郷里に定着できそう! さん プロフィール

  •  
郷里に定着できそう!さん: 一隅を照らす
ハンドル名郷里に定着できそう! さん
ブログタイトル一隅を照らす
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/sottaku7/
サイト紹介文「小さな街の法律家」として、紛争の調停・和解を通して微力を尽くす。
自由文自由で健康的な生活、スローライフが希望でその為には家族・夫婦・親子が仲良く、趣味・旅行・ドライブなど共感できる話題や生き甲斐を持つ。教育・健康投資を優先し、生涯学習・生涯現役(非営利)が夢。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2011/01/27 00:50

郷里に定着できそう! さんのブログ記事

  • 当世葬儀事情、雑感
  • 昨日、家内が親しくしていた某夫人の葬儀に参列した。告別式は整備された新装会場で行われたので、何の不自由もなく終わったが、告別式前後の知人との会話に時代の流れを感じ、微妙な心境になった。ご子息の一人... [続きを読む]
  • 徒然なるがままに
  • 同伴した病院の検査室に置かれていた図書に、生命に関する下記神秘的な内容が書かれており忘備録をとった。人(生物・個体)は、生命体のリレーの走者であり、DNAがそのバトン。1つの細胞当たり1メートル、... [続きを読む]
  • 野菜の和え物
  • 3月の初旬に小松菜・ミズナ・時無し人参の種を蒔いたが2週間後にうまく発芽し、先週二度目の間引きをするまでに育っている。その間引いた若菜を持ち帰り、昨日ふと思い付き、生のままでピーナツ和え・胡麻和え... [続きを読む]
  • 旅の反省など、雑感
  • 旅先で駐車をした際に施錠を忘れたり、一度はエンジンを切らずそのままの状態で見学先から戻って気付いた事もあったが、いずれも大事に至らなかった。つくづく日本は、治安の良い国で随所で救われたが、個人的に... [続きを読む]
  • 妙な性分?
  • 使い捨てと対象的なリユーズ・リサイクル、流行りの断捨離には馴染まないが、終戦直後の物不足の時代に育った我々にとっては妙に性分?に合い、今朝は朝食を摂りながら随分昔の事;おさがりを使った時代を思い出... [続きを読む]
  • 老いを顧みる、雑感
  • 同年輩の者が思いの外次々に亡くなっている。病気入院中や加療中の友人も少なくない。大分前に、その内の一人から「今後どうしたら良いのか分からない、知恵を貸して呉れ」と言われ本人の希望に沿い対処して来た... [続きを読む]
  • 能楽クラブ発表
  • 松山城天守閣で春祭りイベントの一環として能楽の発表会があり、参加した孫の演技に会場の寒さを忘れるひとときを過ごした。非日常的な独吟、連吟や仕舞を見聞きするのも良いものだ、、、そんな感想です。 [続きを読む]
  • 力士の鏡か
  • 稀勢の里は昨日13日目に日馬富士戦で痛めた体に鞭打ち出場、鶴竜と対戦したがあえなく2敗目を喫した。今日の千秋楽も出場、1敗の照の富士と優勝をかけ対戦する事が決まっている。先刻、左脇腹の周辺に痛々し... [続きを読む]
  • 記念樹を植える
  • 過日白梅の古木の跡地に2本のブルーベリーを記念移植したが、今月に入り孫の受験が一段落したので、これを契機にレモンと八朔の苗木を夏柑の古木の跡地に記念植樹した。最近の苗木は、接ぎ木をしているので多分... [続きを読む]
  • 長嶺ライターに共感
  • 待ち時間に図書館を利用した。書架から「裁判官の爆笑お言葉集」幻冬舎出版・長嶺超輝著に魅せられて斜め読みした。要約すると裁判官は、私情を捨て法の声を基本に判決するが、時折人の心に響く詩や名言を引用す... [続きを読む]