kaz さん プロフィール

  •  
kazさん: 洋蘭を楽しむ北国の家ができるまで
ハンドル名kaz さん
ブログタイトル洋蘭を楽しむ北国の家ができるまで
ブログURLhttp://coelogynekaz.blog54.fc2.com/
サイト紹介文終の棲家ができるまでの記録。床下温風暖房機、県産無垢材や古材など環境負荷に配慮した家作りです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/01/26 09:29

kaz さんのブログ記事

  • 桐のおもちゃ箱
  • 無垢の木の手触りに惹かれて、おもちゃ箱兼椅子を買いました。無塗装の桐材でできているので小さい子が舐めても大丈夫そう、各面に設けられた人の顔にも見える取手穴がユニークです。使われている桐材の厚さは12mm、4枚の側板はあられ継ぎという組み手を使った結構凝った継ぎ方で白木の美しさを引き立てるように木口がきれいに並んでいます。このように置くと高さ25センチほどの小さな椅子になります。そして上下をひっくり返す [続きを読む]
  • 懐かしい腕時計、再生に挑戦!?
  • 手元に古い腕時計が10個ほどあります。機械ものが好きな人は持っているだけで楽しいものです。父が海外出張の折りおみやげに買ってきてくれたものや骨董市で手に入れたものなどそれぞれ思い出深い物です。写真左は高校生になったときに買ってもらったものですがガラスにヒビがはいっていたので古くからある時計屋でガラスを交換しバンドを新しく付け替えてもらいました。どの時計もネジを巻けばちゃんと動くのですが分解掃除・注油 [続きを読む]
  • ウチョウランが咲き始めました
  • 昨年春、いつも行く骨董・リサイクルショップで分けてもらったウチョウラン、無事芽を出し純白の花が咲き始めました。小さな鉢に四株植え込んであり、白二株が先に開花、もう二株は確か紫色の花だったと思いますが、こちらはやっと小さな蕾が見えてきました。それぞれの株元から小さな芽がのぞいています。一年目の昨シーズンに小さな球根が出来て四株が八株に増えたようです。小さな芽を出した株たちが開花するにはあと何年かかか [続きを読む]
  • 小さな古い虫かご
  • 久しぶりの更新です。PCでブログを書くとなるとカメラからPCに写真を読み込んだり、画像サイズを調整したりと、だんだん億劫になっていました。何やら簡単にブログづくりが出来るとのウワサを聞き今回は初めてスマホを使ってブログ書きに挑戦です。 いつもの骨董兼リサイクルショップで面白いものを見つけました。 写真、右端のカゴです。 カゴには左に写っているヒヨドリらしいバードカービングが入っていたので鳥カゴのミニチュ [続きを読む]
  • 柿の渋抜き その後
  • 先日柿の渋抜きを始めて一週間ほど経ちました。渋が抜けているか、試しに一つだけ発泡スチロールの箱から取り出し試食してみました。渋はもうすっかり抜け、硬さもちょうどよい具合で食べごろに仕上がっていました。先日手に入れた、縁に金継ぎの修復跡のあるたこ唐草文様の5寸皿に盛って・・・。なんでもちょっと手をかければ美味しくいただけるものですね。 [続きを読む]
  • 柿の渋抜き
  • 街を歩いていると店の前に渋柿を並べてありました。干し柿をつくろうと買い求めました。初めは干し柿を作ろうと思いましたが、皮むきの手間や気温が下がらずカビが生える可能性などを考えて渋を抜いてそのままたべることにしました。まず発泡スチロール箱を用意して柿をならべました。重量は二袋で3.5Kgほどありました。上に新聞紙を広げ、渋抜き用の焼酎は柿1Kgあたり10ccなので40cc位を柿に直接かからないように振りかけます。 [続きを読む]
  • 軽井沢に行ってきました
  • 秋も深まった10月末、軽井沢に行きました。幸い天候にも恵まれホテルでは美味しい懐石料理をいただき、落ち着いた雰囲気でゆったりとした時を過ごすことができました。はるばると軽井沢まで出向いたのは下の娘がやっとかたづくことになり先方のご家族と共にお祝いを兼ねてひとときを軽井沢で過ごすことになったためでした。朝食のあと、ホテルの周りを散策してみました。浅間山麓、標高1,000メートルほどある軽井沢ですので紅葉真 [続きを読む]
  • iMACを買いました
  • 最近、たまたま仕事先でMACの話が出て、とても懐かしい思いがしました。今はWindowsパソコンが全盛ですが特にデザイン系の用途ではMACがメインで使われています。MACと言っても知らない方もおいででしょうからひと言、解説を・・・。エンジニアというかマーケッターというか今は亡き偉大なスティーブ・ジョブズが1970年代に興したapple computerという会社で製造されている一連のパソコンで、windows PCが世に出るずっと前からマウ [続きを読む]
  • 赤とんぼ 山の畑の桑の実を 小かごに摘んだはまぼろしか
  • 家から職場まで、30分ほどの道のりを歩いて通勤しています。途中うぐいす、ホトトギスや名も知らぬ野鳥の声が聞こえたり野辺ではヤマユリの蕾が膨らみ、山椒の実もそろそろ採り頃です。道端では頭上からヤマグワの木が覆いかぶさり、紫色に熟した実が採る人もなくたくさん地面に落ちています。毎日行き帰りに木の下を通っていますが、まだワイシャツのうえに実が落ちて染みになったことは無いのは幸いと思わなければいけないのか [続きを読む]
  • 印判の小皿を買いました
  • 昼休み、やっと季節外れの寒さも去り暖かな陽射しの下、職場そばのいつもの古物のお店へ・・・先週から目をつけていた印判の小皿がまだ残っていました。染付のお皿は高価で手が出ませんが、明治になって出回り始めたこの印判の小皿、あって無いようなお値段でしたのでつい買ってしまいました。女あるじからは二人しかいないんだから二枚あれば十分と言われていましたので二枚だけ買おうとするとお店のお姉さん曰く、「五枚一揃い、 [続きを読む]
  • クロユリが咲きました
  • 5月の連休に遠野の道の駅に立ち寄った際、小さなつぼみをつけたクロユリを買い求めました。ここでは以前、絶滅危惧種のハヤチネウスユキソウも(ちゃんと栽培許可を受けて繁殖させたもの)買いましたが都会とは違ってすべてがどれも予想外の値段で手に入るのは嬉しいことです。本当に真っ黒な花が二輪、黄色のしべがとても映えます。来年も咲いてくれればいいのですが、ヒメサユリの隣りに植えてあります。  [続きを読む]
  • ヒメサユリが咲きました
  • 一昨年買ったヒメサユリ、蘭棚の下で丈が50センチほどに伸びて蕾が膨らみ徐々に色づき、わずかに開き始めました。ここまでくればもう数日で開花です(5月20日早朝)。 無事今年も開花しました。寒い当地の気候が生育条件に合致したのか、一株が二株に増えいままで二輪だった花つきが今年は三輪ずつ咲きました。 [続きを読む]
  • 西和賀町へ クモキリソウ
  • 週末に盛岡から南西に車で1時間半ほど、3年前に訪れた西和賀町へ。秋田県横手市まで車で30分ほど、山深い西和賀町の湯川温泉に行ってきました。盛岡市を出ると途中つなぎ温泉を通り雫石町、旧沢内村を経由しますがそちこちの道路脇では自家製野菜や山菜、山野草を売る小店が目につきます。覗いてみるとヤマユリ、スズランと並んで野生蘭のクモキリソウ、古い枯れた葉もあって鉢で何シーズンか育てた株のようです。これだけたく [続きを読む]
  • 竹のうちわ立て
  • 以前のブログで、黒竹でできた古いうちわ立てを取り上げました。仕事場近くの同じお店を覗くと、また竹でできたうちわ立てがありました。篠竹でしょうか、ちょうど節のところで切りそろえた部分を上に向けた足、その他の部品も竹の太さを上手に使って組み上げてあります。黄色い矢印方向から見ると・・・・組み上がった左右の部分は前は長めの、後はごく短めの細い竹を二本ずつ差し込み、竹のひご釘を斜めに打ち込んで丁寧に固定し [続きを読む]
  • 格安スマホのカメラでもそこそこの性能が・・・
  • 退職以来使っていたガラケーからスマホに換えてほぼ一年、今年1月には女あるじもスマホに乗り換えました。以前書いた記事のスマホをお下がりで女あるじへ渡す前に女あるじのガラケーにある電話帳、たくさんの写真や動画などを移行するのにちょっと面倒でした。私は同じ会社の上位機種を使い始めました。上位機種と言っても1万円ちょっとでネット販売で買いました。通話はほとんどLINEなので電話をかけることもめったになく家では [続きを読む]
  • 庭のタラの芽
  • 5年前、ここに居を構えた時には小さな一本のタラの木が年々増えて10本程庭に生えています。枝の先端から伸び出した太い頂芽は2週間ほど前に天ぷらや和え物で美味しくいただきました。頂芽を摘まれたタラの木はその下二節ほどが芽吹きますが、これが枝となって年に1メートルも伸びます。これでは翌年には手がとどかなくなって収穫に支障が出てしまいますので、下芽が伸びだす前に下から二節ほど残して短く切り詰めます。切り詰め [続きを読む]
  • アケビの花が咲きました
  • 何本かある庭のアケビが一斉に開花しました。昨秋、化成肥料をひと握り、庭のあちこちにパラパラと散いておいたのが効いたのかたくさんの雌花がつきました。アケビは自家受粉しないので庭に生えている別の木から雄花を採って来ました。 その雄花の花粉を雌しべにくっつけて受粉します。全て受粉するとひと花で5〜 6個の実が成りますが他の花の受粉情況を見ながら間引いていくつもりです。 [続きを読む]
  • 春、庭の花々その二
  • 前回のブログでは表示される写真サイズが小さかったので、スマホアプリの設定を変えてみました。今度は良いようですね。さて、この小さな花はチゴユリ、蘭棚の下にたくさん芽を出し咲き始めました。蘭棚が直射日光を遮るちょうど良い日陰になるのか、どこから来たのかこのゲンジスミレも濃い紫の花を見せています。近所の野山にもたくさん自生しているキバナイカリソウ、まあるい小さな蕾が膨らんで手足をピンと伸ばすと錨の形がで [続きを読む]
  • 庭のウルイが伸び出しました
  • 何年か前、神子田の朝市で何百円かで仕入れたウルイの根株が年々充実してきました。秋に厚く乗せておいた枯れ葉を除いてみると、たくさんの芽が・・・・。このままでも芽は伸びるのですが日に当たってせっかくのウルイが硬くなってしまうのでダンボール箱をかぶせて遮光します。数日して30センチほどの食べ頃サイズに育ったら根元から切りとってオカカをのせてお浸しでいただきます。 [続きを読む]
  • 春、庭の花々
  • 昨日から寒さが戻った盛岡ですが、庭のタラの芽も膨らみ(実はもう食べてしまったのですが)やつと春が訪れ、花々が一斉に咲き出しました。 これは赤花のエンレイソウ、白いエンレイソウもあちこちで咲いています。 カタクリも東側の斜面に何輪か見えます。 以前お隣さんから戴いたシラネアオイは元気に4輪、花をつけました。 青いラショウモンカズラもあちこちで咲いています。 近辺に自生しているヤマブキが満開です。 初めて [続きを読む]
  • 横澤パンの食パンでお茶を・・・
  • 盛岡は北山の寺町通りが尽きようというあたりにある小さなパン屋さん、横澤パン">横澤パンに食パンを買いに行きました。この地区は藩政時代、城下町の南側の河南地区、大慈寺界隈と北側の北山地区の二か所に寺社が配置されましたが、その北山にあたります。近くには五百羅漢で知られる法恩寺、ムカデ姫の墓のある光台寺、歴代藩主の菩提寺である聖壽禅寺などがあります。女あるじによれば、このパン屋さんは料理研究家の有元葉子さ [続きを読む]
  • となり町の温泉に行きました
  • 我が家からは30キロ弱、車で一時間ほどのところにある盛岡市の西隣り、雫石町の鶯宿(おうしゅく)温泉に日帰り入浴に行ってきました。盛岡市内に比べて標高が少し高いのでしょう、岩手山もずいぶんと低く、そして近く見えます。左側の山肌の白い筋はスキー場です。今年は暖冬で道路には雪がまったくありません。あさひの湯という源泉をひいている100%かけ流しでアルカリ泉、美肌効果があるかもしれません。露天風呂の周りは雪だら [続きを読む]
  • 蘭が咲きました(Den. fimbriatum v.oculatum)
  • 先日(1/31)のブログでご紹介したつぼみがうまいこと開花してくれました。これはデンドロビューム・ フィンブリアタム、中国南部からタイ、インドに分布する蘭で育てやすいのですが環境が合わないのでしょうか、我が家では咲かせにくい気難しい部類に入ります。我が家に来て13年目、バルブの長さは50センチほどあり、デンドロビュームでも大型の種類です。花茎は下垂してリップの奥に黒っぽい斑が入ります。リップの先端 [続きを読む]
  • 居間から野鳥観察 ミヤマホオジロ
  • 今朝はこの冬一番の冷え込み、車庫の柱にさげた温度計はマイナス9度近くまで下がりました。我が家から車で30分ほど、春先にワラビ採りに行く場所のすこし先にある盛岡市薮川ではマイナス20度超、本州一寒いところと言われています。居間の窓からは色々な野鳥が観察できます。背中の羽をみてスズメかと思いましたが、スズメよりちょっと大きめでしょうか。頭部は黒と黄色の羽が目立ちますのでスズメとは違うようです。お腹は白い [続きを読む]