IWARIN さん プロフィール

  •  
IWARINさん: Tafelmusik 第2集
ハンドル名IWARIN さん
ブログタイトルTafelmusik 第2集
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tafelmusik/
サイト紹介文フルートとフラウト・トラヴェルソによる演奏活動を中心に趣味の写真撮影のことも思いのままに。
自由文楽器はSANKYOの木管フルート、BOAZのトラヴェルソ(スティンズビーJr.モデル)、POWELLのピッコロを愛用してます。使用するカメラはNikon D7000とRICOH GR Digital III&?です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/02/07 20:58

IWARIN さんのブログ記事

  • ピッコロと万年筆
  • 愛用するパウエル・ピッコロと同じく愛用中の万年筆LAMY2000流れるような曲線のデザインが美しい。銘品と呼ばれるものはまずデザインが美しいものだと思っています。RICOH GXR MOUNT A12RIKENON 50mm f:2参加しています↓ にほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • コルクグリス
  • フルートやピッコロにとってジョイントのコンディションが音色にかなり影響を与えると思っています。ピッコロはコルクグリスを小まめに使うべきなのですが、25年前には持っていた(たぶんセルマーの)コルクグリスも、最近では殆ど使わなくなっていました。ピッコロをオーバーホールしたのを機にコルクグリスも新しく買おうと思い探してみましたが、やはり定番はヤマハでしょうか。同じ日本のメーカーでサックスのヤナギサワのもの [続きを読む]
  • 夏の花
  • ランタナという花です(だそうですと言うべきか)紫陽花の一種とずっと思っていましたが、別名 七変化というらしいので、全く関係ないわけではないかもです。RICOH GXR に MOUNT A12を介してRIKENONのオールドレンズをつけて、時代を超えた純正の組み合わせなどとはしゃいでいます(^^;;RICOH GXR MOUNT A12RIKENON 50mm f:2にほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • パウエル・ピッコロ、オーバーホール終了
  • ドルチェ楽器さんにオーバーホールを依頼していたパウエルのピッコロですが、1ヶ月ちょっとで帰ってきました。新品と遜色のない美しい仕上がりです。パウエルのピッコロは特に曲線が美しいと思いますが、その秀逸なデザインは現在のピッコロと比べてキーが全てインラインに配置されていることにもよると思われます。Gisのキーのデザインも素晴らしいですね。吹いてみると、さすがに新品のパットがまだ馴染んでいないようで、硬さ [続きを読む]
  • 現代の名演奏家50
  • 吹奏楽コンクールの夏が終わって、読書をする余裕が少しだけできたので、現代の名演奏家50クラシック音楽の天才・奇才・異才という本を読みました。著者の中川右介氏は、田中長徳氏のカメラジャーナルの編集長として結構前から知ってました。著書も「グレン・グールド」や、「カラヤンとフルトヴェングラー」などを読んできました。名演奏家と呼ばれる人物のエピソードは面白いものがたくさんありますが、単なる噂話だったりするこ [続きを読む]
  • 吹奏楽の夏
  • 毎年、夏は吹奏楽の夏です。でも今年はあっけなく7月で終わってしまいました。そんな日の夕方に撮った一枚です。RICOH GXRA12 MountRIKENON 50mm f:2参加しています↓ にほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • レンズキャップ
  • オールドレンズのキャップ、オリジナルはフードを付けた状態だとはめにくいんです。最近の各メーカーのキャップはフードを付けたままでもはめやすいように工夫されています。今回は古いリケノン50/2のためにハクバのキャップをカメラのキタムラで購入しました。ですが、この脱落防止の紐が気に入りません。なので、紐を外してから取り付け部分をハサミで切り落とします。ハサミで簡単に切り落とせましたので、カッターでバリを綺麗 [続きを読む]
  • 紫陽花
  • 遅かった梅雨入りも本格化しそうです。6月生まれなので紫陽花は好きな花です。RICOH GXRRICOH GXR MOUNT A12Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 2.4/35 M42 Mountにほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • RICOH GXR S10 Unit 24-72mm F:2.4-4.4 VC
  • リングキューブでRICOH GXR用S10ユニットのアウトレット品を格安でGETしました。RICOH GR Digital ⅣこのユニットはRICOH GX200と同じ内容で、GXRのユニットの中では最も軽量。このカメラがコンパクトカメラであることを思い出させてくれます。GRレンズと比べると写りはそこそこなのかもしれませんがそこは多少割り切って仕事でもガンガン使っていけます。にほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • タンポが破れる
  • フルートのトラブルも色々ですが、タンポが破れると音が出にくくなります。右手の小指で押さえるD#キーのタンポが破れているかもと気がついたのは結構前のことでしたが、開いていることの多いキーなのでついついそのままにしていました。上京した時にフルート工房三響に立ち寄り、見ていただいたところ見事に破れていました。交換と調整を終えたフルートを受け取った時に破れた古いタンポもいただいたので、撮影してみました。随分 [続きを読む]
  • RICOH GR Digital Ⅳ をドレスアップ
  • リコーリングキューブでゲットしたアウトレット品の1つが、RICOH GR Digitalの5周年記念のゴールドリングです。RICOH GXRRICOH LENS S10 24-72mm f:2.5-4.4 VCRICOH GR Digital III 用ですが、もちろんⅣでもOK。わたしのⅣはグリップをカーボン調に、レンズのネームプレートもブラックに交換して一層精悍な顔つきになってるので、ゴールドのリングが映えます。出番が少なくなってきたカメラですが、まだまだ大切に使っていきた [続きを読む]
  • 銀座を歩く楽しみ
  • 銀座に行きました。RICOH GR Limited Edition土曜日なので歩行者天国で人も多いです。RICOH GR Limited Edition銀座で新たに必ず立ち寄るスポットになったのがここ、銀座itoyaです。RICOH GR Limited Edition発売になったばかりであるラミーサファリの今年の限定色ペトロールの大きな模型がありました。ここでは書き味が気になる二本の万年筆の調整をお願いしましたが、ほんの少しの調整で済み、代金はサービスでよいということで [続きを読む]
  • 木管フルートを試奏
  • 山野楽器へ行きました。RICOH GR Limited Editionピッコロのフェアをやっていましたが、いくつかを軽く試奏した後、木管フルートの試奏をお願いしました。試奏室をお借りしてゆっくり吹かせてもらえましたが、出していただいたのはヤマハサンキョウエイベルの三本で、すべてEメカつきH管でヤマハのみがインラインです。RICOH GR Limited Editionサンキョウは普段使っている楽器と同じですが、頭部管はリップ浮かし彫タイプです。 [続きを読む]
  • 25年目のオーバーホール
  • 学生の時に買ったパウエルのピッコロ(ハンドメイド)ですが、さすがにタンポが限界のようで鳴りのムラが激しかったりひっくり返ることが頻繁になってきたので、ついにオーバーホールに出すことにしました。新宿にあるドルチェ楽器に来るのは半年ぶりです。新品のハンドメイドを出していただき吹き比べてみましたがその時はまだ大丈夫かなと思える状態ではありました。奥が新品のハンドメイドで手前が私の楽器です。基本的なデザイ [続きを読む]
  • マルセル・モイーズの貴重な録音【NML】
  • 貴重な音源の発掘に重宝しているナクソス・ミュージックライブラリーですが、マルセル・モイーズによるゴーベールの「夜想曲とアレグロスケルツァンド」のフルートとオーケルトラバージョンを聴くことができます。「夜想曲」とのみの表記ですがアレグロスケルツァンドまであります。にほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • ポピー【農業文化公園】
  • 農業文化公園は手入れの行き届いた心地よい場所です。花壇にはポピーがたくさん植えられていてその色鮮やかさに目を奪われます。Nikon D7100SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMTAMRON SP 90mm f/2.8 Di MACRO 1:1にほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • 新しい楽典
  • 今年から授業で音楽理論を教えることになりました。楽典といえば黄色い本が標準的ですが、私はこの「新しい楽典」で勉強しました。30年以上前のことでその時使ってた本は紛失してしまっていたので、新たに買い直しました。著書の野崎先生(故人)は在学当時の教授で学長もされておられました。にほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • チューリップ【農業文化公園】
  • 4年ぶりに農業文化公園に行きました。心配していたお天気にも恵まれて撮影を満喫できました。まずは入場口付近に若干咲いていたチューリップです。Nikon D7100SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMにほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • アルフレード・カゼッラ【NML】
  • フルーティストにとっては「シシリエンヌとブルレスク」という曲でのみ知る作曲家の名前がアルフレード・カゼッラです。フルートのためには若い頃の作品に「バルカローラとスケルツォ」という曲もあり、わたし的にはこちらの方が好みであったりします。1883年生まれ。同じ年に生まれた作曲家は他にアントン・ヴェーベルンとエドガー・ヴァレーズがいます。前後にはバルトークやストラヴィンスキー、エネスコ、トゥリーナ、グレイン [続きを読む]
  • 遅咲きの桜
  • 今年は4月になっても寒い日が続き、そのせいで桜の開花が随分遅れました。第2週の土日に臼杵市へ花見に行きましたが見事に満開の桜を存分に楽しみました。Nikon D7100SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMにほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • ハードディスクは壊れる
  • わかってはいたことですが、ハードディスクは壊れます。10年くらい前にデータをバックアップしていた250GBのUSB外付けHDDです。写真の膨大なデータの保存には容量が少なすぎなので、2TBの別のHDDを購入してからは出番がなく、しばらく放置していました。久しぶりにMacに繋いでみるとうまく作動しない。結構大事なデータも入っていたので焦ってディスクユーティリティを使って修復を試みましたがなかなかうまくいきません。どうにか [続きを読む]
  • ピエール・サンカン【NML】
  • 1916年生まれのフランスのピアニストで作曲家。代表作はフルートとピアノのためのソナチネと言ってほぼ間違いないと思います。その他の作品については、サクソフォーンとピアノのための「ラメントとロンド」の存在を知るのみでしたが、NML(ナクソス・ミュージック・ライブラリー)によって、クラリネットやオーボエのためのソナチネ、そしてピアノ協奏曲を聴くことができました。木管楽器のための3作品はフルート・ソナチネのキ [続きを読む]