nekonekosensei さん プロフィール

  •  
nekonekosenseiさん: アンティーク着物ノート
ハンドル名nekonekosensei さん
ブログタイトルアンティーク着物ノート
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/neko_neko_sensei
サイト紹介文アンティーク着物、インテリア、スージークーパーやガーデニング(特に薔薇)が大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/02/02 23:16

nekonekosensei さんのブログ記事

  • 8月のカルトナージュ教室 朝顔コーデ
  •  この日は、カルトナージュ教室でした。曇りのお天気だったので、着物着ても過ごしやすかったです。 さっそく、皆さんのコーデ。Eちゃんは、朝顔尽くしコーデです。一つ一つの組み合わせがぴったりな完璧コーデ。伊予縞に朝顔。朝顔の中に撫子が描かれていたりするのも凝っているデザイン。この朝顔の刺繍半襟が、着物にぴったりでした。形や色が着物から抜け出てきたみたいです。朝顔の蔓がくるんと巻いてあるところが素敵!見 [続きを読む]
  • 女郎花の縦絽の小紋
  •  この日は、女郎花の縦絽の小紋を着ました。この着物は、アンティーク着物を着始めた頃にいいなあと思ったのですが、その時は別の着物を選んで、買えなかったもの。(2枚も買えなくて、迷いに迷っての決断!)でも、忘れていなくて、とっくに売れているのだろうなあと思っていたのですが、久しぶりにお店の方にこの着物のことを聞くと、まだこの着物はお店にありました。やっと我が家にお嫁入りとなり、とても嬉しい。女郎花がス [続きを読む]
  • アンティーク着物展の打ち合わせ 皆のコーデ
  •  この日は、アンティーク着物展の打ち合わせでした。頑張って、着物を着てきた人は、3名。 Yちゃんは、ストライプの絽の小紋。ブルーが涼しそう。マリンなコーデです。こんなストライプ柄は、ワンピとかでも着たい!半襟の色も涼しそう。帯締めは、ビビッドなブルー。船の帯で、マリンなコーデが完成。帆の色が印象派の絵画みたいだと思いました。バッグは、コリンズの蝶。スッキリとした夏らしいコーデです。Eちゃんは、撫子の [続きを読む]
  • 紫色の百合の小紋
  •  この日は、紫色の百合の小紋を着ました。毎年着ているお気に入りです。色はほぼ地色の紫色と白の着物なのですが、勢いのあるデザインだなあと思っています。毎年着ていますが、飽きない着物。夏が来ると、いつ着ようかなと楽しみになる着物です。半襟は、蝶の刺繍半襟。この半襟も使いやすいです。彫金の百合の帯留め。着物の百合に似ているので、こちらにしました。帯は、百合の刺繍帯。いつもは、同系色の紫色の濃淡で描かれて [続きを読む]
  • 映画を観に行く。
  •  日頃なかなか映画を観に行くことができないのですが、この日は夫と共に映画館へ行きました。せっかく観に行くのだから、2本観ちゃおうということで、一つ目は、「君の膵臓をたべたい」。しっかり泣かせてくれる映画でした。ピュアな気持ちにさせてくれるというか。タイトルを最初に見たとき、ぎょっとしましたが、このタイトルがストーリーのキーでした。ネタバレになるからこのへくらいでやめておく。「あの映画、君の肝臓・・ [続きを読む]
  • マリーアントワネットの結婚式ビュッフェ  私のコーデ
  •  ブッフェのために、何も食べないで臨んだので、お腹がとってもすいていて、ブッフェが始まる前は、甘いものより唐揚げ食べたいなどと言っていたのですが、友人からは、「マリーアントワネットの結婚式に唐揚げはないよ」と言われて、そうだよなあと思っていたのですが、ありましたよ。下の画像の上に、かすかに写っているのは、鳥のフライ(ほぼ唐揚げ!)最初は、鳥のフライとかサンドイッチとか、スープとか、からいものばかり [続きを読む]
  • マリーアントワネットの結婚式ビュッフェ 皆のコーデ
  •  ビュッフェに置いてあるものは、ロココな雰囲気。馬のお着物に囲まれているのは、紅茶。椅子に座っている貴婦人のオブジェ。マリーアントワネットが結婚式で乗っていたかのような馬車。Aさんは、夏の花々の絽の小紋。青い百合がポイントなコーデ。撫子や萩など、優しいタッチで描かれています。帯は、黒色がかった青い百合。何だか、少し悪そうなところが魅力な百合の刺繍帯。ぽってりとした刺繍が迫力あります。髪飾りもブルー [続きを読む]
  • マリーアントワネットの結婚ビュッフェへ
  •  ヒルトンホテルで開かれている、マリーアントワネットの結婚式をイメージしたブッフェへ行って来ました。フォトジェニックなスィーツたち。マリーアントワネットの結婚式ですから、甘いピンクと水色の世界でした。グラスに入ったゼリーもピンク色。ピーチのケーキ。美味しかったです。奥に見えるのは、ピンク色の薔薇の形をしたマシュマロ。これは、マカロンだったのか、それともプチケーキなのか、忘れてしまった。檸檬ケーキ。 [続きを読む]
  • 「黒柳徹子×田川啓二 SUTELO!展」へ
  •  日本橋高島屋で開催されている「黒柳徹子×田川啓二 SUTELO!展」へ行って来ました。徹子さんといえば、着物姿もドレス姿も素敵ですね。アンティーク着物もお召になられるみたいです。ビーズ作家の田川さんの作品と徹子さんのコレクションの展示ということで、素敵なものを見ることができました。入口のこのタペストリーだけ、撮影可でした。徹子さんのドレスや江戸期の打掛、素晴らしかったです。江戸期の打掛は、柄を刺繍で表 [続きを読む]
  • 夏の花々の着物と鉄砲百合の帯
  •  夏の花々の着物を着ました。着物と帯の朱色がアクセントカラーです。芙蓉や萩、桔梗と夏の花々が描かれています。葉がスッと描かれている様が美しいなと思います。草陰に潜んでいる秋の虫たちの声が聞えてきそうです。朱色の桔梗の刺繍半襟で朱色を重ねています。鉄砲百合の帯に合わせて、帯留めも鉄砲百合にしました。鮮やかな朱色に白い百合が凛と立っています。投票に参加しています。←よろしければ してください。ht [続きを読む]
  • アルチンボルド展へ お友だちのコーデ
  •  ご一緒したEちゃん。ペパーミントグリーンな小紋。こちらは、Eちゃんのアルチンボルド風な肖像画。ピンクの撫子が可愛いです。半襟は、金魚、キツネ?動物シリーズかな。葡萄の帯留め。葡萄の実は真珠です。素敵ですね。そして、葡萄の帯。フルーツのバッグと、アルチンボルドの秋のイメージ。髪飾りも大人っぽくて素敵です。後ろ姿。葡萄と着物のピンクがリンクしてます。お腹すいたねえということで、上野の過門香で食事。駅の [続きを読む]
  • アルチンボルド展へ
  •   国立西洋美術館で開催されているアルチンボルド展へ行って来ました。学生時代に美術史の本を読んだ時に静物で人の顔を描くという不思議な絵を見て、面白いなと思っていたのですが、その本物を見ることができて嬉しかったです。アルチンボルドは、ハプスブルク家の宮廷で活躍した、イタリア・ミラノ生まれの画家とのことです。 自然科学に深い関心を示したマクシミリアン2世や [続きを読む]
  • 水玉とトンボの着物
  • この日は、黒地に水玉とトンボの着物を着ました。この着物は、クールなデザインが気に入っている着物。黒とブルー系の色で、寒色系のコーデです。夏の黒は、涼しげで好き。布地が薄くて、軽やかなのが涼しく思える理由でしょうか。水玉の絽の半襟。同じ布を帯揚げにして、おそろいにしています。夏に水玉模様は、いろいろ使えて便利です。七宝焼きの帯留め。紺色の色合いと水玉に見立てて選びました。大好きなアールデコなサヤエ [続きを読む]
  • 劇団新感線
  •  劇団新感線の「髑髏城の七人 鳥」を観に行きました。場所は、豊洲市場前のステージアラウンド。豊洲市場前には、初めて行きましたが、豊洲市場とステージアラウンドくらいしか建物ないんじゃないの?!というくらい何もないところでした。食べ物やさんとか何もないしね。ステージアラウンドは、初めてでしたが、何と、舞台でなく客席が動くのです。客席が動いて、次の場面へと動いていくのが、画期的。だから、舞台の転換が速い [続きを読む]
  • 野牡丹
  •   春に桃の花を観に行った時に、野菜や花を売っていた農家の方から買った野牡丹が、次から次へと花を咲かせています。それまで野牡丹の存在を知らなかったので、速攻ググって紫色の花がきれいだなと思い購入。1鉢500円のお得な苗は、ぐんぐん育って、かなり大きくなりました。紫色の花がとても美しいです。花は、一日しかもたないのですが、毎日新しい花が咲き続けます。ブッドレアやメドウセージ、ラムズイヤーなどの紫から青系 [続きを読む]
  • 骨董ジャンボリーへ
  • 骨董ジャンボリーへ行って来ました。皆で4名で行って来たのですが、着物は私一人でした。暑いからね。この日は、着物の中のブルーやグリーンを中心にコーデしてみました。縞に撫子の絽の小紋。撫子の花をブルーやグリーンという実際にはない色で描くところが面白いデザイン。涼やかで夏ならではですね。半襟も着物の撫子の色と合わせました。熱帯魚の帯にしたので、帯留めは、帆船。帯揚げは、水玉模様で、帯周りは水モチーフで揃 [続きを読む]
  • 命短し恋せよ乙女展へ 皆のコーデ
  •  ご一緒した皆さんのコーデ。Eちゃんは、板締め絞りに石蕗の小紋。ブルーの石蕗の葉が涼しそうなデザイン。石蕗の葉に渦巻き、これ何かなあと話していたのですが、カタツムリじゃないかなと。ぐるぐるの渦巻き、可愛いですね。レースの半襟。花は、ひまわりのよう。トウモロコシの帯留め。レアアイテムですね。白鳥と黒鳥の帯が、こちらも涼しそう。そして、このサーモンピンクな籠バック、大好きです。Yさんは、縞の絽の小紋で [続きを読む]
  • 命短し恋せよ乙女展へ
  • 弥生美術館で開かれている「命短し恋せよ乙女〜マツオヒロミ×大正恋愛事件簿〜」展へ行って来ました。大正時代には、世の中を賑わせた恋愛事件が沢山起きたようで、その一つ一つを紹介する展覧会です。女性にとって制約の多い時代、恋に生きた女性たちが沢山いたのだなと思いました。そして、マツオヒロミさんのイラストも展示されていて、良かった。マツオヒロミさんの絵は、百貨店ワルツで知って、彼女の描く大正時代から戦前の [続きを読む]
  • 2017年7月のkimono Point
  • 7月のkimono Point です。早いもので、7月ももう終わり。そして、暑い毎日が続き、着物を着るには試練の季節です。でも、夏着物は、本当に素敵なものが多くて、頑張って着ています。■kimono Point 63ポピーの小紋。芙蓉や百合、桔梗、朝顔、女郎花など、夏の花々の刺繍帯。■kimono Point 64迎賓館へ。こちらも夏の花々の訪問着。優しいトーンの絽の帯。■kimono Point 65入谷の朝顔市へ。朝顔コーデで行ってきました。朝顔の絽 [続きを読む]
  • 百合柄の絹紅梅の着物
  •  夏には、縮みや絹紅梅の着物がさらっとしていて、気持ちがいいですね。ということで、絹紅梅の着物を着ました。ペパーミントグリーンにマゼンタピンクという色合いが、お気に入りの着物です。縦絽のアンティークの布の半襟は、帯とおそろです。彫金の百合の帯留め。二分紐は、着物の色をひろっています。半襟とおそろな帯。百合模様です。百合尽くしですね。後ろ姿は、こんな感じ。Tさん昨のヘッドドレスは、私の髪型に使いやす [続きを読む]
  • KINGSWELL GARDENへ
  •  桃狩りの後は、KINGSWELL GARDENへ行きました。こちらは、昨年も行って、とても素敵な英国式庭園だったので、今年も訪れました。返り咲きの薔薇が美しい。寄せ植えには、ジニアが植えられていました。ウサギのオブジェ。こちらのガーデンのレストランで、ランチをいただく。パスタランチ、とても美味しかったです。こちらは、生ハムののったサラダ。私は、アンチョビのパスタをいただきました。とても美味しかった。4種類のパ [続きを読む]
  • 桃狩り 皆のコーデ2
  •  Tさんは、朝顔の絽の小紋です。白と黒の朝顔がダークな赤色の地に映えます。ドットが入っているところも素敵な柄です。半襟は、金魚。帯留めも金魚。三分紐のブルーは、着物のドットの色とリンク。金魚の帯。朝顔と金魚の夏らしいコーデです。1号ちゃんは、マゼンタピンクの可愛い浴衣。ウィッグも桃色!今日の日似合わせたのか。描かれているのは、唐花でしょうか。蝶の帯留め。ふくら雀。かわいい帯結びですね。可愛い後ろ姿 [続きを読む]
  • 桃狩り 皆のコーデ
  •  昨年、桃狩りにも着物で行った私は、「強者すぎる」と言われていましたが、今年は着物で桃狩りに参戦する人が増えて、ちょっと嬉しい。着物を着ていく所がないと思われている方、いろんな所に着ていけるのです。そもそも、昔は皆着物だったわけなので。ただ、桃狩り(実態は、桃食べ放題)には、桃の汁が大切な着物につかないように、エプロンは忘れないように持参してくださいね。 ということで、Eちゃんのコーデ。ポニアさん [続きを読む]
  • 桃狩り
  •  昨年に続き桃狩りに行って来ました。山梨県の南農園さんです。昨年の春、桃の花を見に行って、見渡すばかりの桃の花に感動して、そこで知り合った桃農家さんに、「この花、桃になるんですか?!」と質問したら(馬鹿な質問だ)、「なるよ!!食べにおいで」と言われて、桃の実がなる季節に本当にお伺いして、おじさんから「本当に来たんだ」と言われたのがご縁。 その時の桃が本当に甘くて美味しくて、その話をしたら、昨年は4 [続きを読む]