溪水社スタッフ さん プロフィール

  •  
溪水社スタッフさん: 溪水社スタッフブログ
ハンドル名溪水社スタッフ さん
ブログタイトル溪水社スタッフブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/keisui-staff/
サイト紹介文広島にある出版社「溪水社」のスタッフが出版の日常をつづります。新刊情報、出版の裏話など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/01/24 14:23

溪水社スタッフ さんのブログ記事

  • 刊行しました!
  • 陶山宣明先生の『オーストラリアの政党政治』、無事刊行いたしました!2900円+税です。1901年の建国時より、歴史を通じて政党が強く絡むオーストラリアの政治。ALPが一貫して2大政党の1つで、労働党対保守陣営の対立図式が描ける政党制に、今は第3政党の存在感が増しています。本書はそんなオーストラリア政党政治について、さまざまな角度からの分析を試みた意欲的な研究書です。話しは変わりますが、これまで長く溪水社 [続きを読む]
  • 編集者のよろこび
  • 木村です。梅雨入りしたものの、あまり雨が降っていません。洗濯物や通勤のことを考えると、晴れたほうが嬉しいのですが、農作物には雨が必要ですよね・・・また、夏に集中的に雨が降るのではないかと、ちょっと心配もしてます。出版の話に。『近世日本の国際関係と言説』好評発売中です♪近世日本の国際関係と言説/溪水社¥価格不明Amazon.co.jp荒野先生は立教大学の名誉教授でいらっしゃる関係もあり、本書の執筆者は関東在住の [続きを読む]
  • 今週末は中四国アメリカ文学会
  • 木村です。昨晩は仕事帰りにズムスタにカープ観戦に行きました。延長線に突入したので11回で席を立ちました。眠くて・・・球場を出てしばらくしたら、鈴木誠也が2回目のホームランを打ったみたいで。もうちょっと頑張って観戦すべきだったかしら・・・汗今シーズン、もう1回ぐらいはいきたいです。さてさて、この土日は中四国アメリカ文学会で修道大学へ行く予定です。先生がたや同業者さんたちにお会いできるのを楽しみにしてい [続きを読む]
  • 明日からは日国西日本大会
  • 木村です。明日からの日本国語教育学会西日本集会(@大教大)には弊社の社長が店番にいきます。今晩の新幹線で大阪に向かうようですけど、もっと余裕を持って早めにいけば良いのに・・・と社員一同心配しているところであります。国語がらみで、PODで新たに息を吹き返したご本を紹介します。↑Amazonにリンクしています。『高等学校における文学の単元構想の研究』(井上孝志先生著)。希望小売価格は3,000円+税です。先生から [続きを読む]
  • 久しぶりの刊行予告
  • 政治学の本が校了しました。『オーストラリアの政党政治』。陶山宣明先生のご著書です。価格は2900円+税。本書は豪日交流基金によりオーストラリア政府外務貿易省の助成を受けています。発売は6月23日を予定しています。弊社には今月から新しく、パートで勤務を始めたTさんという方がおられます。前職は印刷会社での校正なので頼りにしているのですが、人生でも先輩として教えて頂くことが多いです。私も向学の姿勢に学びながら [続きを読む]
  • 岩手から戻りました
  • 木村です。土日の全国大学国語教育学会大会(@岩手大学)から戻りました。岩手へは伊丹空港から飛行機で。機内でも先生方と一緒でした。乗り継ぎの関係で岩手に着いたのが金曜日の夕方で、その足ですぐに岩手大学へ行きました。写真は盛岡駅です。岩手大学は都心部から車で10分弱。緑に囲まれた広大な敷地には理系、文系の学部が揃っています。岩手大学正門。バックに岩手山が見えます。『六三四の剣』にも度々登場し、幼少期 [続きを読む]
  • 通販送料改訂のお知らせ
  • 昼前から雨が降ってきました、広島市内。明日の午後には雨が上がるみたいですね。さて、昨今の各社配送料の値上げを受け、弊社でも直接ご注文のお客様への通信販売送料の見直しをせざるを得ない状況となりました。2017年6月1日より、下記の料金を適用させていただく予定です。=================================================================・ご注文代金(税込)5,000円未満⇒送料全国一律350円を頂戴いたします。・ご注文代 [続きを読む]
  • すべての子どもに本との出会いを (中国新聞掲載)
  • 木村です。日本語学会出展の大阪から戻りました。関西大学が会場だったのですが、入り組んだ住宅街とキャンパスが隣接していて、大学周辺まで行って入口を見つけるまで30分以上迷い、さらに入口から会場まで30分ぐらい迷い・・・。キャンパス内は、キャンパスは学生さんや一般の方がたくさんいて、活気に満ちていました。お立ち寄りくださった参加者の皆様。ありがとうございました。さて、土曜日の中国新聞に「すべての子どもに [続きを読む]
  • 社長の術後
  • 溪水社の社長は先日、白内障の手術を受けました。術後2週間ほどの現在、目もだんだんと落ち着いてきて、「目の前の霧が晴れたようで嬉しい」と言っています。これまで、365日メガネ姿だった社長が、突然裸眼で生活しはじめ、周囲からするとなんだか変な感じです。裸眼で過ごせるというのは素晴らしいことなのですが。なんというか、顔にアクセントがなくなったというか・・・。華やぎが欲しいので、メガネがあったほうが素敵な気 [続きを読む]
  • Amazonに、イラッ(*_*)
  • 楽しいGWを過ごされましたか?編集の木村です。溪水社は本日より通常営業しています。弊社のちょっとしたものを、Amazonで購入したのですが、以前なんとなく流れで会員になってしまって、「二度と会員にならんぞ!!」と決めた「Amazonプライム」のポップアップが購入までに頻繁に表示されるんですよね、↓↓プライムってお急ぎ便は確かに親切なんですけど、試しただけで、そのまま自動的に会員にさせられ、年会費が次の年から390 [続きを読む]
  • 溪水社の周辺はF・F一色
  • ゴールデンウィーク真っただ中ですが、溪水社は今日は営業しています。先ほど銀行に支払いに行ってきました。弊社出てすぐの平和大通りは、ますますフラワーフェスティバル一色になっています。(ところで支払いとゴミ出しだけは、どちらかというと嫌な作業ですけれど、完了した時の爽快感に通ずるものがありますね。木村だけでしょうか・・・)写真のような感じで、平和大通りの両端に、ステージやお店が立ち並んでいます。画像 [続きを読む]
  • GW直前(^◇^)♪ 明日からお休みです
  • 木村です。今日は広島市内は良いお天気です。弊社の周辺は毎年のこの時期の恒例、フラワーフェスティバルの準備が行われています。弊社の近くにもステージやらなんやらかんやら、日々設置されていますよ。溪水社も例年通り、GWは休業させて頂きます。営業日は下記の通りです。  ★4月29、30日⇒休業  ☆5月1、2日⇒営業  ★5月3〜7日⇒休業今年は9連休なんて方もおられるようですが、皆さんご予定はもう埋まっていますか? [続きを読む]
  • 新人さんもはや2か月が過ぎ・・・
  • 広島は今朝から雨が降り続いています。雨の日ってなんだか憂うつですよねぇ。はやくやまないかな・・・・木村です。編集のDさん、入社から約2か月が経ち、日常のルーティンにも慣れてきたみたいです。弊社で働く新人さんは、みんな最初に書籍の出荷を覚えさせられます。(もちろん、西岡も木村もそのまた先輩たちもみんなそうです)この出荷作業を理解しないと、書籍の流通経路が理解できないというのも理由のひとつですが、書籍 [続きを読む]
  • 新年度もはや1ヶ月。もうすぐGW!
  • 大変なご無沙汰をしてしましました。編集の木村です。なんだかバタバタしてしまって、あっという間に4月も半分以上過ぎてしまいました。学校、お仕事、1年生の皆さん、少し慣れた頃でしょうか?年度末刊行の本が多いため、3月は慌ただしいのですが、それらが校了しパタリと生活パターンが落ち着いてきました。今は新しい本の編集を進めています。そのため木村も今月からは新しい勉強を始めました。なかなか頭に入りません。3月に [続きを読む]
  • 明日から新年度ですね
  • 今日で平成28年度が終わります。納品が重なってハプニングはあったものの、年度末でバタバタしたのもなんとか落ち着きました。新人さんも仕事の流れをなんとか少しずつ、つかんできたようです。今日はM君最後の出勤日です。お疲れ様でした。後進にバトンを譲り、新たな自分にステップアップ。うまくいくよう、みんなで応援しています。もうすぐ入学の皆さん、準備は整いましたか?新生活に向けてドキドキ。ワクワク。ですね!さて [続きを読む]
  • トイレだけが新築のよう
  • こんにちは。編集の木村です。突然ですが溪水社の事務所のトイレは和式でした。しかし、先日ついに様式へのリフォーム工事がなされました!!というのも、先日弊社へお越しくださったご高齢の先生が和式のお手洗いで後ろに倒れられてしまったのです。転倒等の危険もあるし、いまどき和式ってないよね・・・、ということで、様式に。壁紙から何から何までリノベーションして、まるでトイレだけ新築みたいになりました♪(ビフォー [続きを読む]
  • 春ですね。 アルバイトスタッフも募集中
  • 溪水社に新しく仲間入りした爽やか女性スタッフのDさん。月末で東京に行ってしまうM君が一生懸命指導している甲斐もあり、だいぶ慣れてきたみたいです。Dさん、遠くから通ってくださっているので朝がすごく早いみたいですが、頑張って下さっています。溪水社では契約社員のほかにパート・アルバイトスタッフも募集しています。出版というと夢を膨らませる方も多いかと思いますが、書籍づくりって、はっきり言って、地味で地味で・ [続きを読む]
  • 藤原凡人先生の「しじゅがい」続編 刊行
  • 大好評を頂き、地元書店の皆さんも驚かれた藤原凡人先生の『しんじゅがい』。しんじゅがい―教育随想・講演記録/渓水社(広島)¥価格不明Amazon.co.jpこの続編が出ました。『しんじゅがい・続編』。1500円+税。本日の中国新聞1面にサンヤツ広告を掲載しています。藤原先生を慕われる方の多さに驚いています。前にも書いた、本編『しんじゅがい』刊行直後の話。事務所にピシッとしたサラリーマン風の男性が来られたと思ったら「尊 [続きを読む]
  • 身辺整理、断捨離のシーズンです!
  • 木村です。普段ほとんどティッシュペーパーを使うことがなく、道で配られているポケットティッシュが2袋もあれば半年は生活できるのですが、この季節は消費量がすごいです、ティッシュの。花粉症・・・・苦しんでおられる方、多いのではないでしょうか。弊社の社長は、塩水で鼻うがいをしているそうですが、とても真似する気になれません。耐える日々です。さて、月末の刊行に向けて準備中の本をご紹介いたしますね。『ランキン [続きを読む]
  • 追加の人員募集開始 【ホームページ管理経験者優遇します】
  • おはようございます。木村です。いよいよ今年度最後の3月ですね。入学、就職などを控えた皆さんはドキドキワクワクの準備期間ですねさて、溪水社では今春2回目のパート・アルバイトスタッフ募集をさせていただくこととなりました。詳細は弊社の採用ページをご覧ください。勤務時間等については面接にて相談に応じます。また各種保険も完備しています。今回は特にホームページ管理業務を中心にお任せできる方を優遇いたします。 [続きを読む]
  • 説明的文章の読みの学力形成論
  • 木村です。1ヶ月ほど東京に行っていたM君が帰ってきました。一ヶ月のブランクで色気づいたのか、ハリーポッターか瀧廉太郎か、という感じの丸眼鏡をかけて、なかなか知的な感じで好評を得ています。昨日から入社した新人の指導を担当しながら、東京へ行く準備をしているM君です。さてさて、先週刊行したての新刊をご紹介いたします。広島大学の間瀬茂夫先生のご著書です。価格は5,900円+税。説明的文章教材の構造、学習者、教師 [続きを読む]
  • 教育史の新刊 刊行しました!
  • 新しい本が出ました。白石崇人先生(広島文教女子大学)による、『明治期大日本教育会・帝国教育会の教員改良』。8900円+税です。結構な高額ですが、680頁もある大著のためご容赦願います。本書では明治期、教育行政と教育社会との結節点において展開された「大日本教育会」「帝国教育会」の教員改良を取り上げ、そこにおける指導的教員の動向に着目し、教員改良の内実や展開過程を実証的に明らかにすることを目指しています。カ [続きを読む]
  • CEFR関係の新刊 もうすぐ刊行
  • 佐藤恭子先生の新しいご著書が3月に売になります。今度は、CEFRを取り上げた書籍。木村もCEFRに関心があるので、関連書籍に携われて光栄でした。『Can-Doで示す英語文法指導』 価格は1500円+税。佐藤恭子先生は追手門学院大学教授です。CEFRはヨーロッパで開発された基準であり、島国という言語的孤立環境にある日本においてどのように活用、あるいは応用されるのかについて、様々な議論がされていますね。CEFRを語るのに欠かせ [続きを読む]
  • PODを活用した新しい出版の形態
  • 木村です。今日はなんだかちょっと暖かくて、昨日までの暖房が暑いかな、という感じも時折しています。関東では春一番が吹いたらしいではないですか。あぁ・・春か・・・・どこか行きたいなぁ・・・飛行機に乗って・・・・・なんて言っとる場合じゃありません!春一番にもちなんで(??)気象関係の新しい本が刊行になりました!旧約聖書ヘブライ語における気象語彙の研究/溪水社¥7,020Amazon.co.jp三上宗一先生のご著書です。 [続きを読む]
  • スタッフ募集は終了しました
  • 木村です。応募させていただいておりましたスタッフについては採用人員が決定したため、募集を停止しました。募集・問い合わせを頂きました皆様、誠にありがとうございました。残念ながら不採用とさせていただいた方へのメッセージと、これから人員を募集させていただく際のための個人的な備忘録も兼ねて記します。人選には適材適所を第一に、と考えます。能力が著しく不足する場合はもちろん採用が難しいのですが、逆にご提供す [続きを読む]