杉江 徹洋 さん プロフィール

  •  
杉江 徹洋さん: 諸行無joe
ハンドル名杉江 徹洋 さん
ブログタイトル諸行無joe
ブログURLhttp://ameblo.jp/kaiyoo181/
サイト紹介文おもに脳科学 心理学 哲学などを書いてます。 悟りとは何か? 役立つ情報をシェアしています。
自由文読んでくれてありがとうございます。
実体験をもとにブログを書いています。
カウンセラーの資格を取得し
脳科学 心理学 哲学などを取り入れた
情報をシェアしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 14日(平均12.5回/週) - 参加 2011/01/19 21:06

杉江 徹洋 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お金ってなんだ(番外編)
  • いつも応援ありがとうございますお金ってなんだシリーズは前回でやめようと思いましたが、お金の歴史をこれだけの記事で語れることもなく中途半端なもんで、もう少しだけ書いてみます。まずはお金ってなんだをお読みになり次にお金ってなんだ②をお読みになっていただき少しばかり小休憩を挟んだのちこの記事お金ってなんだ③をお読みください。それではお金シリーズ今日がほんとの締めくくり!!いってみましょう大雑把な流れにな [続きを読む]
  • お金ってなんだ③
  • Japanese Yen Bills / Japanexperterna.seいつも応援ありがとうございます。それでは前回の続きを書いていきたいわけなんですが、今更ですが、我ながらめんどくさいテーマを選んじゃったものです。それではまずこちらの記事をお読みくださいで、次にこちらもおさらいでこの記事も読んでおいてください。ではでは、いってみましょう。お金ってなんだ?シリーズで、今回は中央銀行の誕生中央銀行ってのはご存じの通り日本でいうとこ [続きを読む]
  • お金ってなんだ②
  • いつも応援ありがとうございます。今日も大好きなお金について書いてみようと思うのですが、その前にお金ってなんだ?のこの記事を読んでいただければ流れは伝わりやすいかなと思います。ではではお金は自然貨幣から試行錯誤を繰り返し金属貨幣に発展してきました。金属貨幣にもデメリットがありましたので次に誕生した貨幣が銭造貨幣いわゆるコイン(金貨)ってやつだね。これは重量や純度が一定したもので、当時の貴族や国王がお金 [続きを読む]
  • お金ってなんだ
  • いつも応援ありがとうございます。World money / Japanexperterna.seぼくは、お金が好きなんだけど好きなものや好きな人のことって知りたくなるじゃない。ひょっとすると時と場合によっては知りすぎないことのほうがいいってこともあるかもね(笑)お金って、なんだかタブー視されてるところがあって、お金お金っていってるとなんだか煙たがれたり、お金が好きって言ってる人が多いわりには人前ではお金のことを、あまり語ることはな [続きを読む]
  • そろそろ帰ろっか
  • いつも応援ありがとうございます。まだ文章力がいまいちなのか最近の記事はあまりにも長すぎるってことで今からひとりディベートでもして、記事が長いことはいいことなのか、または悪いことなのか論じてみます。『文章が長いのはいいことか悪いことか』まず長い派のボクの意見文章が長いのってさ、それだけアウトプットする情報量があるってわけで、そもそもこのブログが好きで見ていてくれる人がいるのだとしたら、長いとか短いと [続きを読む]
  • 気づいてしまった
  • いつも応援ありがとうございます。2010年の5月28日自分にとって大きな転機となった日というか、自分の大きな過ちに気づいてしまった日ということで忘れりゃいいものを今でもこのように執着しています(笑)大きな過ちと書きましたが、もう少し噛み砕いて言えば個としての自分(わたし)というものは、今までの体験や経験によって付着したセルフイメージのようなもの、その独自のセルフイメージによって出来上がったフィルターを通し [続きを読む]
  • まずはあなたから
  • 残念ながら僕たちは周囲で起こる出来事や他人をコントロールすることはできない。でも幸いなことに出来事に対する解釈それにともなう気分は自由に変えられる。あなたさえその気になれば、いつでも自由に気分を変えることができる。大きく変えようと思うと難しく感じてしまうかもしれないけど、少しずつ気分よくいられるものに、ことにフォーカスしていこう。あの人が反省してくれたらもう少し評価されたらもっと努力しなければあの [続きを読む]
  • 労働の義務
  • 諸行無常この世は常に移ろい変化していくものである。日本の三大義務のなかには『労働の義務』というものがあるけれど、今日果たしてそれが義務としては通用しなくなっていると思うのだけれど、まだ義務付けしているところに、なんだか違和感を感じてしまうんだけど、僕が見る限り今では好きなことが結果、仕事と呼ばれるものに繋がっているようなケースが多く見えていて、大分様変わりしている。もちろん昔からこういったケースは [続きを読む]
  • 日本人失格
  • いつも応援ありがとうございます。今日は久しぶりに一冊の本を紹介します。日本人失格 (集英社新書)Amazonいまこの本を読んでるんだけど、なんでロンブーの淳さんなのかっていうと、まえに動画かなんかでロンブー淳さんのラジオ番組にゲストで呼ばれていたのが堀江貴文ことホリエモンで、確かこのラジオ番組に出演したときはホリエモンが経営していたライブドアで証券取引法違法で逮捕され出所してきたばかりだったと思う。そのタ [続きを読む]
  • 最高のナビゲーター
  • 自分が今までにやったことのないことをやってみたりするのはやっぱり勇気はいると思うんだよ。そこには常に『〜なったらどうしよう』ってのがついてまわるし『失敗したら』とかね。周りの目が気になるってのもあるだろうし人の評価も気になるところだね。でも、そんな気分になるのも当然だよ。やったことのないことだから、どうなるかの結果も解らないんだ。経験や体験外だから予測もつかないよね。ってことはだよ、つまりは、常に [続きを読む]
  • わからずや
  • 自分のことは解らない。けっこう聞き慣れたフレーズなんじゃないかな。それもそのはず自分のほんとうの顔を知らない。鏡に映る顔や水面に映る顔は左右が反転している。他人からどのように自分の顔が見られているのか確かめようがないんだね。これ面白いよね自分の顔ですらまともに見ることができないなんて・・写真の場合はどうかというと、これも微妙に実物とは違っているはずだよ。人間は2つの目で立体的にものを観るようになっ [続きを読む]
  • 膿だし
  • インターネットによる悪疾なイタズらが増えたとかいじめが増えたとか言っているのをチラッとニュースで聞いたり、ネットニュースで読むことがあるんだけど、それって本当にそうだろうか?ただ単にインターネットのお陰で、そういったことをしたり、やったり、言ったりしている人たちが明るみになっただけ、誰が何をしたのか?というのがキチンと証拠として残る可能性があるだけまだいいんじゃないだろうか?インターネットを規制す [続きを読む]
  • 自動反応
  • 起きた出来事にたいする反応は人によって様々だと思うんだけど、その反応というのは、ほぼ自動反応のようなもので、その起きた出来事が仮に入力Aとすると、脳内では瞬時に起きた出来事に対する解釈が始まり、これは僕らがググるといったネット検索機能のような速さで、起きた出来事に対する解釈が情報処理Bで導き出され、それによって感情という出力Cという反応が起こっています。この一連の作業はあっという間で入力Aから出力Cの [続きを読む]
  • これでいいのだ
  • ここんとこブログを毎日更新してるんだけだ、ブログをメモ帳のように気づいたことや感じたことを下記事でザックリ書き込みしといて、あと修正してアップするということを繰り返してるから、ストレスがかかることなく記事が増えてくんだけど、昨日は地元のお祭りの準備や後片付けで忙しかったんで、今日の記事も日付が変わる瞬間に自動アップするように設定してあったんで、されるものと思い込んでいた。けれど、日付が変わってもア [続きを読む]
  • 夢と希望
  • 夢も希望もないこれは幸いなこと。夢や希望が叶ったところを想像できたなら、それはどんな状態なんだろう。それは夢も希望もない状態。これ面白くない?夢や希望がないということは夢と希望が叶っている何よりの証拠ではないかな。夢も希望も無いってことは幸いなことだ。夢や希望を持つことは無意味だといいたいわけじゃない。それを持てるって思えること自体がすでに幸いなこと。いつも応援ありがとうこれを押せるってことはきっ [続きを読む]
  • どのように在るか
  • 人間は考えることと感じることは同時にできない。周囲の音を聞く座っている椅子の感触を感じてみる。歩いている足の裏の感触を確かめる。スマホを触っている手触りを感じてみる。そのときに思考は介入できない。あれこれと思い巡らせることが疲れたと感じたなら、今ある感触を感じてみよう。今にいるとき人は悩みから解放されている。逆に今にいないときは思考のおしゃべりが始まる。禅僧がしていることは徹底して今にあること。戦 [続きを読む]
  • 問題のない政治討論
  • 政治、経済、国際情勢など知らない、ド素人の政治討論を動画配信これやったら、めっちゃ楽しそう政治、経済まったく知らないんだけど、どこまでソレを評論し討論できるのか。ごまかしながら真顔で評論、討論ができるのかの真剣勝負!!『朝までこれで委員会?』(これ完全まるパクりですけど何か?)知らないけど、その知らないってこと自体が笑えるし、その知らないことがあるからこそ、そこから出てくる一見くだらないように見える [続きを読む]
  • ネットワーク
  • 前に勤めていた会社の上司からパソコンをいただいたことがあって、もちろんそれまではパソコンなんかいじれなかったし操作法だって皆無(笑)でも、それがよかったのか、まっ、所詮はもらいもんだから壊してもいいやって。それからというもの毎日のようにパソコンとの格闘がはじまった。それがけっこう面白かったのよ。人ってさ、自分で自分の苦手なものを勝手につくっちゃったりするもんなんだって思ったんだよね。その頃ちょうど会 [続きを読む]
  • 信じる
  • ○○のことを信じてる。この信じるってのは別の角度からみると疑いの形だよね。自分の親や兄弟のことをオレの兄貴だと信じてる。とは言わないし私のお母さんだと信じてる。とも言わないよね自分のことを、あるいはアイツのことを信じるってどうなのかな?こと自分のことに限って言えば自分のことを信じていたいと願った側がわたしなのか信じるといわれている方がわたしなのか貴方は神を信じますか?って・・一体どうなってんだろう [続きを読む]
  • 真っ赤な空を見ただろうか
  • ぼくらは止まっているように見えても地球は今ものすごいスピードで自転している。とまっているように見えても動いている。その場のエネルギー、気のようなものがあるのだとすると、ぼくらの気がコロコロ変わるのはそのせいだったりするかもよ。太陽が沈んだんじゃない太陽に背を向けているだけなんだ。今日はなんだかバタバタしてて短いけど短いなりにいいことはあるもんで、【BUMP OF CHICKEN】 &nbs [続きを読む]
  • どん底は下から見たら真上だ
  • ある日を境にぼくの人生と呼ばれているストーリーは変わった。その出来事が起こる前まで人生最大のピンチつまり、どん底だった。八方塞がりどこにも逃げ場がないように感じられた。でも八方は塞がれたように見えたが真上だけは、ど真ん中だけ空いていた。たとえいまどんな状況に見えようとも、それはそのように見えているだけであって、視野を広げてみることができれば、それは幸いなことだと、いつかは気づくこともあるだろう。そ [続きを読む]
  • まさかの逆
  • 岐阜県にある付知峡というところに、けっこう気に入っている温泉があるので行って来ました。ブログではプライベートなことはあまり書いてなかったので、たまには書いてみようと思います。「ブログでは」と書きましたがブログ以外でも正直書いてません。ぼくは温泉が好きで、暇があればいろんな温泉に行きます。以前ブログで書いたこの記事によると、どうやらなんとなくを大切にしているとのことなので(なんか自分のことを他人事の [続きを読む]
  • 知らなくていいこと
  • ぼくは世間一般でいうところの『成功』というものに興味が持てない。第一、成功なんてものは何をもって成功などど言えるのかってことで、人によっては成功しているかのように見える人でも接してみると幸せとはまるで違う生き方をしている人がいるのも確かだ。もちろんそうじゃない人たちもたくさんいる。でもその人たちはきっと成功なんて思ってないはずだ。それを目指すというのは成功のその先に何かあると思っているからであって [続きを読む]
  • 過去の記事 …