YAD さん プロフィール

  •  
YADさん: 裏 Y.Architectural Design
ハンドル名YAD さん
ブログタイトル裏 Y.Architectural Design
ブログURLhttp://ameblo.jp/yad-2009/
サイト紹介文愛媛県の設計事務所YADが住宅設計や店舗デザイン・歯科医院設計監理を行う中での設計事務所の裏BLOG
自由文愛媛県松山市の建築設計事務所から、たわいもない日々のはみ出し記事の掲載です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2011/01/27 16:17

YAD さんのブログ記事

  • 大宝寺 桜
  • 事務所の入口が、ガラッと開き、ご近所の高齢の女性が入って来られた。大宝寺の桜のお知らせ。散歩がてら見に行かれたらって、言って頂いたので、その80歳過ぎの女性と共に見に行ってきましたぁ。桜の状態や地域の情報。現地ガイドの様な滑らかなトーク。有難うございます。 [続きを読む]
  • お紅茶と雑木
  • 親子でインドの旅をされた方からいただいたダージリンティ。一緒に行かれたお母様は88歳だからビックリです。健康第一。有難うございます!■梅津寺の家は、アトリエの外壁が張られています。幅厚みの異なる栗、タモ、楢、桜、欅、朴。・杉の軒天と雑木外壁 ↓・杉の軒天と外壁 ↓・室内天井 杉 ↓今後、塗装、左官の施工が始まっていきます。 [続きを読む]
  • 板財だらけ
  • 製材所みたいになっています。外壁に張る板を並べ枚数とレイアウトの確認。口出しする必要もなく、桜、楢、栗、楠、欅が的確に並んでいきます。さすがだ。壁の杉板も綺麗ですが、どちらかというと軒の杉板の方が好きです。双方の色の変化が楽しみです。 [続きを読む]
  • 花壇 軒天 階段
  • 完成した花壇と植栽。松山市内 街の住宅です。明日、お引越しです。海の住宅は、玄関外の軒天が張られています。↑ この屋根の切り取った曲面が、部屋に陽と影をバランス良く届けてくれています。内部は大工工事終了し、次の工程へ入ります。 [続きを読む]
  • 調査
  • 改装を御依頼頂いている住宅調査。天井を剥がし小屋裏へ。そして天井裏、床下。既存の図面を再現し、構造検討を行います。それと建物前に拡がる桜並木の開花状況調査。リビング、お風呂をはじめ全ての部屋から眼の前に桜が満開になります。 [続きを読む]
  • 杉板
  • 海の家、大工工事進行中。このお宅では大量の杉を使用します。室内に立掛けられ待機中の杉板。綺麗な材料を選り分けて貰っています。コンクリートとガラスブロックと杉の軒天。寝転んで星空を見上げるルーフテラス。熔融亜鉛メッキの鉄骨。外壁のアピトン。 [続きを読む]
  • コバ積み
  • 先週土曜日に、松山市内の住宅のお引渡しと取扱い説明をさせて頂きました。施工中に打合せをさせて頂いたカーテンも取り付け完了です。お引越しまで1週間。残工事の道路に沿った花壇工事が進んでいます。花壇は、鉄平石の平たい側が正面から見えるようにして積む小端積みで仕上てもらいます。 [続きを読む]
  • 白木蓮
  • 現場でお客様との打合せ。大工工事真っ只中の海の家。内外装仕上の打合せをさせて頂きました。より分けた杉材を使った軒天が少し張られています。コンクリートとの異質な組合せが綺麗です。引き続き、街の家で庭の打合せをさせていただきました。ザラザラ壁とレッドシダーと洗い出し仕上げ。まだガラスが入ってないので庭まで通り抜けれますが、正面にスリガラスが入り、外からの視界は遮られ、庭の気配のみ感じられる様になります [続きを読む]
  • 杉材
  • 少しずつ春らしく、暖かくなってきましたね。天窓予定している屋根から暖かな陽が射してきているこの部屋は浴室、洗面です。軒天下地も整いまして、そろそろ軒天仕上げ材が張られていきます。 ↑  駐車場です。こちらの屋根からは、左の開口から少し雨が降り込みます。室内の玄関天井は杉板張り。右奥角に天窓です。壁が曲面になっている部分の膳板。綺麗に滑らかな局面で仕上て貰っています。 [続きを読む]
  • 検査
  • 住宅のお引渡しまで、何度かの検査が繰り返されます。工務店さんの自主検査。設計事務所検査。検査機関の完了検査。お客さんの検査。本日は、お客様に同行し、お客様検査を行っていただきました。気になった箇所については、事前にお伝えも頂いてましたので、一通り全ての箇所を見ていただき、それぞれにつきご説明させて頂きました。リビングの寛ぐ空間はスッキリと整え、キッチン廻りとその奥の食品庫に収納をまとめています。あ [続きを読む]
  • クライミングウォール 雲悌
  • 本日は、クライミングウォールと雲悌の製作日製作はこのお宅の大工棟梁さん。私は図面書き。この壁をクライミングウォールに改装します。ホールド取り付けるパネルの下地。壁からパネルを浮かして取り付けるための下地です。爪つきナットが叩き込まれたパネル裏面横30cm縦30cmでホールドが取り付けれる様にしています。あとは好きな位置にホールドを取り付ける。そして登る。登る!次に雲悌雲悌って夢のある漢字だったことにま [続きを読む]
  • 現場虫
  • 熔融亜鉛メッキのルーフテラス。デッキ材はセランガンバツ。ゴソゴソしてる間にお昼となり、ローソンでミニおにぎり弁当とシーフードヌードル。カップラーメンは、海の家だしシーフードでしょ。大工さんと一緒にお弁当の時間を過ごすのも久しぶりだから、少し嬉しかったりして。(笑確認事項を監督さんに電話連絡し、現場をはなれる。そして、設計図書を現場に忘れた事に気づき、再び現場。事務所にて今日の状況を踏まえ、次の段取 [続きを読む]
  • 材料
  • 外壁に使っているアピトン。トラックの荷台とかによく使用されているのを見かけます。そのアピトンを使用した外壁。ガラスブロックそして、本日入荷の雑木。栗、楢、欅、桜。幅厚み違いの板材。大工さんのセンスに頼って張ってもらいます。 [続きを読む]
  • これから
  • 3月にお引渡しの住宅。内装がほぼ終了し、電気器具、設備機器の取付が行われています。そして、今のうちに手直しチェックも少しずつお伝えし、改善工事も平行し進んでいます。これからお引渡しまで、お客様検査、検査機関完了検査、機器類の取扱い説明、是正箇所の手直しなどを経て、お客様へのお引渡し、お引越しと進んで行きます。フラットな壁面と木格子。フラットな天井と野地板あらわし天井。道路に面した塀が発生させる光と [続きを読む]
  • とろける
  • ラ・ブランシュ ドラエ和 SAKE Truffe外側の少し歯ごたえあるチョコの厚み。その先に拡がる愛媛の地酒「雪雀」を使用したお酒の香り、そして、とろける感じ。ひと口目の演出。スゴ〜く美味しいです!この時期以外でも購入可能かなぁ。買いにいこ。貰ったという、自慢ではありません。。。笑 [続きを読む]
  • 家具
  • 先行取付け家具が設置され、その後壁などの仕上げが施され、取付け待ちだった後付家具の搬入。キッチン廻りには、沢山の収納が可能な家具が設置され、その一部には普段は壁状に見える状態からカウンターとして使える様に可動する家具もあります。あっ、こんな収納もありました。 ↓洗面用です。 [続きを読む]
  • 外壁塗替えとガラスブロック
  • 梅津寺の家のオーナーさん自ら既存の住宅から取外され、当事務所でお預かりしてたガラスブロックを現場へ納品いたしました。この位置に縦に積まれます。ガラスブロックはもう一箇所ありまして、こちらは、フロストガラスブロックを使用します。内部壁下地はほぼ終了です。■外壁塗替え。竣工後10年を迎え、外壁のメンテナンスと共に表面仕上げを施しました。お客さんと相談しながら材料選定に悩みましたが、質感、色とも新築当時の [続きを読む]
  • 雑木って
  • 雑木って検索するとウィキペディアでは、以外にも、経済的価値の低い広葉樹・・・・・・って記述から始まる。。。ましてやS30年には、有用材との差をより明確にするため「ゾウキ」ではなく「ザツボク」と表現。しかし、需要があれば価格への影響も顕著です。。。アルミサッシもその昔はアルミ色しか無かった時代から、色んな色が増えてきて、ブロンズ、ステンカラー、黒、ホワイト、ブラウンなど。各メーカーによって似た色でも呼 [続きを読む]
  • 塗装職人
  • 塗装職人と呼ぶべきか、先生と呼ぶべきか。鮎釣り名人とお呼びしたほうが良いだろうか。凧職人でもある。。。年間2.3度しか会えないのに、先日事務所へ寄ってくださいました。昨年暮れの4人の忘年会依頼だから、少し早いペースだ。現場でイメージをお伝えすると「できません」と云われる方と「こうしたら出来るかも」といってくださる方がいらっしゃいます。その”こうしたら・・・”という考えていただける環境を創らなければなら [続きを読む]
  • 屋根
  • 造成地の中で1軒だけ施工中。静かにポツんとした雰囲気漂っていますが、シートの中は躍動してます。屋根工事もう少しで終了します。いつまで時間を要する?って秘かに思っていましたが、かなり大変ってこと徐々に実感です。設計段階で悩んだ分、それ以上に現場は大変です。全ての形、幅が異なる金属板の笠木を取り付け中です。 [続きを読む]
  • 塗り
  • 今日は、お客様のお時間が大丈夫との事で、急遽でしたが、現場状況を見て頂く事ができました。大工さん工事が終了し、左官下地が施された室内は、スッキリした印象。独立する前に担当してた住宅からず〜っと使っているシルタッチ。まだシルタッチの下地段階ですが、なんとなく整ってきた感じが出てきてます。この格子から発生する陰影がまだ見れてないので、次回午前中の時間帯を狙って行ってみようと思う。 [続きを読む]