Milky Way さん プロフィール

  •  
Milky Wayさん: 里山讃歌
ハンドル名Milky Way さん
ブログタイトル里山讃歌
ブログURLhttp://milkyway77.hatenablog.com/
サイト紹介文自然を愛してやまない管理人の何気ない日々を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/01/29 19:14

Milky Way さんのブログ記事

  • 読書について
  • 小林秀雄『読書について』読みました。人によって読書という行為の捉え方は様々です。僕なんかは,読書の一番の楽しみは「本を読んでいる間は非現実を体験できる」ということだと思っています。歴史小説,推理小説,,,その作品を通して擬似体験をする楽しさ。読書は最高の娯楽でありストレス解消行為でもあります。この本,文芸評論では神様との異名をとる小林秀雄さんが,読むことや書くことや鑑賞することについてまとめ [続きを読む]
  • 大使館
  • 過ごしやすい爽やかな晴天日が続いていた奥久慈の里山ですが,今週から梅雨に入りました。朝起きて天気予報を見たら気温29度でちょっと蒸し暑くなるとのこと。こんな時は涼しいところを求めて出かけるしかありません。車で2時間。いろは坂を一気に登り,奥日光は中禅寺湖畔に到着です。オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,日光初上陸。涼しいどころかちょっと寒い。雲行きも怪しい。歌ヶ浜駐車場から湖畔沿いに [続きを読む]
  • 不道徳教育講座
  • 三島由紀夫『不道徳教育講座』読みました。毎日忙しく疲労困憊。布団に入るとすぐに爆睡。最近はめっきり読書する時間が減りました。書斎には読みたい本が山積みですが,いつになったら読み終わるのか。このままでは部屋が本の倉庫と化してしまう恐れがあるので,欲しい本があるとすぐに買ってしまう悪い癖を改善したいと思います。三島由紀夫の純文学,,,氏が紡いできた言葉や物語から読み取れる叡智と狂気に満ちた精神世界 [続きを読む]
  • スマートテレビ
  • オーストラリアンラブラドゥードルの小春さんによる液晶への「体当たり攻撃」のせいで、テレビが傷んできたので,スマートテレビなるものに取り替えてみました。美しい4K画像にうっとりです。you tubeやhuluなど動画アプリがたくさん。まるでパソコンです。早速,DAZNに入ってみました。ドコモ割で月々980円。サッカー,野球,F1など様々なスポーツ中継が見放題。これでアントラーズの試合が見れます。DAZNでジロ・デ・イ [続きを読む]
  • ポールマッカートニー
  • 真のレジェンドに会ってきました。小学校6年生の時にビートルズの曲に出会って以来,大好きになり,数え切れないほど聴きまくりました。数え切れないほどピアノやギターで弾きました。レコードも全部持ってます。僕の宝物です。苦しい時や辛い時,,,いつもビートルズの曲が助けてくれました。今振り返ると,僕は人生をビートルズと共に歩んできたような気がします。その憧れに憧れたリアルレジェンド,ビートルズの真の伝 [続きを読む]
  • いちごパフェ
  • 私は甘党です(酒も飲みますが,)。今風に言えばスイーツ男子(中年ですが,)とでも言うのでしょうか。甘いものを求めて,またまた那須へ。オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,車内では全くと言っていいほど落ち着きません。1時間半で那須に到着。ラリュールのドッグランでたっぷりと遊びます。ミルフォニープラスDOGへ移動。またまたドッグランで遊びます。たくさん遊んでやっと落ち着きました。室内で [続きを読む]
  • ツァラトゥストラ
  • ニーチェ『ツァラトゥストラ』読み終わりました。20代の頃,ニーチェやバタイユやシオランなど哲学関係の本を幾つか買いあさり,真理が分かると思って読んではみましたが,どうにもつまらなく(多分難しく),読み終えていないままに本棚にほったらかしにしてありました。その中の一冊であるツァラトゥストラを一気に読了です。あ〜疲れた。昨年の暮れ頃であったか,いつも行く本屋に自己啓発関係本のコーナーがあり,その中に [続きを読む]
  • 桜2017
  • 桜が咲きました。日本が一年で一番美しい季節の到来です。うたかたの美しさ。ずっと見ていたいです。いつもの散歩コースである堤防の桜祭り。夕方から夜にかけてライトアップされます。満開からあっという間に散り始めます。その儚い美しさに情を煽られます。果たしてこのお方は桜の美しさを感じとることができたのでしょうか。花見のほとんどの時間は,蝶々を追いかけることに夢中だったような,,, [続きを読む]
  • 那須にて
  • オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,元気過ぎて,先日,サランラップで包んだサンドウィッチをラップごと食べてしまいました。いつもは届かない高さである電子レンジの上にサンドウィッチを置いたのですが,ジャンプしたら届いてしまったようです。すぐに取り上げようとしましたが,時すでに遅し。サンドウィッチは一瞬で小春さんの胃袋の中へ。ラップが結構な大きさであり,腸閉塞等を引き起こす心配があったので,す [続きを読む]
  • 竜馬がゆく
  • amazonを見てると,格安の司馬遼太郎全集が目に飛び込んできました。1〜7巻までを思わずポチッと。自宅に届いたものがこれです。ボロボロですが,この1〜7巻は既読であり本棚に飾っておくだけなので問題ありません。『竜馬がゆく』は高校生の時に読みました。この小説がきっかけで歴史に興味をもつようになり,司馬遼太郎の小説が好きになり,坂本龍馬が好きになりました。また,その後の自分の生き方や考え方に少なからず [続きを読む]
  • 1周年記念植樹
  • ちょうど1年前の今日,オーストラリアンラブラドゥードルの小春さんが我が家にやってきました。ひめはるの里のみんな,さよならです。ちょっと不安そうな小さい小春さん。どこからともなく現れた見知らぬ人間に突然拉致され,わけのわからない茨城の田舎に連れてこられてしまいました。あの時は突然のことでごめんなさい。びっくりしたでしょう。不安だったでしょう。車の中でクンクン鳴いていましたね。だけどすぐに爆睡し [続きを読む]
  • ドッグランひぬま
  • オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,ドッグランでは走って走って走りまくります。周りのワンコも小春さんの爆走につられて,サーキット場さながらあっという間に大レースに。スロットル全開,直線番長です。左コーナー,ちょっとアンダーステアぎみ。右コーナーはドリフトで駆け抜けます。走り出して約1分,すでに横ベロ状態。ピットインして燃料補給が必要です。ウイリアムズジャックラッセルのスリップスト [続きを読む]
  • 小谷流の里
  • 良い天気で,なんの予定もない嬉しい休日です。オーストラリアンラブラドゥードルの小春さんを連れて小谷流の里に行ってきました。シトロエンDS3を走らせること2時間。常磐道,圏央道,東関東道と乗り継いで到着。圏央道走行中に車中から見える牛久の大仏を見て,小春さん大興奮。大仏を大魔神か巨神兵と思ったのか,大仏めがけて何回も吠えていました。圏央道ができて成田,八街,茂原方面へのアクセスが大変便利になりました [続きを読む]
  • 一昨日は春一番が吹いて気温20度。少しずつ春の足音が聞こえてきました。オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,快食,快眠,快便,,,なんでも美味しそうに食べて,へそ天開脚で爆睡して,大きな形の良いウンチを1日2〜3回産み落として,とても元気に過ごしています。最近のブームは窓から外を眺めることと布団に潜り込むこと。左腕を窓枠にかける姿が様になってます。猫や宅急便の車などが現れようものなら, [続きを読む]
  • 1歳1ヶ月
  • オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,快食,快便,快眠,,,先日1歳1ヶ月になりました。散歩中に気になるものを咥えてしまうことは相変わらずですが,うんちを咥えることは以前よりは少なくなってきました。大空を羽ばたいている鳥を見ることが大好きで,鳥が見えなくなるまでずっと見ています。抜けるような青空と田園風景とウンチングスタイル。快便です。冬晴れの田舎道を小春さんとのんびり散歩していると, [続きを読む]
  • 海の史劇
  • 吉村昭『海の史劇』読了。昨日,今日とこの冬一番の寒さ。散歩などしていると,大陸からやってきた大寒波によってエネルギーを増幅された冷たい空っ風が体に突き刺さり,骨の髄まで沁みわたります。それはそれは寒いですね。明治という過渡期は,文明開化により西洋の合理性が国づくりや人々の暮らしに深く入り込んできました。富国強兵や殖産興業などの政策を前面に掲げ,人々は前のみを向き,必死になって働き,重税に耐え, [続きを読む]
  • 那須ミルフォニー+DOGとガーデンアウトレット
  • シトロエンDS3のなかなか伸びない走行距離(やっと2000km)を稼ぐべく,オーストラリアンラブラドゥードルの小春さんを連れて那須まで行ってきました。走ること約2時間。ミルフォニー+DOGに到着です。ドッグランで10歳のチョコラブくんと遊びました。室内では他のワンコが気になり落ち着きがありません。やっと落ち着きました。このままいい子にしててください。犬用ワッフルの登場に鋭い視線を浴びせます。ペニー [続きを読む]
  • 保護色
  • 2017年になりました。年末年始は,毎年恒例読書三昧。オーストラリアンラブラドゥードルの小春さんとのんびり過ごすことができました。元日から良い天気,小春日和です。それにしても小春さん,後ろ足が長い。お庭をぐるぐると走ってばかりいるので後ろ足が異常に発達してしまったのか。オーナーズパーティーで会ったALさんたちに比べても長いような気がします。お気に入りのおもちゃ。あぐあぐして,柔らかいピンク色の [続きを読む]
  • 堕落論
  • 坂口安吾『堕落論』読了。恥の多い堕落した人生を送ってまいりました。自分には,人間の生活というものが見当つかないのです,,,ちょっと太宰の人間失格風な出だしになってしまいましたが,毎日堕落した生活を送っている自分にとって,さらに堕落感を助長できる本かと思って読んでみました。20頁にも満たない本で90分もあれば読めます。大変な名著です。中身は暗くない。堕落感を助長されるどころか、坂口安吾の鋭い芸術的感 [続きを読む]
  • 歴史の愉しみ方
  • 磯田道史『歴史の愉しみ方』読了。今日,奥久慈の里山は19度。庭の片付け作業をしていて汗びっしょりになりました。オーストラリアンラブラドゥードルの小春さんも庭でちょっと遊んだだけでハアハアと横ベロ状態に。クリスマス前だというのにこの陽気。桜が開花してしまうような暖かさ。明日は一変,寒くなるみたいです。寒暖の差に体がついていきません。磯田さんは古文書の速読や全国津々浦々に埋もれている古文書を探し出す [続きを読む]
  • 1歳の誕生日
  • オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,快食,快便,快眠,,,元気に1歳の誕生日を迎えることができました。お手製のヘルシーケーキ。スポンジはかぼちゃ,クリームはヨーグルト,イチゴはミニトマト,クッキーはりんご。小春さん,ケーキの出現にとても興奮してしまって今にも飛びつきそう。リードで落ち着かせます。よだれタラタラで舌舐めずり。やっとケーキにありつけました。一瞬でケーキが消失。本物の [続きを読む]
  • 思考の整理学
  • 外山滋比古『思考の整理学』読了。以前,この本についてテレビで紹介されていたのをふと思い出し,早速購入して読んでみました。今更ながら「考える」ことの楽しさを教えてくれるような本です。身にしみる内容ばかりで納得。「もっと若いときに読んでおけばよかった!」と,本の帯に書かれてある紹介文句と同じ感想を持ちました。しかし,若い頃に読んでもあまりピンとこないかも。ある程度人生経験を積んだ時期に読んだほうが, [続きを読む]
  • 小平記念作文表彰式
  • 2016年12月13日(火)15:30〜 ホテル天地閣 はまゆうの間日立交響楽団 弦楽合奏 小平記念作文表彰式演奏会曲目 アイネ・クライネ・ナハトムジーク(モーツァルト)   となりのトトロ   星に願いを   Believe   日立の樹   世界に一つだけの花ジブリの名作「となりのトトロ」の弦楽アンサンブル。軽快なテンポ,主旋律とオブリガートの楽しそうな絡みなど,なかなか良いアレンジです。演奏してると自然 [続きを読む]
  • バンジージャンプ
  • 仕事と演奏会で,なかなか土日に休みが取れませんでしたが,今日は久しぶりに何もない休日と良い天気が重なったので,小春さんを連れてミニトレッキングに行ってきました。車で約20分,龍神峡に到着。最奧部にある亀が淵を目指してダム湖沿いの歩道を歩きます。片道約4km。気持ちの良い青空と澄んだ冷たい空気が,ワンコと人間の背中をぐいっと押してくれます。歩くスピードも徐々にアップ。小春さんのスピードについていけ [続きを読む]
  • ラフマニノフ
  • 2016年12月4日(日)14:00〜 日立シビックセンター音楽ホール日立交響楽団 第122回定期演奏会(指揮:相良 浩)曲目 スメタナ:我が祖国より「ブラニーク」      ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番   (ピアノ:ジャン=ジャック・シュミット)   ドボルザーク:交響曲第9番「新世界」   ドボルザーク:スラブ舞曲第3番(アンコール)今回のプログラムはスメタナとラフマニノフとド [続きを読む]