狸サイクル さん プロフィール

  •  
狸サイクルさん: 一癖創作自転車家 狸サイクル 
ハンドル名狸サイクル さん
ブログタイトル一癖創作自転車家 狸サイクル 
ブログURLhttp://tanukicycle.blog75.fc2.com/
サイト紹介文ロード・ピスト・ママチャリ・実用車などメンテから改造、魔改造までやってはほざく天下御免のブログ!
自由文自転車文化の成熟化を目指し、買うより造れ!買うより直せ!を全面に、時流のあり方に形を以て対抗しつつ、時に思想を説いたりするが、それが半分以上当たっているから始末に悪い!とくらー!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2011/01/22 20:22

狸サイクル さんのブログ記事

  • ご老体トーエイ 大改造計画! その2
  •  続きであります。 このトーエイ大改造計画、前日のハンドルとブレーキレバーの件ですが、内径広げで決着でした。  このように、プロムナードハンドルにカマキリ型の旧タイプのブレーキレバーがしっかりつきました。  バッチリ根元まで入っていますね。ヘリサートまでして、ボルトで留まっています。手間かけさせやがって・・・。 この自転車は、当店回りの総力戦だったわけですが・・・、再塗装もしています。  こんな風に [続きを読む]
  • ご老体のトーエイ 大改造計画!その1
  •  背景がゴチャゴチャでごめんなさいよ。 こんな自転車が入ってきたんです。  名だたるトーエイ、今このフレーム手に入れようとすると何ヶ月?何年待ちになることやら・・・ネ。 そいつの何年前の奴でしょうか?これを持ち込んだのはヤフオクなどで落とした方でなく、正真正銘若いときに乗っていたトーエイを自分が年取ってからも、今のご自分の体と嗜好の変化に合わせて、改造して乗り続けよう・・・という、すこぶる当店の大 [続きを読む]
  • ユーラシアはいらんか?
  •  店主の子どもの頃は、ジャンプ・マガジンの背表紙の広告は大体自転車、しかもデコチャリ系のものでありました。 今思えば、子どもも多かったのかな?ゴールデンタイムのCMに、ブリジストンその他の少年自転車ものなんてものも随分あった。 大体、小学校の高学年前後から、変速付きセミドロップ車に乗るなんていうのが多かったなあ、そして中学校になったら、断然ロードマンに乗るんだろう・・・と自然に思っていたわな。 数年上の [続きを読む]
  • みそぎのメンテ 盗難帰り
  •  よくあるルイガノクロスなんであります。これ盗難にあったそうですよ。それが出てきた。 それはそれでよかったんだが、賊の手に渡って帰ってきた自転車だけに・・・、機能的にちゃんとしているかどうか?ちゃんと診てもらいたいという事でやってきたんだが、その気持ちは多少わかりますね。 みそぎメンテといいましょうか、それを機に邪らしきものまで祓って、浄化というか、清める意味なんかも込めたんじゃないか?と思います。 [続きを読む]
  • 君の夢は?ランドナーになること!?
  •  これはすでにメンテ後の姿なのであるが、つまり、普通に走れるようにはなっているのだが、コイツにはデカイ夢があった。 この特徴のある、ちょっと優雅なミキストを思わせるフレーム、将来はランドナーになりたい、変身したいのだそうだ。 んんん?とも一瞬思うが、コイツにドロップ付けるだろう?カゴとって、多段なんかにして、荷台をそれらしくしたりしたら・・・、もしやしゃれたランドナーに変身するかもしれない・・・と思 [続きを読む]
  • 小径 ただのメンテだが より成長の兆しあり
  •  背景がガチャガチャで、見にくいですね。 テルンといえば、ダホン系の小径車かな?これを今回一定の予算内でメンテして欲しいというご依頼。ものは悪くない分、もっとよくすることは大分できるんだが・・・、まずは基本メンテということでした。  赤さびボスフリーにチェーン、などは交換ですな。  今後は赤さび出さない保管を考えてくださいな。  あとはいつものワイヤー群。この辺の取り替えの影響はすごい、ブレーキとシ [続きを読む]
  • なんたる色に・・・再塗装
  •  これでいいと思うんですけどねえ・・・。  店主にとってはいい色の、部類に入るんだけどなあ・・・。 あそうそう、コイツは・・・ カラビンカです。かつて大人気のといいますかね。  この特徴あるヘッドバッチも有名で、コイツは地味な方で、派手なやつは七宝焼きのような、カラフルものもありましたな。 この塗装も大して荒れていないオリジナルカラーを再塗装したいという。 基本シルバーなんだが・・・、イメージらしき [続きを読む]
  • どこへ行く?
  •  かつて触れましたが、これが今思えば狸サイクル第1号店といっていいでしょう。 五日市街道沿いにありましてね、この歩道で作業していたこともありました。この建物の二階に住みつつ作業もしていた。この狸サイクル第1号店が・・・。  こんな建物にかわっていた。信号の位置などで、場所の同一性がわかるかな?そのあとこの絵の背景にあった、阿佐ヶ谷団地に店を移した。  当時からすでに廃墟であったが、その気楽さと解放感の [続きを読む]
  • 踏むやついないか?マジ踏みだよ、マジ踏み!
  •  NJSに登録されているピストフレーム、色々あるみたいで、その中で、名車と名高いメーカーもいくつかあるようですな。 その中で、ほぼ確実に入ると思われる名車中の名車・・・ナガサワの完成車がやって参りました。  神奈川の名選手佐々木選手から流れてきた、正真正銘の競技ピスト、競輪仕様の一台です。  車検済みのこれなんかが、もろに臨場感出してますな。 元々はフレームで購入したものに、ご自分の好みを乗せた。 [続きを読む]
  • 見た目の地味な 実質メンテ
  • まだまだ乗ろう・・・という事なら、乗りましょう。  ナショナルのフレーム。アチコチにサビサビだらけ、でも乗り続けたい。フレーム自体にクラックなどはないので、乗り続けることは可能でしょうね。  グリスを入れ直して、スプロケも交換する。  チェーンも交換します。  前輪ハブもグリスを入れ直して、振れなども診ます。ただし、ある程度古くなりますと、完全に振れを取ることはできない場合が多いので、適度にバラン [続きを読む]
  • 8月6日は フリマです! 海のない海の家
  •  8月6日日曜日は、かなり大々的なフリマです!自転車のご用のついでにおいでください。 芸人もでるねえ・・・。  夏なんで、もちろんヤギサワバルさんの生ビールも、もちろん、もちろん参加です! ※あれ?IPAの札の下に心霊写真が・・・。 ビール以外のアルコールは、近所のニャムニャムカフェさんが参加してくれるので、各種カクテル類もお楽しみに。 優雅にヤギサワベースの駄菓子屋さんも参加。今回はかき氷でボロもう [続きを読む]
  • 心機一転大事にしましょう!
  •  ピスト車だ・・・。ちょっとどよめきます。もっと乗る人いてもいいのにね、と思うんだが、特にロード乗る人たちになんかね。 固定とフリーを使い分ける、踏み分けるとでもいいましょうか?乗る前に一発、今日は固定!と頭のスイッチ入れると、普通に何の不自由なく乗れるようになるんですがね。 さて、持ってこられたコイツですが・・・すさまじい・・・。  カビじゃ無いんだよね、タイヤから繊維が出てきてなおかつそれがケバ [続きを読む]
  • はるばる来たぜ 長崎〜
  •  長崎より自転車送りますので、よろしく・・・、というメールをいただいたと思ったら、届きました。 開けてみると・・・。 こういう小径車が入っていました。 メールによると何々・・・、フレームはブリティッシュグリーンに再塗装、フムフム・・・、読んでみると、パーツからホイールからほぼすべてに近くがそう取っ替え、サドルとステム、ペダルくらいかな?既設を使うのは、あとは取り替えという。 もちろんやりますが・・・ [続きを読む]
  • 正確には子ども多段化なんだが・・・
  •  すでに、ドロップハンドルが付いている。お父さんの力作でもある。  エイドブレーキも付いている、よくやったよね。 通常なら、ここまでやってもう十分なところ。3人の男の子達にせっつかれたのか?自分が乗ってしまったのか?多段にしたい・・・という事で持ってこられた。 ある意味すごい発想だよね、店主らならわかるが、この子ども車を多段にしたい・・・なんて。  当然シングルに、ローラーブレーキも付いている、ある意 [続きを読む]
  • 二昔前のルックなんだが・・・
  •  これ以上はいらない?とすればポジションは出ないなあ・・・。 もしかして、回りをリーミングすれば入るかも・・・。  のぞいてみるに、どうもフォークコラムの底が浅いようだ。 1インチのコラムにカーボンフォークといえば、カーボン出たての頃のやつで、コラムとの接着なんかでまだ確立されていなかったのかもしれないなあ。 なわけで、コラム内部を削るのは諦めた。ではどうやって、ステムを下げるか?だ。  これしか無 [続きを読む]
  • ヤフオクからやってきた 裏が大事!
  •  カーボン車体ですねえ・・・。  コンポはアルテで統一。ある意味、非の打ち所なしの一台で、ヤフオクから入手したという事だ。  機能的には面白くないくらい、ほぼ完璧ね。  4アーム、これも定着してきたらしいですね、まだ違和感ありますがね、店主には。で、ヤフオクから来るものに注意してもしきれないんでありますが、その一つにスモールパーツの欠損というのがありますね。  今回はここ、クランクのプラのボルト、 [続きを読む]
  • 事故からの完全生還
  •  先日、事故車だったものをまずは安全に乗れるようにして生還させた車体でありました。前回りが重点的にやられていたんで、フロントホイールの組み直し、ヘッドパーツ交換、フォーク・フレームの計測修正して、あとは消耗品を交換して、街道に戻してやったんだが。  各所に事故によってできたペイントの傷が残っていたわけだ。  事故の見積もりを取る時に、どのレベルで取るか?というのが車体の経年などや、状況によって変わっ [続きを読む]
  • 旧車もズレると別カテゴリー?
  •  鉄の旧車が入ってきました。  オルモ、イタリア車でありましょう。まあ、全体が・・・という事と、特にブレーキの引きが重いというので、やってきたわけであります。  パーツ類は、かなりそこそこのものが付いていますね。見た目も美しいんであります。ただ、今みたいに10速、11速というのでは無く、数も少ない比も高いと、乗りこなすには大変なわけでありますわ、旧車というものはね。  中でも店主が一番気になるのがここ、 [続きを読む]
  • 再度 パンクレスタイヤの宣伝 タンナスざんす!
  •  この自転車は、パンクに呪われている・・・という事で、思い切ったパンク防止をという事で駆け込んできたんだが・・・。  原因は?と聞いても、特に・・・ということで、タイヤ一式交換しましょうか?という事だったんだが、ことによっては車体一式買い換えようか?とすら悩んだだけに、単なるタイヤ交換だけではすみそうにない。なんせ、呪われている車体なわけでねえ。 とすれば、パンクしないタイヤにするしかない、と絞られ [続きを読む]
  • スターメー君解任 シマノ君指名!
  •  先日、ちょこっと施工したコイツ。覚えている方も多いかと思います。全体的にレトロ、正真正銘のレトロなんですね。規格もレトロでしたね。15ミリが使えない・・・なんてね。  見た目だけで無く、機能的にもレトロなところといえば、ここ、スターメーの内装ハブ、コイツはくせ者なんでありました。 足を止めて、ワイヤーを引く、あさってになってようやくチェンジ・・・というようなタイムラグのオンパレード。むこうの論理よ [続きを読む]
  • 北京自転車事情 その表層
  •  この地区の名前は・・・、798とか879とか数字が三つの呼び名だったと思う。特徴は、元住宅か倉庫か工場跡のようなところを、中身をリニューアルして、ギャラリーや店、工房などにして貸し出している地域といっていいかもな。 広い敷地に、低層の建物が並んでいて、ちょっと迷路的なところもあって面白かった。  こんなかつてを忍ぶオブジェがある。ごっついね、鉄の質感がすごい、国威発揚という迫力が伝わってくるな。  こ [続きを読む]
  • 再塗装 ついでにアチコチ改造まで
  •  カラミータのロードがやってきた。ホイールやブレーキなどが入れ替えられていたり、かなり自分の自転車に関心のある方のようであります。 そんなお方が再塗装とそのついでに各所改造まですることになった。  元々は、銅のような色ですね、こいつをブルーにしたいという。  こんな感じに一気に変わるもんだ。 剥離してみると、きれいなオールメッキのフレームになった。その上からメタリックシルバーをかけるのがもったいない [続きを読む]
  • 持ち込みから学ぶ 特殊パーツ 補助輪
  •  まだ新しい、電動自転車なんだが、これだけで乗ると転倒が怖い。といって購入したばかりのこいつを捨てて、アシスト三輪に乗り換えるのも、これまたもったいない・・・。 一定の年を取ると、そういう悩みも出てくる。いや、年だけで無く、怪我や病気を経ることで、それまで可能だったものが、不可能になったりすることがある。 危ないからといって全面禁止となると、今度はそれ以上の災禍が起こらないとも限らない。転倒が怖いん [続きを読む]
  • 何が起きてきたのか?
  •  ちょうど引っ越してきて二年、一般の家庭より酷使するらしく、換気扇から外に油が漏れると指摘され、その掃除をしてもらうことにした。まあ自分でやってもいいんだが、近くの公園で、たまたまタブラの練習をしていた方に声をかけると、「東京都お悩み研究所」というチラシをいただいた。「経験十五年のそうじ屋が見つけた、キレイと元氣の関係」という面白いチラシ。  チラシの最後に、50才以上の方。1時間無料券とある・・・。こ [続きを読む]
  • プレス発表
  •  花も出て、グランドオープン手前の日、今回の渡航で最大の山場かな?と思えるプレス発表の日が来たんだな。 大体始まりの時間を聞いていたんだが、プレスの人らしき方々が集まっていない。  会場は二階なんだが、一階に店のお客さんはいるんだが、プレスの方々は?  ウーン、どうしたんだろう?40人ほど呼んだと聞いていたんだが・・・。 暫くすると・・・、下のお客さん達がドヤドヤと二階のプレス会場に上がってきた。イヤ [続きを読む]