たこやま さん プロフィール

  •  
たこやまさん: レオ様にっき
ハンドル名たこやま さん
ブログタイトルレオ様にっき
ブログURLhttp://seibulions.blog.jp/
サイト紹介文ライオンズファンのライオンズファンによるライオンズファンのためのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2011/02/06 08:53

たこやま さんのブログ記事

  • 2017.08.22 vs 福岡ソフトバンクホークス
  • 2017.08.22 18:00開始 at 福岡ヤフオクドーム 福岡ソフトバンク○7-0●埼玉西武【勝利投手】ハンデンバーグ(12勝5敗0S)【敗戦投手】ウルフ(9勝3敗0S)【ホームラン】埼玉西武:なし 福岡ソフトバンク:今宮9号厳しい状況にこそなりましたが、僅かに残る逆転優勝の可能性をつなぐには、最低限でも勝ち越し、できれば3連戦3連勝をしたいカードになります。その初戦となったこのゲームで立ちはだかったのは、ホークス先発のハンデ [続きを読む]
  • 高卒5年目 佐藤勇投手が生き残るためには
  • 今シーズンで高卒5年目を迎えるのが、左腕である佐藤勇投手です。ただ今シーズンは1軍登板がなく、ファームでも7試合に登板し6イニング2/3を投げて防御率13.50でとても1軍に昇格をできる数字では無いでしょう。昨日(8/20)に西武第二球場で行われた、イースタンリーグのマリーンズ戦に登板しましたが、1イニングで無失点だったものの、四球2つと被安打1で3名ものランナーを出してしまうという、不安定な面も見えてきました。高卒 [続きを読む]
  • 2017.08.18 vs 北海道日本ハムファイターズ
  • 2017.08.18 18:00開始 at 札幌ドーム 北海道日本ハム○4-0●埼玉西武【勝利投手】メンドーサ(7勝2敗0S)【敗戦投手】野上(0勝1敗0S)【ホームラン】埼玉西武:なし 北海道日本ハム:中田15号ライオンズはこのゲームから札幌へ遠征となり、いよいよシーズンの佳境に入ってきました。5連勝を達成して札幌に乗り込みましたが、このいい流れを継続して連勝を伸ばして、貯金を更に増やしていってもらいたいところです。ここまで「お [続きを読む]
  • 2017.08.17 vs 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 2017.08.17 18:00開始 at メットライフドーム 埼玉西武○3x-0●東北楽天【勝利投手】菊池(12勝5敗0S)【敗戦投手】ハーマン(3勝1敗1S)【ホームラン】埼玉西武:栗山7号サヨナラ3ラン 東北楽天:なしこのゲームで快進撃を支えた炎獅子ユニフォームは一旦区切りになります。非常に縁起の良いユニフォームなので、今後も重要な局面で着用する運びになるでしょう。例えば9月の3連休のホークス戦あたりが非常に重要なゲームになるか [続きを読む]
  • 2017.08.16 vs 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 2017.08.16 18:00開始 at メットライフドーム 埼玉西武○5-0●東北楽天【勝利投手】岡本洋介(6勝0敗0S)【敗戦投手】美馬(9勝4敗0S)【ホームラン】埼玉西武:森1号 東北楽天:なしライオンズの打線は本当に強力だと思います。このゲームでも9安打を放ち2つ四球を選び、ホームランは森友哉選手のソロホームラン1本で5得点を奪いました。もちろん昨日の17得点には及びませんが、このゲーム、楽天イーグルスの先発は2ケタ勝利にリ [続きを読む]
  • 2017.08.15 vs 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 2017.08.15 18:00開始 at メットライフドーム 埼玉西武○17-8●東北楽天【勝利投手】武隈(5勝2敗0S)【敗戦投手】森原(2勝4敗0S)【ホームラン】埼玉西武:山川9号、永江1号、外崎10号 東北楽天:ウィーラー26号、枡田1号このゲームから森友哉選手が1軍復帰しました。WBC強化試合で骨折し、待望の復帰になりました。このところ指名打者で起用していた栗山巧選手や渡辺直人選手に当たりが出ていませんし、エルネスト・メヒア選手 [続きを読む]
  • 今や馬場敏史コーチ無しでは語れない辻野球
  • 今シーズンのライオンズは走塁を駆使した攻めを展開しています。もちろん辻発彦監督が就任し、昨ジーズンまで以上に走塁に関して高いレベルを選手たちには求められていますし、外崎修汰選手、金子侑司選手、源田壮亮選手、木村文紀選手など、走力を持ち味とする選手たちを重用しているからと言ってもいいでしょう。そして今回は忘れてはならない存在として、今シーズンからサードベースコーチを務める馬場敏史コーチに関して書いて [続きを読む]
  • 右肩を痛め再度離脱となる今井達也投手
  • ドラフト1位ルーキーである今井達也投手が、11日のイースタン・リーグのイーグルス戦に先発しましたが、わずか6球で降板となりました。原因としてどうやら右肩に異変があったようで、降板となりました。現段階でお盆休みで病院の検査も行えないために詳しいことは分かりません。右肩も違和感レベルなのか、痛みが生じているのかもわからない状況です。ただ一部スポーツ新聞には「右肩痛」と書かれていますし、鈴木葉留彦球団本部長 [続きを読む]
  • 2017.08.10 vs オリックスバファローズ
  • 2017.08.10 18:00開始 at 京セラドーム大阪 オリックス○4-2●埼玉西武【勝利投手】近藤(1勝0敗1S)【セーブ】平野(2勝6敗20S)【敗戦投手】菊池(11勝5敗0S)【ホームラン】埼玉西武:なし オリックス:マレーロ9号、安達2号カード勝ち越しをかけて、エースである菊池雄星投手の登板のこのゲーム、勝利は当然のことだと感じます。それだけではなく、昨日のゲームで牧田和久投手が2イニング投げるなど、やや無理をしたリリーバ [続きを読む]
  • 2017.08.09 vs オリックスバファローズ
  • 2017.08.09 18:00開始 at 京セラドーム大阪 オリックス●4-8○埼玉西武【勝利投手】武隈(4勝1敗0S)【敗戦投手】山崎福(2勝4敗0S)【ホームラン】埼玉西武:なし オリックス:中島7号まずイースタンリーグでの話題から、森友哉選手が復帰初ヒットがホームランであったようです。復帰して早い段階でホームランが出て、まず良かったと思います。あとは調子を見て昇格できるようであればと復帰が待たれるところです。さてこのゲー [続きを読む]
  • 2017.08.08 vs オリックスバファローズ
  • 2017.08.08 18:00開始 at 京セラドーム大阪 オリックス○12-6●埼玉西武【勝利投手】十亀(6勝5敗0S)【敗戦投手】金子千尋(9勝6敗0S)【ホームラン】埼玉西武:なし オリックス:T-岡田22号、吉田正6号、7号再び連勝街道をひた走りたいライオンズですが、このゲームではバファローズのエースである金子千尋投手との対戦で、非常に苦しいゲーム展開が予想されますが、則本投手を攻略したように何とか金子千尋投手を攻略して連勝 [続きを読む]
  • 2017.08.06 vs 福岡ソフトバンクホークス
  • 2017.08.06 18:00開始 at メットライフドーム 埼玉西武○6-1●福岡ソフトバンク【勝利投手】ウルフ(9勝2敗0S)【敗戦投手】武田(3勝2敗0S)【ホームラン】埼玉西武:山川8号、外崎9号 福岡ソフトバンク:なしまさに「神ってる」とはこのことでしょう。このゲームも山川穂高選手です。2−1とリードをした5回裏2死1塁2塁の場面で、B1−S1からの3球目、ホークス先発の武田投手が投じた145km/hのインハイに食い込んでくるシュート [続きを読む]
  • 2017.08.05 vs 福岡ソフトバンクホークス
  • 2017.08.05 18:00開始 at メットライフドーム 埼玉西武●7-8○福岡ソフトバンク【勝利投手】サファテ(2勝2敗34S)【セーブ】モイネロ(2勝1敗1S)【敗戦投手】増田(1勝4敗22S)【ホームラン】埼玉西武:秋山20号、浅村12号 福岡ソフトバンク:川島5号連勝を59年ぶりの13に伸ばして、満員のメットライフドームでのホークス2戦目というゲームです。マッチアップ的にホークス千賀投手、ライオンズ多和田真三郎投手ということで厳し [続きを読む]
  • 2017.08.03 vs 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 2017.08.03 18:00開始 at メットライフドーム 埼玉西武○8-1●東北楽天【勝利投手】菊池(11勝4敗0S)【敗戦投手】安樂(1勝3敗0S)【ホームラン】埼玉西武:秋山19号 東北楽天:細川1号菊池雄星投手がここまでの進化を遂げるとは、開幕前果たして予想できたでしょうか。このゲームではそのくらい素晴らしかったと感じます。辻発彦監督が前日コメントをしていましたが、前日までにチームが11連勝を達成し、菊池雄星投手にいい形で [続きを読む]
  • 2017.08.02 vs 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 2017.08.02 18:00開始 at メットライフドーム 埼玉西武○7-4●東北楽天【勝利投手】岡本洋介(5勝0敗1S)【セーブ】増田(1勝3敗22S)【敗戦投手】則本(10勝3敗0S)【ホームラン】埼玉西武:山川5号、6号、7号 東北楽天:嶋3号、ウィーラー24号、島内10号ここまでの「炎獅子ユニフォーム」による10連勝が、勢いによるものなのか、本当の強さなのか、このゲームで則本投手相手にどのようなゲームができるのか、それによってわかっ [続きを読む]
  • 2017.08.01 vs 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 2017.08.01 18:00開始 at メットライフドーム 埼玉西武○8-0●東北楽天【勝利投手】十亀(6勝4敗0S)【敗戦投手】辛島(7勝5敗0S)【ホームラン】埼玉西武:なし 東北楽天:なしライオンズはここまで9連勝中とチーム状態が非常に良いのですが、上位2チームも負けないため、依然として首位イーグルスとは7ゲームの差があります。月も変われば「ツキ」も変わると言いますが、イーグルス、ホークスと続く上位チームとの6連戦で最低で [続きを読む]
  • 2017.07.29 vs 千葉ロッテマリーンズ
  • 2017.07.29 17:00開始 at ZOZOマリン 千葉ロッテ●1-6○埼玉西武【勝利投手】多和田(3勝2敗0S)【敗戦投手】二木(2勝2敗0S)【ホームラン】埼玉西武:なし 千葉ロッテ:なしここまで連勝が7に伸びてのゲームでしたが、このゲームも勝って8連勝を達成しました。8連勝は今シーズン初となります。このゲームの先発は多和田真三郎投手でしたが、7イニングを投げて105球、被安打5、与四死球3、奪三振9を奪い無失点と非常に素晴らしい [続きを読む]
  • 2017.07.27 vs オリックスバファローズ
  • 2017.07.27 18:00開始 at メットライフドーム 埼玉西武○2-0●オリックス【勝利投手】菊池(10勝4敗0S)【セーブ】増田(1勝3敗20S)【敗戦投手】山崎福(2勝2敗0S)【ホームラン】埼玉西武:中村23号 オリックス:なしこのゲームでも2番ショートでスタメン出場をした源田壮亮選手ですが、前半戦センター前ヒットが非常に多いことから、相手チームの二遊間も源田壮亮選手の打席では間隔を詰めて守っています。つまりセンター前に [続きを読む]
  • 2017.07.26 vs オリックスバファローズ
  • 2017.07.26 18:00開始 at メットライフドーム 埼玉西武○6-2●オリックス【勝利投手】岡本洋介(4勝0敗1S)【敗戦投手】松葉(3勝8敗0S)【ホームラン】埼玉西武:中村22号 オリックス:小谷野5号2−0と先制された直後の1回裏、2死2塁の場面で中村剛也選手が初球のストレートを振り抜くと、レフトスタンドへ鋭い当たりの同点2ランホームランですぐさま2−2に追いつきます。このゲームはバファローズの先発松葉投手でしたが、 [続きを読む]
  • 2017.07.25 vs オリックスバファローズ
  • 2017.07.25 18:00開始 at メットライフドーム 埼玉西武○7-2●オリックス【勝利投手】十亀(5勝4敗0S)【敗戦投手】ディクソン(7勝6敗0S)【ホームラン】埼玉西武:中村21号 オリックス:吉田正2号今シーズン非常に苦手とし、メットライフドームでは1勝もできていないバファローズ戦ですが、なんとかディクソン投手を攻略し、先発の十亀剣投手がしっかりとゲームを作って勝ちを拾いこんでほしいところです。やはりライオンズより [続きを読む]
  • 2017.07.23 vs 北海道日本ハムファイターズ
  • 2017.07.23 14:00開始 at メットライフドーム 埼玉西武○9-2●北海道日本ハム【勝利投手】ウルフ(7勝2敗0S)【敗戦投手】上原(0勝1敗0S)【ホームラン】埼玉西武:外崎8号、秋山18号、栗山5号 北海道日本ハム:なしまず先発したブライアン・ウルフ投手ですが、6イニングを投げて116球、被安打9、与四死球2と11名ものランナーで塁上を賑わせますが、2失点に抑えて7勝目を挙げました。ブライアン・ウルフ投手が1試合で110球以上投 [続きを読む]
  • 2017.07.22 vs 北海道日本ハムファイターズ
  • 2017.07.22 18:00開始 at メットライフドーム 埼玉西武○4-0●北海道日本ハム【勝利投手】多和田(2勝2敗0S)【敗戦投手】白村(0勝1敗0S)【ホームラン】埼玉西武:メヒア16号 北海道日本ハム:なしこのゲーム先発は今シーズンの2勝目を狙う多和田真三郎投手でした。結果として7イニングを投げて被安打4、与四死球2、9奪三振で無失点と結果としてナイスピッチングだったと思います。しかし、序盤立ち上がりの3回までで55球かかっ [続きを読む]
  • 2017.07.19 vs 福岡ソフトバンクホークス
  • 2017.07.19 18:00開始 at 北九州 福岡ソフトバンク○10-6●埼玉西武【勝利投手】岩嵜(5勝2敗1S)【敗戦投手】牧田(1勝3敗0S)【ホームラン】埼玉西武:中村20号、金子侑司3号 福岡ソフトバンク:甲斐3号、4号、内川12号このゲームでは栗山巧選手が6番指名打者でスタメン復帰し、山川穂高選手がスタメンを外れています。これはホークス先発の松本投手が対左打者に対して.347という高い被打率なのに対して、右打者に対しては.184 [続きを読む]
  • 2017.07.18 vs 福岡ソフトバンクホークス
  • 2017.07.18 18:00開始 at 福岡ヤフオクドーム 福岡ソフトバンク○3-1●埼玉西武【勝利投手】ハンデンバーグ(8勝4敗0S)【セーブ】サファテ(1勝1敗29S)【敗戦投手】野上(6勝7敗0S)【ホームラン】埼玉西武:秋山17号 福岡ソフトバンク:高田1号このゲームで辻発彦監督はスタメンを変えてきました。4番にエルネスト・メヒア選手、5番に中村剛也選手を起用し、栗山巧選手がスタメンから外れて、9番に金子侑司選手を起用してきま [続きを読む]
  • 2017.07.17 vs 福岡ソフトバンクホークス
  • 2017.07.17 18:00開始 at 福岡ヤフオクドーム 福岡ソフトバンク○3-1●埼玉西武【勝利投手】東浜(9勝3敗0S)【セーブ】サファテ(1勝1敗28S)【敗戦投手】十亀(4勝4敗0S)【ホームラン】埼玉西武:なし 福岡ソフトバンク:デスパイネ22号オールスター後の後半戦の開幕ゲームということで、先発は6月度月間MVPの十亀剣投手でした。このゲームでは現段階でのホークスの実質的なエースである東浜投手との対戦ということで、厳しい [続きを読む]