a101net さん プロフィール

  •  
a101netさん: 相生産業国賓味彩のタレ&ソースdeお手軽レシピ
ハンドル名a101net さん
ブログタイトル相生産業国賓味彩のタレ&ソースdeお手軽レシピ
ブログURLhttp://a101jp.blog91.fc2.com/
サイト紹介文銀座めざマルシェでも大人気の相生産業のタレ・ソースで簡単・美味しいレシピを楽しみます。
自由文相生産業国賓味彩のタレ&ソースは、パックからそのまま片手でしぼり出して使えるので、材料の分量に合わせて足すだけでOK!!とっても簡単〜!
お料理上手なあなたも、苦手なあなたも!お手軽レシピでおうちゴハンを満喫しましょう〜!!

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2011/01/26 17:24

a101net さんのブログ記事

  • おぼろ豆乳豆腐スパイシー和風
  • “おぼろ豆腐”や“ざる豆腐”って最近よく見かけますよね。とても美味しく、調味料を替えるだけで飽きずにヘルシーでハマってしまいますよね。でも家族が満足に食べる分を買うには、ややお高いもの。そんなときは、自宅でもいつもの豆腐で作ってしまいましょう。これならお子様も、ダイエット中の方も気にせず沢山食べられますよ。是非、試してみてくださいね。【材料】<1人分>・絹ごし豆腐 1丁・豆乳 150mlほど・青ねぎ 1本 [続きを読む]
  • コーンとおくらの味噌炒め丼
  • 今日のメニューのテーマは“噛む”ことです。現代人は噛む回数が少ないと、かなり前から言われていますよね。ガムを噛むことでもとても脳にはよいのですがやはり食事の際に、しっかりと咀嚼することで唾液の分泌がよくなるので、虫歯の予防につながり消化も助けます。もちろん、過食の予防にもなります。今日ご紹介するメニューはお子様も大好きなお野菜なので、食べやすく、栄養も満点です。もちろん大人でもしっかり楽しんで噛め [続きを読む]
  • さつまいものデリ風サラダ
  • 健康のために意識してお野菜を摂られる方も多い朝食。パンだけではダメだと、ビタミンの補給に野菜ジュースを飲む方も居ると思いますが、やはり時間があるときは、噛むことが大事なので野菜を食べたいものです。生野菜にはビタミンがタップリですが、たんぱく質や食物繊維を摂ることも、大事ですのでデリ風のサラダにして、食物繊維やたんぱく質、ミネラルもまとめて補ってしまいましょう。【材料】<1人分>・卵 1個・サツマイモ [続きを読む]
  • 海老とゆり根のガーリックバター風味
  • “ゆりね”というお野菜、関東よりも関西の方がなじみがあるかも知れませんが、じつはとてもホクホクしていて、調理も簡単なのでお子様ウケも良い、人気の食材なのです。じゃがいもよりも甘く、火の通し具合によっては離乳食にも使える柔らかさに、あっという間に火が通ります。今日は、海老と一緒に合えるだけの簡単メニューですが相性もよく、味つけも相生産業ガーリックババターソースのみなので、濃さもお好みで調節していただ [続きを読む]
  • ピリ辛醤油チキンホットサラダ
  • 濃い黄緑の“キャベツ”がややお買い得な価格で出回るようになりましたね。もう春もすぐそこ…と待ち遠しくなりますがキャベツには大まかに旬が2回あり、一般的なキャベツは冬キャベツで緑の濃い柔らかめのものは春キャベツですね。どちらも美味しいのですが、お好み焼きなどには冬キャベツが向いていると言われています。今日は出回り始めた春キャベツを使います。春キャベツはサラダに向いているので温かいチキンとあわせてホッ [続きを読む]
  • 時短ブロッコリーマカロニサラダ
  • 時間はないけれど、お子様や家族に手を抜いた料理は作りたくない。という方は品数を並べるために、頑張りすぎてしまいがち。かといって、ワンプレート料理などのときにちょっとサラダやココットなどの小鉢が乗っているだけで手が込んでいる感が出るのも事実です。今日は、そんなときに嬉しいマカロニサラダです。時短で済ませる秘密は“早茹で”のマカロニを使うことです。グツグツ5分以上茹でる必要もなく1分半で茹で上がり、その [続きを読む]
  • “グルテンフリー”という言葉も日本ではかなり知られてきましたが、男性にはまだ馴染みがないかもしれません。美容や健康に敏感な女性は、欧米で話題になると、メディアなどですぐに情報をキャッチするため、広まることも早いですよね。そんなグルテンフリーですが、相生産業柚子スパイシー和風ソースも無添加でグルテンフリーの調味料です。グルテンアレルギーは欧米に多いといわれていますが日本人でも食の欧米化が進み、増えつ [続きを読む]
  • ふわとろ高野豆腐
  • “高野豆腐”を食べるときは、みなさんぬるま湯に浸して戻してから使いますよね。でも熱湯で戻して煮ると、別の食感の美味しい不思議な豆腐になりますよ。ふわふわの高野豆腐を一度食べたらクセになってしまい、今までの食べ方がもったいなく感じてしまいますよ。ポン酢などで湯豆腐のように召し上がっても美味しいのですが、今日は相生産業ふきのとうサラダソースで酸味が効いた美味しさを味わってくださいね。【材料】<1人分> [続きを読む]
  • 鶏白湯レモンうどん
  • 日々、斬新な食べ物やレシピが生み出されていますが、料理には“目で楽しむ”ことも必要。和食は特に、切り方や色味などの趣を楽しむ繊細なメニューがいっぱいです。今日ご紹介するうどんも、色鮮やかなレモンが主役のうどんです。よく目にする、すだちうどんのようなものですが相生産業鍋スープ 鶏白湯味との相性は抜群。さっぱりとした中にコクや旨みを感じる一杯です。レモンは皮ごと入れるので、なるべく国産のものをお選びく [続きを読む]
  • 鶏とセロリのごまだれ風味
  • 今日は常備菜メニューです。毎日食べきるようにお料理をされる方も多い昨今。お母さんがコトコトと煮焚き物をして、数日持たせたり、お弁当のおかずに入れたりしていた懐かしい思い出をお持ちの方も多いと思います。でもひじきの煮物などはレトルトでもスーパーのお惣菜、ひいてはコンビニのレトルトでも売っていますね。でも、忙しい主婦の方は自宅で作って琺瑯容器に保存して、1週間のメニューをやりくりしている方も増えてきま [続きを読む]
  • 簡単うまみ味噌ラーメン
  • “ラーメン”といえば、お酒のシメにも欠かせないお勤め中の方のランチにもはずせない人気の定番メニューですが、健康面で不安のある方にとっては、大敵になる存在でもあります。健康診断の結果が悪かったりすると自主的に食べる機会をセーブしたり主治医や奥様から禁止令が出ている場合も。そんな方におすすめなのは“家ラーメン”です。ご家庭で作ると塩分の調整も効きますし、お野菜タップリでつくることも可能です。今日ご紹介 [続きを読む]
  • チンゲン菜の柚子味噌炒め
  • アロマテラピーはいまやとても一般的で美容や健康にと、生活に取り入れているご家庭も多く、ショップに立ち寄ってもアロマの香りに誘われることもしばしば・・・。男性にはアロマやハーブティが苦手な方も意外と多いものですが、昔ながらの柚子はやはりお吸い物や和食には欠かせない存在です。柚子の香りの成分はレモンでおなじみの“リモネン”と“シトラール”という物質で、アロマテラピーでも人気の成分です。頭もすっきりし、 [続きを読む]
  • 里芋としらすのチーズ焼き
  • 今日は便利な下ごしらえ野菜を使った時短メニューシリーズです。栄養を考えると、新鮮な野菜が良いと思いますが忙しくて、冷蔵庫で悪くしてしまったり悪くする前に慌てて、傷んだ部分を取り除いて食べているという場合、冷凍野菜や下ごしらえ済みのものが便利で、無駄なく使えますよ。野菜が傷んでしまうと栄養素も半減するため最初から保存状態がよく、長持ちする冷凍や真空パックの下ごしらえ済みを使う方が潔いこともあります。 [続きを読む]
  • おつまみにも!ピリ辛玉こんにゃく
  • 意識して摂らないと不足しがちな“食物繊維”現代人は特に、飽食の時代なのでかえって栄養が偏りがちですね。粗食や昔ながらの日本食がすすめられていますがやはり、こんなに多種多様な食文化があるので健康ばかりを意識しすぎて偏るのも一般的ではありませんよね。やはり食を楽しみながら健康で居られるのが一番。食物繊維を普段から意識するのが難しい場合やおかず作りを悩ませるようになる場合には、無理して取り入れずに、栄養 [続きを読む]
  • 簡単デトックス!大豆とピーマンの炒め煮
  • 今日のレシピのピーマンは緑の野菜の中でも特に色の濃いものです。“緑黄色野菜”が体に良いというのは多くの方がご存知ですが、外食や出来合いのものを食べる場合など、とりあえず健康のためにとサラダなどを食べることも多いですね。そうなると、あまり色の濃い野菜はトマトくらいしか入っていない・・・ということも。ではなぜ緑黄色野菜がいいのでしょうか。ピーマンでいうと緑の色は“葉緑素”というもので別名“クロロフィル [続きを読む]
  • 焼きビーフン
  • 数年前から人気の“鶏白湯スープ”じっくり煮込んだ鶏ガラや丸鶏などからできるスープはなんとも言えぬ深い味です。インターネットを見てみると、自宅で作っているという方もいるようです。ですが、やはり手間隙、コストもかかるものです。そんな鶏白湯をとても簡単に活用できるのが相生産業鍋スープ 鶏白湯味です。こってりしすぎないのに、旨みもたっぷりコクも濃厚でお野菜の旨みを引き立ててくれるので、鍋だけにしか活用しな [続きを読む]
  • 紫芋クリームのパンケーキ
  • “紫芋”といえば沖縄や鹿児島のものですが物産展などが開催されていないと、やはり簡単に手に入りませんよね。ネットで何でも買える時代ですが、遠方ということもあって送料がかかってしまうことも。ごくまれにスーパーなどでもありますが相生産業ムラサキイモパウダーがあれば、とても簡単に、紫芋スイーツが作れますよ。色が鮮やかになるだけでなく、風味もかなり出るので本当に芋を混ぜたようなクリームに仕上がります。【材料 [続きを読む]
  • 大根の親子丼
  • 日本人ならほとんどの方が好きな“梅味”梅味のポテトチップスや、飴など日本文化を感じるお菓子もあるほど、愛されている素材ですね。自宅で梅味にするには大半が、“梅干し”や“練り梅”を活用することが多いと思いますがやはり、国産にこだわるとコスト面で負担がかかったり、種を取る手間などもあり“梅味”にする機会も減ってしまいますよね。そんなとき、相生産業 梅じそシーズニングを使えばもっと気軽に、完成後にかける [続きを読む]
  • 水菜と豆腐のヘルシーパスタ
  • 時期によって目玉品が変わるの、お野菜。えのきやしめじなど100円以内で買えるものはとても助かりますが、葉物でいうとチンゲン菜や水菜が安くなっているスーパーが多いような気もします。でも水菜はサラダや鍋くらいにしか活用できないし残してしまい、悪くしてしまうなんてケースも。お吸い物などに入れてもいいのですが、今日は洋風にアレンジしてみましょう。お豆腐との相性もよく、見た目もカッテ-ジチーズっぽく見えるので、 [続きを読む]
  • ふわふわ練りものの和風おろしかけ
  • 中高年のご家庭になじみの多い“練り製品”若年層のご家庭では、おでんなどの際にしかあまり購入しないというケースも少なくないものです。でもここ最近は、ふわふわなやわらかい食感の練り製品が増え、小さいお子様のいらっしゃるご家庭で登場する機会が増えているようです。練り製品は、イメージよりも意外と添加物が少ないものも多く、魚離れした世代や苦手なお子様にも便利です。今日はこの「やわらかめの練り製品」を使った一 [続きを読む]
  • 手羽元と干し大根の炊き込みご飯
  • 近年、人気の“干し野菜”ですが干し野菜に適した時期はまさに1,2月です。晴れの日が4日以上続く日で冷たい風が吹き空気が乾燥しているので、まさにぴったりなのです。そんな干し野菜ですが、ネットに入れて本格的に作らなくても、お試しでオーブン用のネットやざるで日向に干してみるのもいいですよ。少量なら取り込むのも簡単で、お試しには最適。栄養素も凝縮され、免疫力の向上にも一役買いますよ。今日は大根を使っていますが [続きを読む]
  • ちくわと豆腐のスプラウト和え
  • 毎晩のメニューのマンネリ化に困ったときには一汁一菜を思い出してみることがオススメです。栄養バランスも整うだけでなく、小鉢を足すことで箸休めになり、飽きずに食べることが出来たりやや酸味のあるものや香りのあるもので、メリハリが付くこと間違いなしです。今日ご紹介する小鉢も栄養面でも完璧で成長期のお子様にもばっちりです。たんぱく質、ビタミン、ミネラル、味の点でパーフェクトな上にコスパも◎です。【材料】<2 [続きを読む]
  • 新じゃがベーコン梅風味
  • “新じゃが”が美味しい季節になりましたね。コロンと小さく、甘い新じゃがは皮も薄くて甘いのでもちろん剥かずにきれいに洗って、そのまま調理しましょう。皮にはビタミンも多く、見た目にも食欲をそそりますね。今日は新じゃがと相性ばっちりのベーコンを合わせていますが、ブロッコリーも入るので彩りもよく、電子レンジで調理できるのでコンロを使わずに洗い物も少なく済みます。【材料】<2人分>・新じゃが 5〜6個・ベーコ [続きを読む]
  • トリプルジューシーハンバーグ
  • 皆さんは今夜のおかずに」困った時に何を作りますか?炒めてしまえは簡単だからと炒め物や煮てしまえばと煮物などにすると、決まって家族から不評で、味がしみ込んでいないとか箸が進まず、残されてしまったなんてことも。時間がなく、考える余裕のないときこそ“ハンバーグ”がオススメです。さっと混ぜて、あとは焼くだけなのでその間にもう一品を作ることも可能です。味付けがとても困るという方も相生産業ハンバーグソースがあ [続きを読む]
  • 鶏と春菊の焼きそば
  • 今日は“春菊”を使ったレシピです。栄養については以前お伝えしましたので、今回は春菊の保存のコツをお伝えします。春菊は葉物野菜とは変わりませんが、冷蔵庫に入れておいたら、あっという間にしなってしまった。というご経験はありませんか?購入時は新鮮でも、あっという間にしなびてしまうのも特徴的です。普通に入れておくと、NGなのですが少しの手間で長持ちするので以下のポイントに注意してください。まず、春菊の袋に水 [続きを読む]