touchi_aoba さん プロフィール

  •  
touchi_aobaさん: Lack Thereof
ハンドル名touchi_aoba さん
ブログタイトルLack Thereof
ブログURLhttp://lackthereof.asablo.jp/blog/
サイト紹介文映画、PC、外国語、旅行、SF、ボードゲーム。毎日が世界街歩き、だった。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2011/01/17 04:21

touchi_aoba さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • オデッセイ
  • ステロイドでドーピングしたアポロ13。あっちが好きな人はこっちも是非。アポロ13知らない人にもおすすめ。 The Martian (邦題: オデッセイ) 原作 The Martian (邦題: 火星の人)うちの奥さんと二人で見てきました。IMAX 3D。奥さんによれば「あんまり3Dにした甲斐がなかった」そうですが、僕は広大な火星の風景をIMAX 3Dで見られてよかったなぁ。火星の大平原を進むローバーは、西部の荒野を進む幌馬車のよう。アメリカ人なら胸 [続きを読む]
  • 永遠の始まり
  • 翻訳が出るのを待ち続けていた本。やっと出て嬉しいのだけど、まだ4巻組のIとIIしか出ていない。IIIとIVが出るのは今月末。待ちは続くよ。 永遠の始まり I II ケン・フォレット SB文庫ケン・フォレットの歴史物は好きで、大聖堂とその続編、20世紀のシリーズの一作目と二作目、とずっと読んできた。この本は20世紀シリーズの三作目。これまでのも好きだったが、今回はとりわけ夢中になって読んだ。待たされたからかもしれない。 [続きを読む]
  • 膝の痛みが筋トレで治った
  • しばらく前から走るのが好きになって、毎週末走っていたのだけど、去年の秋から、左膝が痛むようになった。11月ぐらいかな。寒くなってからだ。痛いのは膝の中のようでもあり、膝の下のようでもある。最初は走るときに気になる、ぐらいだったのが、そのうち駅の階段を下りるときにも痛むようになった。その場合痛いのは、はっきり膝の下、足の前側。左足に体重をかけたりしても痛まない。むしろ体重を抜くときに痛かったように思う [続きを読む]
  • トレッカのフルーツケーキ
  • 子供の頃に食べたお菓子が今は手に入らなくなったので、少し探してみたら、なんとか近いものが見つかった。昔、東京駅八重洲口の地下街に、トレッカという菓子店があった。喫茶店も兼ねていたかもしれない。かもしれない、というのは、自分で行ったことはなかったからだ。父が東京に出張に行くと、いつもお土産に、トレッカのフルーツケーキを買ってきてくれた。フルーツケーキ、というより、パウンドケーキという方が分かりやすい [続きを読む]
  • スター・ウォーズ フォースの覚醒
  • 下の娘と見に行った。娘は金曜ロードショーで放送していたエピソード4を見ただけだったが、違和感なく楽しめたらしい。 Star Wars: The Force Awakens (邦題:スター・ウォーズ フォースの覚醒) グランベリーモールの109シネマで、IMAX 3Dでみた。最近の3Dは見やすい。昔と違って、これ見よがしに立体感を強調したシーンはなくて、ひたすら自然な立体感が感じられてよかった。IMAXは10年以上見てなくて、昔見たときはとても巨大な [続きを読む]
  • 叛逆航路
  • 魅力的なアイデアがいろいろ詰まっている。そのアイデアを生かすと山ほど面白い物語ができそうだが、まだその一部しか語られていない。分厚い本だが、三部作の第一巻だそうだ。 叛逆航路 アン・レッキー 創元SF文庫ある人物の視点で書かれているので、地の文はその人物が考えていることを表しているが、そこでは、誰かのことを差すのに、その誰かが男か女かに関わりなく、常に「彼女は」と書いてある。この人物の母国語では、文 [続きを読む]
  • パイは小さな秘密を運ぶ
  • 主人公は11歳の少女。とても賢い女の子、という共通点から、ロアルド・ダールのマチルダみたいな話を期待して読み始めた。でも、だいぶ印象は違う。簡単にいうと、マチルダは子供向け、これは大人向け。主人公が子供なだけ。 パイは小さな秘密を運ぶ アラン・ブラッドリー 創元推理文庫主人公、フレーヴィアは化学(科学じゃなくて、ばけがくの方だ)に天才的に詳しい。普通に優秀な日本の高校生が太刀打ちできるとは思えない。 [続きを読む]
  • 戦後入門
  • アメリカは原爆投下を罪深いことだと感じていたのか、少なくとも投下直後のしばらくは。 戦後入門 加藤典洋 ちくま新書新書なのだけど、厚さ2cmある。内容は深いけど、語り口はとても分かりやすい。込み入ったアイデアを、まず概略を示して、個別の項目を解きほぐして、そして最後にもう一度組み立てなおして意味を再確認する、という感じでゆっくり丁寧に説明してくれる。そして今まで読んだことのない話と、今まで聞いたこ [続きを読む]
  • 英検1級に受かったよ
  • どきどきしたけど、あっさり合格。歳をとってから受けただけのことはあった。でも、ほっとした。そしてとても嬉しい。英検2級は高校か大学の頃にとった。でも、その頃は1級の説明を見て、全く受かる気がせず、受けようとも思わなかった。時は流れて幾星霜。多少は英語が使えるようになった感じがある。でも、客観的に見てどうなのかが気になる。だから受けてみる気になった。TOEICは6、7年前に満点取った。でもその後も仕事で [続きを読む]
  • エンジェル・メイカー
  • 宮崎アニメの(具体的には「ラピュタ」の)雰囲気をたたえた、冒険心あふれる物語。ただしR15。 エンジェル・メイカー ニック・ハーカウェイ ハヤカワポケットミステリ最初、帯に「本」をめぐる物語、みたいに書いてあるので、図書館に眠る古書に関する、「薔薇の名前」とか「風の影」とかみたいな、黴臭い話かな、と思っていたのだけど、まるで違った。いや、最初のほうは結構辛気臭い。主人公は地道に生きる時計職人で、よそ [続きを読む]
  • カールスルーエのボードゲーム店2015夏
  • カールスルーエのおもちゃ屋さん Spiele Pyramide に久しぶりに行ってきた。 Spiele Pyramide以前行ったときの記事はここ。2013年の夏に、前の場所から移転して、ずっと目立つ大通りに面した場所に、ずっと広い店を構えていた。前は、ボードゲーム・カードゲームの専門店、という感じが強かったのだけど、今は普通の小さい子向けのおもちゃまで含めて、おもちゃ全般を扱っている。でも、ボードゲーム・カードゲームの品揃えは豊富 [続きを読む]
  • The Second Best Exotic Marigold Hotel
  • ジュディ・「M」・デンチと、マギー・「ヴァイオレット」・スミスが夢の共演。 The Second Best Exotic Marigold Hotel (邦題未定、でも多分:マリーゴールドホテルで会いましょう2)って実は続編だったらしい。 The Best Exotic Marigold Hotel 、邦題「マリーゴールドホテルで会いましょう」、って映画があるのは知らなかった。飛行機の中で見ました。舞台はインド、ジャイプール。半分ぐらいかそれ以上にインド映画。踊りの [続きを読む]
  • 過去の記事 …