたのは、ヴィオラ奏者の上原すみれ、コントラバス奏者の奥村こより、チェロ奏者の江ノ島典子、ヴァイオリン奏者の伊集院珠緒だ。彼女たちが組む弦楽四重奏団にドラマーとして入って欲 [続きを読む]
  • レッツ☆ラグーン (3)(岡崎武士)
  • 再開後の別離 ようやく衣舞瀬チカと再開した山田壮太だったが、神山ノリと親しい様子を見て、衣舞瀬チカは機嫌を悪くし、彼らのもとから離れて行ってしまう。 再びバラバラになった衣舞瀬チカを追いかける山田壮太だったが、見つける前にまたしてもタイムスリップの霧が発生してしまい、神山ノリと取り残されてしまった。そして見つかる、他の人間の存在。この島には、彼ら以外の誰かがいるのか。 [続きを読む]
  • 高杉さん家のおべんとう (8)(柳原望)
  • 家族の形成 家族という意識が強くなり、将来のために真実を知っておきたいと思うようになった高杉温巳は、高杉美哉の過去を探り、高杉久留里の父親を探そうとする。 香山なつ希のパパにして香山玲子の夫が登場したり、部活でひと騒動起ったりしながら、家族としての繋がりを深めていく二人。そしてついに、意外なところから父親の情報が転がり込む。 [続きを読む]
  • ワールドトリガー (4)(葦原大介)
  • トリガーの取説 迅悠一の勧めもあり、近界民(ネイバー)である空閑遊真は、雨取千佳と共に三雲修が所属する界境防衛機関ボーダーに入隊することになった。しかし、司令の城戸正宗はそれによって部隊内の勢力図の均衡が崩れることを危惧し、空閑遊真の持つ黒トリガーの奪取を命じる。 三雲修、空閑遊真、雨取千佳が訓練中の間、支部を襲撃に来た高ランク隊員たちを迎え撃つのは、迅悠一の持つ黒トリガー「風刃」だった。 [続きを読む]