nekonekosensei さん プロフィール

  •  
nekonekosenseiさん: アンティーク着物ノート
ハンドル名nekonekosensei さん
ブログタイトルアンティーク着物ノート
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/neko_neko_sensei
サイト紹介文アンティーク着物、インテリア、スージークーパーやガーデニング(特に薔薇)が大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/02/02 23:16

nekonekosensei さんのブログ記事

  • 枇杷狩り というか枇杷食べ放題へ
  •  南房総の枇杷農家さんへ枇杷食べ放題へ行って来ました。久しぶりにアクアラインを通りました。そして、「房州びわ」の旗が!訪れたのは、福原農園さん。果物食べ放題が大好きなお友だちが、紹介してくれ、予約までしてくださいました。去年の桃狩りに続く、第2弾です。倉庫みたいなところでいただけます。枇杷狩りではなく、予めとってきてくださった枇杷を好きなだけ食べれる「枇杷食べ放題」。こんな風にテーブルの上には、枇 [続きを読む]
  • 水玉と百合の単衣
  •  お気に入りの水玉と百合の単衣を着ました。紫陽花と同時並行で、百合も咲き始めますね。夏の着物に百合モチーフは、多いのですが、今年の百合はじめです。水玉というだけで、大好きなのですが、そこに百合が描かれているところが、お気に入りポイント。パステルな水玉の色も夏らしい配色です。百合の刺繍半襟。彫金の百合の帯留め。百合や撫子などの夏の花が描かれていますが、メインは百合な帯。着物の水玉と合ったトーン。いつ [続きを読む]
  • アンティーク着物展の打ち合わせ
  •  この日は、アンティーク着物展の打ち合わせを行いました。なので、この日、着物だった皆さんのコーデをご紹介しておきます。Tさんは、流水に百合の単衣。この着物は、私も大好きな着物。大人っぽくて、かつ、毒有なところがツボ。流水に百合。配色が大人っぽいです。ちょっと影のある百合というところもいいですね。百合の刺繍半襟。苺の帯留め。苺モチーフ、可愛いですね。そして、苺の帯。シルバーグレーに紺色という配色が、 [続きを読む]
  • 6月のカルトナージュ教室 皆のコーデ
  •  この日の皆さんのコーデ。Tさんは、百合の単衣。水色が爽やかな着物です。青空みたいな水色にほんのり黄色の百合がきれい。蝶にドットの刺繍半襟。ブルーの帯留めが涼し気。ポニアさんの復刻帯。ポップな百合が可愛いデザインです。Eちゃんは、ポピーの単衣。水色にピンクのポピーが可愛いです。ポピーがぎっしりの小紋。ブルーの濃淡の葉や茎も面白いデザイン。ポピーの刺繍半襟。ブルーの蝶の帯留め。アールデコなポピーの帯。 [続きを読む]
  • 6月のカルトナージュ教室
  •  6月のカルトナージュ教室です。私とおそろいの布で、Tさんもバッグ。Tさんのバッグは、ボックス型。真ん中から、ぱかっと割れます。Eちゃんは、スマフォケースとおそろいのパスもケース作成。他にもパスもケースが沢山出来上がりました。表面は、機関車。後ろは、飛行機。子供たちのあこがれの乗り物でしょうか。表面は、うさぎ。裏面は、キリン。どちらもアンティーク着物の布から作られたもの。子供向けの布でしょうか。こ [続きを読む]
  • 紫陽花の着物
  • 紫陽花が見頃ですね。この日も紫陽花の着物を着ることができました。ブルーの暈かしにオレンジ色から、イエローの紫陽花の花が描かれています。本物の紫陽花には、オレンジ系の色はないけれど、そこが面白いところですね。紫陽花の半襟を再び。紫陽花の帯留めも再びです。帯揚げと二分紐は、紫色。着物の紫陽花の色に合わせて、同系色の薔薇の帯を合わせました。投票に参加しています。←よろしければ してください。https: [続きを読む]
  • 我が家の紫陽花
  •  このニュアンスのある色合いをネットショップで見たときに、とても素敵と思って、購入しようとしたら、在庫0で購入できず。今年はぜひともと思って、早めに購入しました。秋色紫陽花という名前で販売されています。物憂い色合いが秋色ですね。こちらは、水色系の紫陽花が欲しくて、2年前に購入したもの。地植えにしたのですが、昨年は花がつかず、今年はやっと咲いてくれました。この紫から赤色の紫陽花は、大株に育ち沢山花を [続きを読む]
  • 本土寺へ 紫陽花の着物
  •  この日は、お気に入りの紫陽花の着物を着ました。季節の柄の着物は、時期を逃すと、また来年となってしまうので、着ることができると本当に嬉しいです。特に花の時期が短い着物は尚更、そう思います。季節限定で勿体ないとも思えるのですが、そこが、着物の楽しくて、いいところだと思います。アールデコな雰囲気もするデザイン。紫陽花の刺繍半襟。紫陽花の彫金の帯留め。帯揚げは、着物の中のグリーンを拾っています。幾何学模 [続きを読む]
  • 本土寺へ
  •  本土寺へ行く前にランチをしました。本土寺のある北小金にあるベーカリー「Zoph」へ。北小金に住む友人が、ランチするならここと教えてくれた一押しのお店。とても有名なお店のようで、お店の前にはパンを買い求める人の行列が!ベーカリーの2階がカフェになっています。ドイツぽいいい感じの扉。お店のインテリアも素敵で、ステンドグラスの窓やパンやさんらしい麦が飾られていました。ランチのメニューは、ドイツらしいいくつ [続きを読む]
  • 本土寺へ
  •  紫陽花を観に本土寺へ行って来ました。少し紫陽花には、早かったでしょうか。今年は、紫陽花が少し小ぶりな気がします。ブルーとイエローの中間の紫陽花。紫陽花は、やっぱり好きな花だなと思います。ご一緒したEちゃんは、ゆりかもめの小紋。ブルーが初夏らしくて、私も大好きな着物。ゆりかもめがとても可愛いのです。水の上を浮かんでいますね。紫陽花の刺繍半襟が美しい。雨のなかの紫陽花。水鳥の帯留め。ゆりかもめでしょ [続きを読む]
  • 堀切菖蒲園へ3 菖蒲の着物を着ていきました。
  •  私は、菖蒲の着物を着ていきました。6月の花と言えば菖蒲と紫陽花。この時期を逃すと、また来年となるので、着られて良かった。けっこう菖蒲尽くしです。縞に菖蒲の柄。縞に花の柄が好きなので、お気に入りの単衣です。百合と菖蒲の染め半襟。菖蒲の彩色象牙の帯留め。菖蒲の刺繍帯。とても丁寧に刺繍されています。菖蒲の表現の仕方がとてもうまいなあと、職人さんリスペクトな帯です。後ろ姿は、こんな感じです。菖蒲のニード [続きを読む]
  • 堀切菖蒲園へ2 紫陽花もきれいでした!
  •  堀切菖蒲園の近くには、紫陽花がきれいな小道があるよ、と菖蒲園の近所の方から教えていただきました。ぽってり水色が美しい紫陽花。こちらは、江戸の花火という名前の紫陽花。本当に花火みたいな紫陽花ですね。江戸っ子が喜びそうです。こちらの紫色も美しいですね。Tさんは、縞に紫陽花の着物。華やかな装いです。Tさん曰く「アメコミみたいな紫陽花」。本当にアメコミみたいな色や形。楽しくなるようなデザインです。菖蒲の [続きを読む]
  • 堀切菖蒲園へ
  •  堀切菖蒲園へ行って来ました。まさに見頃でした。紫色のグラデーションが美しい。堀切菖蒲園の近くの電灯は、菖蒲のデザイン。街をあげての菖蒲押しです。堀切菖蒲園には、200種6000株の花菖蒲が植えられているそうで、沢山の品種の菖蒲を観ることができます。一つ一つに名前がついているのが嬉しい。こちらの菖蒲は、「翳し扇」。こちらの絞りが美しい菖蒲の名前は、「鳴海潟」。「大鳥毛」。この紫色も好きな色合い。「千歳」 [続きを読む]
  • 練馬区立美術館へ ポピーの単衣
  •  練馬区立美術館に行った日は、ポピーの単衣を着ました。サーモンピンクは、大好きな色です。斜めのラインにポピーが描かr手います。半襟は、オレンジ色。花に蝶が描かれている染半襟。ポピーの着物なので、ポピーの彩色象牙の帯留め。絽の幾何学模様の帯は、軽やかな色の組み合わせがお気に入り。花の着物にいろいろと合いそうです。バッグは、カルトナージュ教室で作成した、フルーツ柄のものを持って行きました。練馬区立美術 [続きを読む]
  • 練馬区美術館 19世紀パリ時間旅行展へ
  •  練馬区立美術館で開催されていた「19世紀パリ時間旅行展」へ行って来ました。看板を持つ熊のトピアリー。巨大!!!パリの街は、ナポレオン三世の時代に都市大改造を行い、ナポレオン3世の治世当初とその終焉の年ではパリの景観は様変わりしたとのことです。この展示は、大改造前後のパリの街を絵画で比較してみることができる展示でした。同時に、この時代のドレスも展示されていて、19世紀のパリのファッションを観ること [続きを読む]
  • イエロー&オレンジ系の薔薇
  •  イエロー&オレンジ系で、我が家で一番元気な色は、サハラ98。ナスタチウムと一緒にオレンジなアレンジメント。元気なビタミンカラーです。イエロー系の薔薇のアレンジメント。黄色系の薔薇で一番元気な色は、グラハムトーマス。イングリッシュローズの中でも最も鮮やかな黄色。プリンセス・クラウン・マルガリータは、卵色。美味しそうな色だったりします。新入りのレディ・オブ・シャーロットは、黄銅色。少し大人な色。一番 [続きを読む]
  • 薔薇とリボンの季節展へ5 単衣初めは、蝶の小紋
  •  この日は、単衣初め。蝶の小紋を着ました。柄は、蝶だけというところが、お気に入りの着物です。黒や赤青や黄色などの蝶が描かれています。蝶の影のようにグレーの蝶も描かれてるところが、全体を大人っぽくまとめてるかなと思います。半襟は、薔薇と撫子の刺繍半襟。毒有の薔薇の帯留め。薔薇に蝶の帯。着物の蝶が帯にも表れた感じのコーデにしたかった。そして、この薔薇とリボンのヘッドドレスいただきました。この日の着物の [続きを読む]
  • 薔薇とリボンの季節展へ4
  •  着物番長は、ベージュがかったピンクに黒い水玉の着物。黒をきかせたカッコイイ系コーデです。半襟の合わせ方がとても上手!黒のラインがカッコいいですね。ヤモリの帯留め。ポニアさんの復刻半幅帯。この薔薇は、私も大好き。アクセサリー、ネイル、時計も黒×白で統一。帽子がカッコいい。ピアスも黒。黒地に猫のバッグ。可愛い。そして、ラストは、足元も統一です。Eちゃんは、紫色に花の単衣。ちょっと毒有なデザインがいい [続きを読む]
  • 薔薇とリボンの季節展へ3
  •  Sさんは、水色の小紋。水色は、やっぱりとってもお似合いです。水色の地に八重桜のような花が一杯の可愛い柄です。レースを重ねた半襟。アクセントカラーは、赤色。帯締めの紫×水色の組み合わせが素敵です。帯も赤色。そして、このおもちゃ柄がラブリー!アンティークの布を組み合わせたバッグも素敵ですね。Tちゃんは、小花の小紋。お花が水玉みたいにも見えます。赤とピンクの花が可愛らしい模様。半襟は、レースの薔薇。帯留 [続きを読む]
  • 薔薇とリボンの季節展へ2 紫陽花コーデの二人
  • Mちゃんは、私の大好きな紫陽花柄の小紋。シックな色と紫陽花にラインの描き方がリズムがあって、素敵な柄だと思います。刺繍とビーズの半襟。薔薇の帯留めも大人っぽくていいですね。カマキリやコオロギ、蜻蛉の姿もありますね。虫尽くしの帯。夏が待ち遠しくなる柄。ブルーの帯が、清涼感のあるコーデです。Nさんも紫陽花の小紋。6月は、紫陽花柄がふさわしい。ベージュ色に青い紫陽花が映えるデザイン。中間色がお似合いなNさ [続きを読む]
  • 薔薇とリボンの季節展へ
  •  お友だちのTさんが、薔薇とリボンの季節展へ出展されるということで行って来ました。そして、さっそくTさんのコーデから紹介。暈しが美しい薔薇の着物。ほんのり滲んだ雰囲気が素敵。薔薇の刺繍半襟。薔薇の帯留め。鸚鵡の帯。刺繍が美しい。髪飾りは、着物の色に合わせてブルーとマゼンタピンク。Tさんは、全ての髪飾りはお手製。鸚鵡の帯が映えますね。1号ちゃんは、とても可愛い銘仙コーデ。ピンクの着物にピンク色の髪が甘 [続きを読む]
  • 2017年度新入りの薔薇
  •  今年の新入りの薔薇たちです。まずは、ラデュレ。色が大好き!マカロンでおなじみのラデュレとコラボレーションして生まれた薔薇。マカロンにこんな色があったなあと検索したら、まさに名前が「ローズ」でした。フランボワーズピンクのコロンとした可愛い薔薇です。アミロマンティカ。この中心がほんのりピンク色の薔薇は、大好き。ピエールドロンサールにも似ています。上品な美しさを持った薔薇。つる薔薇なので、フェンスには [続きを読む]
  • 2017年5月のkimono Point
  • 5月のkimono Point です。花と追いかけっこしつつ、季節は初夏へうつりかわる5月。■kimono Point 42藤と燕子花の訪問着。根津美術館へ燕子花図屏風を観に行きました。牡丹に兜の帯。端午の節句を意識して、こちらの帯にしました。■kimono Point 43藤の小紋。藤が見頃の日でした。鳥の帯。■kimono Point 44あしかがフラワーパークへ。藤の小紋で、藤コーデしました。帯も藤と菖蒲の帯。■kimono Point 45いろいろお花の小紋。 [続きを読む]
  • アンティーク着物展の打ち合わせ2回目
  •  この日は、邸宅で見るアンティーク着物展の打ち合わせを行いました。 今年も、肥後細川庭園 松聲閣で11月3日から5日の3日間行います。新江戸川公園改め、肥後細川庭園という名前になったそうです。ということで、この日は、松聲閣へご挨拶に行きました。緑が美しいですね。菖蒲が見頃でした。本当に良いお庭です。都心にこんな庭園が残されていることが嬉しいですね。この日の皆さんのコーデ。Eちゃんは、花が一杯の可愛 [続きを読む]