金子幸弘 さん プロフィール

  •  
金子幸弘さん: 金子幸弘のネコの手日記
ハンドル名金子幸弘 さん
ブログタイトル金子幸弘のネコの手日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/neko19760607/
サイト紹介文愛犬コーギーと暮らす日本共産党鳩ヶ谷市議会議員の金子幸弘がつれづれなるままに書き記します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/02/07 17:33

金子幸弘 さんのブログ記事

  • 道理ある提案で1歩でも半歩でも現実の政治を前に動かすことを信念としています
  • 道理ある提案をするというのは難しいものです。道理のない提案の方が楽だったり、世の中の支持を受けることもあるかもしれません。そもそも、自分で「道理ある」というのもおこがましいのですが。しかし、私はどんな立場の人が聞いても「確かにそうだ」と思ってもらえるように考えて提案し、発言してきたつもりです。そうした提案が現実のものになったときは議員として社会に役立てたと思える瞬間です。政治を動かして実際に役に立 [続きを読む]
  • 危機打開のため米朝は無条件で直接対話を
  • 危機打開のため米朝は無条件で直接対話を2017年8月12日  日本共産党幹部会委員長 志位 和夫一、北朝鮮の核兵器・ミサイル開発をめぐる米国と北朝鮮の間の緊張が、軍事衝突の危険性をはらむ新たな事態へと深刻化している。 国連安保理が新たな制裁決議を採択したこと(5日)に対して、北朝鮮は7日、「断固たる報復で対処し、全面的に排撃する」と強く反発した。さらに10日、「アメリカに厳重な警告信号を送る」とし [続きを読む]
  • 初めての保育合研!
  • 分科会報告保育制度&シンポジウム前半は「保育制度をめぐる状況と保育の未来」と題され、①公的保育制度は日本国憲法の下で整備されてきたこと、②保育運動は憲法や児童福祉法の理念を具体化する活動であったこと、③待機児童問題や保育士の処遇問題など市町村の取り組みとともに国の責任が問われていること、④保育所保育指針・幼稚園教育要領等の改正が「就学前の終わりまでに育ってほしい姿」の明示など到達目標の明確化を特徴 [続きを読む]
  • 日本共産党に入党するには
  • ※日本共産党に入党するには 18歳以上の日本国民で、日本共産党の綱領と規約を認める人は、党員になることができます。 綱領は、日本と世界の歴史と現状をふまえ、日本の政治の民主的改革の道すじ、未来社会の展望を明らかにしています。日本共産党がめざす終局の目標は、「人間による人間の搾取もなく、抑圧も戦争もない、真に平等で自由な人間関係からなる共同社会」(党綱領)です。 規約は、日本共産党はどんな政党か、党 [続きを読む]
  • ツイッター始めました〜
  • ※日本共産党に入党するには 18歳以上の日本国民で、日本共産党の綱領と規約を認める人は、党員になることができます。 綱領は、日本と世界の歴史と現状をふまえ、日本の政治の民主的改革の道すじ、未来社会の展望を明らかにしています。日本共産党がめざす終局の目標は、「人間による人間の搾取もなく、抑圧も戦争もない、真に平等で自由な人間関係からなる共同社会」(党綱領)です。 規約は、日本共産党はどんな政党か、党 [続きを読む]
  • 川口市平和展
  • 川口市は市民に戦争の悲惨さと命の尊さを伝え、平和で豊かな社会を築いていくために「川口市平和展」を開催しています。テーマ 戦中・戦後を生き抜いた女性たち開催期間7月22日(土)から7月26日(水)までの5日間22日(土) ・ 23日(日)・・・午前9時から午後6時まで24日(月)〜26日(水)・・・午前10時から午後9時まで会場 川口市立中央図書館・メディアセブン入場無料展示(5階 中央図書館前ロビー [続きを読む]
  • 川口市手話言語条例 全会派一致で誕生
  • 川口市手話言語条例 (目的) 第1条 この条例は、手指及ひ゛体の動き並ひ゛に表情を用いて表現される言語て゛ある 手話に対する理解の促進及ひ゛手話の普及に関し基本理念を定め、市の責務及ひ゛市 民の役割を明らかにするとともに、手話に関する施策を推進するための基本的事 項を定めることにより、聴覚障害者及ひ゛音声機能又は言語機能に障害のある者( 以下「聴覚障害者等」という。)か゛、手話を用いて日常生活及ひ゛社会生活を [続きを読む]
  • 「一億総監視社会」に道を開く「共謀罪」法は廃止を!
  • 戦争法廃止を求めるオール川口実行委員会 緊急アピール「一億総監視社会」に道を開く「共謀罪」法は廃止を!安倍政権による9条改憲を許すな! 2017年6月15日午前7時46分、安倍政権と与党は、民主主義の危機を憂い国会周辺に集う多くの市民の「『共謀罪』反対」の叫びに耳を傾けることなく、「共謀罪」法案について委員会での審議を打ち切る中間報告という禁じ手に踏み切りました。「共謀罪」法案は、審議をすればする [続きを読む]
  • 水道料金の値上げは困りますー事業の増収策と地下水の活用を提案
  • 水道料金の値上げは困ります事業の増収策と地下水の活用を提案 川口市は浄配水場や水道管などの更新費用として35〜47年度までに施設で196億円、配水管工事で82億円かかるとしています。 6月議会では自民党市議の質問に対して、川口市は財源として「水道料金の改定も考える」と答弁しました。 私は3月議会で水道事業の増収策と地下水の活用を提案しました。水は生命の源です。市は安心安全のための施設更新を進めつつ [続きを読む]
  • ご存知ですか? 教育勅語の排除・失効を決めた全会一致の国会決議
  • 教育勅語「根本理念が主権在君並びに神話的国体観に基いている」(衆議院決議原文より)〜国会において保守・革新問わず全会一致で排除・失効の決議がされています〜教育勅語は戦前の教育の基本原理を示すもので「根本理念が主権在君並びに神話的国体観に基いている」(衆議院:教育勅語等排除に関する決議)ものです。主権者たる国民の意思を直接反映する最高機関である国会において保守・革新問わず全会一致で排除・失効の決議が [続きを読む]
  • 新しいポスター、なかなかレトロな感じが好きです
  • 教育勅語「根本理念が主権在君並びに神話的国体観に基いている」(衆議院決議原文より)〜国会において保守・革新問わず全会一致で排除・失効の決議がされています〜教育勅語は戦前の教育の基本原理を示すもので「根本理念が主権在君並びに神話的国体観に基いている」(衆議院:教育勅語等排除に関する決議)ものです。主権者たる国民の意思を直接反映する最高機関である国会において保守・革新問わず全会一致で排除・失効の決議が [続きを読む]
  • 日本共産党都議団の実績と公約
  • 日本共産党都議団の実績と公約(1) 前回17人に躍進した日本共産党都議団は、都民運動とむすんで数々の実績をあげてきました4年前の都議選で8議席から17議席へと躍進させていただいた日本共産党都議団は、都民のみなさんの運動と力を合わせて都政を大きく動かし、数々の都民要求を実現してきました。▽ 「盛り土なし」の発見で、豊洲問題が都政を揺るがす大問題に―日本共産党都議団は、誰もが認めるチェック機能を発揮し [続きを読む]
  • 子どもを児童虐待から救いましょう
  • 知っ得    子どもを児童虐待から救いましょう児童虐待によって命を奪われる事件も起きています。逃げ場のない子どもたちの命を社会として救う力を強めましょう。問 子どもを虐待から守るには?答 次の5点にあらためて気をつけましょう。○「おかしい」と感じたら迷わず連絡(通告してください)○「しつけのつもり…」は言い訳(子どもの立場に立って判断しましょう)○ひとりで抱え込まない(あなたにできることから即実行 [続きを読む]
  • 介護保険の要支援1,2のかたが総合事業へ
  • これまで介護保険の要支援1,2の方々が受けていたサービスが市町村が責任を持つ総合事業へ移行。川口市も4月から移行となります。私は3月市議会でこのことを一般質問で取り上げました。要は移行後も市として責任を持って利用者に不都合なことなく継続されるかが最低限守られるべき点かと思います。先行して移行した自治体の利用者の中には、それまでホームヘルパーのサービスが週3回だったのが2回となって、その空白の1日の [続きを読む]
  • 金子ゆきひろの一般質問は3月6日(月)15時頃からです
  • 1 市長の政治姿勢と施政方針に関わって(1)住民自治について(2)団体自治について(3)施政方針に関わって  ア 新庁舎建設工事に市内業者の参入を  (ア)元請業者の選考にあたって市内業者が活用される手立てについて  (イ)分離分割発注によって市内業者の活用を図ること  (ウ)建設業退職金共済制度の活用について  イ 下水道事業に対する地方公営企業法の全部適用について2 川口市が責任を持って上下水 [続きを読む]
  • 社会の歯車は止まっていない
  • 社会の歯車は止まっていない力を入れて無理にその動きを止めようとする者がいても、ギリギリと音を立てて、グッグッグッと動いているそして、この動きは自動ではない自覚したひとりひとりの、ひとつひとつの闘いが動かしているそして、歯車を回そうとしているときに、ふと、横を見ると、いままで見えなかった、見てこなかったのかもしれないが、同じく歯車を回そうと真剣に踏ん張っている仲間たちが見える動かせる負けない大丈夫だ [続きを読む]
  • なによりも命が大切にされる社会に
  • 高齢ドライバーのアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故や登校中の小学生の列に軽トラックが突っ込んで事故をおこすなど、高齢者の自動車運転についてニュースで取り上げられることを目にします。一方で高齢者こそ移動手段として自動車が必要だと言う面もあると感じます。そうした中で、近年は衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報、いねむり運転への警報、駐車支援システムなどを搭載した先進安全自動車が注目されています。国 [続きを読む]