カツユキ さん プロフィール

  •  
カツユキさん: 仙台出身渡辺カツユキのビジネスに役立つ
ハンドル名カツユキ さん
ブログタイトル仙台出身渡辺カツユキのビジネスに役立つ
ブログURLhttp://cuccanet.blog72.fc2.com/
サイト紹介文日本を元気にするために、政策、起業独立・経営・ビジネスのヒント、就職活動からふるさと仙台の話
自由文日本を元気にするために、財政や外交などの政策、起業独立・経営・ビジネスのヒント、就職活動や読書からふるさと仙台の話など。メルマガも書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2011/01/22 16:58

カツユキ さんのブログ記事

  • 今村復興相 震災復興に関連し「東北のほうでよかった」と発言について東北人として思うこと
  • 今日の今村復興大臣辞任のニュースには驚きました。今村復興相が、東日本大震災について「(発生場所が)東北で、地方だったから良かった。 これがもっと首都圏に近かったりすると莫大(ばくだい)な、 甚大な被害があった」と二階派のパーティーで述べたとのことでした。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【引用ここから】今村復興相 辞任の意向固める(NHK)4月25日 21時25分今村復興大臣は自民党の派閥のパーティーで、 [続きを読む]
  • 天才になれる簡単な方法
  • それぞれの業界、分野で天才と呼ばれる人がいることと思います。スポーツや芸術などを見ると天才がいるものです。芸術の世界にも天才はたくさんいますが、誰でも知っている人と言えば、パブロ・ピカソをあげることができるのではないでしょうか。作品も有名ですし、子供でもその名前を知っていたりします。素晴らしい作品を作り上げているピカソですが、実はその生涯に、なんと、1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の [続きを読む]
  • 大人は純真に
  • 朱子は『孟子』本文にある、「大人は其の赤子の心を失はざる者なり」に注釈をして、「赤子の心は純一にして偽なきのみ」といっています。純一、純真そのままであるならば、少しも利害を打算する念がなく、偽りがなければ、少しも、時に応じて巧みに策を用いようとする行為がないのです。それゆえに、富貴貧賤、死生苦楽、いかなる境遇にあろうとも、その境遇のために心を動かされることなく、鉄石のごとき確固たる精神をもって、す [続きを読む]
  • 起業家にとっての保険とは?
  • 起業する方々は、リスクをあえてとるという方が多いので、「保険」については、あまり関心のないという人が多いです。むしろ保険料を払うならば、新規事業立ち上げに投入したい、そう思う方も多いでしょう。それでは、起業家が保険に入るメリットはあるのでしょうか。二つあると思います。一つは、やはり「リスク回避」です。普通保険というと、社長本人としては死んだときに家族に残しておくべき、死亡保障をイメージするかもしれ [続きを読む]
  • 【祝2400号!】継続できたことに感謝です。
  • 平成21年から書き始めたこのメルマガですが、ほぼ6年間毎日書き続け、ついに本日、2400号!となりました。昨年5月からは有料メルマガにおいて、ひきつづき毎日書いていますが、無料メルマガのほうは週に1,2回の配信となっています。ぜひこちらのメルマガへのご登録をよろしくお願いいたします。⇒ 【初月無料】渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン有料になっても継続して読んでくださっている読者の皆さんがいることに、あ [続きを読む]
  • 奥山恵美子仙台市長が引退へー私渡辺の今後についてコメント
  • 今日の昼過ぎに「奥山恵美子仙台市長が引退へ」という、河北新報の号外が発行され、宮城県政界では今日の午後からこの話題で持ちきりでした。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【引用ここから】⇒ 奥山恵美子仙台市長が引退へ(河北新報)奥山恵美子仙台市長が引退へ任期満了に伴う仙台市長選(7月9日告示、23日投開票)で、2期目の現職奥山恵美子氏(65)は7日、今期限りで引退する意向を固めた [続きを読む]
  • 情報をどうやって集めるか?
  • 政治の世界でも、ビジネスの世界でも、情報を持っている人が物事を優位に進めているように感じます。それではどうやって情報を集めればよいのか、二つ方法があると思います。一つは、「公にされている情報を定点観測すること」です。新聞や雑誌、官公庁のウェブサイトなど、どこの誰でも手に入れられる情報を定点観測することで、実は貴重な情報に磨き上げられます。誰でも知っている情報とバカにしがちですが、誰でも知っている情 [続きを読む]
  • 人間には三段階があります。
  • 人間には三段階があります。下等、最下の段階の人は、その行為が道義に合わず、信でない、すなわちいうところと一致せず、果でない、すなわちいうところを遂行しない徒であって、これは妄人であります。中の段階の人は、信を必とし、果を必とする、いったことは必ず実行し遂行しますが、その行為が道義にかなうとはきまっていない徒であって、いわば任侠の世界の人々の類です。上の段階の人は、『孟子』本文にいう「大人」であって [続きを読む]
  • インターンシップ大学生からの手紙
  • 平成29年3月の1週間、ある大学生から議員インターンシップをお願いしたいと依頼があり、1週間、県議会議員事務所の就業体験をしていただきました。基本的にはつくる仙台にしても宮城県議会議員渡辺勝幸事務所としても、学生さんに強くご希望がある場合、面接させていただいた上で、インターンシップを受け入れています。私のレベルが高ければたくさんのインターン学生を受け入れたいのですが、なかなか体制も整っていないので、い [続きを読む]
  • 政治活動個人献金のお願い
  • 平成28年度もあと数日となりました。年度末ということで、政治団体(資金管理団体)の収支報告も今月が締めとなります。平成28年の政治活動を振り返るよい機会です。一年間の政治活動は県政活動報告にまとめており、県議会での一般質問等政策形成過程については、お世話になっている皆様方に報告をしているところです。政治にはお金がかかると昔から言いますが、たとえば、一万円の御寄附をいただけますと、以下の政治活動が可能に [続きを読む]
  • 試練こそチャンス
  • このメルマガを読んでいる方はけっこう多く、宮城県だけではなく、全国、全世界にいるようですので、これはこれでとてもありがたいことですが、しかしたくさんの人が読んでいるからこそ、それぞれのおかれた場所も様々でしょうし、現在今この瞬間、人生において最大のピンチ、現在は大変な事態になってしまったという方も、きっといるのではないかと思います。もう人生は終わりだ、なぜこんな事態に陥ってしまったのだと、八方塞が [続きを読む]
  • おやじの会、学校できもだめしは地域の防災力向上に
  • 3月24日、私がPTA会長をしている沖野東小学校で、「卒業生のお泊り会」が開催されました。PTAの六学年委員会のお母さんをはじめ、卒業生のお母さん方が念入りに企画をして下さり、また校長先生をはじめ、担任の先生やほかの先生方の御協力もいただき、小学校に泊まるという貴重な機会を持つことができました。夜になると、おやじの会のメンバーが主催し、学校で「きもだめし」を開催。夜の校舎でおやじや先生たちがお化けに扮して [続きを読む]
  • 第359回県議会(平成29年2月定例会)が閉会となりました
  • 3月16日、第359回県議会(平成29年2月定例会)が閉会となりました。この議会も大変あわただしく、朝から晩まで充実した日々でした。この議会では宮城県新年度の当初予算審議が進められ、共産党の反対がありましたが、最終日に無事、可決成立しました。新年度予算一般会計の総額はおよそ1兆2250億円。震災関連予算に加え、子供医療費助成の拡充、企業内保育所設置、介護施設のロボット導入など様々な予算が入っております。ま [続きを読む]
  • 震災から六年─小学一年生は卒業式
  • 本日3月11日で、東日本大震災からちょうど六年の月日が経ったことになります。震災で犠牲になった方々の「七回忌」になります。六年という月日は長かったような短かったような、不思議な感覚ですが、いまでもテレビや新聞等であのときの映像が目に入ると、涙が出てきてしまいますね。震災直後混乱の中で小学校に入学した子供たちは、この春、卒業式を迎えることとなりました。しかし、震災直後の信号機が壊れた仙台港近くで、車の [続きを読む]
  • 渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評
  • 平成28年は、渡辺勝幸が年明けから県議会議員としてスタートを切る初めての年になった。政治家として始まったこの一年に、渡辺は何を決意し、どのように力を発揮していったのだろうか。まず、渡辺が県議として力を入れたことは、「強い経済をつくる」という公約だ。渡辺は宮城県議会において、経済商工観光委員会委員に所属し、宮城県の創造的復興の実現に向けて活動してきた。仙台空港民営化をはじめとする県内経済の活性化、中小 [続きを読む]