peace さん プロフィール

  •  
peaceさん: refresh なう
ハンドル名peace さん
ブログタイトルrefresh なう
ブログURLhttp://peaceland.blog86.fc2.com/
サイト紹介文ゴルフとなればどこまでも・・・唯一の趣味です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/01/18 21:02

peace さんのブログ記事

  • コーヒーミル
  • お土産にコーヒーをいただきました。豆でした。以前はコーヒーミルがありました。鉄製で赤いだるまのようなかわいいものでした。でもコーヒーを飲まなくなったので、バザーに出してしまいました。ところが最近コーヒーを飲むようになりました。それでミルを買うことにしました。                        木箱のようなレトロの物が良かったのですが、洗いやすい方を選択しました。挽きたては香りが良いです [続きを読む]
  • 地蔵千年、花百年
  • 新聞の書評が良かったので読みました。芥川賞をとってから53年が過ぎているそうです。その間、それほど多くの本は書いていません。文章がとても美しいです。ドイツ文学研究者という肩書があります。言葉を大切にされるのしょうか。構成がi幾層にも入り組んでいるのですが、読みにくくはないのです。とても不思議です。南米の仮想の国まで出てくるのですが、行ってみたくなります。560枚もあるそうで、この1週間近く、浸っていた感 [続きを読む]
  • 捨てられない
  • ときどき無性に手仕事がしたくなります。                           これはかなり前に作ったマットです。細い布をつないで三つ編みにして、丸くかがります。だいぶ古くなったので、また作ろうと思っていました。古い布を捨てられない性分で、布ぞうりを作ったりします。                        図書館で面白そうな本を見つけました。「スラッシュラグキルト」というのだそう [続きを読む]
  • LOVE JUNX
  • 「BREAK THE WALL」 LOVE JUNX中野サンプラザです。小学生から20代まで、ダウン症のある人たちのショウでした。320人が舞台にかわるがわる登場して、すごい迫力でした。以前の職場の同僚が、出産して、女の赤ちゃんがダウン症でした。いろいろ大変だったそうですが、かわいいお嬢さんに成長しています。前日に花束のアレンジメントを頼んでおきました。会場は笑顔がいっぱいでした。みんなが支え合っているのを感じました [続きを読む]
  • 益子カントリークラブ
  • 久しぶりにゴルフのブログです。益子や笠間は昔良く来ました。焼き物を見るのが好きなので。途中に焼き物屋さんがたくさんありました。益子カントリーは古いようで、面白いものがありました。スタートホールには藁ぶき屋根です。池のあるホールのテイーグラウンドには、ふたり連れのお地蔵さまが。落ちませんようにということらしいですが、みなさん落ちていました。私は大回りをして逃げました。ドライバーとウッドが気持ちよく飛 [続きを読む]
  • 6月歌舞伎
  • 都民半額鑑賞会に応募して当たりました。当たるといつも高校時代からの友人と行きます。でも、前回はご主人の入院で行けませんでした。今年も心配しましたが・・・1幕目は、新歌舞伎というそうで、江戸時代の話し言葉でした。2幕目は、猿之助の踊り。アクロバットのようでした。3幕目は、吉右衛門が弁慶になって、登場。迫力がありました。打ち首と、生首を持つ場面があって、リアルでした・・・友人はひざを痛めてずっと歩けな [続きを読む]
  • 水上バス特別季節便
  • 広報誌に水上バス乗船のお誘いがありました。水辺が好きなので、よく行きます。以前は、日の出桟橋から東京湾へ出て、レインボーブリッジをくぐり、羽田天空橋乗船場まで行きました。今回は「江戸庶民の観光地、堀切菖蒲園へ、お弁当を食べながら、ゆったりのんびりクルーズ、堀切りバーステーションで下船。堀切菖蒲園に向かいます」というメニューでした。往復はがきを出して、忘れたころに、赤い文字で「当選」の返信が届きまし [続きを読む]
  • 春宵の響
  • 区内にある洗足池で「能楽のしらべ」がありました。毎年行きたいと思いながら、かなわず、今年はやっと行くことができました。笛は篠笛と能管というそうです。お囃子の太鼓や鐘もにぎやかでした。そしてピアノのコラボです。6時半から8時まで、ライトが工夫されて、幻想的な雰囲気でした。元禄花見踊りソナチネ・桜のワルツ  作者はピアノを演奏された方です月の光 ドビッシー能の舞が3曲和の笛とピアノが月の光を演奏すると、 [続きを読む]
  • 買い物
  • 以前横浜のアウトレットに行ったときにマグカップを買いました。どうしてもというわけではなかったのですが、何か一つくらい買っていこうと(^^♪使ってみたらだんだん気に入ってきました。手のひらに沿ったカーブ、ちょっととぼけたような色彩と絵柄、持ち手の穏やかさなど。北欧のものです。マグカップを使うときって、ぼんやりしていることが多いようです。とうとう割ってしまいました。失ってみると寂しさが募り・・・ネットで [続きを読む]
  • 読書
  • 図書館の追悼の棚にあったので、追悼の気持ちで借りてきました。すごくつまらなかったです。でも、ところどころ、納得するので、我慢して最後まで読みました。東大や岩波書店をけなしているところが、面白かった。高校時代、日本文学の知識を得ようと、明治大正昭和の全集を片っ端から読みました。すごくつまらなくて、日本の文学が嫌いになりました。今回その気持ちは間違っていなかったと分かって、とても愉快でした。山本夏彦の [続きを読む]
  • 混声合唱コンサート
  • 「コンサートに行きますか?」と言われました。暇な日だったので、行くことにしました。チケットを送って頂いたら、横浜でした。それも桜木町・・・。もう何年も行っていません。地下鉄で行ってみました。駅を降りたら商店街がありました。にぎやかなのでなんとなくつられて上ってしまいました。野毛坂商店街でした。昔はもっと寂しいところでしたが・・・私は昔、ストーカーになったことを思い出しました。私の行くところは、紅葉 [続きを読む]
  • 強風でした
  • いつもの女子会です。東京は桜が散っていたのですが、常総のほうはまだきれいでした。朝晩の気温が低いのかもしれません。今日はとても風が強かったです。風邪に負けまいとすると、いつものスイングができませんでした。友人も私も、さんざん苦労して回りました。土手の菜の花がきれいでした。お花見だけでも楽しかったということで・・・out パー 1  ボギー 2  ダボ 6         50in  パー 2  ボギー  [続きを読む]
  • 千葉へゴルフ
  • 千葉県君津市、真ん中なので山の中でした。やまを削って作った様子がよく分かる感じで・・・OBが多かったです。距離はあまりないので、女性にはよいですが、曲がる人は大変でした。天気予報では2時ころから雨でしたが、午後のスタートでちらほら降ってきました。最終2ホールは雨の中で、一緒に回っていた人は、やめてしまってカートで雨宿りしていました。ここの仲間とゴルフに行くときは、バックを預けてあります。アイアン、特に [続きを読む]
  • 菜の花土手ゴルフコース
  • 月一、練習女子会です。今日は友人のご主人も一緒でした。途中で満開のモクレンを見ました。高校時代、電車通学で、車窓から巨大な木蓮を見て、毎年友人と怖いといったのを思い出します。ゴルフコースは菜の花の土手が続いていました。菜の花のよい香りもします。前日は一日雨だったのに、この日はきれいな青空でした。菜の花と青い空と白い雲が、絵本のようでした。最後の3ホールで、体をもって回してみようかとやってみて、崩れ [続きを読む]
  • 書道展覧会
  • 書道の展覧会に行ってきました。母方の祖母は美しい文字を書く人でした。従妹がDNAを受け継いだようです。大学でも書道を専攻し、その先生のもとでずっと書いているそうです。先生の作品2点今回は大きな字というのがテーマなのだそうです。漢字に意味があり、味わいがあるのを改めて思いました。いとこの作品です。「春の海 終日のたりのたりかな」を篆刻と毛筆で表現しているのだそうです。とても楽しい作品でした。従妹はカ [続きを読む]
  • 児玉カントリー倶楽部
  • 埼玉県のゴルフ場へ行きました。遠くに雪をかぶった山が見えます。北のほうは日光方面、男体山とか。西のほうは、山梨県か、神奈川県か・・・とにかく見晴らしの良いゴルフ場でした。前日はひどい風が吹いて、ゴルフに行った友人は大変だったといっていました。そして翌日は雨の予想でしたから、合間をぬってゴルフ日和でした。(翌日もそんなに雨は降りませんでした(*^^)v)今回はアプローチを真剣に打ちました。下半身を据えて、 [続きを読む]
  • 金沢
  • 金沢に行ってきました。新幹線が通ってからすっかり開けた街になってようです。金沢駅の正面です。金沢には、子供時代に一番身近だった従弟がいます。こちらの大学に入って、そのままこちらの住人になってしまいました。それで今回も用事で来たのですが、ちょっと会おうということになって・・・。21世紀美術館というのが人気だそうで、案内してもらいました。本当に21世紀らしいところでした。これはプールが上からも、下からも見 [続きを読む]
  • あひる
  •                  不思議な本を読みました。どうしてこの本を読む気になったのかわかりません。どこかの書評にあったのでしょうね。それでスクラップの中を探したのですが、見つかりませんでした。この作家は、ちょっと浮遊感があります。悲しさと寂しさを持っていて、そこにおかしみも、おかしみも寂しさに通じるのかもしれません。芥川賞の候補になったこともあるそうです。気にしていきたい作家です。 [続きを読む]
  • 演奏会
  • 友人のコンサートに行ってきました。高田三郎という宗教音楽の作曲家の作品を主に歌いました。100人くらいの混声合唱で、迫力もあり、きれいでした。典礼聖歌はソロが入る部分が何回か会って、女性はどの人も天使のようでした。男性は力強くこんなきれいな声が出せるのかと思いました。ヨハネの福音書をそのまま歌っていました。本が合唱になるのですごいことだと思いました。都会の真ん中に水がある風景。とても好きです。 [続きを読む]
  • もうすぐ立春
  • いつものゴルフ場です。2月なのに、日差しが明るかったです。春に向けて、コースの手入れをしていました。天気予報が寒いとあったせいか、とてもすいていました。途中まではすいすい回りました。暖かくなって、虫が出てきたのでしょうか。鳥がたくさんいました。こんな風景にも春が近いと感じます。ドライバーのスイングをコーチに矯正していただいて、毎日素振りをしていました。バックスイングはうまくいきましたが、フォローは [続きを読む]
  • キルトフェステイバル
  • 友人が昨年からハワイアンキルトを始めました。それでキルトフェステイバルに行ってきました。ドームのグラウンドいっぱいにブースがあって、すごく人がいっぱいでした。こんなに人気があるとは知りませんでした。大賞の作品は、どうやって作るのか不思議なほどでした。                                                                    大胆な構図と鮮 [続きを読む]
  • 初打ち
  • ずいぶん遅い初打ちになりました。友人と二人、いつものゴルフ場です。                        朝は冷え込んで、車の中から見える畑は、一面の霜でした。ゴルフ場もフェアウエーまで白かったです。看板の陰で霜が溶けてゆくのが面白かったです                        途中の池は、どこも午後まで凍っていました。                         そんな池に [続きを読む]
  • 広告にのせられて
  • お正月はぼーっとしていたので、新聞の広告欄にあった、今はやっていそうな本を読みました。とても分かりやすい文章で、こういうものが巷では人気があるのかと、よくわかりました。よく勉強していて、用例がたくさん引用されて説得力がありました。集中力の源は、前頭葉のウイルパワーものを少なくすれば、決断の選択肢が減る低GI食品を多くとる(そば、玄米、全粒粉パン、りんご、チーズ、ヨーグルトなど行うべきことは、1つに [続きを読む]
  • 年末の読書
  • 12月は興味深い本に出合いました。この作家の作品はついついのめりこんでしまいます。社会の暗部にメスを入れるように広げて見せます。今回は脳死の話でした。それも幼い子供の・・・。経済的に豊かだった家なので、このように脳死のままずっと生きていられたのかとも思いますが、ベットの上で、このような人もいるのではないかと思います。どこで脳死と判断するか、それは人が法律で定めることで、死は人が定めることではない気も [続きを読む]