カツユキ さん プロフィール

  •  
カツユキさん: 仙台出身渡辺カツユキのビジネスに役立つ
ハンドル名カツユキ さん
ブログタイトル仙台出身渡辺カツユキのビジネスに役立つ
ブログURLhttp://cuccanet.blog72.fc2.com/
サイト紹介文日本を元気にするために、政策、起業独立・経営・ビジネスのヒント、就職活動からふるさと仙台の話
自由文日本を元気にするために、財政や外交などの政策、起業独立・経営・ビジネスのヒント、就職活動や読書からふるさと仙台の話など。メルマガも書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2011/01/22 16:58

カツユキ さんのブログ記事

  • 賢者をかくしてはいけない
  • この章は、孟子が「賢者をかくす」ことをにくむ心を語ったものです。「賢者をかくす」とは、自身は大臣・執政の要路にあって、下に賢者がいることを知りながら、これを抜擢登用しないという類のことを言うのです。『大学』に見える、「賢を見て挙ぐること能はず、 挙げて先んずること能はず」、賢者を見てもその人物を挙用することができず、挙用してもその人物を直ぐ挙用することができない、というものがこれに当ります。賢者を [続きを読む]
  • 行動は言葉よりも雄弁
  • 最近、いろいろな人に「渡辺さんの話は上手い」と言われることが増えてきました。昔から話が上手かったわけではなく、いまでも頭で考えて言葉が出てこないということがよくあるのですが、それでも昔に比べれば自分でも上手くなったなあと思います。それはなぜかと言えば、662回(平成29年6月19日現在)朝の街頭演説を続けてきたからで、また大学での講義をはじめ、人の前で話すことを数多く経験してきたからだと思います。私よりお [続きを読む]
  • 物は生きています
  • あわただしい毎日です。様々なイベントがあり、いろいろな方から声をかけていただき大変ありがたく思っているところです。しかし忙しい日々を送っていると、私自身の怠け癖から、生活の乱れが目立ってきます。忙しい日々が続いたりすると、まわりの片づけをすることもできなくなってしまい、先日、ついに大事な時計をどこかへなくしてしまったことに気づきました。毎日時計をしていたわけではないので、それも理由の一つかもしれま [続きを読む]
  • 【再録】早朝街頭活動が200回を超えました!
  • 平成23年11月の県議選が終わった翌日から数えて、私渡辺勝幸が早朝に仙台市内で行っている街頭活動が、この5月に、200回目を超えました!雨の日も雪の日も嵐の日も、仙台にいるときはほぼ毎日、街頭に立ち「つくる」ののぼりをもって、政見を訴えてきました。はじめて立ったときは、まわりの方々も「何者か?」という感じで、不審者のように見られることもたびたびでしたが、200回を超えるようになると、本当にたくさんの方々が、 [続きを読む]
  • 学問は人を養うためのもの
  • 同じ善を行うのであっても、「人を服せしめる」がためにこれを行うのと、「人を養ふ」人を感化教養するためにこれを行うのとの、その態度の公私の区別こそ、学徒が最も精察すべき問題です。思うに学問の道は、自己の才能を見せびらかして人を従わせるためにするものではなく、人を教育して自分とともに善人になろうとするためのものです。「人を養ふ」という意味については、本編第七章の「中や不中を養ひ、才や不才を養ふ」の養う [続きを読む]
  • メルマガ読者の皆様へお願い
  • このメルマガも発行を始めて7年、まもなく来月には2500号が発行される予定です。日刊メルマガとしては有料化し、引き続き毎日メルマガを書いています。ぜひこちらから登録をお願いします!⇒ http://www.mag2.com/m/0001672704.html以前はメルマガ読者の皆様と、東京や大阪などで「渡辺勝幸と居酒屋で語る会」をやっていたのですが、最近は仙台中心の活動があわただしく、そういう機会もなかなかできないのが残念なところです。毎 [続きを読む]
  • 老いない方法
  • 精神面での若さについて、松下幸之助は以下のように言っています。「精神的には何歳になろうとも、 青年時代と同じ気持ちを持ち続けることができるはずだ。 その精神面での若さというものを決して失いたくないというのが、 かねての僕の願いなのである。」また、思想家の安岡正篤は、「早く老いることの原因は、 肉体より精神にあります」と言っています。二人の先人が言っていることから言えることは、「自分はまだまだ若い」 [続きを読む]
  • 博と約
  • 博学詳説は、結局、「約」、すなわち「道の眼目を把握する」、ということに結論づけられます。『四書』、『六経』、そして歴代の史書等、書物の数は極めて多いですが、自分がそれらの諸書から何を実践の上の要とし結論とするかというと、それは結局、「誠」という一字になります。誠とは、具体的にいえば、君としては民に対し仁であること、臣としては君に対し忠であること、父としては子に対し慈であること、子としては父に対し孝 [続きを読む]
  • 選挙になぜ勝たなければならないか
  • 民主主義国家の現代において政治家になるには、選挙の洗礼を受けなければなりません。私も大人になってからたくさんの選挙を見てきましたし、いろいろな選挙に携わってきました。秘書時代もたくさん選挙を見ましたし、自分自身も落選と当選を経験しました。特に自分が落選した後の四年間、たくさんの同志の応援をしましたが、当選したときはとてもうれしくなったものです。そして、それぞれの土地で、たくさんの同志が当選するたび [続きを読む]
  • つくる仙台創立5周年記念「つくる経営者セミナー」を開催しました
  • つくる仙台創立5周年記念「つくる経営者セミナー」「最先端ビジネスと創造的復興の可能性について―勝てるビジネスモデルとみやぎ式マーケティングの未来、成功事例」を開催しました。株式会社つくる仙台が平成29年5月で、創立5周年を迎えました。創業5周年を記念して、経営者・起業家のためのセミナーを開催しました。つくる仙台代表取締役渡辺勝幸を講師に、「つくる仙台の5年間」「今後の決まっているスケジュールを見ること [続きを読む]
  • 「自得」とは何か
  • この章の眼目は、「自得」の文字にあります。自得とは、自分の心に得ることであって、言語や動作の上に得ることではありません。しかし、それを本当に自分の心に得てしまうと、自分の言語動作の上にも、自然今までと違ったものがあらわれてくるものです。ということを約150年前の日本において、政治犯として牢屋の中にありながら、囚人と看守に対して熱心に教えた人がいたのでした。その政治犯は間もなく斬首刑になってしまいます [続きを読む]
  • クラウドファンディングをつくる仙台も研究します
  • クラウドファンディングが熱くなってきました。起業の業界では、数年前から、アメリカベンチャーの資金調達手法として紹介されていましたが、三年前にはわが国でも法制度が整備されたり、政府の成長戦略の一つの政策として位置づけられるなどしてきており、最近ではメガバンクをはじめとする金融機関なども取り組むようになってきました。朝日新聞もクラウドファンディングの専用サイトを設置するなど、大手の企業も取り組み始めて [続きを読む]
  • 逆境にあるときの態度こそ重要
  • 「生を養ふ」、親の生存中に孝養を尽くすということは、父母の目の前における行為ですから、非常な狂妄人でない以上は、ある程度までは親に恭しい態度をするものですから、この態度を見て簡単にその人を信じて孝子と思い、親に孝だから兄に悌の念もあるであろう、君に忠の心もあるであろうなどと思って、大事の際にこの人を用いようとすると、これは大きな誤りでしょう。「死を送る」、親の葬儀を行う際に及んでも、なお親の生存中 [続きを読む]
  • つくる仙台創立5周年記念「つくる経営者セミナー」を開催します!
  • 平成24年5月1日に設立された、株式会社つくる仙台は創立5周年を迎えました。この五年間、起業支援事業、経営コンサルティング事業、セミナー事業を中心にさまざまな事業を推進しました。平成26、27年においては、中小企業庁から委託を受け、「起業集団つくる仙台創業スクール」を開講、起業をめざす方々が多く集まり、実際に起業を実現し、現在事業を大きく展開している方が何人かいらっしゃいます。毎月の勉強会であるつくる起業 [続きを読む]
  • 本日誕生日を迎え、42歳となりました!
  • 昭和50年5月10日に生まれた私は、本日42歳を迎えることが出来ました。この世に生を受けたことに感謝し、いままでの人生を振り返りながらも、さらにこれからよき人生となるよう、世のため人のために頑張っていきたいと思います。いままで大きな病気もせず、また何度か死にかけたことはありましたが、無事42年間健康に生きてこられたことに感謝です。42歳と言えば厄年です。厳密にいえば、後厄の年になるわけですが、この一年は健康 [続きを読む]
  • 「明日から仕事か、いやだなあ」と思った人は幸せな人!
  • 五月は私の誕生月でもあるので、とてもやる気が出てきます。仙台の街自体も青葉繁れる季節となるので、全体として活気があふれだす季節となるなあと感じています。5月20日21日には「仙台青葉まつり」も開催されます。仙台青葉まつりhttp://www.aoba-matsuri.com/6月10日11日には「東北絆まつり」も開催されます。東北絆まつり仙台http://tohoku-kizunamatsuri.jp/長い休日であったゴールデンウィークも終了し、明日からはまた通常 [続きを読む]
  • GWに読むオススメの本その2
  • ゴールデンウィークがはじまりました。みなさんはどのように過ごされますでしょうか。ふだんは分単位の予定を刻み、ビジネスに追われている方も、少し余裕ができることでしょう。こんな時にわずかの細切れ時間を使って、読書をし、五月以降の自分の糧をつくっておくことは大事なことと思います。このメルマガでは毎年恒例のことですが、お休みの合間に私渡辺が読んでみようかなと思っている本、そして周囲からおすすめされている本 [続きを読む]
  • GWに読むオススメの本その1
  • ゴールデンウィークがはじまりました。みなさんはどのように過ごされますでしょうか。ふだんは分単位の予定を刻み、ビジネスに追われている方も、少し余裕ができることでしょう。こんな時にわずかの細切れ時間を使って、読書をし、五月以降の自分の糧をつくっておくことは大事なことと思います。このメルマガでは毎年恒例のことですが、お休みの合間に私渡辺が読んでみようかなと思っている本、そして周囲からおすすめされている本 [続きを読む]