狸サイクル さん プロフィール

  •  
狸サイクルさん: 一癖創作自転車家 狸サイクル 
ハンドル名狸サイクル さん
ブログタイトル一癖創作自転車家 狸サイクル 
ブログURLhttp://tanukicycle.blog75.fc2.com/
サイト紹介文ロード・ピスト・ママチャリ・実用車などメンテから改造、魔改造までやってはほざく天下御免のブログ!
自由文自転車文化の成熟化を目指し、買うより造れ!買うより直せ!を全面に、時流のあり方に形を以て対抗しつつ、時に思想を説いたりするが、それが半分以上当たっているから始末に悪い!とくらー!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/01/22 20:22

狸サイクル さんのブログ記事

  • 母から子へ  じゃなくて子から母へだった・・・
  •  いろんな子供自転車がありますが、どうもこのルイガノは最強のようだ。フレームに手抜きがない。エンド幅もエンド金具も、各所溶接もほぼ完璧な強度を持っているんじゃないか?と思うくらい、まず頑丈にできています。 そしてこの太いパイプに、小さい三角でしょ?自転車の中でも最強の部類なんじゃない?とすら思える。力士用の自転車なんて、これを体に合わせて組めば、いいかも・・・なんてね。 なので、全国の親御さんの皆 [続きを読む]
  • カッコイイ自転車って・・・・
  •  一本棒のこのスタイルは、結構有名な無印の自転車であります。あの無印良品ね。 これがカッコイイか?といわれれば、すぐにそう!とは言いがたい。ウーン・・・、カッコイイかは別として好き好きなんじゃない?ってな答えで濁したくなりますな。 でも、それが・・・かっこよくなる・・・。  通勤ということもかねて、ハブダイナモ、そんでもっての700cにしてしまった。これが一番原因として大きいかな? どんなにデカい人で [続きを読む]
  • 小径あちこち変えてこうなった・・・
  •  なにやら安くオークションで落としてきたらしい。フレーム自身は頑丈そうで、パーツ類をどうにかすれば、なんとか面白い自転車になるんじゃないか?ということでやってきた。 ホイールが赤いね。かわいいんだが、足回りは重要というこことで、新たに組み直すことに。  20インチWOのリムがあるんですねえ。ラジアルで組んでいます。 アレックスであるんですねえ、ありがたい。同じ20インチでもHEという規格もあるんだが、そ [続きを読む]
  • 女性イメージ・・・女子力?
  •  菊をイメージした・・・ということにしておこう。花だけに、女子系を意識して作っているんであります。  仕掛けうちでの研ぎ出しという、やつであります。  ウーン・・・むずかしい。日本の女子力とか、女子的な扱いというのはかなり好意的に捉えられているようでありますな。先日、なぜかドイツからの女性がいたんで話してみると、ドイツでピンクや赤を女性色として使うと、「なんだあいつ?」的な扱いを受けるという。 確 [続きを読む]
  • 高速山登り 山下り
  •  チネリが来たぞ!そういえば、あの岩井商会さんが勇んでチネリと契約したそうだ。まだピスト車体とパーツだけだそうだが、その内ロードフレームも行くのかしらね? そうなると、当店からコルサが出る日も来るか?なんてことはないだろうなあ・・・。 まあいい、チネリが来たぞ、アルミなんだが。  今や絶滅種のカーボンバック。といっても堅いフレームだよー。  その名もウニカ?これがなんとヤフオクで激安でぶら下がって [続きを読む]
  • ありものドッチャリと!自転車も人生も!
  •  自転車がお好きなようで・・・。当店の非公式グループ、マークローザ友の会の会員のような方。 いいんですか?そこまでいじっちゃって? なんて質問何度もしましたが、笑みを浮かべてはまたなんか持て来て、ちょっと申し訳なさそうな顔しながらも、これ付きますかね?と来る。そう言われて、付きませんとは簡単には言いたくはない、そういう意味で宿題をくれる方でもあるんですね。 当時の仕事はホテルマンだったかな。観光業 [続きを読む]
  • 大森研魔の魔の手は パーツに伸びる・・・の巻
  •  とある遠い地方から、こういう荷物が届いた・・・。 空けてみると、ボトルケージと、シートクランプが入っていた。メールには、雪国なので、ゆっくり磨いてくれませんか?と。 そうか、雪国で冬の間は自転車に乗れないので、ゆっくり工期をとって磨いてください、ということだったらしい。  工房の片隅で、早速無言で磨きを始める大森社長。こうなると、普段から無口系が、全く口をきかなくなる。背中で磨く男とも言われる・ [続きを読む]
  • 応用BMX ブレーキは効かないと・・・
  •  なんちゃって・・・なのかもしれませんが、メッキのBMX風自転車がやって来た。これには子供が乗っているということなのだが、結構メッキでかっこいい一台になっています。 これは子供自転車として走らせているんだが、どうもブレーキの効きが悪い、ということらしい。  これが前後に付いていますが、まあこれでは効かない・・・でしょうな。アーチ本体が長い、これは利点でもあると同時に、長くなるとその分たわむというこ [続きを読む]
  • 夫婦自転車 通勤仕様って・・・これかも・・ね
  •  ほぼ同じ仕様の自転車が二台、やって来ました。  日産の車の名前ですね。スポーツカーでしょ?確か。この車を中古時代から受け継いで、二十年近く乗っていた。もうパーツもなくなり、さらに乗るとなると、今度は在庫切れのパーツを一つ一つを削り出しで作らねばならない、というところまで乗られたらしいです。 そして手放すことになるんだが・・・、その先がまた、絶対に廃車にしない主義の引き取り手、よりマニアのところへ [続きを読む]
  • 通勤仕様 たとえば・・・
  •  6年前は確かに揺れたが、まさかあれほどの被害になるとは・・・。というのもテレビのない家だったので、情報はラジオのみ、夕方になって初めてパソコン画面で、流される車の数を見た時、手の力がダラーンと抜けたのをおぼえている。 そのあとも情報の偏りはひどく。ラジオではビートルズを流し、合間に「どこそこの大学が一時避難者を受け入れます」というような情報を流していた。 あの日は、近所の妊婦とその兄弟やら、出入りの若 [続きを読む]
  • 突然ですが!三月工房飲み 十一日に決定!
  •  仕事場はきれいにしないとね。 そんなことはわかっていても、つい、気づくと散らかっている。さすがに工具は元に戻すかな?といっても、行方不明のものもなくはない。 お片付けは難しい・・・。  でもこうして、きちんと片付いていると、気持ちいいよね。 そんなことはわかっている!でもできないこの身が情けない。  ということで、ちゃんちゃんとお片付けする外部環境を整えるということで、急遽、工房飲み決定いたします [続きを読む]
  • ブルックスの後ろに着脱式サドルバッグホルダーを付ける
  •  確かにいいものなんだが、高いよなあ・・・、この高値安定というのは一体何だ?と思いつつも、まあ少し頑張れば買えなくもない値段ともいえる、その辺が狙いなのか? メーカーが高いんだか、代理店が高いんだか知らんがね。 そういうこともあって、店主が使う革サドルは基本ブルックスは外す。別もんでその半額近いものの中から探したいと思っているんですわ。 もちろんブルックスが好きで使いたいということに全く文句はありま [続きを読む]
  • スゲー一台がやって来た・・・
  •  小径なんだが、思わず二度見してしまうでしょうな。 ホイールが三つついている!!!  どこで手に入れたの?というくらいバカでかいギア板・・・、なんと70tとのことです。スゲー迫力。 当店最大は60tなので、さらに10枚デカイ・・・、探せばあるもんなんですねえ。  あまりにデカいためチェーンステーに干渉しないように、BBシャフトが長い・・・。こういうのをビルダーさんに頼む時には、ステーを内側にオフセットして・ [続きを読む]
  • 完組ホイールのベアリング交換 レーシング7?
  •  こういう写真は通常載らない、いつも店主本人が下手なシャッターを切っているんでね。たまたまプロ級が撮るとこういうことになる、なんとも仕事している感満載だな。 ある意味いつものやつでありますよ、完組ホイールのベアリング交換。当店は言わずと知れた手組ホイールの拠点なんですが、だからといって完組ホイールに冷たくつらく当たるようなことは基本いたしません。 たぶんですが、完組しか置かない店は、ホイール自身をい [続きを読む]
  • アア スタンド付け!
  •  施工にはちょっとしたトレンドというようなものがあるようで、ある珍しい系統の施工をすると、それが続くことがあるんですね。 今回も、BMXにスタンドを付けるなんていうのが続きました。  是非とも黒で、ということでこれが付いています。  チェーン引きが特殊で、太いエンドのスリットにピタリとはまり、かつリアホイールのシャフトを固定するという抜くことのできないパーツなんですね。 こいつが外側に出っ張っているの [続きを読む]
  • 再塗装だよ より身近に
  •  これもまた雰囲気ありありの一台ですよねえ・・・、それもそのはず・・・、 出たー!「旅するのにマウンテンバイクで、いいのですか?」というような、挑発的なコピーで、マウンテン最盛期ランドナー没落期に突っ張っていた、アルプスさんの一台だったんです。 こいつを再塗装と、消耗品交換と、快適化・・・かな?そういう依頼です、燃えないはずがない。  基本使えるものは流用ということなんですが、まさかこのままではねえ [続きを読む]
  • この説明できなさ 古いものには福がある
  •  ピクニカというと今まで何台か扱ったことがある。目立たないが、相当のファンがいるようだった。ヤフオクなどでめざとく見つけては、購入して、取っておく。もう作られていない旧車に惚れると、そういうことになるんだろうなあ。 今回のやつはまた古い、より古いといっていいかもしれない・・・。持ってこられた方も古い方でありました。  この手にお決まりのコッタード式クランク。このBBの半分が飛び出てクランクが回らなくな [続きを読む]
  • 色々迷って 最後はランドナー?
  •  もらったフレームやパーツ類、手持ちのパーツやホイールなど一式持ち込んで、一台組み付けたいというご依頼。 よくあるタイプのご依頼なんですが・・・。 さて、どう落とすか?というね、ご本人もまだ決まっていない、希望は・・・。 ロードはすでに二台持っている・・・、だったらツーリング車、もっと気軽に長距離乗れるような一台にするという手も大いにありだ。 さして誘導尋問した記憶もないが、なんかそういう方向に話が進 [続きを読む]
  • お騒がせ君再び
  •  タイムトライアル車だったのを、ロングトライアスロン向きに前輪のフォークまわりをいじって、なおかつ、サクラさんのところハンドル櫓を利用して改造したヤツなんですが。 これで走り込んで行くうちに、徐々にポジションを下げるということに。あり得る話であります。  アルミコラムのフォークに交換して、これだけ延長したコラムにスペーサー入れてポジションを上げていたんですが、車体にも慣れてきたんで、少しずつ戦闘モー [続きを読む]
  • 700cを入れる!ドミノだな・・・
  •  レーサーに使っていたホイールを実用車に使えないか?まあ使えるよ。 ただし、色々制約超えないとね、うん。  14Tのシングルフリーがいいと。この形式で頑張りすぎると、フリーが完全フリー化してしまうので、本来ならもっと厚い歯のコグがいいんだがね。今、BMXの別物を探して試そうとしていますが・・・、もう少し待ってね。 とりあえず、この形式でやるんだが、スペーサーがないとこのシングルの歯が左右に振れてしまう [続きを読む]
  • 事故が多いよ!通勤通学と!
  •  高校生君達の派手な事故車が何台か続いたと思ったら、今度はいい大人の事故車が来た。 聞いてみると、通勤途中だったそうだ。やっぱり、通勤・通学はなんとも急いでいるんで、事故になる確率は高いのかもしれませんな。 相手はバイクで、そちらも出勤途中だったそうだ。  前輪同士がぶつかって、自転車の方がもうグンニャリ。曰くバイク側の一時停止がなかったことらしいです。この写真ではわかりにくいですが、もう組み替えし [続きを読む]
  • ウクレレ考 間にあるもの・・・
  • 実は当店二階の響き床、前回は本格ジャズライブなんかもやっていますが、基本貸スペースなんで、他にもいろんなことをやるんでありますが、ちょいと名物になりそうなのが、ウクレレ教室なんであります。 詳しくは響き床のブログに公開されていますので、 そちらでご確認ください。 まあ、講師の方の奥行きが深いこと。あとわざわざ遠方より来ていただいている生徒さんもいますね。 そんな展開ですので、こうしてちょいとウクレレ [続きを読む]
  • ストライダ 続報
  •  これはパチモンではないストライダ、Aの文字に似ていますね。前回はこいつのリアホイールのインチアップ、その他についてやったわけですが、課題が残っておりました。  このA字の頂点のジョイント部分が、十分でない、長年の使用によって破損していたわけでした。 この部分は折りたたむ際に、ここだけは絶対に抜けない構造として、設計されています。なので、球体を包む関節でいうと軟骨部分が脆くなっていると、いつ抜けるか [続きを読む]
  • 小技の日々
  •  上の六角形は、BBまわりを調整したり着脱する工具なんです。こいつを当てて、回すことによって、目的を達する。 ただ、回す際にはそれを安定させる軸の様なものがあるといいんであります、つまりガイドになるものでありますな。 下のものはそのガイドになるかと思って購入したもの。  ところが、ご覧の通りはいらない。工具の径からするとデカすぎたんであります。統一されていないんだね・・・。  もう一つのBB工具、こ [続きを読む]
  • キャノンデール 美人化計画!
  •  店主好みの色ということもあるんだが・・・このキャノンデールは地が美人だわ。美男ではない、美人だな。  このキャノンデール特有の太いパイプでありながら、一インチというアンバランスさが華奢でいい。  このスルッと伸びたクロモリフォークもまたいいんだよねえ。何度も書いているんで、くどいなあと思われるかもしれないが、クロモリフォークはけっして古くはない・・・。非常に信用できるツールであります、ということを [続きを読む]