cocononiwa さん プロフィール

  •  
cocononiwaさん: 心々の庭〜cocononiwa〜
ハンドル名cocononiwa さん
ブログタイトル心々の庭〜cocononiwa〜
ブログURLhttp://cocononiwa.blog111.fc2.com/
サイト紹介文水戸の自然豊かな場所で宿根草や季節の花苗などをひっそりと販売しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供338回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2011/02/06 13:38

cocononiwa さんのブログ記事

  • 警報発令! 守れるか?!ベンケイソウ
  • つい先日の話なのですが、当庭の鉢植え原木エリアから強い視線を感じたのでよく見てみると、なんと!久々にカマキリ君が帰ってきていました。家出してからもうふたつきは経っていたと思います。『ハロー』って言って近づいたらやっぱり両腕の鎌を持ち上げて『シャァ〜』ってやられました、『おい、おい・・・』っていつものパターンですね・・・でもひょっとしたら彼も『ハロー』って言ってたのかもしれませんね・・・いや、あれは [続きを読む]
  • フェアリーガウラ舞う庭
  • 来週から夏が戻るとのことです、暑さに強いかわいい妖精をご紹介しておきます。10月いっぱいしっかり舞ってくれたらうれしいかな。ガウラ、和名〈白蝶草〉、大きく立ち上がり倒伏するためか以前より嫌がられ需要の少ないもののひとつでしたが、伸びないコンパクトな品種の登場にこのガウラの捉え方が大きく変わりました。以前は80cm程でも低いと感じていましたが、今では40cm前後の品種も多数出現していて、ガーデンの前 [続きを読む]
  • 〜エンシスを追う
  • 前々項のサルビア・シナロエンシスの検索から《エンシス》は地方を指す言葉であることが分かった。想い起こせば〜エンシスとつく植物はいくつか存在する。少しだけそれを追ってみたい。エキナセア・テネシエンシス《テネシー州の》オキザリス・ブラジリエンシス《ブラジル産の》冬咲きクレマチス・アンスンエンシス中国を原産とするようだが・・・冬咲きクレマチス・ネパウレンシスネパールを原産とするようだが・・・サルビア・カ [続きを読む]
  • 商品紹介表の改変について
  • 当庭の市場外商品に使われている商品紹介表を少しずつ新しいものに切り替えています。商品の管理についてより分かりやすくするための紹介表の改変です。慣れるまでは違和感があるとは思われますがご理解頂けますようお願い致します。       新しい商品紹介表のご紹介1 品  名   2 プライス          4 分類( 科 宿根・一年・高中低木・球根 ) / 5 分布・方面 3 写  真   6 耐寒性( [続きを読む]
  • コスミックサルビア
  • 今後下半期の市場外商品の紹介となりますが、素敵プランツの販売紹介ができるよう努めて参ります。短いコメントの中で全ての魅力を紹介することはできないので、気になるものがあったとしたら、画像も含め検索してみて下さい。私以外の素敵な紹介に必ずめぐり会えますから。今秋第1号のご紹介はサルビアの一品種からです。シナロエンシスという素敵サルビアがあります。『コスミックブルー』という宇宙を連想させるような品種名で [続きを読む]
  • 8月中旬現在市場外商品只今販売中
  • 夏らしからぬ夏、以前にもお話しましたが私の中では暑い夏も寒い冬もあまり関係ないようです。『まぁ、こんなものかな』って感じですね、暑いのも寒いのも私たちのチカラではどうにもならないのですから・・・でも寒いのはやっぱりダメかな、夏生まれなので・・・さて、市場外商品は今後秋植え宿根草販売メインに切り替わります。秋ものも少量ありますが少なめです。夏ものをいち早くクリアして強耐寒性宿根草に切り替えていきます [続きを読む]
  • 再生から導けそうなこと
  • 先日お話したバプテシア・アウストラリスこと紫千代萩、地上部の切り離しが株元の新芽を動かしたという話、これはぺラルゴニューム・シドイデスに関しても言えますね、先日伸びてグラグラしてしまったシドイデスピンク、もはやこれまでと思い、思い切って深く切り戻しました。先の検索では、ペラルゴニュームの再生は《株元から思い切って切り戻せ》とのことだったので、何度かそこそこ深く切り戻してしっかり再生させてはいました [続きを読む]
  • チカラと技と
  • 本格的に自分の道を進んでいくにあたってまずはできるところから固めていこう。タネ播き品を守るため屋根の下がいっぱいになることで、強雨や長雨から幼苗が守れないことが多々あり、強い雨の予報の折、屋根の下に幼苗を回避しているようでは時間がもったいない、労力と時間の無駄だ、そんな無駄をなくすため先日手持ちのちょっとした時間を使って小さな簡易ハウスを2つ作った、とりあえず防虫ネットが多少の日よけと雨避けになっ [続きを読む]
  • カンパニュラ『カップアンドソーサー』 初期報告
  • 『カップとお皿をイメージさせるユニークな花型』と紹介されるカンパニュラ・メデュームの一品種『カップアンドソーサー』、昨年初めてつくってみましたが、従来の花型とはやや異なるため少し目を引いたようです。このカンパニュラ・メデュームは、開花におよそ一年を要すると言われる2年草の類で、タネ播きが遅れ生長が遅れたり、低温期温度がかかり寒さに当たらなかったりすると翌春開花しないお花のひとつと言われています。昨 [続きを読む]
  • 下半期市場外商品計画品リスト 一年草系
  • 一年草系のリストです。8月下旬より播種開始します。アークトチス『グランディス』アグロステンマ『オーシャンパール』アグロステンマ『桜貝』アストラガラス〜ホワイト〜・・・レンゲの白花アスペルラ・オリエンタリスアドニスアナガリス〜オレンジ〜アナガリス〜ブルー〜・・・スタンバイ中アロンソワ『シェルピンク』アンテリナム『ナイトアンドデイ』アンミ『グレースランド』アンミ『ビスナガ』エキウム・ブルガレエスコルチ [続きを読む]
  • 下半期市場外商品計画品リスト マ行〜ワ行
  • 宿根草の部は最終です、今回は少なめです。ご安心を。ミヤコワスレ『江戸紫』        『白鳥』 株分け前ミヤコワスレ『浜乙女』 スタンバイ中ミューレンベルギア・カピラリス スタートしてますメリティス・メリソフィラム 発根中メリニス『サバンナ』 スタートしてますモノプシス『パープルオーエン』 スタートしてますモナルダ・プンクタータ 播種予定モナルダ『ベルガモ』 播種予定モナルダ・ディディマ『ホワイ [続きを読む]
  • 下半期市場外商品計画品リスト ナ行・ハ行
  • 耐え忍ぶこと、思えば17年そんなことばかりだったかな・・・打って出るも勇気、いつしか必ず。では参る、打打打打打と。 日本ガーベラ 《昔のガーベラ》とも呼ばれる、株分け前、少量ですネペタ『ウォーカーズロウ』 キャットミントのやや濃青紫種、スタートしてますネペタ『ネルボーサブルー』 発芽不良、再播種予定ネペタ『ファッシーニアルバ』 白いキャットミント、小型種、挿し芽予定ネペタ『ライムライト』 昨年より [続きを読む]
  • 下半期市場外商品計画品リスト サ行・タ行
  • ブラインドタッチでパッパッパッ〜っとはいかないな・・・はぁ・・・では参るでござる、忍忍・・・サギナ『イエローターフ』 株分け前サクシセラ『フロステッドパールズ』 盆明け花つき少量あります、新苗スタンバイ中サポナリア・オキモイデス スタンバイ中サルビア・アズレア スタンバイ中サルビア・アルゲンティア シロクマです、スタンバイ中サルビア・インボルクラータ ローズリーフセージです、小苗少量スタンバイ中  [続きを読む]
  • 下半期市場外商品計画品リスト ア行・カ行
  • お盆明けからの秋の宿根草販売、市場外準備品の計画がまとまりました。大筋をリスト化しておきます。少し量があるので、これも4回に分けて記載します。がんばってなんとか最後までたどりついてくださいね・・・アガスターシェ『アステロインディゴ』 9月に挿し芽に入る予定(年内に間に合うかどうか)アガスターシェ『ボレロ』 盆明け少量あります、8月下旬より(以下省略)播種予定アキレア『ダブルダイヤモンド』 盆明け『ノブ [続きを読む]
  • ダウカス・カロタ 〜赤茶色のレースフラワー初期報告〜
  • 今期最終形態までいきながらもしっかりおつきあい頂けたブラックレースフラワー、学名をダウカス・カロタといいます。『ダラ』や『ブラックナイト』の名で流通しているようですが花色の濃淡がでるもののひとつのようです。今期2ポットお買上げ頂いた方から『白が咲いたよ』とのお話があり、別種のレースフラワーのアンミ・ビスナガのことかと思われ見せて頂きにあがりましたが、やはりそれはダウカスで完全に白花でした。しかも葉 [続きを読む]
  • どこ行ってたの? それは自然が見せるサインかも
  • 以前にもお話しましたが、以前生産部内をチョロチョロっと走り回っていたトカゲ君、このところ姿を見かけていなかったのでちょっと心配していましたが、昨日久しぶりに見かけました。子どもなのか小さいタイプのトカゲなのかわかりませんが帰ってきてくれたのだとしたらちょっとうれしいかな。このところしっかりオルトランで予防してたし、うちの生産所は下がジャリだからオルトランが臭かったり暑かったりで住むにはちょっと住み [続きを読む]
  • 2種の不動の人気のジギタリス 中間報告
  • かつて何度も紹介している素敵ジギタリス『アプリコット』、現状順調に生育中です。7月3日播きでやや遅かったかなという感もありますが、昨年の開花テスト最終播種日は7月25日播きでしっかり咲いたので、現状の生育ペースなら経験上問題ないと思っています。生長が普通のものなら播種からおよそ3ヶ月というのが現状の私の力量なので、出来上がりは10月上旬くらいということになりますか。予定数は40ポットです。播種が遅 [続きを読む]
  • 上半期を終えて 〜生産部の反省と今後の方針〜
  • なんて涼しい一日だったのだろう、8月だというのに。この反動は必ず来るな、しかしながらまあまあ暑さに強い私にとっては《来るなら来い》だ、暑い日は暑い、どうにもならない、しかたないからこう考えよう、『まあ、こんなものかな』と。今期は移転後初めての春でした。大きな不安もありましたが無事上半期の販売を終了することができました。私の中ではお盆明け秋植え宿根草の販売開始が下半期のスタートとなっています。あの移 [続きを読む]
  • くじけぬ者たち 
  • 今日もそれなりに暑かったかな、暑さ寒さに弱い私だが今のところまだ弱音は吐いていない、夏生まれだと暑さに強いというのはほんとかな?園芸業界にとって夏と冬はちょっとどうにもならない時期かもしれないが、寒い中や暑い中でも常に何かしらの発見や喜びを感じていたいと最近よく思っている。台風明けの今日の業務は屋根下にしまった商品の陳列から始まったが、商品量も少なくなっていたこともあり、思っていたより早く終了した [続きを読む]
  • 寄り道生産品から ゼフィランサス 〜たますだれ〜
  • 昨年売り損じたものを春に株分けしておきました。20ポットくらいあります。たくさん使われたい方いらっしゃいましたらご相談ください。この季節になると各地で一斉開花を迎える見事な群生花ゼフィランサス、ピンク花や黄色花も存在しますが、若干寒さに弱い所もあり、この白花以外露地で見かけることはあまりありません。このゼフィランサスの特徴は雨上がりによくつぼみをあげるということです。水で球根が潤されることによりつ [続きを読む]
  • そこにある意味
  • 一日がかりの業務だった、やれることはやったかな、後は台風が去りゆくのを待つことにしよう。今回は雨台風と聞いたがそれなりの風も出るだろうな、今日の一日の作業は大きかったかな、油断はいけないが・・・安心して休めそうだ。屋根下に置いてあったディセントラ『ゴールドハート』の葉裏に若干のコナジラミを発見した。かれらもなんとか苦しい夏を乗り切ろうと必死なのだろうが、それを許すわけにはいかない、すまんな、人間の [続きを読む]
  • 管理が違うが同じ植物
  • 半日陰部隊の整理のさなか、調子の悪い、というか原木として持っていたエリンジューム『ミスマーブル』の地上部が無くなっていた。今期は萌芽も遅れ、開花には結びついたが途中で花首が折れたり咲かずにつぼみが黒くなったりして、嫌な予感がしていた。こないだまで1本だけつぼみのついた花茎が残っていたはずなのだが・・・ずっとサインを出し続けていたんだよな、もっと早く気づいてやるべきだった・・・ゆるせよ・・・この品種 [続きを読む]
  • 守れるか?半日陰部隊
  • 台風が接近している。今年もとうとうこの季節が来てしまったか・・・豪雨による過湿と、台風が行ってからの高温からなんとしても我が部隊を守らなければならない。当庭にはまだ半日陰地があまりなく、雨を回避できる屋根下もあまりない状況でいったいどうやって高温多湿に弱い植物たちを守ればいいのか、頭が痛い所だが、まずは屋根下に回避している部隊の整理から始めるとするか・・・パッと見大きな問題はなさそうだな、しかしす [続きを読む]
  • 開花苗のご案内。
  • 8月に入り、あちらこちらで花火大会が開催されていますね〜。花火の音を聞くとより夏を感じます。「心々の庭」では、花火のようなお花の「センニコウ ファイヤーワークス」が咲いております。暑さに強く花期も長いのでこの季節にオススメです!!その他にも、、、ガウラ サマーエモーションサクシセラ フロステッドパールズセファラリア ギガンティア(大型のスカビオサ)こちらは見本鉢のみの開花で販売用苗の開花は翌年にな [続きを読む]
  • 見慣れぬドライ系プランツから
  • 珍しいものではありませんが比較的流通の少ないもののひとつかと思われます。カタログや雑誌などではよく見かけることがあるとは思われますが、お店でめぐり会うことはあまりないのではないでしょうか。カタナンケ・カエルレア、キク科の耐寒性多年草で、南ヨーロッパを原産とする素敵花です。標高の高い砂礫地に生えているため、寒さには比較的強いものの、高温多湿は苦手です。ここ数年の間、何度か生産し育てていましたが先日つ [続きを読む]