ハナママゴン さん プロフィール

  •  
ハナママゴンさん: ハナママゴンの雑記帳
ハンドル名ハナママゴン さん
ブログタイトルハナママゴンの雑記帳
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hanamamagon
サイト紹介文イギリスの田舎町で夫と暮らす、ドイツが大好きな、面倒臭がりで出不精な主婦の気まぐれ日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/01/16 07:40

ハナママゴン さんのブログ記事

  • ブルーベルは満開間近
  • 今日は曇空だったけれど、仕事がオフだったので今年初めてカム・ピーク丘に散歩に行ってみました。 頂上からの眺め。 日曜日に義弟②とカム・ピーク丘に行ったオットーに 「ブルーベルが綺麗だった」 と聞いたので。先週末は金曜日から月曜日までがイースター・ウイークエンドで4連休。 でも私は病院の仕事が入っていたので散歩に加われなかったのです。丘のてっぺんから見た我家のある辺りと、えっちらおっちら緩やかな上 [続きを読む]
  • ユナイテッド航空乗客の強制排除
  • まぁ〜〜〜ビックリ。 知らなかったわぁ。飛行機の指定された座席に座って離陸を待つ状態になってさえ、飛行機から降ろされることがあるなんて! ニュース・キャスターが言っていました。 航空券を買うと、どこかに小さな文字で説明がついているそうです。航空券の購入は座席の保証を意味するものではなく、出発空港と着陸空港間の輸送契約である。従って輸送契約が遂行されなかった場合は、航空券購入者は代わりに補償を受ける。 [続きを読む]
  • 下着モデルは未成年?
  • 今週は月曜日から今日まで5日も働かなかったのに!ブログの更新がなかなかできない〜ぃ・・・ それというのも、ペーパーフラワー作りにのめり込んでいるせいです。好きな同僚(親切で働き者な人)に一人、また一人と7本くらいの花束にしてその人が好きな色のペーパーフラワーをあげているんですが、それがなかなかやめられなくて。(昨夏退職する同僚にあげたところ、それを見たほかの同僚に「わぁ〜綺麗!私にも作ってくれる? [続きを読む]
  • 牛のチチアテ
  • エイプリル・フールだった昨日。“ストラウド・ニュース&ジャーナル”紙の嘘ニュースへのリンクを、ムスメが送ってくれました。Cows on Minchinhampton common to be fitted with bras this summer(ミンチンハンプトン公有地の牛に、この夏ブラジャーを装着 )ミンチンハンプトン公有地に放牧される牛には、快適さと公共の場における品性保護のため、この夏ブラジャーが装着されることになった。牛用ブラは体の大きさや体 [続きを読む]
  • 母の日カードと大渋滞
  • 6年前に書いたように、毎年移動するイギリスの母の日。今年の母の日は一昨日の26日(日)でした。(ムスメ、カードは送ってくれるだろうな)なんて思いつつカード屋さんでオットー母に贈るカードを探していたら、と〜ってもカワイイの見っけ!  どうしても自分で欲しくなってしまったので買い、ムスメに 「カード自分で買ったから、買わなくていいよ」 とFB経由で知らせました。 そうしたらムスメってば、そのメッセージをF [続きを読む]
  • ストラウドの SAKURA 桜 レストラン
  • 今日は久しぶりに元同僚のローズと会うことになっていたので、今週オープンするとオンライン・ニュースで知った、ストラウドのジャパニーズ・レストランにランチに行ってみた。ストラウドでは初めての、それゆえ唯一の和食レストラン。今週のいつオープンするのか書かれていなかったので不安だったが、開店していた。 昨日開店したそうだ。Sakura レ・・・ 寿司とヌードル・バー。 軒先に並んだ赤い提灯がかわいい。店内には10 [続きを読む]
  • ペーパーフラワーのデビュー
  • ブログの更新がなかなかできない〜い! その理由は、今月は仕事(病院の非常勤ヘルスケア・アシスタント職)がけっこう入っているうえ、私のペーパーフラワーが職場近くのお花屋さんにデビューしたからです。こんな感じで  置いていただいております。 今年1月に店主が代わったばかりだそうで、新しい店主は気さくで明るい若い女性。 地元産の野菜も売っています。 ウィンドウには桜の枝がディスプレイされていました。  [続きを読む]
  • 『大草原のビッチの告白』 ②
  • = お知らせ =ジョンベネちゃん殺害事件の連載の途中ですが、思うところあって2015年11月に始めたもののほったらかしにしていたこの連載を先に完結させてしまいたいので、どうぞご了承ください。なお 『大草原のビッチの告白』 ① はウィンドウ内表示を90%に縮小してご覧になることをお勧めします。当時いつの間にか、なぜか90%になってしまっていたのに気づかず、(文字が小さくなったな〜、歳のせいかな?)と入 [続きを読む]
  • まったり誕生日
  • 今日は私の、55歳の誕生日。(日本で30歳の誕生日を迎えたくない!) との思いだけでイギリスに来たのが1992年2月半ば。なので先月、私のイギリス生活は満25年になったわけです。・・・ 本当にもうそんな  になるのーっ!?ヤケクソで Facebook にこんな画像を投稿してみました。 これで私の年齢は周囲にバレバレです。 ザマミロ。今日はまったり好きなことして過ごそうとネットに向かったら、ユーザーアカウント [続きを読む]
  • ドライヴにキジが!
  • 昨日(3月4日土曜日)は早番だった。 スーパーに寄って午後4時前に帰宅したら、我家のドライヴのてっぺん、オットーの車と家の間に・・・キジがいた!  この家に越してきて今月で満23年になるが、敷地内や近所でキジを見たのは初めて。車を停め、助手席の窓を下げ(上左画像はその途中で撮ったもの)、何枚か写真を撮った。確かにキジだ。 色がきれいな方のだから、♂。 隣家と屋根を分かち合う準一戸建ての我家。 車庫も準 [続きを読む]
  • “Tough Love”
  • 普段は音楽にはまったくと言っていいほど興味ない私ですが、ただ今この曲にハマっております
    コチラで視聴できますが、ビデオはナゼにこれなの???な内容なので(スローモーションで泳
    ぎ走るオジサマです)、私は代わりに歌詞を目で追いながら聴くのが好きです。Something you said made
    me lose it again I can't remember the last time you made me feel safe. There's no room for love, no time for understand
    ing Sometime [続きを読む]
  • ハプニングの原因
  • 今回は、オスカー・ナイトのハプニングの原因を探ってみましょう。授賞式のトリだった作品賞の前に授与されたのは最優秀主演女優賞で、プレゼンターは去年主演男優賞を獲得したレオナルド・ディカプリオ。 彼がステージの左手から登場し、受賞したのはラ・ラ・ランドのエマ・ストーンだと発表し、エマ・ストーンはオスカーを受け取り、スピーチをし、レオくんにエスコートされて退場。アカデミー賞には何度も涙を呑まされてきたレ [続きを読む]
  • オスカー・ナイトのハプニング!
  • 今朝は早番で午前6時20分に家を出たのですが、カーラジオで聞いていた BBC Radio Gloucestershire の30分毎の短いニュースでのトップニュースのひとつは、アカデミー賞授賞式でした。 でも誰が何を受賞したかではなくて、誤った受賞作品が告げられたこと!アカデミー賞授賞式のトリを飾る作品賞のプレゼンターとして登場したのは、50年前(!)にボニーとクライドを演じたフェイ・ダナウェイ(76歳)とウォーレン・ビー [続きを読む]
  • ジョンベネちゃん殺害事件 ⑤ ラムジー邸内部: 1階と地階
  • 《 ④ からのつづき 》次はいよいよ、事件の舞台となる 1階 です。 1階はこのような構成になっていたようです。 わかり易くなるようアルファベットをふってみました。事件との関わりは後回しにして、まず画像でそれぞれの部屋を見てみることにします。事件後に撮影された画像が見つからなかったときは、元ラムジー邸が売りに出されたときの画像を使っていますことをご了承ください。下左は玄関ホール。 画像左手に [続きを読む]
  • ジョンベネちゃん殺害事件 ③ 事件後の20年間
  • 《 ② からのつづき 》= 事件から現在に至るまでの大雑把な経過 =(事件の詳細は長たらしくなりそうなので、先に “その後” をやっつけちゃいます。)1996年12月26日: パッツィー・ラムジー、コーヒーを淹れるため早朝に起床。 「キッチンへと降りる途中で “娘を誘拐した” という脅迫状を発見し」、午前05:52、警察へ通報。 約7時間後の午後1時過ぎ、ジョンベネちゃんの遺体がジョン・ラムジーに [続きを読む]
  • ジョンベネちゃん殺害事件 ① ラムジー家の人々
  • 私は非常勤で病院のヘルスケア・アシスタント(=介護ヘルパー)をしているわけですが、クリスマスあとに思いがけず仕事が入らず、何と夢の10連休を家でまったり過ごしてしまいました。ムスメも家にいたことだし、(ま、たまにはいいか〜) なんて。焦ったって仕方ない。 仕事が入らないときは自分ではどうしようもないのだから。そこで、思いがけずできた余暇時間を利用して、すでに見たオットーが 「面白かったよ」 と教えて [続きを読む]
  • 類稀なる一女性の訃報
  • 今月5日、ジル・サワード(51歳)の訃報がニュースで伝えられた(敬称略)。ずっと昔オットーがちょこっと話してくれたことのある、驚くべき女性。 訃報を機会に、彼女のことを調べてみた。ジルは1965年1月14日、牧師マイケル・サワード(1932-2015)を父に誕生。 父親がロンドン・イーリングの聖メアリー教会に着任したため、1978年から一家(両親とジルを含めて4人兄弟)は同教会の牧師館に住むようになった。ジ [続きを読む]
  • “No Trousers on the Tube Day”
  • 昨日8日(日曜日)は、“地下鉄ノー・ズボン・デー” 。ロンドンの地下鉄でも、このイベントに参加する勇気ある人々が数百人いたそうだ。 『下半身にズボンを穿かない以外は普通の冬の格好をしていつも通りに地下鉄に乗り、普段通りに振る舞う』というのが趣旨。 勇敢なのは若者だけじゃなかった! おじ様(下右)エライ!!  (って、私と同年代だったりして) 私は参加する勇気はなかっただろうけど、実際見てみたかった。 [続きを読む]
  • ハイジャックされたトラック運転手の葬儀
  • 先月29日(木曜日)。ベルリンのトラック・テロ事件(前編/後編)最初の犠牲者となったポーランド人トラック運転手ウーカシュ・ウルバン氏(?Łukasz Urban)の葬儀が執り行われた。ポーランド北西部、ドイツとの国境に近いバーニエ(?Banie)村。教会に到着する棺。 カトリックの葬儀のしきたりはよくわからない。 棺はそれまで自宅に安置されていたのだろうか。それとも葬儀屋の遺体安置所とか? 遺族にお悔やみを述べるポ [続きを読む]
  • 新年明けた!
  • 新年明けましておめでとうございます。今年も拙ブログをなにとぞよろしくお願い申し上げます。 ・・・と、とりあえずはご挨拶してみるも、テンションの低い我家には盛り上がりは皆無。 イギリス――スコットランドはともかくイングランド――には新年を迎えるにあたっても特別な食べ物があるわけじゃなし。年越しそばと紅白/ゆく年くる年は、日本の食料品店から材料を取り寄せて年越しそばを作り、衛星放送を入れて日本のテレ [続きを読む]
  • ベルリンのトラック・テロ事件 《後編》
  • 《 前編からのつづき 》ベルリンのクリスマス・マーケットに突っ込んだトラックの運転席の下から発見されたという身分証明書。 書類の身元は、チュニジア生まれのアニス・アムリ(24歳)だった。 下の画像をもとに、ベルリンへと続いた彼の足跡を追ってみると・・・1: チュニジア、2011年(アムリ18/19歳) − 1992年チュニジアのタタウイヌに生まれたアムリは暴力的な強盗事件を起こして欠席裁判で5年の刑を [続きを読む]
  • クリスマス・ベイキング
  • あっという間に終わっちゃいました、今年のクリスマス。イギリスは25日はクリスマス・デー、26日はボクシング・デーという祭日ですが、私は24日・25日・26日(一昨日・昨日・今日)と早番・遅番・早番が入っていたので。クリスマスに働くのは苦になりません。 どのみち日本ではクリスマスは祭日じゃないし。オットーの家族と集まって、たらふく食べて、おしゃべりして・・・ と毎年同じだし。どうせ食べ過ぎたあとは [続きを読む]
  • “Just One Dog”
  • まためぐってきました、12月23日・・・ 私にとっての 『スタンリーの日』。それゆえ今日は、過去6年間の今日と同じ記事になりますが、どうぞご勘弁くださいますよう  *     *     *     *     *     *     *     *     *     *     *     *動画は   こちらです。たくさんの犬がいて・・・ たくさんの物語がありますでもこれは、ただ1匹の犬の物語で [続きを読む]