YOSHIRJNK さん プロフィール

  •  
YOSHIRJNKさん: THE Contrail in KOMATSU
ハンドル名YOSHIRJNK さん
ブログタイトルTHE Contrail in KOMATSU
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yoshirjnk
サイト紹介文小松空港を中心に撮影した旅客機の写真・動画のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2011/01/13 21:56

YOSHIRJNK さんのブログ記事

  • 小松空港の夜空に咲く花火
  •  昨夜は久しぶりに夜撮をしに空港へ。狙いは小松空港から北東10キロで行われる川北花火大会とヒコーキとのコラボを狙います。ランウェイの越しに花火が打ち上るので、離発着の時がチャンスとなります。打ち上げは20:10から21:20まで、時刻表上では羽田からの2便しかないですが、この日は遅延などにより出発機も2機も加わりました。06デパーチャーは、打ち上げ会場とコースが肉薄するのでプッシュバックからデパーチャーが完了 [続きを読む]
  • ムーン・ドリーム
  •  今日は久しぶりに787がくるということで来るということで空港へ。上がりのを撮影するのですが、月が空港の西寄りに夕陽を追いかけるように沈むので絡めることに。しかし離陸直後では絡まない位置なので、離陸後に左旋回後するMANAH TWO DEPARTUREで絡めるためにある場所で構えることに。そして離陸、左旋回をした機体は月へ向け吸い寄せられるように日没直前の明暗で、なんとか月と機体の両方を浮き出させられました。フローコン [続きを読む]
  • 劇的コントレール
  •  昨日、早朝から金沢港で護衛艦かがを撮影後、小松空港へ。目的はANAのA321の撮影、無事に撮影を終え何の気なしに頭上を見上げると、太陽の暈が掛っていました。あ〜この暈と絡めれば良かったかなと反省していると、西の空から一本のコントレールがこちらに向かってきていました。フライトレーダーをみると、大韓航空A380-800 KE81 仁川→ジョン・F・ケネディ。もしこの暈ができる光の状況に、コントレールが突っ込んだらどうなる [続きを読む]
  • ありがとう護衛艦かが、多くの人々に見送られ金沢港を出港
  •  昨日の朝、4日間における金沢港訪問を終え護衛艦「かが」は、早朝にも関わらず駆けつけた多くの市民に見送られ出航しました。入港時もそうですが、この巨艦が狭い金沢港の湾内で動くことは、艦、タグボート、周りの船舶の連携が欠かせず、各乗員の高い操艦・操船能力を見ることができます。こうして特別な金沢港の4日間が終わりました。かが乗員、金沢港関係をはじめ関わったすべての人々に感謝を申し上げます。 [続きを読む]
  • 護衛艦かが、ぶら〜り艦内見学
  •  それでは護衛艦かがの艦内見学、大混雑が予想されたので開始3時間前に現地入りして、トップグループで乗艦です。加賀ののれんを潜ると、巨大な横断幕がお出迎えかがのコールサインは、WHITE BASE。なるほど将来はF-35Bではなく、ガンダムを艦載する気だな。かがといえば旧海軍の空母加賀、そして加賀と言えば艦これということで加賀さんとかがのコラボイラストが飾られていました。前部の第一エレベータでヘリコプター甲板へ混雑 [続きを読む]
  • 巨大護衛艦かが、金沢港に現る
  •  今日はお船の話題。明日金沢港で行われるマリンフェスに参加するため、海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦DDH-184「かが」が金沢港に初入港しました。全長248m、基準排水量19,500の巨大な船体は遠くからでも迫力があります。全通甲板を持ち、5機のヘリを同時に発艦能力はヘリ空母とも呼ばれています。大浜埠頭に接岸するため、3隻のタグボートの支援により旋回を行います。狭い港内、ゆっくりと慎重に回っていきます。という [続きを読む]
  • 再始動
  •  写真展を終わり、しばらくのんびりといきたいですが撮らなきゃいけない画も多いので、この週末から再始動。といっても、撮影しても撮影してもイマイチしっくり来ない。写真展が終わった安心感で腑抜けになってしまったのかな。それでも今日の夕方、夕陽と雲の組み合わせが印象的な空を生み出していたので、NH755と絡めるために767の離陸コースと空の位置が交差する場所で構えました。聴こえてくるCF6サウンド、そしてなんとか明 [続きを読む]
  • 御礼 写真展閉幕
  •  本日17時、私の二回目の写真展「The Contrail 〜Color〜 色が織りなすヒコーキ風景」が終了しました。会期中、多くの方々にご覧いただき、数多くのご意見・ご感想いただきました。会場の様子、作品をこちらの動画にてご覧いただけます。ご来場いただいた皆様、また図書館をはじめご協力いただいた皆様に心から感謝の意を申し上げます。いつになるかはわかりませんが、また次回の写真展でお会いしましょう。Contact Next Contrail [続きを読む]
  • 夏の足音が聞こえる雲
  •  沖縄沖で発生した台風が日本に近づき、梅雨前線も絶好調な今日この頃。小松空港は朝から30度以上の真夏日となり、空には夏を感じさせる雲が一面に広がっていました。機種変更で飛来したB777-200ERの大きさがこの空にマッチした一枚となりました。小松空港のトリプル祭りの夏がもうすぐ始まります。 [続きを読む]
  • 梅雨の花
  •  梅雨真っ盛り、大雨警報が出される土砂降り明けの空港へ。この梅雨空、以前から目をつけていたあるものを撮影するチャンス。しかし機体から距離がある、障害物が多い、機体は大型機でないと、いろんな条件に構図を最後まで悩んで撮影した一枚。24エンド脇に咲くアジサイの花々、その先に降りていくカーゴルクス。梅雨空は敬遠がちですが、アジサイにはこの梅雨空が一番似合います。 [続きを読む]
  • 0フィートから見上げる空
  •  とある日の小松空港。ふと空を見上げると雲があらゆる方向へ毛羽立つ印象的な空が広がっていました。さてこの空を収めようとエンドを右へ左へ、脚立に乗ったりしてファインダーを覗きますが、どうもしっくりこない。そこでライブビューに切り替え、カメラを地面に着けた状態でモニターを見てみるといい感じに。そこへ聴こえてくるジェットサウンド0フィートから見上げた空、地上と空が心地よい配分で配置された一枚となりました [続きを読む]
  • 小松空港の植生
  •  写真展も開催も6日目を終え、多くの方々に足をお運び、ご覧いただきましてありがとうございます。会場に詰めているため、中々空港に行けないので開催以前の撮影から6月初旬の小松空港、色鮮やかな花や草が咲き空港の豊かな植生を写してみました。空港の内外に自然が多い小松空港、季節ごとに異なる植物とのコラボを狙えるのも魅力です。なおこの植物たちは、この数日後VIP御来港のため綺麗に刈り取られました。写真展はまだまだ [続きを読む]
  • 写真展始まりました
  •  本日より加賀市立中央図書館において写真展が始まりました。あいにくの天候の中、初日からご覧いただいた皆様ありがとうございました。図書館に本を貸りに来られた方も目を向けていただいており、開催者としては緊張してしまいます。明日も9時から19時まで開催しておりますので、お待ちしております。 [続きを読む]
  • 明日より写真展を開催させていただきます
  •  それでは明日より加賀市立中央図書館で写真展を開催させていただきます。本日の夕方かようやく設営も終わり、なんとか形にはなりました。前回に比べ期間・展示数も少ないですが、一人でも多くの方々にご覧いただければ幸いです。可能な限り会場である図書館にいるつもりですので、もし姿を見かけないときは図書館の職員の方までお尋ねください。皆様のご来場をお待ちしております。 [続きを読む]
  • CF6ブラスト
  •  今日の小松空港は昨日と違い快晴、でもイマイチの撮影が続きどうしたものか。そしてNH758の離陸の時、夕陽がきれいに見えていたので久しぶりに夕陽ショットを狙うことに。スマホで地図を開き、夕陽の方向・高さ、そして06から離陸する767のエアボーンコース、それらを踏まえて狙える場所を推定。そしていざその時、空港内が見えない基地側、聞こえてくるCF6サウンド、機体が見えた時に決する撮影の結果は、夕陽をかすめれば良い [続きを読む]
  • 劇的なアンカレッジターン
  •  本日は金曜日、カーゴルクスの北米便の上がりを狙いに行くことに。空港に着くとランウェイは24、ということは離陸後右旋回して北へ行くアンカレッジターンが見られる。夕陽と絡めるか→いや、雲が多くて望めない機体のひねりを狙うか→光が当たるとは限らないと頭を悩ませていると、西日がまるで山に沈むように低く壁のような雲の背後に消えようとしていました。そしてそこから射す光は、これからカーゴが飛行するコースを照らし [続きを読む]
  • All Nippon 758 Cleared for Take off
  • 本日の小松空港、昨日に引き続きNH755/758はB777-200。昼過ぎの豪雨が嘘のように、空が回復し夕陽も綺麗に見えるということで上がりを絡めることに。地図を見ながら夕陽の位置、離陸コースそして絡めるもの位置を確認して位置取り。予想通りの画が撮れるかは、聞こえてくるエンジンサウンド次第そして予想通りのタワーの手前の位置からエアボーン、夕陽にも絡んでくれて久しぶりに「やった!」という一枚となりました。さて明日は [続きを読む]
  • 落陽
  •  今日の小松空港。晴れているようで雲が多い空、仕事帰りに空港へ行きましたがイマイチこれという光景が来ず、どうしたものかと撮影を続け、シルクの上がりの時。ふと夕陽を見ると夕陽自体は雲に隠れていましたが、その光の筋が放射状に広がっていたのでその光景を撮影してみました。日没方向が西側に移り、シルクウェイの引っ張った上がりでヒコーキのある光景となりました。 [続きを読む]
  • 小松空港の関所
  •  本日の小松空港、カーゴルクスは時間通り到着し16:30には出発ということで、さてどう撮影したものか。ランウェイは06、空は雲が多く太陽もかくれんぼ。それなら地上のものと絡めることに。相手はカーゴルクスなので離陸コースと僅かなシャッターチャンスの隙間を微調整を重ね、聴こえてくるローリング音に神経を集中。そしてなんとか木々の隙間から機首を入れることができました。小松空港のターミナル入口にあるこの銅像、勧進 [続きを読む]
  • 久しぶりの富山空港
  •  昨日は約半年ぶりに富山空港に行ってきました。羽田便の減便により午後の便が減少し、立山などと絡められる便が2便しかなく、どうしても足が遠のいてしました。それなのに富山に行った理由は、こちらです。天皇皇后両陛下が全国植樹祭に御出席されるため、富山県に御来県しこの日特別便で東京へ御帰京されます。NH2002 ANA Boeing 737-881 JA78ANということで予備機を入れて2機、計4回の離発着が行われる貴重な機会。警備の警察 [続きを読む]
  • 黄昏のテイクオフ
  •  本日の小松空港は、昨日の曇り空から一転快晴。これは昨日狙えなかった画を狙えると空港へ、狙うのは横から夕陽の光を浴びた機体を真正面から狙うことで、機体の左右の明暗を捉えること。狙う機体は羽田行きANA B787-8 日没は19:05、フローコントールで離陸は18:50、なんとか撮影できる明るさを確保できる状況。ランウェイは24ということで06エンドで構えることに。ローリングスタート、これを逃せば同じ状況が来るのは来年に [続きを読む]
  • 野に咲く花
  •  小松空港は梅雨を控え、比較的天気が良い日が続いています。この空を逃さず撮影をしておかなければと、空港へ通います。緑をテーマに行ったこの日の撮影、あっちこっち走り回って撮影した一枚。ちなみに場所は共生の丘で、見た目では「え、こんなところ!」という位置での撮影です。 [続きを読む]
  • 街を支えるエネルギーと交通
  •  さて今回の伊丹空港での撮影のテーマの一つは、街とヒコーキの風景。ということで地図に飛行コースをイメージして、ぶらり街中を散策。町工場や事業所が多い空港の32L付近、狭い範囲に数多くの建物がひしめき合うのを見ているとかなりの数の電柱・電線が張り巡らされ、どこか庵野秀明の世界のようでした。そこでこの街のエネルギーの象徴である電力を撮影してみようと、撮影した一枚がこちら。住宅が密集している中にそびえたつ [続きを読む]
  • 千里川
  •  伊丹空港の撮影地といえば32Lエンドの千里川、もちろん今回も訪れました。いまさら説明は不要ですが、32Lの離発着が間近で見れる人気スポット。平日の昼間ですが、多くの方がヒコーキを見に訪れていました。さてこの千里川、どう撮影しようか考えていると川に掛かる青いフェンスに目が行きました。地面に座り込みフェンスのカーブを生かしてみた画となりました。なるべく大きな機体をと炎天下で773が来るまで待つのは辛かったで [続きを読む]
  • ヒコーキと車が行き交う
  •  伊丹空港といえば都市の真ん中に立地する空港、いくつもの道路が外周はもちろん空港の下を縦断するように通っています。歩道橋からの画が有名ですが、あえてトンネル出入り口付近で狙ってみました。空港の東西を結ぶ道であり、大阪府と兵庫県との境、そして空への道。いろんな思いを持つ人々が行き交う空港の風景でした。 [続きを読む]