グルメ投資家おーちゃん さん プロフィール

  •  
グルメ投資家おーちゃんさん: グルメ投資家おーちゃんのブログ
ハンドル名グルメ投資家おーちゃん さん
ブログタイトルグルメ投資家おーちゃんのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/toshino-ochan/
サイト紹介文GINZAX代表の大原浩が、世界情勢や経済投資をわかりやすく楽しくお話しします
自由文1984年 同志社大学法学部卒業。同年 上田短資株式会社(上田ハーロー)入社。1989年8月 フランス国営クレディ・リヨネ銀行入行。1994年9月。クレディ・リヨネ銀行を退社。株式会社大原創研を設立。
著書
「2012年に日経平均が2万円を超える15の理由」(講談社)
「韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか」(講談社)
「100万円を確実に1億円にする中国株投資術」(講談社)他
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2011/01/23 16:41

グルメ投資家おーちゃん さんのブログ記事

  • 俺はまだ本気出してないだけ
  • 備忘録:観た映画★俺はまだ本気出してないだけ堤真一、橋本愛 、生瀬勝久、山田孝之他75点(60点+堤真一&生瀬勝久&山田孝之15点)...普通の人が「人生をどう生きるべきか」などということを考え始めたのは比較的最近のことです。日本に限らず、欧米でも、以前は身分制がきっちりと管理されていて、農民の子供は農民に、商人の子供は商人に、武士(貴族)の子は武士(貴族)になるのが当たり前で、どの道を選択するかなど [続きを読む]
  • ブラックスワンの箴言
  • 備忘録:読んだ本★ナシ―ム・ニコラス・タレブ箸、ダイヤモンド社83点...ブラック・スワンが名著であるだけに、この本の出来上がりには少々がっくり来ました。タレブ氏の才能は、論理と少々の皮肉でテ―マをじっくりと「追い込んでいく」ところにあるようで、このように直感的な表現力を要求されるスタイルには向いていないようです。アンブローズ・ピアスの「悪魔の辞典」を思い起こす部分も多いのですが、カミソリのような切 [続きを読む]
  • モヒカン故郷に帰る
  • 備忘録:観た映画★モヒカン故郷に帰る松田龍平、柄本明、前田敦子、もたいまさこ他58点(55点+松田龍平&前田敦子3点)...全体を通じて<ふにょふにょ>な流れの中に、<ゲロゲロ>が何回も登場します。食事中には観ない方が良いかもしれません・・・もし、この映画がコメディであるのならば全く面白くありません・・・真剣なテーマであればあるほど<爆発的な笑い>を誘発する可能性は高いのですが、<バント失敗> [続きを読む]
  • トコトンやさしいめっきの本
  • 備忘録:読んだ本★トコトンやさしいめっきの本榎本英彦著 日刊工業新聞社80点...めっき(新聞などで使われるカタカナのメッキはあやまり)は、日本でも奈良の大仏の頃にはすでに重要な存在だったのですが、「めっきがはがれる」というような用語法にもみられるように、一般的イメージはあまりよくありません。それに対して著者は「最近のめっき技術の進歩は著しく、滅多なことでははがれない」と憤慨しています。これからの産 [続きを読む]
  • 松本清張スペシャル 中央流沙
  • 備忘録:観た番組★松本清張スペシャル 中央流沙緒形拳、石橋凌、石橋蓮司、藤真利子他75点(65点+緒方拳10点)...インド人の知人がよく使う言葉に「白いお金」と「黒いお金」というものがあります。役人などにこっそり渡すのが「黒いお金」なのですが、たまに潔癖な人物がいて受け取らなかったりすることがあります。すると、しばらくするとその人物は忽然と消え、ガンジス川に漂っているのが見つかったりします。まわりの [続きを読む]
  • 創業者・石橋正二郎 ブリヂストン経営の原点
  • 備忘録:読んだ本★創業者・石橋正二郎 ブリヂストン経営の原点小島直記著、 新潮文庫95点...昭和53年9月にブリヂストン㈱から「私家版」として発行されたものに加筆して昭和61年4月に発行されました。そのためもあってか、「社史」的な色彩が強い内容ですが、自己顕示とかお飾りとは無縁で、「社史」であることが、かえって内容にリアリティを持たせています。ブリヂストン創業者の石橋正二郎は、他の多くの起業家と同 [続きを読む]
  • そして、デブノーの森へ
  • 備忘録:観た映画★そして、デブノーの森へアナ・ムグラリス、ダニエル・オートゥイユ 、グレタ・スカッキ 、ミシェル・ロンズデール他80点(60点+アナ・ムグラリス20点)...ナターシャ・キンスキーの初々しい美しさが際立つ「今のままでいて」のマストロヤン二のポジションに羨望のまなざしを向ける男性諸氏は多いと思いますが、映画そのものは駄作でした。同じように本作品も、アナ・ムグラリスの美しさを鑑賞するイメージ [続きを読む]
  • GONIN―サーガー
  • 備忘録:観た映画★GONIN―サーガー東出昌大 、桐谷健太 、土屋アンナ、柄本佑他55点...昔懐かしい昭和の任侠物、やくざ映画を現代的ポップな感じでリレッシュしましたが失敗に終わりました・・・という感じです。第3弾の続編とのことなので、そのせいもあるのかもしれませんが、ストーリーを詰め込みすぎで、整理されていない印象です。登場人物の行動も、全く突拍子も無くて心理描写が全くないも同然です。かといって、目を見 [続きを読む]
  • 潜在殺意(The Richman’s wife)
  • 備忘録:観た映画★ハル・ベリー,クリストファー・マクドナルド,ピーター・グリーン 他90点(60点+ラストシーン30点)...二人は愛によって結ばれ結婚するなどという甘ちょろい幻想が支配する国ではピンと来ない映画かもしれません。例えばブラジルでは、結婚する際に「結婚契約書」を作成するのが当たり前で、その契約書の中で離婚した場合夫婦の財産をどのように分配するのかが明確に記載されています。まだのぼせ上がって [続きを読む]
  • ブラック・スワン(上)(下)
  • 備忘録:読んだ本★ブラック・スワン(上)(下)ナシ―ム・ニコラス・タレブ箸、ダイヤモンド社130点(上巻120点、下巻140点)...アマゾン創業者のジェフ・ベゾスの愛読書であり、幹部たちにも読ませているということで読んでみましたが、期待をはるかに上回る内容でした!ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズなどの「俗物」の「ゲスの極みおっさん」と違って、ジェフ・べゾスが知性と教養にあふれる「ゲスの極みおっさ [続きを読む]
  • 全員一致は否決せよ。 ドラッカー18の教え
  • 産業新潮 http://homepage2.nifty.com/sancho/ 4月号連載記事 ドラッカー18の教え (1)全員一致は否決せよ。 ユダヤの教え 私が子供のころに強い影響を受けた本の中に「日本人とユダヤ人」(イザヤ ベンダサン著・山本書店)があります。実のところ、イザヤ・ベンダサンというのは、山本書店店主である山本七平氏のペンネームのようなのですが、それはさておきまだ狭い世界で生きていた私に、広い世界が [続きを読む]
  • 超高速参勤交代
  • 備忘録:観た映画★超高速参勤交代佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文他90点...志村けんの「バカ殿」シリーズは大いに楽しめますが、「バカ殿&バカ家来珍道中」という内容の映画です。ただ、この作品が面白いのは、お人よしの<バカ殿&バカ家来>が人情に厚いだけでなく、志や義侠心にあふれ、しかも武道に秀でているところです。その強さは水戸黄門の助さん角さんを凌駕しています・・・大石内蔵助が昼行燈に見せか [続きを読む]
  • IoTの衝撃 <Harvarad Business Review>
  • 備忘録:読んだ本★ IoTの衝撃 <Harvarad Business Review>DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー編集部、 ダイヤモンド社80点...AOL共同創業者のスティーブ・ケース著「ザ・サード・ウェーブ」では、<第3の波>がやってきつつあることを強調していましたが、私も同感です。1950年ごろからの(汎用)コンピュータの普及が第1の波、1990年代からのパーソナル(モバイル)コンピューティングやインターネットの [続きを読む]
  • 男たちの大和/YAMATO
  • 備忘録:観た映画★男たちの大和/YAMATO反町隆史 、中村獅童 、鈴木京香 、松山ケンイチ他120点...日本人の琴線に触れる三大物語を上げるとすれば、「忠臣蔵」、「義経と弁慶(都落ち)」そして「戦艦大和」ではないでしょうか?どの物語も悲しい結末(悲劇的)です。素晴らしい勇気と義侠心と深い愛情をを兼ね備えた人々が、その努力のかいも無く、桜の花のように散っていく・・・これこそが、日本人の心の底にある美学ではな [続きを読む]
  • バフェットの投資戦略と企業経営
  • 備忘録:読んだ本★バフェットの投資戦略と企業経営ロバート・P・マイルズ箸 東洋経済新報社88点...バフェットファンによる、バフェットとバークシャーに関する解説書です。ファンといっても、並々ならぬファンで、しかもバフェットとバークシャーの本質をよく理解している人物(マスコミや世の中の多くの評論家はバフェットをよく理解していない・・・)なので、良書だと思います。日雇い投資家(デイ・トレーダー)などには全 [続きを読む]
  • パワープレイ
  • 備忘録:観た映画★パワープレイピーター・オトゥール、デヴィッド・へミングス、バリー・モース、ドナルド・プレザンス他95点...「クーデター映画」という分野があるとすれば、かなり上出来の部類に入ると思います。今から40年近く前の1978年の作品ですが、世界の多くの国で<独裁>や権謀策術の状況は現在も変わっていないので、リアリティのある物語です。最近朝鮮半島やアジア各国の情勢がきな臭いこともあって、より [続きを読む]
  • WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜
  • 備忘録:観た映画★WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜染谷将太 、長澤まさみ、伊藤英明、優香、西田尚美他80点(70点+染谷将太5点+チャレンジ精神5点)...ソダーバーグ監督は「だらだら映画の大御所」ですが、矢口監督は「なあなあ映画の巨匠」です。本作品でも、全編に「なあなあ感」があふれています。染谷将太が林業研修を受講するに至る経緯はかなり唐突ですし、エピソードのつながり方も無茶ブリの連続です [続きを読む]
  • 海を感じるとき
  • 備忘録:観た映画★海を感じるとき市川由衣 、池松壮亮 、阪井まどか 、高尾祥子他75点(65点+ +市川由衣の濡れ場10点)...宮沢りえの衝撃のヌード写真集「サンタフェ」が発売されたのが、1991年。当時の世間の反応はすさまじく、現在まで語り継がれています。また、菅野美穂のヘアヌード写真集「NUDITY」が発売されたのが1997年。本作品の原作が発表されたのは、それを遡る1978年。18歳の女子高生(中沢ケイ [続きを読む]
  • 図解雑学 よくわかる脳の仕組み
  • 備忘録:読んだ本★図解雑学 よくわかる脳の仕組み福永篤志監修、ナツメ社100点...AI(人工知能)やエキスパートシステムのことを勉強し出すと、「やはりモデルとなっている人間の脳についてもう一度勉強しなおすべきだ」という思いに駆られ、読んでみました・・・2006年の発刊ですから、発達著しい脳科学分野のいくつかの重要情報は取りこぼしているかもしれませんが、人間の脳に関する根本部分はほぼ網羅していると思い [続きを読む]
  • <企業分析の基礎>★2017年3月度定例GINZAX・銀座セミナー
  • ★2017年3月度定例GINZAX・銀座セミナー <企業分析の基礎> バフェットは、投資とは「安く買って高く売るだけのことである」と常々述べています。確かにその通りで、投資とはとてもシンプルなのですが、この単純なことを理解できない投資家が市場の8割以上を占めます。 例えば、誤った理解の典型は「3カ月前より株価が下がったから安い」、「株価が1年前の2倍になったから高い」のような考え方です。この [続きを読む]
  • ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春
  • 備忘録:観た映画★ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春マイケル・マッキディ 、ロス・キッダー、マーカス・テイラー、トーマス・ガラッソ他80点...米国でのゾンビ映画は一大ジャンルです。なぜこれほどまでに人気があるのか?一つは火葬が主流の日本では、骨と灰になってしまった存在が復活するという考えがなじまないのに対して、土層文化圏では死体が墓の中に残るので、死体がよみがえるという考えが受け入れられやすいから [続きを読む]
  • 宇宙からの脱出
  • 備忘録:観た映画★宇宙からの脱出グレゴリー・ペック、リチャード・クレンナ 、デヴィッド・ジャンセン、ジーン・ハックマン他100点(80点+歴史的加点20点)...1969年7月20日のアポロ11号の歴史的月着陸(人類がはじめて月面を歩いた)は小学校の教材用のテレビで見ました。なぜそんなことになったのかというと、学校で友達と遊んでいたら宿直の先生がやってきて「君たち何をやっているんだ!」と叫ぶので、何を [続きを読む]
  • ビリギャル
  • 備忘録:観た映画★ビリギャル有村架純、伊藤淳史 、野村周平、大内田悠平他120点...昔「東大一直線」という漫画がありましたが、東京大学や慶応大学に合格したからといって別に偉いわけではありません(負け惜しみかもしれませんが・・・・少なくとも私はそう思います・・・)。また、短期間で偏差値が40上がったと言われても「へぇ・・・」としか返事ができません。でも、何かに懸命になっている人間を応援したくなるのは人 [続きを読む]