サンダルニャーゴ さん プロフィール

  •  
サンダルニャーゴさん: 素浪人・サンダルニャーゴの日々
ハンドル名サンダルニャーゴ さん
ブログタイトル素浪人・サンダルニャーゴの日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/sandal-nyaago/
サイト紹介文突然、会社を解雇され完全失業者となった素浪人・サンダルニャーゴの希望を求める日々の記述です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1868回 / 365日(平均35.8回/週) - 参加 2011/01/25 23:25

サンダルニャーゴ さんのブログ記事

  • 月曜日、今週も仕事。2017/09/25の話。
  • 私はサンダルニャーゴ。日常に呻吟する一般素浪人である。 今日は月曜日。今週もまた、人生のさまざまな課題を抱えたまま、仕事に邁進するのである。 まずは、負けずにめげずに仕事に出かけるのである。ニャーゴの未来は明るいのである。 では、行ってきます。 [続きを読む]
  • 今日の反省、緊急事態への対応。
  • 今日の反省である。 親族の入院は、さまざまな点で、周辺に大きな影響を及ぼす。 そのリカバリに周りの人間が緊急事態として対応することになる。 しかし、緊急事態としての対応は、長くは続けられない。救急車を常用できないのと同様である。 そのためには、どうするか。 目下、懸命に頭を使って対応を検討しているのである。 そうしないと、周りの人間たちが精神的にも肉体的にも疲弊してしまうのである。 さて、もう寝る時刻。 [続きを読む]
  • テレビ視聴:「植木等とのぼせもん」、何んとまあ、久野征四郎。
  • 土曜日の夜は、小松政夫原作の「植木等とのぼせもん」を楽しみにしている。 回が進むうちに、とうとう久野征四郎が出てきた。小松政夫が植木等の付き人時代に、親しく付き合っていた友人だったのだそうだ。原作にも、実名で登場しているのである。 久野征四郎、知る人ぞ知る東宝専属の俳優さんである。 一般に知られている映画だったら、「日本の一番長い日」の近衛師団大隊長役。岡本喜八ファンだったら「殺人狂時代」の松葉杖の [続きを読む]
  • ニャーゴの休日、義母のお見舞い。
  • ニャーゴの休日、結果報告である。 今日は午後から妻と入院している義母のお見舞いに行ったのである。 義母は、入院中ではあるが、若干元気を回復していた。少し安心したのである。 入院中にやってほしいことを妻と確認し、病院を出たのである。 帰りに駅前のチェーンパスタ屋さん「パッとサイデリア」で、妻とパスタとリゾットを注文。一緒に頼んだドリンクバーで、思いっきりコーヒーやジュースを飲みながら、途中で買った毎日 [続きを読む]
  • ニャーゴの休日、我が家に新テレビが来た。
  • ニャーゴの休日、中間報告である。 今日は12時から14時の間にテレビが配送されることになっていた。 すると、11時55分に、トラックが自宅の前に来た。どうやら、テレビの配送屋さんのようである。 早速、自宅へ入ってもらい、古いブラウン管テレビを渡す。その後、新らしい液晶テレビを持ってきてもらう。 そして、配線の付け替え。最近のテレビは裏側がすっきりしている。 配線を付け替えて、電源を入れて、全ての放送が [続きを読む]
  • 東京回想・大学案内 東京薬科大学女子部(跡)。
  • 台東区内にあった大学、次は東京薬科大学女子部(跡)である。 【所在地】東京都台東区上野桜木1。 【コメント】現在は八王子の奥の方に移転してしまった東京薬科大学であるが、1975年まで男子部が新宿区北新宿にあったことは、このブログで記述した。 で、男子部があるなら、女子部である。 どこにあったか、調べてみた。場所は、台東区上野桜木。東京芸術大学の北西、言問通りに面した場所にあったのだそうだ。 前身は19 [続きを読む]
  • 東京回想・大学案内 第一工業大学東京上野キャンパス。
  • 台東区内の大学、次は第一工業大学東京上野キャンパスである。 【所在地】台東区上野7。 【コメント】場所は、JR上野駅の東の外側。岩倉工業高等学校の並びで、昔は、もっぱら商人宿が並んでいた一画である。 さて、第一工業大学という学校は、東京ではあまりなじみがない。 調べてみると、本部キャンパスが鹿児島にある大学である。運営母体は、都築学園(詳細については各自ネットで確認のこと)。 東京上野キャンパスには、 [続きを読む]
  • 東京回想・大学案内 上野学園大学。
  • 台東区内の大学、次は上野学園大学である。 【所在地】台東区東上野4。 【コメント】場所は、台東区の官庁街、上野駅前の高速道路下の交差点から浅草通りを少し東に出た台東区役所や上野警察署や上野消防署のある場所の北側。 世にも珍しい地下鉄の踏切のある地下鉄上の車庫のすぐ隣が校地である。 もともとは、明治37年に創設された上野女学校。戦後は、女子高等学校となり、音楽科を設置。その後、音楽科を主とした短期大学 [続きを読む]
  • ニャーゴの休日、自転車を持ち帰る。
  • ニャーゴの休日、結果報告である。 今日は実家に行った。実家に行くと、いつも父が載る自転車の他に、新品の自転車があった。 父に聞くと、今まで使っていた自転車をこちらに渡すので、新しい自転車を買ったとのこと。どうやら、父は、新しい自転車が欲しかったようのである。 お寺への送迎は、別の親戚が対応するとのことなので、筆者は自動車で自転車を自宅へ運ぶことにした。 中型乗用車(バンタイプではない。セダンである) [続きを読む]
  • 今日の反省、義母の入院による日常の変化に、めげない。
  • 今日の反省である。 義母の入院で、筆者や筆者の妻の生活が大変に変化をしてしまった。 この日常の変化は、とてもつらい。 しかし、この変化にめげないで前進するのである。 出来る能力と時間と資源は、限られている。 今日できること、明日やること、一週間でやること、一か月、三か月とできることを明確に決めて実施していくのである。 さても今日も寝る時刻。それでは皆さん、お休みなさい。 [続きを読む]
  • 通勤風景:10時過ぎの電車は通勤電車ではない。
  • 今日の通勤風景である。 遅番なので、電車に乗る時間帯は10時過ぎ。この時間帯だと、それほど混雑もせず。 座席にも苦も無く座れて、第一サラリーマン然としたネクタイ着用者がいないのである。 この時間帯の電車は、通勤電車ではないのである。 小林一三が、何とか電車に乗客を乗せたがった時間帯であり、もともと人が少ない時間帯なのである。 ちょっとのんびりした通勤を楽しんだのである。 今週の通勤風景は、今日でおしま [続きを読む]
  • 金曜日、今日は遅番。2017/09/22の話。
  • 私はサンダルニャーゴ。毎日毎日、とにかく精いっぱい生きるしかない定型素浪人である。 今日は、金曜日。遅番なので、ちょっと遅い出勤なのである。 先週の金曜日は、この遅番を同僚に変わってもらったので、今度の火曜日も遅番。少し大変なのである。 さて、今日も負けずにめげずに、仕事に出かけるのである。 ニャーゴの未来は明るいのである。 では、行ってきます。 [続きを読む]
  • 今日の反省、歳月は人を待たない。
  • 今日の反省である。 歳月は人を待たない。子どもの頃からずっと聞いてきた警句である。 確かにその通りである。そのために、努力も研鑽も重ねてきたつもりだった。 しかし、意外なところから隙を突くように、課題が発生する。対処するうちに時間ばかりが過ぎていくのである。 別に一瞬の光陰を軽んじていた訳ではないが、やはり、歳月は人を待たないのである。 でも、手遅れな訳ではない。 発生した問題に、最適な答えを見つけて [続きを読む]
  • 通勤風景:一人で喋り続ける女性。
  • 今日の通勤風景である。 朝の通勤電車で座っていると、近くで若い女性の大声がする。何か友だちとでも楽しそうに喋っているのかな、と思ったら、隣にいる人は無関係な他人。 つまり、一人で喋って一人で笑っているのである。 周りにいる人たちも、その事実に気が付くと、関わり合いを避けるように、彼女から目を話していく。 どうやら、心の病の人らしい。自分の心の中に現れた言葉を、そのまま、口に出してしまう症状のようだ。 [続きを読む]
  • 今日の仕事場:困った人たち、ただ毎日来るだけの人。
  • 今日の仕事場の話である。 差しさわりがない範囲で、仕事場に来る困った人たちの話をする。 この仕事場、詳しくは書けないが、人生の中である状態にある人たちが来る場所である。 まあ、ほぼ本人の努力で、その状態から抜け出していき、この場所にも来ることはなくなるのである。 しかし、本人がただこの仕事場に来るだけで、この状態から抜け出す努力をしないで、ただ半日いるだけという人もいる。 来てはいけない訳ではないし、 [続きを読む]
  • 今日の反省、親族の入院による状況の変化を受容する。
  • 今日の反省である。 義母の入院で、さまざまなことが大きく変わっている。目下、妻に大きな負担がかかってしまっているのである。 しかし、まず事実を認識し、それに合わせて最適な対応を考え、実施していくことが重要である。 そして、考えすぎないことも、肝要である。 さて、また明日に向かって立ち向かっていくのである。 それで゛は、もう寝る時刻。皆さん、お休みなさい。 [続きを読む]
  • 通勤風景:車庫行きの電車。
  • 今日の通勤風景である。 時間帯によっては、到着する駅が終点になる電車に乗ることがある。 何駅か前から、「この電車は途中駅が終点になります」と車内アナウンスで連呼。一つ手前の駅では、「終点では混み合いますので、この駅で次の電車をお待ちください。」とアナウンス。終点の駅では、いつもと違うホームに入るため、あまり使わない線路に電車が入るためか、結構揺れる。 終点のホームに到着すると、しつこいくらい「この駅 [続きを読む]
  • 今日の仕事場:本屋の模様替え。
  • 今日の仕事場の話である。 昼休みに近くの本屋さんへ行くと、店舗の半分が改装中。五月くらいか、確か、居抜きでチェーン店の名称だけが変わっていたのである。 中の在庫の本や配置は、ほぼそのまま。何か月か経って、やっと自前の配置に作り替えるらしい。 うーん、せっかく覚えた本の配置を、改装されたら、また覚え直さねばならぬ。 まあ、でも、新しい店舗の雰囲気も悪くないのである。 改装後を楽しみに待つことにするのであ [続きを読む]