ヒロシムシ さん プロフィール

  •  
ヒロシムシさん: ビューエルXB12S戦闘日誌
ハンドル名ヒロシムシ さん
ブログタイトルビューエルXB12S戦闘日誌
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/buell_xb12s_2004
サイト紹介文Buell で椿ラインを攻めるブログ。だった筈だが。
自由文ハーレー由来のエンジンを、今までのバイクの常識を打ち破るユニークなオリジナルボディに搭載したアメリカ製スポーツバイク、それがビューエル XB12S「ライトニング」。そのXBを豊富なイラストと詳細なデータ、そして独自の妄想理論でフレームの裏の裏まで徹底解剖。これを見ればXBの全てが分る(ような錯覚に陥る)サイトです。

http://motor.geocities.jp/buell_xb12s_2004/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/01/21 11:20

ヒロシムシ さんのブログ記事

  • 沖縄ツーリングの2
  • バイクを借りたのは、モトフリークウイリーというお店。「レンタルバイク819」という全国チェーンの加盟店です。市の中心からやや離れたところにあるので、ホテルからタクシー。これがプリウスだったのですが、なんと運転手さん常にベタ踏みなのですよ。トヨタの技術者が命削って稼ぎ出した低燃費が水の泡。ガックンガックン沖縄の交通事情の手荒い洗礼を受けつつショップに到着です。さて、店頭には既にドゥカティとMTが準備され [続きを読む]
  • 沖縄ツーリング
  • お昼になりました。コンビニで「洗ってあるカット野菜」を買います。100円。袋の端をちょっと切って(爆発しないように)、レンジでチンしてもらいます。体積がシナっと2/3くらいになるまで。次にスーパーカップ1.5倍を買います。でも1.5,って何の1.5倍なんでしょうね。200円。お湯は少なめでオッケー。?ずっと夢〜〜を見て〜〜〜〜グラッチェグラッチェ。野菜を投入!!!!チンして野菜から出てきた水も一緒にね。お湯少なめはこ [続きを読む]
  • ASIA杯ミニバイク耐久レース参戦できませんでした記:06
  • XR100Mのファーストインプレッションの続きです。まあ元オフ車なので、タンクからシートのつながりが滑らかで段差がありません。ブレーキング時のバイクのホールドはステップ頼りです。ももをタンク後端に引っ掛けられないから。ブレーキですが、ステンメッシュになってるのもあって「カキーン」って効き方。そして止まらない訳ではありませんがもう少し制動力があっても良いかな。ブレンボ慣れし過ぎでしょうか。コントロール性 [続きを読む]
  • ASIA杯ミニバイク耐久レース参戦記:04
  • このブログも遂に10周年を迎える事ができました。これもひとえに生暖かーく見守っていただいた皆さんのお陰です。次の10年も何卒よろしくお願い申し上げます。さて、アジア杯耐久の続きです。代わりに出てくれる人を探して、いろいろ知り合いに電話してみます。ヒ:「なあなあなにいちゃんにいちゃん、ええ身体しとるやないか。バイク乗りたかあらへんか?いやな、ええ話があるんや。いやいやいやおいちゃん怪しい者やないんやで。 [続きを読む]
  • ASIA杯ミニバイク耐久レース参戦記:03
  • ヒ:「よっしゃぁ〜!エントリー完了!今年は頑張るぞ〜!」無事出場枠をゲットし、一安心のヒロシ。ガレージSTRにもお金を払い、後は納車を待つだけ。レースには造詣の深い同店。きっと完璧なレーサーを納車してくれる事であろう。ちなみに同店に、友人のUNI氏のRC125も入庫し整備を受けていた。以前、筑波2000でのKTM主催のオレンジ耐久レースで乗せていただいたアレ。である。http://blogs.yahoo.co.jp/buell_xb12s_2004/708070 [続きを読む]
  • ASIA杯ミニバイク耐久レース参戦記:02
  • さて、毎年三月の中旬に桶川スポーツランドにて開催される、ASIA杯ミニバイク耐久レースというのがございます。埼玉の中堅不動産会社、ASIAグループの社長さんが大のバイク大好きらしく、毎回スポンサードして開催されているみたいです。ヒロシも一昨年、友人のUNI氏のチームで傭兵として参加したことがありまして、http://blogs.yahoo.co.jp/buell_xb12s_2004/70193245.html大変面白い大会だったのですが、何分にも傭兵の身。いつ [続きを読む]
  • ASIA杯ミニバイク耐久レース:01
  • 時計の針を二十数年前に巻き戻します。若い方は知らないかもしれませんが、昔々ミスターバイクというバイク雑誌がありまして、まあ当時はかなり人気のあった本だったのですが、残念ながら昨今のバイク雑誌不況で休刊してしまいました。その雑誌でライターをしていた佐藤真哉さんて人がおりました。GSX-Rのチューンドバイクをアウトバーンに持って行って、最高速度300km/hにチャレンジする連載企画とかやってたりして、まあいい時代 [続きを読む]
  • 白糸でリハビリ。4
  • 前にも書きました通り、このサーキットは計測器を貸してくれます。通称ポンダーと呼ばれる発信機をバイクに付けて走ると、1コーナー奥の電光掲示板にタイムが表示される仕組みなのですが、ヒロシは今回はリハビリなので使用しませんでした。このポンダー、結構高価らしく一個で3〜4万円はするらしいのですが、なんと!H氏。走ってる途中にコース上のどこかに落としてしまったらいいのです。H:「うーむ。走りながら探したんだが・ [続きを読む]
  • 白糸でリハビリ。3
  • さて、何周も走りまわってだんだん調子が出てきましたが、まだ若干恐怖心が抜けません。そもそも前々から思っていたのですが、この白糸スピードウェイ、なんか『しっくり来ない』処がある気がするのです。ヒ:「いいコースなんだけど、なんか違和感があるんだよな。このコース。」H:「え?そう?好きだけどな。ここ。」道幅、速度域、コースレイアウト・・・。桶川スポーツランドと白糸スピードウェイは非常に似てるとヒロシは思 [続きを読む]
  • 白糸でリハビリ。2
  • 調子が出ない時はやっぱりサスセッティングです。まず富士ショート仕様のままになっていたサスをヤワヤワにます。これで恐怖感で思い切ったブレーキングやスロットルのワイドオープンができない場合でも、しっかり荷重移動できるので良く曲がる様になるのですよ。久しぶりに乗る際や、よく知らないコースを走る際に私がよく使う手です。で、だんだん速度を上げられる様になったら、減衰を締めて行きます。そして、つい腕に力が入っ [続きを読む]
  • 白糸でリハビリ。1
  • ご無沙汰しています。約5ヶ月ぶりに復帰致しました。アレで今年後半シーズン棒に振りました。いや〜半年近いブランクがあると復帰に難儀しますなあ。さて、前回の転倒で私の脚を守って殉職したブーツですが、今回SIDIに買い替え。傷だらけになったヘルメットは、またしてもショウエイのQwestを購入。今まで目立つので事故率が低い。というジンクスから白を買う事が多かったのですが、今回、色はダーク系を選択。超音速攻撃ヘリ エ [続きを読む]
  • 富士ショート走行会:06
  • ごめんねごめんね。仕事が繁忙期で、ありとあらゆるデジタルデバイスに触れたくもなくなってしまい、おかげでブログ更新も滞っております。で、走行会ですが、ヒロシにはやらずには帰れない大変重要な任務があるのです。そう!富士ショートの360°VR動画を撮って帰らねばなりません。しかし自分はこんな身体。どうしましょ。という事で、H氏に頼んでみる事に。ヒ:「・・・という訳なのだが。」H:「コレがカメラ?ヘルメットに付け [続きを読む]
  • 富士ショート走行会:05
  • そう。事故のショックですっかり忘れておりましたが、実は耐久レースにも申し込みしていたのです。1時間をH氏と2人で走ろうと思っていたのですが、私がこんな有り様に。黒猫さんに頼もうにも、小排気量クラスに出てるしなあ・・・。H:「大丈夫。1人で走るよ。」ヒ:「ええ〜〜ッ!?1時間だよ?」その耐久レースのルールですが、ピットイン3回と、のべ3回のパン食い競争(選手のうち誰が食べても良い。)が必須。ピットエリアは動 [続きを読む]
  • 富士ショート走行会:04
  • しかし、こんなしょっちゅう折ったり切ったり挫いたり腫れたり擦ったり剥けたりズレたり外れたりしてる趣味って、どーなんでしょうね。絶対五体満足で天寿を全う出来ない気がして来ました。でも、さすが一流サーキットの富士スピードウェイ。千円も入場料取るだけの事はあります。万全の救急体制。そこいらのサーキットだったら、自前の救急車なんて来やしませんよ。応急処置も自分ですよ自分。おかげさまで、一応身体の方は骨や腱 [続きを読む]
  • 富士ショート走行会:03
  • ヒ:「立ち上がりで引き離してやる!」大排気量Vツインのトルクを活かし、フルスロットル。いや、ね。でもちょっとアグレッシブにインを攻め過ぎたのでしょうか。クリッピングでフロントが縁石に乗ってしまったのですよ。あ。ヤバいかな?と一瞬思ったんですが、まあ突破できるかな。とそのままスロットルオン。しかし・・・見事にフロントが縁石に弾かれ、スリップダウン。コースアウト側まで吹っ飛んでしまいました。しかしまだ [続きを読む]
  • 富士ショート走行会:02
  • さて、走行会です。受付を終えて車検、ミーティング。出走クラスは上から2番目のそこそこ速いクラスです。ここでH氏が新兵器投入。GPSで位置を特定し、自動で被写体を追いかけるカメラ(の雲台)です。なんとビデオカメラのコントロール機能に介入し、遠くなるとズームしまでしてくれるハイテクな雲台。富士ショートは起伏に富んだ地形なので、全コースを観戦できるポイントは管理棟2階のゲスト席くらいなので、そこに設置しました。 [続きを読む]
  • 富士ショート走行会:01
  • 久々に富士ショートに行って来ました。参加したのは八王子のショップ、フリーダムナナさんの走行会。ヒロシの主な目的は当然富士ショートのVR動画撮影です。で、この走行会。ナナ名物パン食い耐久レースもやるのですが、友人のH氏が出たいっちゅーんでそっちも参加する事にしました。1時間を二人でです。富士スピードウェイに到着。ゲートで入場料として走行料とは別に1,000円も取りやがります。「くっそぉ〜〜ボリやがって、守銭 [続きを読む]
  • 【360°ヴァーチャルリアリティ動画】日本全国サーキット攻略
  • 【360°ヴァーチャルリアリティ動画】日本全国サーキット攻略360°VRサーキット動画ってのを作ってます。360°VR動画とは、従来の動画とは異なり、周囲360°をぐるっと見渡せ、まるでその場にいるかの様な、いわゆる『ヴァーチャル体験』ができる動画なんです。ほら、誰しもサーキット行く前は予習、イメージトレーニング、帰ってきたなら復習反省会したいじゃないですか。言うまでもなく、コースをおぼえるのはサーキット攻略の基 [続きを読む]
  • <2016年ホットチョコカップ参戦記:08
  • パドックに戻ってみると、ハーレー軍団のうちのお一人と数人のライダーが何やら揉めている様子。なんだか険悪なムードになってます。後々聞いた話ですが・・・・→予選の際、ハーレー軍団の人、コースイン。ルール通りコースの端っこを徐行。→そこに勢いよく走って来た後続車が突っ込んで来て追突、転倒。バイク損傷。→後続車のライダー、ごめんなだい。こっちが悪かったです。損傷部分を弁償します。と言い、その場は収まる。→ [続きを読む]
  • 2016年ホットチョコカップ参戦記:08
  • 深まりゆく秋。なぜかまだ夏の話をしております。さて、いよいよ決勝が始まります。まず予選順位はこちら。一周ウォーミングアップランしてからスターティンググリッドに付きます。ヒロシは16番手からのスタート。まあかなり後ろっつーことです。エビスのスタートシグナルは、赤灯が全部点灯してからの『消灯』でスタートってタイプ。間違って赤点灯で飛び出すとペナルティーのピットスタートとなってしまいますので注意が必要。と [続きを読む]
  • 2016年ホットチョコカップ参戦記:07
  • さて、練習走行兼予選の2回目が始まりました。しかしわずか数周で続々戻ってくる出走車。「オイルだよ、オイル。」何ッ?見れば、もうもうと煙をあげながらピットインして来る1台のバイク。ただ事ではありません。後で聞いた話ですが、どこかのコーナー進入時、シフトダウンミスでオーバーレブ。エンジンのどこかのシーリングを破ったらしくオイルダダ漏れ。そのまま気づかずに1周してしまったため、全周に渡ってオイルを撒き散ら [続きを読む]
  • 2016年ホットチョコカップ参戦記:06
  • 猫駅長だのポケモンだのヴァーチャルリアリティだの、いい加減にしろ?ハイ。。。。。すんません・・・・。真面目にやります。さて、ホットチョコカップ参戦記のつづきです。レースが開催されるエビスサーキットは、なぜか「東北サファリパーク」という遊園地の中にあるのですが、7時前にパークのゲート前に到着した我ら。オープンを前にして、既に長蛇の車列ができております。ここでヒロシの心の師の、クロネコさんと合流。二本 [続きを読む]
  • 2016年ホットチョコカップ参戦記:05
  • そんな感じで、撮ったヴァーチャル動画が先日公開した決勝のアレなんですね。http://blogs.yahoo.co.jp/buell_xb12s_2004/71400351.htmlいかんせん加減速Gでカメラの固定が動いたり、あと画質の問題やら、いろいろ課題もございます。グーグルカードボードなどのヴァーチャルゴーグルのご使用で、皆さんにもその場に居るような、いや自分が実際に走ってる様な仮想現実体験をお届けする予定だったのですがね。今後の研究にご期待く [続きを読む]
  • 2016年ホットチョコカップ参戦記:04
  • つづきです。アップが遅いのはすべてポケモンが悪いんです。 その他にも工場長が最終コーナーでコースアウトしたりとか、いろいろあったんですが、まあ何とか無事の練習走行を終え、我ら総勢10名、エビス遠征時の定宿、,「ヘルシーパルあだたら」へ。合宿所みたいなホテルですが、なぜか飯が異常に美味い。(散々走りまわって空腹なだけなのかもしれないが。)続々と駐車場へ入港して行くトランポ艦隊。しかし、駐車中にまたしても [続きを読む]