mem さん プロフィール

  •  
memさん: JA8MEMのつれづれ日誌
ハンドル名mem さん
ブログタイトルJA8MEMのつれづれ日誌
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ja8mem
サイト紹介文趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策での出来事を写真とともに綴るブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2011/01/20 09:14

mem さんのブログ記事

  • “花の浮島”利尻・礼文島へ③...
  •  礼文島最終日...。朝窓を開けると礼文島は霧雨と深い霧に包まれている。所用を終えて利尻島に渡って利尻空港から丘珠空港を経由して函館に戻る。フェリーの中でもツァー客の皆さん方も、天気に恵まれずちょっと不満そうだ...。      利尻島の沓形港は本格的な雨と風...。タクシーの運転手さんも「雨程度なら大丈夫だけど、これ以上霧が深くならなければいいが...」と2,3観光スポットを走りながら不安そうな [続きを読む]
  • “花の浮島”利尻・礼文島へ②...
  •  2日目、早朝稚内港フェリーふ頭から礼文島を目指す...。生憎の天気は曇り空、乗船して見えるはずの利尻富士は影も形も見えない。ふ頭に向かうときタクシーの運転手さんは、「北海道は高気圧に覆われてよい天気何だけど稚内は高気圧の縁で雲がよく架かるんでねえ...」と話していたが、納得...。      礼文島へは利尻島経由のフェリーでおよそ3時間だが、心配した揺れもなく1等船室に陣取り快適な船旅...。観 [続きを読む]
  • “花の浮島”利尻・礼文島へ①...
  • 礼文島に所用が出来た...。一度はいってみたいと思っていた“花の浮島”利尻・礼文島をこの目で見られると胸がときめいたが、いざ交通機関は?ホテルは?とネットを何度も開くのだが、まさに観光シーズンとあって飛行機は満席、ホテルは高く難儀をしたがどうにか確保をして2泊3日の強行日程覚悟で函館空港へ...。  天気の週間予報では稚内や利尻・礼文も天気はよいはずだったが、スマホで天気予報 [続きを読む]
  • 探検船“シルバー・ディスカバラー”...
  •  今年函館港に寄港するクルーズ客船の中で最も小さいといわれる“シルバー・ディスカバラー”が入港した。入港予定時間は午前11時30分、係留岸壁は西ふ頭...、外国船は予定よりいつも1時間は早いので10時30分と見込んで西ふ頭に向かったが、何と既に着岸していた...。      “シルバー・ディスカバラー”は平成元年(1989)に日本で作られ、「おせあにっくぐれいす」の名前で運行しており、日本が誇るブティッ [続きを読む]
  • 今日のランチは、江差のお食事処で“江差追分”を聞きながら...
  •  所用で江差町へ車を走らせた...。江差町へは北斗市から国道278号中山峠経由と、木古内町から主要道道5号に乗り稲穂峠経由があるが、距離はいずれも約80km、時間も約90分とほぼ同じだが、車の数が少ない分走りやすさもあって、最近は木古内町経由を選択している...。 今朝の函館は小雨がぱらつき快適なドライブにはならなかったが、それでも江差に入ると曇り空ながらも雨は降らずにまずまずの天気...。 [続きを読む]
  • “春満開”...木古内町
  •  ゴールデンウイークも今日でお終い...。世間のみなさんのように旅に出るわけでもなく、かといって懸案になっている倉庫の掃除をするわけでもなく、何となく終わってしまいそうだ。せめて最終日ぐらいは...、と“春満開”の木古内町へ...。        雨の降る心配はないのだが西風が強く、その西風に乗ってはるばる中国・ゴビ砂漠から飛来するという黄砂のせいで、空は霞みあまりよい感じがしない。「チューリップ [続きを読む]
  • 函館山でお出迎え...豪華客船“にっぽん丸”
  •  ゴールデンウィークの真っ直中、爽やかな5月の風がそよぐ函館の朝...。午前9時、函館港に豪華客船“にっぽん丸”(22,472?)が入港する。着岸は西ふ頭...、ということは港内を豪華客船が走ることになる。こんな光景も良いかもしれない、しかも天気は快晴...。  ちょっと時間が足りないかな、と思いつつも車のハンドルを函館山に向けて切った...。山頂に到着すると豪華客船“にっぽん [続きを読む]
  • いにしえ街道を艶やかに“花嫁行列”...江差町
  •  毎年この時期に江差町で行われるイベント「春の江差いにしえ夢開道」...。江差の5月は江戸にもない...、といわれたニシン漁全盛時代の古い家並みを再現し、今年度の日本遺産に認定を受けたばかりの「いにしえ街道」が会場で、そのメーンイベントは“花嫁行列”...。 今日の江差は風はなく青空も広がり、気温も15℃と絶好の“花嫁行列”日和...。スタート地点の函館側のいにしえ街道入口付近には大勢の町民・観光 [続きを読む]
  • “満開のサクラ”...五稜郭公園
  •  27日に開花した函館のサクラ...、ところが開花3日目に気象台から「サクラの満開」と発表された...。開花から3日目で満開とはちょっと気が早いような気はするが、おちおちしていると散りザクラに変わる。その前に...、と五稜郭公園へ朝に夕にとカメラ片手に“満開のサクラ”見物に五稜郭公園に...。 気象台の話だと、“満開”とは「五稜郭公園にある標本木で80%以上のつぼみが開いた状態」をいうそうだ。今年は [続きを読む]
  • 相変わらず美しい“函館夜景”...
  •  雪融けを待って函館山登山道も先週開通し、函館にも本格的な観光シーズンがやってきた...。この登山道、来週から夜景見学での渋滞解消のため夜間の一般車両は通行禁止になるので、雨の心配もなさそうだし今夜がチャンスと久々に“函館夜景”見物にと、函館山に車を走らせた...。  山頂駐車場はほぼ満杯だが、驚くことにおよそ半分は函館以外のナンバー、車で観光に来ているんだろうなあ...。展望 [続きを読む]
  • 函館に“春の使者”次々と...
  •  先週13日の降雪にはいささか驚かされたが、出番を待ちこがれている“春の使者”たちはもっと驚いたことと思う。それでもここ4,5日気温も15℃を超え一気に春を感じさせる気候に、函館にも春が運ばれてくる...。                                 函館の街に春を告げるかのように走り出したチンチン電車「箱館ハイカラ號」...。赤を基調にしたレトロな車体を揺らしながら函館の街を [続きを読む]
  • 春をつれてやっきた、豪華客船“ザ・ワールド”...
  •  季節はもう「春」...。今年の函館は雪が少なく、雪かきや氷割りなどで苦労もなく楽な冬を過ごさせてもらった。しかし、冬楽すると冷夏や台風に悩まされるといったことも頭をよぎるが、まあ、先のことはあまり考えない方が良いかもしれない。いや、まだ車のタイヤ交換を終えていないので、それを考えなくっちゃ...。   今年、函館港に寄港を予定している豪華客船は13隻で31回と聞く。道内港で最も多い寄港回数を誇る [続きを読む]
  • 津軽海峡航路で“新旧交代”...津軽海峡フェリー
  •  函館と青森を結ぶ青函航路を運行する津軽海峡フェリーでは新造船が就航した...。ブログを見てくれている知人から「海峡フェリー“新旧交代”だよ。これまで走っていた『びすな』のラストランも撮っておいたら...」との声を掛けてもらったので、折角だからと港町ふ頭からレンズを向ける...。 昨日、午後1時30分、退役となる『びすな』(7,198?)が函館港内の防波堤を越え、フェリーターミナルを目指して進んでくる。 [続きを読む]
  • “ぽかぽか陽気”に誘われて...
  •  今日の函館は最高気温が9℃を超え、しかも青空も広がりこの時期としては考えられないような“ぽかぽか陽気”となった...。この陽気で雪解けも進み我が家の前の道路もすっかり雪は消たものの、走る車のスピードが気になりだした...。  午後、この陽気に誘われて五稜郭公園へカメラ片手にウォーキング...。散策を楽しむ市民の方の足取りも軽やかに感じる。今年の春は早そうなので、サクラの開花も早まる [続きを読む]
  • 今日のランチは、二軒長屋を改装した“旬鮮酒家”で...
  •  友人との「情報交換を兼ねての昼食会」...。ほぼ毎月集まっていたものの、最近3人の日程調整が叶わず2ヵ月に1度のペースになったが、今日久し振りに招集が掛かった。案内されたところは青柳小学校の前にある古民家風の小さな居酒屋...。駐車場を訪ねるのにドアを開けると、スタッフの方が「黄色の旗の向こうは大丈夫ですから...」と外まで出てくれ、路上に止める...。 [続きを読む]
  • “プレミアムフライデー”...
  • 今月から毎月最終金曜日が“プレミアムフライデー”、仕事を早めに切り上げ消費を喚起する目的らしい。週休二日制が導入されたときは休日前の金曜日の夜を「花金(はんきん)」といい、おおいに羽を伸ばしたものだが今では死語に近い...。 その“プレミアムフライデー”を利用して旅行を予定していた方もいたかも知れないが、JRは室蘭線で貨物列車の脱線事故をやらかし、函館−札幌間の特急列車は前面運休...。これ [続きを読む]
  • 雪にもめげず咲き誇る“マンサク”...
  •  金曜日夜半からの降雪、今日ついに20cmを超えた...。特に今日日中に降った雪は水分をタップリ含み重く、雪かきは途中何度となく息を入れ腰を伸ばしながらの作業が続く。ちょっと待てよ...、少し勘違いをして咲き出した春の花はどうしたんだろう...。      先日訪れた亀田川沿いに咲く“マンサク”が気になって、雪かきが一段落した夕方再び訪ねる...。いやはや驚いた...、この雪も何のそのとばかりにリボ [続きを読む]
  • “雨水”...
  •  今日18日は二十四節句の一つ“雨水”...。「空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころ」いわれ、この頃から寒さも峠を越え、春の便りが聞こえてくる、昨日までの函館はまさに“雨水”にピッタリの天候ったのだが、昨夜からの雪は函館の街を銀世界に替えてしまい、春への歩みは戻っていく...。 夕方、雪の晴れ間を見て五稜郭公園へウォーキングに出掛けたのだが、途中から横殴りの雪見舞われ雪だるま状態. [続きを読む]
  • 雪の少ない“今年の冬”...
  •  札幌をはじめとする道内各地や全国的にも大雪に悩まされている状況をテレビなど報道で目にするが、函館の“今年の冬”は雪が少なく昨日、今日と気温がプラスの10℃近くまで上がる春の陽気となったこともあって、積雪深は8cmと街中の雪山も消えつつある...。 夕方、西部地区を車で走る途中、旧函館区公会堂前に立ち寄ると雪がなく観光客も足下を気にせず歩いている...。昨年の今頃の積雪深は33cm、連日雪かきに追われ [続きを読む]
  • 最終便の出発まで、函館の寿司で“おもてなし”...
  •  先週、東京の知人から「来週、函館の大学にリクルートで行くんだけど付き合って...」とのメールが入る。日程を聞くと、午後羽田からの飛行機で来て最終便トンボ返りで戻るという。ランチも晩酌もなく楽しみのない付き合いだが、地元の大学に来るんだからと快く「了解」のメールを返す...。  空港に到着後、早速大学を訪問し、学生を集めての説明会では予定の時間をオーバーするほどの好感触で [続きを読む]
  • “命名”されずに進水式...
  •  函館どつくで新造船の“進水式”が行われた...。時間は午後2時、天気は生憎の曇り空、前後に所用も入り中途半端な時間だが久し振りの“進水式”、しかも今年初めてだしなどと理屈をこね回しながらも、時間に合わせ函館どつくのある弁天町へ向けて車を走らせる...。 風はないもののさすがに海の傍とあって、首を萎めて歩く見学者もいる...。しかし、目の前に横たわる巨大な船体を見上げると「でかい!!... [続きを読む]
  • 冬の夜空を彩る“海上冬花火”...
  •  函館の冬を盛り上げようと開催されている「はこだて冬フェステバル」...。これに合わせて函館の夜空に色とりどりの花火が打ち上げられる“海上冬花火”、今年も8日から5日連続で、毎日2000発打ち上げられた。花火は、浴衣姿でうちわ片手にといった夏のイメージだが、澄み切った冬の夜空に打ち上がる花火は一層の煌めきを感じさせてくれるんだよ、そんな誘いに乗って今年は3日間若松ふ頭に花火見物に...。 去年だっ [続きを読む]
  • 今日のランチは、ホテルの和食処で数量限定の“日替定食”...
  • 所用で、今日から1泊2日の日程で札幌へ...。と、いっても午前の丘珠便で発ち、午後の打合せに顔を出し、明日の朝一便で戻るという慌ただしい日程、それでも4ヶ月振りの札幌なんだから何か楽しみを見つけなくては...。 定刻通り丘珠空港に着き、千歳便の飛行機で来る中標津からの知人と札幌市内のホテルで待ち合わせランチをともにすることにした...。待ち合わせ場所は、駅前にある老舗ホテルの地下にある和食処. [続きを読む]