Yes We Can さん プロフィール

  •  
Yes We Canさん: 明日に向かって走れ!
ハンドル名Yes We Can さん
ブログタイトル明日に向かって走れ!
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mikiyakoba/
サイト紹介文人・組織・企業を元気にする経営・マジメント・人材育成の考え方について語りたいと思います。
自由文「覚悟」のある人生には、「悔い」はないと思う。いつか、覚悟しないといけなくなるのであれば、早く覚悟した方が良い。まずは、少しの覚悟からで良いから、行動して、次第に覚悟を膨らませていけばよい。その積み重ねこそ、生きがいとなり、夢の実現、幸せに繋がるものかも知れない。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/01/25 22:14

Yes We Can さんのブログ記事

  • 暗黙知の蓄積
  •  業績は、最終的な結果でしかなく、その業績を生んだ要因は、その結果からは評価することが出来ない。特に、継続的なKnow−howの蓄積、暗黙知の蓄積によって得られた業績は、多くの人の見えない努力に支えられていることが多い。組織は上位の権力により動かされてしまうため、正しい成果を出すためには、その権力の正当性を確認するとともに、その権力を正しく使わないといけない。会社と個人の関係が、昔は共同体的な相互 [続きを読む]
  • 人口知能の先にあるものは
  •  技術の進化で人口知能が脚光をあびているが、人口知能の一番苦手なことはコミュニケーションではないだろうか。人は感情で動く気分屋で、まず論理だけでは動かない。さらにやっかいなことは、人はコミュニケーションにおいて、自分の気持ちに忠実なことを受け入れ、自分なりに解釈してしまう。 今起きているできごとを達観して解釈すると、人の不確定性が社会を構成し、かつ人の動機付けがなされていることである。コンピュータ [続きを読む]
  • 働き改革の本質とは
  •  日本社会は急激な少子高齢化の加速により労働力不足が顕著になり、より生産性の高い働き方が求められるようになった。特に日本のホワイトカラーやサービス業界において欧米と比べるとITの活用が遅れていると共に、新しい価値を生みだすことに対して競争力が低下しているように思える。 かつて、日本はもの作り大国として世界をリーディングしてきたが、労働力の安い中国および東南アジア諸国にもの作りがシフトし、日本国内の [続きを読む]
  • マネジメントに必要な5つのマインドセットとは
  • 経営学者のミンツバーグはマネジメントの仕事を「唯一の最善な方法・解答などは なく、その時に置かれた状況に応じて 最適の判断が迫られる実践である」と定義している。そのためにはマネジメントには「アート(直観)」「サイエンス(分 析)」「クラフト(経験から学ぶ技)」 の 3 つのスキルが必要とされる。 このマネジメントの3つのスキルを伸ばすためにミンツバーグは5つのマインドセットが必要だと語 [続きを読む]
  • 働き方を変えなければ生きていけなくなる
  •  人口知能(AI)の進化と、少子高齢化による労働人口の現象から、最近、働き方改革が注目されている。英オックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授の論文「雇用の未来」によると、今後10〜20年で、現在の仕事、雇用の半分以上が人口知能(AI)に置き換えられると予測されている。 では、AIに置き換わられない仕事はなんであろうか。マイケル・オズボーン准教授によると、「社会性、創造力、臨機応変さ」の3つにヒ [続きを読む]
  • 働き方を変えなければ生きていけなくなる
  •  人口知能(AI)の進化と、少子高齢化による労働人口の減少から、最近、働き方改革が注目されている。英オックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授の論文「雇用の未来」によると、今後10〜20年で、現在の仕事、雇用の半分以上が人口知能(AI)に置き換えられると予測されている。 では、AIに置き換わられない仕事はなんであろうか。マイケル・オズボーン准教授によると、「社会性、創造力、臨機応変さ」の3つにヒ [続きを読む]
  • 自然から学ぶ経営
  •  森に行くと、いろいろな草木が生い茂っている。その草木の育ち方、生え方、自然の有りさまから経営を学ぶことが出来る。たとえば、環境に合わせていろいろな種類の草木が群生しているが、その領域は、それぞれの個体が持っている能力(生命力)の大小で決まってくる。 このことは、事業経営にも当てはまる。駅前の飲食業で考えると、商品単価が安くて回転率と粗利益率が高い店が繁盛して、チエーン店などが勢力を伸ばす現象と似 [続きを読む]
  • 自然から学ぶ経営
  •  森に行くと、いろいろな草木が生い茂っている。その草木の育ち方、生え方、自然の有りさまから経営を学ぶことが出来る。たとえば、環境に合わせていろいろな種類の草木が群生しているが、その領域は、それぞれの個体が持っている能力(生命力)の大小で決まってくる。 このことは、事業経営にも当てはまる。駅前の飲食業で考えると、商品単価が安くて回転率と粗利益率が高い店が繁盛して、チエーン店などが勢力を伸ばす現象と似 [続きを読む]
  • マネジメント勉強会のすすめ
  •  成功している経営者の共通点は、よく勉強していることである。経営者であるから忙しい筈であるが、その忙しい時間をやりくりして勉強に積極的である。よく勉強したから成功したのか、成功したから、成功し続けるために勉強しているか、人によりまちまちであるが、勉強、学びを通して成長できるのが楽しいのではないだろうか。 ドラッカーはマネジメントの父と言われるが、ドラッカーを読んで勉強して成功した経営者も多い。星野 [続きを読む]
  • マネジメント勉強会のすすめ
  •  成功している経営者の共通点は、よく勉強していることである。経営者であるから忙しい筈であるが、その忙しい時間をやりくりして勉強に積極的である。よく勉強したから成功したのか、成功したから、成功し続けるために勉強しているか、人によりまちまちであるが、勉強、学びを通して成長できるのが楽しいのではないだろうか。 ドラッカーはマネジメントの父と言われるが、ドラッカーを読んで勉強して成功した経営者も多い。星野 [続きを読む]
  • マネジメントを越えて
  •  ドラッカーのマネジメントの目的は、「人類愛」にあったことを、ある方から学んだ。人間は、一人では生きられないと同時に、一人では進化できない。いろいろな状況の中、いろいろの人のの関わり合いの中で、人は成長する。 心理学者のアドラー は、人はひとりでは生きられないため、人が生きていくためには「共同体」に属して、自分以外の人と繋がる感覚が大切であると語っている。それをアドラーは「共同体感覚」と定義し [続きを読む]
  • マネジメントを越えて
  •  ドラッカーのマネジメントの目的は、「人類愛」にあったことを、ある方から学んだ。人間は、一人では生きられないと同時に、一人では進化できない。いろいろな状況の中、いろいろの人のの関わり合いの中で、人は成長する。 心理学者のアドラー は、人はひとりでは生きられないため、人が生きていくためには「共同体」に属して、自分以外の人と繋がる感覚が大切であると語っている。それをアドラーは「共同体感覚」と定義し [続きを読む]
  • マネジメントに王道なし
  •  マネジメントを強化するにはどうすれば良いのであろうか。マネジメントはスキルであるため、簡単には身に着かない。また、マネジメントの要素の多くは人間力と言われるヒューマンスキルであるため、特にそのスキルの強化は難しい。企業に於いてマネジメントの強化は重要な経営課題であるが、複雑なマネジメントの的確なアセスメントは難しく、要素分解が出来ないため目に見えるような改善は難しい。 では、どうすれはマネジメン [続きを読む]
  • マネジメントに王道なし
  •  マネジメントを強化するにはどうすれば良いのであろうか。マネジメントはスキルであるため、簡単には身に着かない。また、マネジメントの要素の多くは人間力と言われるヒューマンスキルであるため、特にそのスキルの強化は難しい。企業に於いてマネジメントの強化は重要な経営課題であるが、複雑なマネジメントの的確なアセスメントは難しく、要素分解が出来ないため目に見えるような改善は難しい。 では、どうすれはマネジメン [続きを読む]
  • 成功するための能力 「やり抜く力」とは
  •  世の中で起きていることの多くを知ることは出来るか、世の中で成功することは難しい。なぜならば、成功するためには、知るだけではダメで、知った上で、どうすれば出来るかを考えて、考えたことを行動して、行動したことを検証して、出来ていなければ、出来るまで、行動して、出来た結果で、世の中で認められなかったり、競合に勝てなかったら、更に努力し続けなければ、成功に至ることは出来ない。 多くの場合、知ったり、分か [続きを読む]
  • 成功するための能力 「やり抜く力」とは
  •  世の中で起きていることの多くを知ることは出来るか、世の中で成功することは難しい。なぜならば、成功するためには、知るだけではダメで、知った上で、どうすれば出来るかを考えて、考えたことを行動して、行動したことを検証して、出来ていなければ、出来るまで、行動して、出来た結果で、世の中で認められなかったり、競合に勝てなかったら、更に努力し続けなければ、成功に至ることは出来ない。 多くの場合、知ったり、分か [続きを読む]
  • 企業の生死を決めるもの
  •  東芝が青息吐息状態にある。なぜ100年以上の歴史のある名門の東芝が経営危機に陥ったのであろうか。技術力もあり、優秀な人材を抱えてものつくり大国の日本を牽引してきた大手企業が、すぐ凋落するとは思えない。今まで築いてきた伝統、そしてブランドは、何であったのだろう。 一番腑に落ちないのは、当事者である社員だと思う。会社のためにサービス残業を厭わず尽くしてきたのに、その努力は、何のためであったのだろうか [続きを読む]
  • 企業の生死を決めるもの
  •  東芝が青息吐息状態にある。なぜ100年以上の歴史のある名門の東芝が経営危機に陥ったのであろうか。技術力もあり、優秀な人材を抱えてものつくり大国の日本を牽引してきた大手企業が、すぐ凋落するとは思えない。今まで築いてきた伝統、そしてブランドは、何であったのだろう。 一番腑に落ちないのは、当事者である社員だと思う。会社のためにサービス残業を厭わず尽くしてきたのに、その努力は、何のためであったのだろうか [続きを読む]
  • マネジメント教育のすすめ
  •  人類は産業革命を経て、経済を発展させるために企業という組織を生んだが、その組織が今、迷走しているように思う。経済のルールの元、会社は過当競争を強いられ、社員はブラック企業と思いながらも、自らの生きがいを見いだせていない場合が多い。  なぜ、社員は幸せになれないのであろうか。企業のルールに縛られ、効率の悪い労働を強いられ、仕事に意義を見いだせない人が多いのではないだろうか。本来、労働は、生きがいを [続きを読む]
  • マネジメント教育のすすめ
  •  人類は産業革命を経て、経済を発展させるために企業という組織を生んだが、その組織が今、迷走しているように思う。経済のルールの元、会社は過当競争を強いられ、社員はブラック企業と思いながらも、自らの生きがいを見いだせていない場合が多い。  なぜ、社員は幸せになれないのであろうか。企業のルールに縛られ、効率の悪い労働を強いられ、仕事に意義を見いだせない人が多いのではないだろうか。本来、労働は、生きがいを [続きを読む]
  • 愛とムチのすすめ
  •  会社経営の要諦とは何であろうか。常に利益を出し続けるために、最も必要なことは何であろうか。ロジカルに考えると、常に事業環境変化に対応して、競合他社よりも優位に成長し、競業他社より大きな顧客価値を生みだし続ける必要がある。 環境変化に対応し、他社より成長して、より大きな価値創造を行うにはどうすれば良いのであろうか。鍵を握っているのは、会社のコアとなる社員が自ら成長して、常に新しい価値を生む原動力が [続きを読む]
  • 愛とムチのすすめ
  •  会社経営の要諦とは何であろうか。常に利益を出し続けるために、最も必要なことは何であろうか。ロジカルに考えると、常に事業環境変化に対応して、競合他社よりも優位に成長し、競業他社より大きな顧客価値を生みだし続ける必要がある。 環境変化に対応し、他社より成長して、より大きな価値創造を行うにはどうすれば良いのであろうか。鍵を握っているのは、会社のコアとなる社員が自ら成長して、常に新しい価値を生む原動力が [続きを読む]
  • 歴史と国家を考える
  •  昭和22年に制定された教育基本法の第1条は下記のように記されいる。第1条(教育の目的) 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。 教育の目的は、平和で幸せな社会を形成することである。2017年に第45代のアメリカ大統領となったトランプは、そ [続きを読む]
  • 歴史と国家を考える
  •  昭和22年に制定された教育基本法の第1条は下記のように記されいる。第1条(教育の目的) 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。 教育の目的は、平和で幸せな社会を形成することである。2017年に第45代のアメリカ大統領となったトランプは、そ [続きを読む]
  • なぜコミュニケーションは必要か
  •  若い世代を中心にコミュニケーション障害が増えている。その原因は、お互いに干渉することを避けて、お互い干渉しなくても生きていける社会になってしまったことが大きいのではないかと思う。今、日本で独身が増えている原因も、結婚してお互いに縛られ、干渉されるより、一人で気ままに生きれた方がいいという考えが多いからではないだろうか。 誰からも干渉されず、趣味や嗜好に合わせて自由に生きられる時代になった。それは [続きを読む]