狸サイクル さん プロフィール

  •  
狸サイクルさん: 一癖創作自転車家 狸サイクル 
ハンドル名狸サイクル さん
ブログタイトル一癖創作自転車家 狸サイクル 
ブログURLhttp://tanukicycle.blog75.fc2.com/
サイト紹介文ロード・ピスト・ママチャリ・実用車などメンテから改造、魔改造までやってはほざく天下御免のブログ!
自由文自転車文化の成熟化を目指し、買うより造れ!買うより直せ!を全面に、時流のあり方に形を以て対抗しつつ、時に思想を説いたりするが、それが半分以上当たっているから始末に悪い!とくらー!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2011/01/22 20:22

狸サイクル さんのブログ記事

  • 乗れるところまで乗りたい! 子供自転車の巻
  •  二年生なんだっけな?その割には大柄なんだそうだ。なので、この自転車ではすでに小さいらしい。 16インチ、確かにタイヤのインチサイズで自転車の大きさを測るとしたら、小さいかもしれない。 ただ、その子自身が、どうしても乗り続けたい!というんですねえ。いいよね、そういうの。それをお母さんがまた応援するということで、なんとかなりませんか?ということになる。 もちろんなんとかしますよ!とこちらも受ける。   [続きを読む]
  • 300キロを走り抜いたクロモリフレーム
  •  この世にはブルベなる、かなりの好事家が集まるイベントというのがあるらしい。ある決められた時間内に決められた距離をひたすら走るというイベントなんだと。 200キロ、300キロ・・・それ以上。途中の指定されたコンビニで買い物をして、そのレシート数枚の提出義務によって、途中のちょんぼをできなくする工夫もあるとか。 スタートからゴールまでの至れり尽くせりのイベントとなると、補給の準備やボランティアの動員などの [続きを読む]
  • 四月の工房飲み 行います!
  •  もう第何回目なんだろう?工房飲みやります。 日時は四月の二十九日、土曜日です。八時過ぎ頃から、ボチボチやっていきましょうかね。   固定客の方々も固まりつつある中で、毎回面白い展開があります。 これって、少し記録をつけるなんていうのもありかな? 宿帳みたいに、参加者と持ってきてくれたものを記載しておく・・・とかね。 前回は、三月十一日。鎮魂の日だけに、献杯・・・と。 さんざん雑談をした後に、参加 [続きを読む]
  • いっといで!ドリームボーイ オランダへ行く!
  •  いろいろ探してみたところ、まともな写真はこれくらいかなあ・・・。 あとはみんな・・・、 こんなのばっか・・・。 かれこれ、十年になりますかね?このカッパ君こと、三助君が当店に現れたのはね。大学生になりたての四月の雨の日だった。  それからというもの、徐々に自転車にはまっていったよね。最初は下北あたりにいたはずが、学生時代の半分は、狸サイクルの二店舗前の旧テンポ裏に引っ越してきて、こうして洗車のア [続きを読む]
  • シーズンインでございます!大型連休前のメンテ
  •   このパイプ状のところにパナソニック、とあると、どうしても電池を想像してしまうのは店主だけでしょうか? なので、パナモリ愛に満ちた方にもつい、このロゴとらないんですか?なんて無神経なことを聞いてしまいます。 このお方は、大変温厚な方でいらっしゃるので、そんな不躾な質問にも、これないとどこのフレーム?って聞かれるんで・・・とのことでありました。 この連休というか、今から二ヶ月は絶好のサイクリングシ [続きを読む]
  • 磨きの便り・・・
  •  この辺は道具を見てもわかるかと思いますが、大森研魔の作業場といっていいですね。  このように、大森社長はここに座って黙々と磨いているんですね。  その頭上には、磨き途上のアルミマウンテンフレームがあります。  妖しく光る、アルミチューブ。無塗装だと、維持するにも手間はかかりますが、金属の地の好きな方は、是非にとおすすめの形式であります。  これぞ金属!そもそも磨くこと自体に魔物がいるというのに、 [続きを読む]
  • 事故からの生還 保険もいろいろ
  •  歩道をゆっくり走っていたところ横から急に車が出てきて、横倒しにあったそうだ。 右半身をうったという。まだ現役のタクシー運転手なので、まずは体を慎重に治していくことでしょう。ユスリタカリではなくて、最低一年の気候変動の中で、怪我を観察しながら、対処していくことだと思います。 「ああ、もう治った、大丈夫!」とすぐにいわない。打撲は思った以上に深いし、怖いよ。と、そちらの方の循環ができたら、今度は自転 [続きを読む]
  • タウンウォッチング・マンウォッチング
  •  ちょいと原宿のあるところまでご用がありまして、西東京のお上りさんということで、行って参りました。 何を持っての最先端かは別として、原宿という場所は、何かの発信地点ということはいえる場所でありますな。そんなわけで、ご当地の自転車事情なんかも観察かねてやってみましたよ。 すでに自転車はブームというところから、定着という状況に来ているようです。もうすでに実用車とはちょっと違う、スタイルとしての自転車と [続きを読む]
  • 完組を手組で直す!
  •  マビックの名作だろうなあ2013年のキシリウムなんでありますね。 確か登場してから十年はたっていないかな?フリー側をわざわざラジアルにしたという、挑発的な組み付けに驚いた記憶がありましたが・・・。  何から何まで、独特の設計で作られているようで、ハブも回りがいいし、スポークだって、非常に変わった形をしています。まあ乾麺のきしめんを思わせるような太さのスポークですから、ラジアルも故なきことではない [続きを読む]
  • 16日日曜日は 柳沢マーケットです!
  •  昨年十月の終わりにやりました、やぎさわマーケット。フリマに、舞台に大盛り上がりだったわけですが、今回はそこに飲食がついて、大変なことになりそうです。 どうも晴れるし、天気は持ちそう、むしろ暑いくらいらしいですね。 狸サイクル、柳サイクルともに出店予定です! 次回はポスターに書いてるとおり、11時から夕方の4時までです!面白い店も出ますし、舞台がまた、一段と盛り上がりそうなので、遊びに来てくださいよ [続きを読む]
  • 巨人君 大いに歌う!
  •  天を突き刺すような、長い物干し竿、ピラーです。その先にサドルが・・・。 相当高い天空に、腰の位置が来るということは・・・、かなりの長さを誇る。  体が縦に長ければ、幅もそれなりにあるだろう、ということで、幅の広いフラットハンドルがついた。 後は全く飾りがない。クランクも一枚。  内装ギアもない、本当にただのシングルフリー。 27インチのタイヤに、フロントフォークとフロントブレーキはしっかり新しい [続きを読む]
  • お遊びトリック自転車が働く自転車へ カゴらしきもの
  •  これはトリックなどをやる、BMXという車体なんですが。しっかりスタンドなんかついています。 これに後ろ子のせをつけて乗りたいというね、まあ普通の自転車に乗るのに抵抗のある方なんでしょうな。その気持ちなど、ある意味よくわかります。 ただ、元が遊び系なんで、スタンドにしても、子のせにしても、そしてカゴなんかにしても、普通車用に作られているので、すぐにつくとは限らない・・・、よくあることであります。 今 [続きを読む]
  • 通勤一号
  •  さびはわざと残す・・・。  気になるんなら、さび落としを塗ってこすればすぐに落ちる。 こういう見た目の自転車に関しては、出来心での盗難は起こるかもしれないが、わざわざ作戦を練った上での盗難は起きにくいでしょうな。  そんでもって機能面は使うコースによって、変える。起伏が多いところは、外装七段にするとかね。さしてないところなら、三段あれば、十分・・・とか。  こいつは内装三段で、十分という判断。  [続きを読む]
  • パパ狸ん?オヤジ狸ん?
  •  ダウンヒルで派手な落車をして、フォークの片側がヘシ折れたんではない・・・。 元々こういうフォークなの。いわゆるレフティーとかいうんだが、まあこれがいい!という合理的な理由はわからない。 ただ、見た目の脆弱さの話にうなると、飛行機の車輪ってこのように片側のものがあるんで、強度的には大丈夫だ!説が浮上してくるんだが。 でも二本両サイドから支えるのと、一本ワンサイドから止めるのどちらが、強度はどちらが [続きを読む]
  • 名前は伊達じゃあなかった・・・もしかして本気?
  •  五輪マークにピナレロの刻印のあるヘッドバッチ。いくら何でもチト大袈裟でしょう・・・と思ったが、それがそうでもなさそうだ、という話。  元々はホイールの振れのことできただけのピストなんだが・・・、所有者はなんと中学生。 中学生が遊びで乗っているだけのピストか?と思ったが・・・。  グランコンペのハブなんか使っている。ちょいと贅沢・・・だよね。といっても、当の中学生がアッセンブルしたものではないそう [続きを読む]
  • 車検が来たよ!その2
  •  あづみのセンチュリーライドの、車検がまたやって参りました。 サイクルイベントでの事故などが多発すると、こういう展開になるんでしょうかね。 それはさておき、日頃あまり当店には縁遠い、最新系、今頃系自転車を目の前にできるという意味で、これはこれで興味深いんであります。  この素材はなーんだ?この写真だけで答えられたらたいしたもんだ。 アルミなんですね。これがカーボンよりも安価な自転車として出ているんです [続きを読む]
  • フレンチチタンの大森磨きとシマニョーロ
  •  メーカーはわかりませんが、フランス製なんだそうです。チタンフレーム。 これにクリアがついていたらしい・・・。実験で自分のチタン自転車にクリア塗装やってみたが、しばらくはもっていた記憶があるが、基本チタンは無垢。 で、今回もクリアがただれたようになった肌のチタンフレームを大森社長の手によって、ヘアラインと入れることに。  相変わらずのシュクシュクと大森研磨の魔の手が伸びたんだが・・・、口数の少ない大 [続きを読む]
  • ごめんよサンツアー・・・
  •  サンツアーのボスフリーが焼きついたようだ、ということで持ち込まれてきた。まあ、当店にはよくある依頼なんだが、今回はちょいと戸惑った。 と同時に、道具のメンテもしていかないと、という反省にもつながったなあ。 こいつを外すというのであれば、二つ爪のボスフリー抜きをあてがって、回してやればいい。その回し方に力が足りないようだったら、延長棒・てこなどを駆使して、力が最大限に発揮されるような場を作ってやれ [続きを読む]
  • シーズンとは無関係ながらシーズン的ママ狸んの巻き
  •  新年度ってやつで、子狸も無事一年生になりました。お陰様です。 体育館での式がありましてね、まあ、それぞれ無難なことばかりで、オオ!と思うようなスピーチはなかったなあ。校長先生が子供と向き合うような姿勢が、言葉の端々には見えていたかな。ただ教育委員会から来た来賓とやらは、まあどこでしゃべっても同じ台詞を言ってたんじゃないか? 全く響かない・・・、そんなスピーチしていて面白いんかね? 「みんなの生ま [続きを読む]
  • 車検のあるイベントね・・・完組という落とし穴
  •  強敵レーサーが二台、入ってきましたよ。 その目的というのが、車検ということ。といっても、車のような公的制度の車検ではなくて、あるイベントに参加するに当たっての車検ということになるそうだ。  こんなチェック表なんかもあって、本格的だね。ちゃんと店名と車検済み印を押す場所もあるんで、それなりの責任をいやが上にも感じさせる力はあるね。 有印書類っていうのかね、確かにそれなりの緊張感というか権威的な何か [続きを読む]
  • 未来への予感 新しいツーリング車の曙
  •  先日でました、だるま系自転車のバナナサドル版でありました。前々から申し上げているとおり、このバナナサドルの潜在的な可能性は決して小さくはないと,店主は勝手に思っているんです。 決して形だけの酔狂から来るだけではない、ある種のペダリング理論も伴った・・・というと大げさですが、実用としてのアドバンテージもしっかりある車体として見直されないかな?なんて思っているんですね。 もっとふっかければ、将来の高 [続きを読む]
  • 子供の成長 大人は?
  •  さあ、行くぜ! 朝の保育園。じつは本日が最終日となった。三月の十八日に卒園式があったが、それから二週間卒園したにもかかわらず通っているというのが、いかにも保育園らしい。 今日が年度の替わる最後の日なので、通園も最後になる。 こうやって、手をつないで一緒に歩けるというのも、そう長くはないだろうなあ。   これは毎朝やる、青い草踏まないゲーム!といっても、店主は腕をつかんでそれを邪魔する。大抵はひっ [続きを読む]
  • 家も自転車もおなじ・・・かも・・・
  •  こんな自転車持ってくるなんて、たぶん、高い確率で当店の仕事見ているなあ・・・と思います。 できる限り自分で外した感はある。外すものを外して、シンプルに、それがどうも自分流なんじゃないか?というようにね。  自分で外して、色々いじっている内に、なんと後輪が動かなくなってしまったらしい。見るとわかるねえ、ハブナットをいじっている内に中に入りすぎて、ボールベアリングを圧迫し、回転しなくなった。緩めたね [続きを読む]