ティンク さん プロフィール

  •  
ティンクさん: 新妻ティンクの夫婦修行
ハンドル名ティンク さん
ブログタイトル新妻ティンクの夫婦修行
ブログURLhttp://ameblo.jp/tink-4-1/
サイト紹介文旦那様と仲良しでいること、ベビ待ちのこと、色気のある女になることを目標に書き綴っています。
自由文2008年、働いていた病院に旦那様が入院。お互いにビビッと来て1年後に入籍しました。現在結婚2年目突入です。気持ちのすれ違いや、素直になれなくて喧嘩をすることもあったけど、少しずつ夫婦の絆を強くしていけてます☆ いつか出会えるベビちゃんを待ちながら・・☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/01/14 12:49

ティンク さんのブログ記事

  • 「お母さんの愛情を感じられるものを」
  • 先日、幼稚園の入園説明会がありました。副園長に「入園グッズは、お母さんの愛情を感じられるものを用意してくださいね 」と伝えられました。ぉぉぉう。此れ即ち「手作り」か。手作り風の入園セットにどっぷり依存しようと企んでいたのに、それを見透かされたようなお言葉。。。底冷えの激しいお遊戯室で聞かされたその話に、ミシンという強敵を思い浮かべると心が凍りそうになりました。初心者用の本を読んで見たけど、技術以前 [続きを読む]
  • みそかまいり
  • 一年のうちで、いつが一番好きかというと、私は大晦日の午後なんです。田舎の大晦日の午後。おせち作りながら、「あー今年もあっという間だったね」とか「みんなが元気に過ごせてよかったね」って言いながら、伊達巻きつまみ食いするのが特に幸せで。今年一年も無事に過ごせました。ありがとう、神様!っていう感じの時間が大好きで、昨年は大晦日にお参りしました。ただ、ありがとうございます。って言いに。厳かな気持ちになれ [続きを読む]
  • ホームシックで悲しい
  • 今日実家から帰ってきました。福岡空港から羽田まではあっという間なのに、そこからが長い。1日がかりの移動です。帰ってきてからのホームシックが今回すごくて、今すぐにでもまた九州に帰りたい。病気の親を実家に残して、遠方に住んでるなんて。一瞬「出戻りしようかな」とまで考えてしまいました。母はそんなこと望まないですけどね。離れた親をどうサポートできるか。自分なりに考えていこうとおもいます。 [続きを読む]
  • 2016/12/10
  • 2年ぶりの実家は、もはやゴミ屋敷一歩寸前。行政関係の郵便物の処理が一切できていない。テーブルに散乱。冷蔵庫の中には賞味期限が3年前のものが多々ある。なのに冷蔵庫は最新というミラクル。一昨年リフォームしたはずのトイレは黄ばみを越えて真っ黒。空の歯磨き粉が洗面台に5本。食卓の上には殺虫剤。へるぷ!!! [続きを読む]
  • 実家へビューん
  • 今日から1週間、娘と実家に帰ります。たった一時間半の飛行機だけど、どうかどうか、おとなしく乗っていてくれますように!!福岡空港からはレンタカーで実家まで移動です。お母さんとは2年ぶりの再開(^-^)v早く会いたいなー! [続きを読む]
  • しゃべりません。
  • 行きつけの美容院をやめて、新しい美容院に昨日行って来ました。そこの美容師さんは、髪質改善に力を入れているそうで「うちは美容院っていうより、髪の病院です。」って、なんかうまいこと言ってました。印象に残ったのがこの言葉。「集中するのでしゃべりませんけど、気にしないでください。」めっちゃ好きです、そういう空気。場を繋ぐための営業トークなんて一切なく、ただ黙々と毛と向き合って下さる。「今日、このあとどこ [続きを読む]
  • 胎内記憶
  • 「すぅね、お母さんのお腹の中にいたんだぁ。暗かったときと、赤い色のときがあった。寝てたら、ぽよーんって何かが首にのってきたから、キャーって動いた。お母さんの声はあんまり聞こえなかったけど、お父さんの声は聞こえた。クリーム塗ろうねって言ってた。」娘とシルバニアファミリーで遊んでいたとき、突然こう言われました。一瞬何の話か分からなかったけど、胎内記憶のことだと思いました。そういえば、妊娠中毎日夫が私 [続きを読む]
  • 大好きな母ががんになりました
  • 遠く離れて暮らしている母が、がんになりました。 子宮体がんです。 他の部位への転移の有無を調べたうえで、来月中旬に子宮と卵巣の摘出手術を受けます。 手術で取った組織の病理結果によっては追加治療として抗がん剤や放射線療法を受けることになります。 私は婦人科病棟で7年間勤務していたので、手術による侵襲の程度や抗がん剤治療の苦しみを目の前で見てきました。 家族がいちばんそばにいてほ [続きを読む]
  • 子離れ
  • 子離れしていくということにどう向き合うか。 4月から通っていた幼稚園のプレが、今日から子どもだけになりました。 教室の前まで送っていくと「お母さんも!!!」と言い、私の手を引っ張る娘。 泣きじゃくる娘に「今日からお母さんは帰るよ。ちゃんと迎えにくるよ。お友達とがんばるんだよ」 と言って、先生に託し扉を閉めました。 娘の泣き声は、激しい雨音にも打ち消されず園庭にまで響いてい [続きを読む]
  • 苦手
  • 白ご飯が苦手です。毎食おかずのみ食べています。物心ついたときからです。小学生のときは給食のご飯が食べられなくて、いつもこっそり残していました。そして、みんなそうだと思っていました。だからと言って、パンが好きというわけでもありません。ごはんもパンも苦手です。わざわざ食べようと思わない。自分のためにお米を炊く人を素敵だと思う。白ご飯の必要性は分かっているので夫と娘のために炊くけど、自分は食べない。さ [続きを読む]
  • 事故
  • 昨日、車を運転していたら自転車とぶつかりそうになりました。高校生くらいの男の子がスマホを操作しながら下を向いてて、私は急ブレーキかけたからなんとか免れたけど。もう、ホントに恐い。車の運転しながらスマホいじってる人も多いし。ポケモンGOが配信されたから、ますますそういうこと増えるだろうな。ということで、車にドライブレコーダーを付けることにしました。それを付けることによって、自分自身も運転に慎重になる [続きを読む]
  • 義実家で「おじゃましました」
  • 今朝早くに義母から「桃あるから取りにおいで」と連絡があり、ついさっきまで三時間ほど滞在しておりました。娘と義父は別室で遊び、その間は義母と私の二人でテレビを観ていました。昔はよかった症候群発症中の義母は、テレビに映し出される芸能人一人一人に「誰でぇ?今のテレビはいっさら面白くないじゃんね!」と文句を垂れたかと思えば、東京都知事選のニュースを観ては「この人のパフォーマンスにはうんざりじゃんね!この [続きを読む]
  • まっす。
  • お金にがめつく、うそつきで、卑怯なあのトレンディデビルのことが、とてつもない能力をひめた大物なのではないかと最近思えてきました。四面楚歌になってもなお、諦めず、その座を決して他者には譲らない。常識や慣例や圧力をも、どこ吹く風といわんばかりに堂々とかわす。もはや、憧れの念すらいだくようになりました。この強靭で折れない精神力は、適所に用いることができれば最大の財産なのではないかと思います。この人が、 [続きを読む]
  • 自分軸
  • 断捨離とかミニマリズム系の本に見事に感化されてしまい、服をゴミ袋5袋分捨てました。バッグも10個、靴も8足捨てました。一番好きなものだけを残しました。結果、毎日がとても快適です。「おしゃれって思われるために買ったモノ」を手放して「自分が心地よくいられるためのモノ」に囲まれていると、肩の力が抜けてラクです。自分がいかに「他人軸」で生きていたのかということが分かる。 [続きを読む]
  • お金がない!!
  • 4月、5月は出費が多過ぎてしょぼーんとしています。車検2台分で30万、自動車税2台分で8万、固定資産税12万、生命保険の半年分20万くらい。引き落とし用の通帳残高がぐんぐん目減りします(´・ω・`)生きるのにはお金がかかりますね。舛添しゃん。。。 [続きを読む]
  • ラブレス
  • 今の時代、私たちは悩むことができる。迷うことができる。選ぶことができる。決めることができる。今より少し前の時代、悩むまでもなく、自分の置かれている状況をただ受け入れることでしか生きていくすべがなかった人たちがほとんどだった時代。子どもを食べさせていけないから、顔もみたことのない人に委ねる。今日食べるものがないから体を売る。幸せな明日を夢見るとうちひしがれてしまうから、今日を生きるために明日を考え [続きを読む]
  • どんな生きざま
  • 私の父は、頭のイカれた人間です。自己顕示欲が強く、自分の考えが絶対であり、他者への共感性が全くありません。道路工事の交通誘導の人をどなりつけたり、携帯電話会社のカウンターで大声をあげます。糖尿病と診断されたら「それはお前の価値観で、間違った診断やろうが!このヤブ医者が!!」と病院で騒ぎます。姉の子、つまり父にとっては孫にあたる女の子の入学式では校長先生の話の途中に突然ヤジを飛ばします。私が小学生 [続きを読む]
  • ふるさと
  • 九州新幹線が全線開通したときのCMをYouTubeで見ました。東日本大震災の前日から二日間だけしか放送されなかったものです。私の大切なふるさとが、あなたの大切なふるさとが、またあの笑顔を取り戻せる日が来ますように。 [続きを読む]
  • 脇汗がすごい件
  • 私を一年中悩ませるテーマ、それは脇汗。高校生のときの当時の彼氏から「脇、びちょびちょやん」大学生のとかの当時の彼氏から「脇、汗すごくない?」看護師になってからは日々の緊張から、顔面蒼白なのに脇びっしょり。顔に汗をかかない真冬でも、安定の脇汗感。汗で寒いレベル。ありとあらゆる制汗剤を試しては「そうよね、あなた程度のポテンシャルじゃ私レベルの女は満足させられんとよ」と別れを告げて参りました。そんな私 [続きを読む]
  • 誕生日
  • 今日4/1、私は34才になりました。娘と夫が寝静まった午前0時、アメトークを観ながら缶チューハイ片手にジャルジャルのネタでクスクス笑いながら歳を取りました。これはこれで幸せ。というか、これが幸せ。もう34歳、だけどまだ34歳。これからの人生、自分がどう生きるか、どう社会に貢献できるかを考えていこうと思います。 [続きを読む]