earthquest さん プロフィール

  •  
earthquestさん: アースクエストシーカヤックガイドのブログ
ハンドル名earthquest さん
ブログタイトルアースクエストシーカヤックガイドのブログ
ブログURLhttp://sea.ap.teacup.com/earthquest/
サイト紹介文シーカヤックスクールやツアーの模様シーカヤックに関する情報などなど。ガイドの日常生活もたまにアップ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/02/04 09:11

earthquest さんのブログ記事

  • 7/12奥松島・嵯峨渓ツアー
  •  7/12は、嵯峨渓を漕いでいました。 雨の予報が良い方に外れて、青空が見えるコンディションに。大浜のある入り江は、うねりが入り込んで、そこそこのアップダウンと、三角波。[画像] それでも、萱の崎を超えると、べた凪に。[画像] 最近は、SUPも入り込んでいるので、洞窟の出入りには注意が必要です。そして、ライジャケを着ていないSUP乗りには積極的にアドバイスをしましょう。嵯峨渓は外洋に面しています。[画像] 洞窟が [続きを読む]
  • 7/9パドルスポーツセーフティミーティング
  •  7月9日は、パドルスポーツセーフティミーティングを開催しました。主催は、日本セーフティカヌーイング協会(JSCA)。宮城海上保安部・気仙沼海上保安署などの協力を頂き、海のパドルスポーツの安全について、考える一日でした。 参加者は、シーカヤッカー13名(うち、5名がJSCA会員) まずは、事故事例に学ぶリスクマネジメント。参加者がシーカヤッカーのみだったので、シーカヤックに絞った内容で、事故事例の事故要因の洗い [続きを読む]
  • 7/8嵯峨渓ツアー
  •  7/8は、嵯峨渓へ。 べた凪・・・。ここまで穏やかな嵯峨渓には、なかなか出会えません。[画像] 洞窟の中も、ナギ・・・。[画像] 緊張感がなくなてしまいそうな穏やかさです。[画像] 潮位もちょうどよく、洞窟日和。[画像] いつもは緊張感のある場所も、のんびり漕げました。[画像] 萱の崎は、この角度がかっこいいなーと思っています。[画像] 帰り道で見かけた、ヒメウの若鳥。ヒメウの若鳥は、初めて見ました。[画像]  [続きを読む]
  • 7/1-2 男鹿半島キャンプツアー
  • 7/1-2は、男鹿半島へ。いつもの、温泉の湧き出る浜でのキャンプをもくろみましたが・・・。天気は、霧。波もあり、初日のパドリングは断念。近くのキャンプ場でのキャンプに変更しました。[画像]時間が空いたので、翌日の代替出艇場所を下見しながら、なまはげ館へ観光に。[画像]たくさんのなまはげには、いつ見ても圧倒されます。集落毎に作っているお面のバラエティーが凄い!写真が展示コーナーの半分です。※写真を し [続きを読む]
  • 6/27奥松島初級ツアー
  • 6/27は、奥松島初級ツアー。初級ツアーは、ベーシックスクールの次のステップで、ツーリング用のシーカヤックになれることがメインのコースになります。安定性・操作性重視のスクール艇から、直進性が良く巡航速度が速いシーカヤックへ。漕ぎの基本もバランスの取り方も同じですが、艇の反応が違います。[画像]上空には、松食い虫防除のヘリコプターが。素朴な疑問ですが、この作業って、被害を広げてる気がします。感染した木の枝 [続きを読む]
  • 6/25奥松島ツアー
  •  6/25は、嵯峨渓ツアーの予定でした。しかし、写真の通りの霧で、大浜漁港をの入口を通過したり、観光船の航路に接近する嵯峨渓方面に行くのは、諦めました・・。[画像] 代替えコースで唐戸島へ。外側は、けっこう良い三角波が立っておりました。[画像] 唐戸島には、いくつか洞窟がありますが、おそらく一番メジャーなのはここでしょう。[画像] 外海側は、霧+三角波なので、久しぶりに波津津浦へ。宮城県の復興事業を象徴する [続きを読む]
  • 6/15-17佐渡島3daysツアー
  • 6/15-17は、佐渡島に行って来ました。15日は、風が強く、当初の予定を変更して琴浦へ。入り江の中は、さすがに風裏で穏やかでしたが、ちょっと外へ出るとピッチの短い日本海特有のうねり+風浪・・。そそくさと戻りました。[画像]ここに来た理由は、この洞窟。外海は時化ていましたが、このあたりだけは大丈夫。広ーい洞窟をじっくり楽しみました。[画像]パドリングが一瞬で終わったので、ジオトレッキング。枕状溶岩で有名な海岸 [続きを読む]
  • 6/10-12JSCAカヤックベーシックインストラクター検定、会員研修会
  •  早いもので今年も半分が過ぎましたね。ブログが未だ6月上旬・・・。媒体が多様化して、フェースブックでも情報発信していることも有り、ブログの活用が悩ましい感じです。 6月9-12日の4日間、青森県三沢市の小川原湖で、JSCAカヤックベーシックインストラクター検定会と、JSCA会員研修会を開催してきました。 6/9は、移動。東北自動車道をひたすら北上して、八戸道経由で三沢市へ。三沢と言えば米軍と自衛隊の基地(飛行場)で [続きを読む]
  • 6/6出島ツアー
  •  6/6は、出島を漕いでいました。 素晴らしい青空に巡り会いました。[画像] 前週にはほとんど見られなかったイワツバメが、たくさん見られました。写真は、崖の中程で泥を集めるイワツバメ。地上に居るのを始めて見ました。写真左下に小さく移っています。(腰の白帯が目印です。)[画像] 穏やかな湾内はのんびり。[画像] うねりのある外海は、しっかり。[画像] 岩場もゆったり漕げた、良いコンディションの海。[画像] 穏や [続きを読む]
  • 5/30松島(プライベート漕ぎ)
  •  5/30は、通りすがりの日本一周中のカヤッカー、飯山さんのお供で松島へ。[画像] 前日に嵯峨渓を漕いできたそうですが、洞窟好きとのことで、メカル崎周辺の洞窟もご案内。[画像] 大きく潮が引くと、アカモクが水面を覆って、シーカヤックでも漕ぐのがしんどいです。[画像] 岩場を抜けたり、[画像] 洞窟に入ったり。[画像] のんびり、でもしっかりと松島の海を楽しめました。[画像][画像]【お知らせ】確定スケジュール ※ア [続きを読む]
  • 5月28日志津川湾
  •  気がつけば6月も後半ですね・・。ブログが一ヶ月遅れになってしまいました・・・・。 5/28は、2017年の新コース、志津川湾へ。[画像] 生憎の曇り空。志津川湾には手頃なロックガーデンが点在しています。[画像] 湾口にある松島。ウミネコの繁殖地になっています。そして、このあたりで青空が。[画像] ニッコウキスゲが見頃でした。[画像][画像][画像] 志津川湾ツアーのHP【お知らせ】確定スケジュール ※アースクエストの [続きを読む]
  • 5/27宮戸島一周
  •  5/27は、宮戸島を一周してきました。 予想以上の凪、干潮で、普段は入られない洞窟にもどんどん入ることが出来ました。[画像] 満潮時には水没する洞窟。[画像] 落ちそうで落ちない岩。次も見られるかな?[画像] 入口が低くて、なかなか入れない洞窟。この日は楽に入れました。[画像] お気に入りの小さな入り江に通じる洞窟。三角波が立ちやすい場所ですが、信じられないほど穏やかでした。[画像] 嵯峨渓も滅多に無い穏やか [続きを読む]
  • 5月26日(金)出島一周ツアー
  • 5月26日は、出島一周をしてきました。この季節の三陸らしい、霧が立ちこめた空。[画像]大きく潮が引いていて、マボヤが海から出ていました。[画像]出島・白浜には、オオセグロカモメと思われる(状況から)足跡と、バフンウニの殻。アワビだけじゃ無くバフンウニも食べるんですね。[画像]外海は、いつもながらのうねりでした。[画像]霧が、高さ10mぐらいから上を覆っている、独特の景色の中を漕ぎます。[画像]慣れないと怖い大きめ [続きを読む]
  • 5月25日松島湾ツアー
  • 5月25日(木)は、松島を漕ぎました。まるで、梅雨のようなどんよりとした空模様。[画像]でも、風さえ吹かなければシーカヤックは楽しめます。日差しが強い季節は、曇の方が体感温度は低くて快適なこともあります。[画像]松島湾には、たくさんの無人島が点在していますが、上陸できる島は少なく、断崖に囲まれた島もたくさんあります。[画像]ソフトクリームのような岩。[画像]潮位が比較的低くて、なんとか通り抜けできたトンネル。[ [続きを読む]
  • 5/21(日)出島ツアー
  •  5/21は、出島を漕ぎました。 遡上前のシロウオ。絶滅危惧種が普通に泳いでいる環境。[画像] 穏やかな湾内を、岸べたで出島へ。[画像] 途中の洞窟では、イワツバメがせわしなく行き来していました。動きが速すぎて、写真が撮れません・・。[画像] 穏やかな日が続いていたので、透明度が高くなっていました。[画像] 恐らく、ツアーでは初めて行った、出島北端部の洞窟。いつもは波があって入られませんが、この日はべた凪。[ [続きを読む]
  • 5/5-6猪苗代湖キャンプツアー
  •  GWツアー、第3弾は、福島県・猪苗代湖へ。毎年風の洗礼を受ける猪苗代湖ですが、今年は穏やか。キャンプ場からは磐梯山もはっきり見えました。[画像] 湖畔では、桜が満開でした。[画像] 芽吹きの季節の山肌を眺めながら、透明度の高い湖水の上を漕ぎます。[画像] 鬼沼の入口には、雰囲気の良い小島があります。猪苗代湖に初めて来た頃は、小さかった柳の木が、見上げるほどに生長しています。[画像] 湖底が白っぽい石のエリ [続きを読む]
  • 5/3-4笹川流れツアー
  • GWツアー、第2弾は新潟・笹川流れへ。春は、周期的に天候が変わるので、当たれば凪、外れれば漕げない的な雰囲気がありますが、今年は天候に恵まれた2日間となりました。2日目の前半は、これは海か?というべた凪でした。出艇場所は、透明度が素晴らしかったです。幸先の良いスタート。[画像]奇岩が連なる岩場巡り。[画像]迷路のような岩場をのんびり、じっくり漕ぎます。[画像]洞窟の中も、波が静か。のんびり漕げます。[画像]青 [続きを読む]
  • 4/29-30出島民宿ツアー
  • 2017年のゴールデンウィークツアーは、出島民宿ツアーから。御前湾は、新緑&桜が咲いていました。漕ぎながらお花見です。[画像]春は、海が濁りがちですが、これも豊かな海の証拠。雪解け水を得て、プランクトンが増える春。山からのミネラルが海の生き物を育みます。[画像]海の生き物を眺めながら、出島を目指します。[画像]外海側は、若干うねりがありました。[画像]寺間港近くで、どんよりとした雲が広がってきました。雨は降り [続きを読む]
  • 4/25浦戸諸島巡り(陸上から)
  •  4/25は、仙台放送みんなのニュース、生活情報ファイルの取材で浦戸諸島を巡ってきました。 桂島では、鎮守の森へ。鬱蒼としたタブノキが印象的でした。[画像] 水仙ロード。水仙越しに海が見えるところにベンチがありました。[画像] タブノキが多い島です。[画像] 鬼ヶ浜[画像] 渡船で野々島に渡って、椿のトンネルへ。ここに至る小径も、とても良い雰囲気です。[画像] ほどよい香りが漂っておりました。[画像] 再び、渡船 [続きを読む]
  • 4/23志津川湾下見
  •  少し前の話になりますが、志津川湾の下見に行って来ました。 志津川湾では、震災前に志津川自然の家のヨット&マリンスポーツで良く行っていました。今回は、新しい定番ツアーコースの設定をするための下見漕ぎです。 点在する漁港を右手に見ながら漕ぐと、湾内としては十分高さのある崖や、岩場があります。[画像] 湾口にある松島から先は、外洋に面した好フィールド。ロックガーデン万歳![画像] ウミネコの繁殖地もありま [続きを読む]
  • 猪苗代湖は面白い
  •  猪苗代湖。澄んだ湖水と、磐梯山、湖畔の新緑。そして、雰囲気の良いキャンプ場。猪苗代湖キャンプツアーの魅力をまとめてみました。 会津のシンボル、磐梯山。キャンプサイトそばの砂浜からも見られますが、カヤックの上から見る磐梯山は、ひと味違います。[画像] 水質も素晴らしい![画像] ここも、午前中は湖面が穏やかなことが多いです。[画像] カヤックで鳥居くぐりもできます!! [画像] 条件が良いときは、こんな岬 [続きを読む]
  • お花見ツアー4/9、4/14、4/15
  • 4月の恒例、お花見ツアー。第一弾は、4月9日(日)。残寝ながら、咲き始め・雨天でツアーは中止・・。[画像]第2弾は、翌週4月14日(金)。8分咲きですかね。[画像]満開前でも、十分迫力有る桜たちでした。[画像]第3弾は、4月15日(土)。前日の陽気で、一気に花が咲いた気がします。[画像]おおきな桜が多いのが、この辺の特徴でしょう。[画像]上陸適地は、意外に少なくて、花見会場に一番近いのは、ここ。僅か、、3m弱のポイントで楽に折 [続きを読む]
  • 4/3-7 野外救急法 基本の50時間
  •  先週のウィークデーは、野外救急法の講習を受けてきました。(主催者でもありますが。)アースクエストのツアーでは、救急車が来られないところにも、普通に上陸するので、普通の救急法では対応できない状況が身近です。そんなわけで、この講習は病気の40時間と共に年に一度はどちらか受け続けています。  なにしろ、覚えるべき事はたくさんありますが、独学では限界があるし、何よりも医学的な知見を自分で確認するのはものす [続きを読む]
  • 4月2日金華山一周
  •  4/2は金華山を漕いできました。震災後は、初の金華山。一周を目指して漕ぎ出します。 [画像] うねりは有りましたが、風は穏やか。[画像] 北端の仁王崎。早速、世界で唯一海藻を食べるサルを発見![画像] 島の東側は、断崖絶壁と奇岩が織りなす絶景が続きます。[画像] 大函崎。海からそびえる垂直の崖。[画像] 海上交通の要、金華山灯台。[画像] 東ノ崎手前の入り江には、震災前から難破船の船首が横たわっています。[画像 [続きを読む]
  • 金華山の魅力
  • 4月2日は、金華山へ漕ぎ出す予定です。実は、震災後初の金華山漕ぎ。そんな金華山の魅力をまとめてみました。牡鹿半島の先端、東側に浮かぶ金華山は、海の要衝として有名です。北米から日本に向かう船が初めて目にする日本の地。(初認目標)島の南東端にある金華山灯台は、宮城県最後の有人灯台(灯台守が住んでいた。平成17年まで)、DGPS(GPSを補正する電波)の基地局があります。戦時中は、潜水艦の砲撃で破壊されたことがある [続きを読む]