migiwa5150 さん プロフィール

  •  
migiwa5150さん: MIGIWAのパースぺクティブ
ハンドル名migiwa5150 さん
ブログタイトルMIGIWAのパースぺクティブ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/skydog5150/
サイト紹介文底釣りバカなヘラウキ作者migiwaがヘラブナ釣り全般についての思いを語るブログです!
自由文ヘラブナ釣りに関するさまざまな思いを自身の趣味や出来事を交えて多角的に語っております。もちろんヘラブナ釣りに関するノウハウやウキに関する情報も満載。トーナメンターだけでなく自分のペースでヘラブナ釣りを楽しむヘラ師にも楽しめるブログとなっております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2011/01/18 23:19

migiwa5150 さんのブログ記事

  • 彼の地の窓辺にて
  • 4月上旬から中旬にかけて出張に行っていた。現地生産の製品の検品や新たなネタの収集、製品製造依頼など、短期間に多くの仕事をこなしてきた。その間にも少し時間があいて、現地の名所なんぞにも出かけた。仕事がはねてからだから、夕方からクルマで小一時間ほど走った場所だ。地元だけでなく彼の地では結構有名な場所で、休日ともなると相当な数の観光客が訪れる場所だという。徐々に暗くなるころには晩飯を食べようと一件の店に [続きを読む]
  • 残り時間を思えば
  • ソコソコの年令になると、いろんなことを考えてしまうものです。最近特に思うのが、自分はあと何度釣りに行けるのかなということ。人生80歳、身体がある程度思うように動くのが65歳と考えると、残りの年数はさほどないわけでして。現状、月に1度程度しか釣りに行けてないので、年間に置き換えると、1年に15回程度かな…って考えると…ねぇ。ということは、残りの人生の釣りを大事にしなきゃいけないんだろうなぁ…って思う。だから [続きを読む]
  • 端くれにて…。
  • さいはてってわけでもないけれど、地球のどこか端くれに立ってる自分。このまま埋もれてしまってもいいかなと思えるぐらい、非日常はこの国の得意なサラミスライス戦法で、ニッポン人の私から余計なマインドを削ぎ落としていく。まぁ、こちらも削がれてもいい、どうでもいいところは放置し、最も重要な部分にはしっかりと鍵をかけている…つもりだ。すでにこれと言っておもしろいこともないのだが、自分で作り出していくものがどれ [続きを読む]
  • グルメでもないだけどねー。
  • 久しぶりに尼崎へ。以前働いてた店舗の近くにある讃岐うどんの店へ。すると、数十人並ぶ人気店になってました。肉釜玉をいただきましたが美味しかったですね。自分はグルメでもないんだけど、美味しい店を知っているふうに思われてます。それほどでもないんどなぁ…。 [続きを読む]
  • 告知w
  • 一部というか結構な量のメールが迷惑メールフォルダに入っておりました。んでもって、Googleの仕様では、一定時間経過しますと迷惑メールフォルダ内のメールは自動で削除されるっぽいです。自分でもサクッと消しちゃいましたしwwなので!返事がない…とおっしゃる方。返事できません。また、迷惑メールフォルダにインされちゃったメアド主の方!いろんな形でフィルタがかかると思いますのでごめんちゃいです。ウザい広告メールを筆 [続きを読む]
  • 出張が続いてます
  • ここ数年の忙しさ。気がつけば毎月東へ西へと出張に出ている。久しぶりに見た鳴門は春霞。疲労感とともに海へ流したいよね。こんなときでも、水を見ると心が踊るのは何故なんでしょう。ウキを作る時間など全然ないんだけどね。ましてやテンションが下がる案件はお断りしなきゃね。無理を無理と思えないのなら他所を当たってくださいませw [続きを読む]
  • Geminiっていうのか
  • 先の投稿は思うところがあって書いたんだよね。実はGeminiっていう端末がでてくるそうだ。まさに自分が求めていた端末である。Androidを積んでいるし、キーボードもドンピシャだ。しかもPsionの血を引き継いでいるしね。Geminiの詳細はこちらただ、日本の電波帯を想定していなとかで、ちょっと話がややこしい。そのあたり問題がなくなれば絶対手に入れると思う。ま、なんとかなるでしょう。何しろ、自分は双子座だから…何かしら縁 [続きを読む]
  • 長文ブログをあまり投稿できなくなったワケ
  • 過去、このブログってマメにアップしていたと思います。最近はとんとご無沙汰で、月に2〜3度程度の更新になっているのかなと思います。SNSの隆盛ってのがその背景にあるわけですが、ご多分に漏れず私もFacebookの投稿回数がアップするとともに、ブログの投稿回数が激減しました。まぁ、Facebookの場合はたわいもない内容なので、ブログと比較は出来ませんが、投稿した感覚でいうならば、Facebookのほうがリアクションがあるので [続きを読む]
  • 道具は釣技の根本的な部分を補完するためにある
  • ウキ作りをしていると、機能的なウキにならない「矛盾」を実現しろ…といわんばかりのニーズや、許容範囲内の誤差すらも赦さないというニーズを平気で依頼されるケースがあります。まぁ、こちらも実現不可能とわかっても、少しでも近づける努力をします。自分の技術向上の意味も含めて、チャレンジするわけです。とりあえずやってみますが、最初っから相当難しいのがわかっていますので、近づける努力をめいっぱいやりますよね。ぶ [続きを読む]
  • ままならないね
  • いやマヂ多忙です。メールすら開けてないし、あけたらいっぱいわけのわからんのが来てるしね。ご対応できておりません。ごめんなさいね。 [続きを読む]
  • 変化と身の丈
  • 忙しさも極まれり…ってな感じでしょうか。40代の彷徨い人生は何処へやら…ってな感じで、やたらと出張に出る始末です。国内はもちろん国外もアリでして、ニッポン人というよりもアジア人に変身する自分です。こんな人生になるとは数年前までは夢にも思っていなかったわけですが、そのぶん、様々な刺激を受けながら、変化を求められる人生を送っているのです。変化を受け入れられるのか、受け入れられないのか…というところ…。そ [続きを読む]
  • 崩壊東芝
  • 東芝みたいな会社でもこうなるのか。子会社や部門はどんどん切り離され、中には路頭に迷う人も出てくるのだろう。 ま、今の自分にはさして関係はない。 [続きを読む]
  • ペテン師と義理堅い男
  • 昔あるところに、ペテン師がいました。彼はペテン師だけに口がうまく、たいていの人は彼のでまかせな話に翻弄されました。人々は事実を知らない、思慮が浅いという指摘が彼のことばをもっともらしくさせる要因でした。続きを読む [続きを読む]
  • ひとつの流れを作るきっかけを産んだ事実は評価されるべきだと思う
  • 紆余曲折があって孤舟の仕事を見ることが出来た。ほんの断片であるが、孤舟の息遣いが感じられるモノを触ることが出来た。竿師という概念だけでなく、ある意味芸術家としての側面を持っているひとであると捉えているんだけど、そのスタンスは「職人」というワードで捉えるとなると、少し微妙な物になってしまうのかもしれないんですよね。サオに詳しい人、業者の方々には、それ相応の捉え方、ご意見があると思うのですが、竿師の工 [続きを読む]
  • 裁判所に行きました
  • 地元の簡易裁判所に出向いた。何かしらコトを起こしたわけではなく、先日亡くなった母の残した諸々の相続についての手続きで出向いた。相続というと身内が骨肉の争いで奪い合うよーな、そんなドラマみたいな話ではない。プラスの相続もあれば、マイナスの相続だってあるってことだな。まぁ、自分は次男だし、母の最期に至るまでの面倒は兄が見たし…で、仮に何かしらあったとしても辞退するつもりであった。それより、役所に出向き [続きを読む]
  • 私は子供のままだそうです
  • Facebookとかにもあげてたんだけど、どうやら自分は死ぬまでガキらしい。右足首のひどい痛みに耐えかねて、整形外科で受診。レントゲンの結果、足首周辺の外脛骨って骨が分離したままだった。子どもの頃はだれでもそうなのだが、オトナになるにつれて周辺の骨とくっついて足首周辺の腱が安定する。ところが自分はくっついていないので、周辺が炎症を起こして痛みを感じるというわけだ。完治することがなく、死ぬまでこのまま。お子 [続きを読む]
  • Rewind
  • 基本自分は釣り人だと思い込んでいるが、最近は釣りに行けていないこともあってか、その辺の感覚がユルい。ちょっとは現場に行ってネジを巻き直す必要があると思うのよね。てなわけで、明日はフナ釣りに行ってきます。24尺を振るか、それとも厳寒期専用のウルトラライトな釣りをするのか?どちらも独特の面白さがあるからねぇ。たくさん釣れなくてもいいから、セオリーを見失わない、ナジミを入れながらサワリを感じながら、アタっ [続きを読む]
  • 2016年、お世話になりました。
  • 2016年はいろいろありました。母が亡くなったり、相変わらず国内外を飛び回ったり。みなさんに大変お世話になりました。喪中なもんで、お返事は要りませんので。何より皆様ありがとうございます。そして、来年もよろしくお願いします。来年もジミのように挑戦し続けていきたいなと思います。また、新年に改めてご挨拶させてください。では、また後ほど。 [続きを読む]
  • ウドン竿について知ってる範囲で書いておこうと思います
  • とあるキッカケでウドン釣りで使う竿のことを思い出しました。いわゆるウドン竿なんですけど、どうもウドン釣りの竿って硬いだけの竿ってイメージが蔓延しているように思うんですよね。だから、私の記憶や認識を今のうちに書き記しておこうかなと思います。私の認知するところ、ウドン竿はソレ用の調子がちゃんとあり、ただ硬いだけではないと言う認識があります。単純に鯉竿や穂先まで太く硬い竿で代用できるものという認識ではあ [続きを読む]
  • 新シリーズ構想中
  • ま、いろいろと構想しております。とあるキッカケで製作動機のピースが埋まりました。そんなもんです、モノ作りってのは。原点回帰と言うか、釣りの楽しさってなものを、もう一度見直すべきときが来たのかなって思います。ちょっとがんばりますね。 [続きを読む]
  • 思想を絡めるならパクるなよ
  • どうせ作るなら、オリジナリティ、独自性があるデザインや機能が織り込められたものを作りたいってのがモノ作りをする者として思うところです。だからこの春にあったオリンピックのアレであるとかってのは、プロ中のプロがああなんだと知って非常に残念に思いました。最近ではDeNAの「WELQ(ウェルク)」なんぞも不正確な医療関連記事や内容を盗用した記事を掲載していたことで問題になったわけですけどね。コレの場合は概 [続きを読む]
  • 釣果と満足感
  • まさかエギングじゃあるまいし…って思ってたんだけど。でもまぁ、そういう釣りでなきゃ釣れない…っていうか、勝てない時代なんすね。ウキを作る立場としては、そういう状況をちょっと悲しく感じるんだけどね。原発状況やマスコミの報道なんぞを見ていると、人の欲望には際限がなく、昨日より今日、今日より明日たくさん釣れなきゃ心が満たされないと思うのかなと。釣果に反比例するかのように満足感は薄れるものなんだろうか?釣 [続きを読む]