paquila さん プロフィール

  •  
paquilaさん: 海外旅行はきらいでした
ハンドル名paquila さん
ブログタイトル海外旅行はきらいでした
ブログURLhttp://paquila.exblog.jp/
サイト紹介文バンクーバーの外ごはん日記。ほか、インドや台湾の女ひとり旅など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/02/03 21:30

paquila さんのブログ記事

  • 鮭対決:JOEY VS The KEG
  • ちょっと前のお話。日本から戻り、絶賛ホームシック中のわたくしが向かった先は、いつもの「JOEY Burrard」。日本でのめくるめくおいしいもの生活のあとでは、ゴン、という肉のかたまりを食べる気になるはずもなく。鮭を。サーモンと言え。Herb Crush Salmon /香草をのっけた鮭  やっぱりここの味付け、とくに塩加減は口に合う。外でお魚を食べると... [続きを読む]
  • マボロシの定食 in 島根と、めくるめく美食のキロク 2017
  • 日本で「いちばん」おいしかったもの。それは、めくるめく「これぞ日本」な美食の数々……、おでんは練り物が醍醐味よね。 ではなく。素晴らしき海の幸……、くじらを食べてしまいました(写真上・右)。牛肉みたいな味と食感。でもなく。島根は江津、とある居酒屋の定食。これがいちばん心に残るごはんとなった。とある……、というのも、ネットで名前が出... [続きを読む]
  • 【山陰・山陽②】JRで(無理やり)ぐるっと中国地方の旅 2017
  • 山口の秋芳洞は、山口駅からJRバスで。ところで、JRの路線バスはジャパンレールパスが使えるけれど、「山陽・山陰エリアパス」だと適用外とのこと。もう、JRパスの規定、もう少し統一してほしい。ただでさえ「あれは使えてこれは駄目」というルールがややこしいというのに。秋芳洞。天地逆さまのようにも見えるけれど、下の青い光のもとに立つ「点」のような黒影がひとだ。路線バスの道中には... [続きを読む]
  • 【山陰・山陽①】JRで(無理やり)ぐるっと中国地方の旅 2017
  • ご存知の通り、日本国籍者はジャパンレールパスが春以降使えなくなるので、最後にもう1度がっつりと。山陽・山陰地方を駆け足で、1週間で、ぐるっと。調べてはじめて気がついた。この地域、車がないと、不便だ……!!でも根性と時刻表で乗り切るのだ。最近はどんなに小さな町でも、公共交通機関の時刻表を調べることができる。すごいな、日本。しょっぱなから姫路に寄り道した後、特急「や... [続きを読む]
  • 【大阪・京都】お正月、ニッポン!2017
  • カナダのあってないようなお正月に年々嫌気が差し、哀しくなる一方なので、思い切って年末年始を日本で過ごすことにした。なんてことはない、2016年は航空券が安かったのだ。吹雪のバンクーバーから、青空広がるニッポンへ!真夜中の地元の神社からはじまり、京都は大原神社、長岡天満宮にてお参り。それから行く先々で目にした寺社仏閣に飛び込み、今年分はもちろんのこと、この先5年分くら... [続きを読む]
  • 味良し、内装良し、再訪は、......なし:Sitar Restaurant
  • 最近インド料理を食べてないなー。そろそろ食べないなー、と思いながらガスタウンを歩いていると、そこにインド料理屋が。Carrall St.@Powell St.あたりに昔からある「Sitar Restaurant」。初めて入る。連日雨・雨・雨なバンクーバーだけれど、観光客はまだ結構いて、「休日×ランチ×観光地ど真ん中」なので混雑覚悟で……、――という心配は無用だった。なんと、気の毒な... [続きを読む]
  • ラララ、ラーメン:The Ramen Butcher
  • バンクーバーには驚くほどたくさんのラーメン屋がある。有名店の名は聞くし、新しくオープンしたその噂も耳にする。人気店の行列も見かける。そういうことは、知っている。にもかかわらず、こんなに長く住んでいるのに、ただの1度も、1回も、どこにも、行ったことがなく、この度ようやく念願叶って、お出かけ。記念すべきラーメンデビュー。チャイナタウンはMain@Georgiaの「The Ramen B... [続きを読む]
  • IKEAのミートボールらしきものを:Scandilicious
  • food networkの「You Gatta Eat Here!」は、カナダ全土のレストランを紹介する番組。たーまにバンクーバーも出てくる。それで見たのがここ、「Scandilicious」。Victoria@Powellという、ちょっと閑散とした工場地帯の入り口にある。この角にある「JJ Bean」に昔時々行っていたけれど、あの時はこんなレストランなかったのにな。最近、治安も交通の便も微... [続きを読む]
  • キツラノでフライドチキン:Deacon's Corner Kits
  • アメリカ南部料理があると聞いて「Deacon's Corner」キツラノ店に行ってきた。なんだかんだ言ってダイナーだし、予約をするまでもなかろうとたかをくくって行ったら、土曜の18時ですでにひとが外にあふれている。一瞬、途方に暮れたけれど、待っていたのは数組のグループ客で、ふたりなら席が空いていた。小狭いとはいえ、バーまである店内にサーバーはたったひとり。できあがった料理... [続きを読む]
  • メトロタウンで飲茶!:Shanghai Elan Restaurant/上海菜館
  • メトロタウンに行くときは、モールで買い物か映画に限られている。そして、いつもお昼ごはんの場所に困る。毎回色々調べるのだけど、モールの外に行くのも面倒くさいし、モールの中のレストランはたいしたことないし、結局もうフードコートでいいか、となる。ちなみに、お隣のクリスタルモールのフードコートはもはや「ここは中国ですね」っていうお店がずらりで、これはこれで面白い(店主がメニューの英語名を... [続きを読む]
  • 気品漂うタイ料理屋でお祝いランチ:Sala Thai
  • Burrard St.に昔からある有名なタイ料理屋さん「Sala Thai」。行きたい行きたいと思いつつずっと行く機会がなくて、この度ようやく。ちょっとしたお祝いをしに。とっても広い店内は、重厚な木製の調度類と素敵なタイの絵があちこちに飾られている(特にバーの側の壁にかかる巨大な木彫り象の頭は見もの)。真っ白い制服を着た紳士的なサーバーも巷の家族経営の小さな路面店とは一線を画... [続きを読む]
  • 実録?カナダのマクドナルド:マクドナルド
  • わたくしは、マクドナルドのグラコロが好きだ。てりたまも。でももう何年もご無沙汰で淋しい。グラコロの季節に日本に帰りたい。カナダに来てからめっきりファーストフードから足が遠のいてしまった。それは、健康に良くないから〜とか、カロリーが〜とか、そういう綺麗な理由ではなく、単純に「そこまで安くないよね(費用対効果)」っていうことと、立地によるところが大きいとはいえ誰でも気軽に出入... [続きを読む]
  • 【上海11】旅の悲劇と、鳥鎮の醤油
  • ●「歩き方」を無くしたお話鳥鎮バスターミナルへ向かうべく、大きな荷物を抱えて慌しく乗り込んだミニバス。ぎゅうぎゅうの状態でなんとか小銭を運賃箱に放り込み、むぎゅっと荷物と共に座席におさまる。降りる時も同様に前後左右から押されながら、文字通り吐き出されるように外に出る。この時、完全に忘れていた。「歩き方」を座席に置いたままであることを。バスに乗る時にとりあえず手にしてい... [続きを読む]
  • 【上海10】数に勝るものなし
  • 上海は大きかった。......というか、日本が「小さい」ことを思い知らされた。ニューヨークを歩いたときも、グランドキャニオンに立ったときも、カナダを3日も4日もかけてバスで横断したときも、ここまでそれを痛感したことはない。それは物理的な「広さ」ではなく。日本は小さい。 上海の地下鉄の人の入り乱れ具合や、交差する複数の車線にぎゅぎゅっと集まり列をなす車の様子は日... [続きを読む]
  • 【上海9】色々食べました。上海ごはん
  • 上海蟹と小龍包とエッグタルト。紅焼肉もできれば食べたい。と、観光本で予習した「食べたいものリスト」が頭の中にあった。......にもかかわらず、1週間もあったのに、どれもこれも達成ならず。 一体なにを食べたのでしょう。1週間も。 注文は漢字に頼るわけだけど、一部解読できるからといって思い描いたものがくるとは限らない。 鶏料理と思って頼んだら、肉のまわりにぶ... [続きを読む]