Flag父 さん プロフィール

  •  
Flag父さん: アメでもハレでもフラッグフットボール@東京
ハンドル名Flag父 さん
ブログタイトルアメでもハレでもフラッグフットボール@東京
ブログURLhttp://bagusflagfootball.seesaa.net/
サイト紹介文フラッグフットボールを愛す父子4人の練習日記。中野バグース/ワセダクラブではメンバー大募集中です!
自由文フラッグで世界をとびまわる父、男の子に混じり紅一点で走り回る娘、ちびっこい体でフィールドを疾走する長男、フラッグをくるぶしまでたらして姉兄のあとを追う末っ子。フラッグ三昧の毎日で父子で日本一を目指します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供327回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2011/02/08 20:07

Flag父 さんのブログ記事

  • Flag弟のわんぱく相撲 その2〜ああFlag弟
  • わんぱく相撲に出たいと言い始めて、アレヨアレヨというまに地区大会決勝にコマを進めたFlag弟。将来的にはぶつかり稽古のような1on1にトライしなければならない弟にとっては、これも将来への布石デス。相手は逆山の準決勝で相撲クラブの巨漢くんを足取りで破ってのけたレスリングくん。Flag弟よりも小兵ではありますが、レスリングで鍛えたスピード感溢れる格闘技センスで本命を退けて決勝進出の勢いのある選手。緊張感みなぎる立 [続きを読む]
  • Flag弟のわんぱく相撲(その1〜破竹の快進撃の巻)
  • 小学校から貰ってきたチラシを見せて、これに出たい!と言い始めたFlag弟。大きい子が出てくるよとは伝えましたが、本人の意志は頑なで、エントリーすることになりまシタ。Flag姉も四年生の時に出場して、都大会進出を決めたこの大会。その時二年生だったFlag兄は巨漢くんと対戦してあっさりつり出されてしまいましたから、怪物姉はともかくとして、男子は厳しそうだというのが正直なところなのデス。とはいえ、Flag弟の出たい気持 [続きを読む]
  • Flag弟の金魚埋葬
  • 金魚が全滅してしまいました…Flag姉がジュニア時に遠征した群馬県太田市の道の駅で買ってきた大振りの琉金でしたが、新規加入の連中によって持ち込まれた白カビ病が瞬く間に蔓延してあえなく投了…健気にFlag弟が埋葬を担当してくれマス。ドジョウくんの方はすくすく育っているのですがね…やはり環境の変化ってカラダにこたえるようデス… [続きを読む]
  • Flag兄の地味トレ
  • Flag父がチームメイトのスポーツトレーナー、レオから仕入れた地味ーなトレーニング。目下Flag兄が挑戦中デス。もともとは薙刀の練習なのかってぐらいに園芸用のポールを振り回していた兄でしたが、担いだランジに続いて、この地味トレ。これでうっかり通行人を殺めてしまうこともなくなりそうデス。地味にしっかり続けて欲しい。そう願うFlag父なのでシタ。 [続きを読む]
  • Flag弟の特訓
  • Flag弟の特訓が始まりました。姉兄は相当なスパルタトレーニングを積んで成長していきましたが、平和にのびのび育ったFlag弟はそういう意味ではまだまだ伸び代だらけ。健気に自分で何を練習したいか言ってくる可愛さがアリマス。この日はもうひたすらアウトのパターンのキャッチキャッチキャッチ…手の形と音にこだわって、特訓あるのみなのデス。 [続きを読む]
  • Flag兄、軸が傾いてマス
  • しばらくキャッチボールがしっかり出来ていなかったので、軸が相当傾いてしまったFlag兄。体つきも急激に男子っぽくなってきたのでバランスを整えていかないとロスが大きそうデス。やはり何事もフォームが肝心。イチからコツコツ、やはりキャッチボールが大事デス。三年生が抜けて、Flag兄も投げる機会は増えるはず。修正を図るなら今しかないのでアリマス。 [続きを読む]
  • Flag弟とちはやふる
  • 今更ながらではありますが、映画ちはやふるを観たFlag弟。早速自作のカルタを取り出してきて、素振りをブンブンしています。とんちの効いた歌を読むことになったFlag父。対戦相手を探しては勝負を挑むのですが、なにぶん自作カルタ…そのうち本物できっちり覚えてもらいまショウ。文学青年への道は意外なところから始まるのかも知れまセン [続きを読む]
  • Flag姉、久保建英に対抗する。
  • バルサ帰りの久保くんはFlag姉と同い年。彼は飛び級に飛び級を重ねて今やFC東京u23の主力選手デス。そして先日、ついにJリーグ史上最年少ゴールを記録。凄いの一言でアリマス。同じ前線の選手として負けてられないのがFlag姉。久保くんが決めたのがJ3なら、Flag姉も3部リーグ所属。高校生になって最初のシーズンがいよいよ幕を開けます。この日はジョーカー起用だったFlag姉でしたが、出番とともに得意のスピードが炸裂します。偉 [続きを読む]
  • Flag姉の室内トレ
  • 妹分のUちゃんと連れ立ってウェイトルームにこもるFlag姉。高校生になって、ウェイトトレーニングが解禁されました。さすがにまだこなれていないのか、午前中にウェイトやってからの練習となると体が重めではありますが、そうやって筋力が備わってくれば、キック力も向上してくるでしょうか。月齢的には周りと比べて少し早めの筋力トレーニング開始ですが、得意のフィジカル負けしないアタックに新たな要素を載っけて勝負できそう [続きを読む]
  • Flag姉vs.cathédrale
  • 姉は教会の聖堂でちょっと落ち着くのが好き。今回の遠征でも大聖堂を訪れることが出来たようです。まだ未完成なんだそうですが、そういうところもまた魅力のひとつデスね。お世話になったアスレチッククラブ・ビルバオの本拠地は少し前に移転するまでラ・カテドラルと呼ばれていました。正式名称はエスタディア・デ・サン・マメス。教会の息づく街のスタジアムなのデス。 [続きを読む]
  • Flag姉兄弟のバッティングセンター
  • Flag姉兄弟は本当はスポッチャに行くはずだったのですが、叶わず路線変更してバッティングセンターにやってきました。兄弟は2回目ですが、姉は初めてのバッティングセンターデス。こういう時に積極果敢なのはFlag弟。真っ先にケージに入って、構えマス。最初はなかなか当たりませんでしたが、半分を過ぎてからは連続してバットに当たるようになってきた弟。だんだんボールも前に飛び始めマス。前足重心で打ち返すのはFlag兄。手に [続きを読む]
  • Flag父vs.回族街食べ歩き
  • 餃子を26個も平らげて腹ごなしに散歩を始めたFlag父の前に現れたのは、千と千尋の神隠しの一場面を彷彿とさせる屋台街。夜も更けていくというのに物凄い活気でアリマス。あちこちの軒先から美味しそうな香りと呼び込みの掛け声がとんできて、面白そうな光景ばかり。右に左に目を奪われます。こんな骸骨から…ド派手な唐辛子の束まで、なんだか魅惑的な世界ばかり。沸き立つ湯気につい入店してしまいたくなりますが、残念ながら餃子 [続きを読む]
  • Flag姉の入学式
  • 姉もついに高校入学式を迎えまシタ。演台に松の飾られた入学式は初めてデス。はるばる3時間強かけてやっと辿り着いたFlag母でしたが、実際に通うのはこの校舎ではなくて、サテライト校舎デス。姉たちのクラスは男女サッカーのみのアスリート軍団ですが、他にもバドミントン軍団がまた別の校舎で1クラス。修学旅行は本隊の高校生たちと一緒だそうですが、普段をともに過ごしているわけではないのでそこんところはやや不安でございマ [続きを読む]
  • アメフトチョコの不遇
  • こんなチョコレートが売っていたら誰もがアメフトチョコだ!と思うわけデス。だって隣にはベースボールチョコやバスケットボールチョコが売っていますし、何より白いラインが突端のあたりに一周していますから、これはもう紛れもなくアメフトチョコのハズ…でもこうなってしまうのが、日本の現実なのです。まずはボールの違いから認知してもらいたいところデス。がんばれアメリカンフットボールでアリマス。 [続きを読む]
  • Flag姉vs.ココナッツの人工芝
  • スペイン遠征中に姉のプレイしたピッチにはココナッツのチップが撒かれた人工芝があったそうデス。ゴムチップの人工芝の弱点を克服したとかで話題のようですが、ボールの弾みも天然芝のようで、スパイクも引っかかりなくちゃんと滑るし、環境や、健康への配慮もされている…こうやってピッチも進化していくんですね。一方で、姉曰く汚れ方のほうも天然には近づいているとかで、白ユニを着て出たらたいそう真っ黒になったんだとか。 [続きを読む]
  • Flag姉への誕生日プレゼント
  • 去年も一昨年も海外で誕生日を迎えたFlag姉でしたが、今年も遠征最終日が誕生日。学年最後尾で頑張ってついてきたぶんのご褒美でしょうかー…今年はホームステイではありませんでしたが、お世話になったアスレチッククラブ・ビルバオの女子部長さんからサプライズプレゼント!なんと背番号21番のユニフォームを頂いてしまいました。これでいつでも入団してきなさいというお言葉まで頂けたら完璧でしたが、残念ながらビルバオはバス [続きを読む]
  • Flag姉のスペイン遠征
  • Flag姉の中学生生活の締めくくりはスペイン遠征でした。毎年このタイミングで遠征が入りますが、今年は卒業式の翌日出発というハードスケジュール。それでも意気揚々と出かけたFlag姉であります。シャルルドゴールで乗り換えて着いた先はバスク地方のビルバオ。アスレチッククラブ・ビルバオが本拠を構えるこの街を拠点に5試合をこなしながら、ヨーロッパのサッカー文化を体感しマス。カッコ良すぎるスタジアムに興奮しながら、こ [続きを読む]
  • アメリカンフットボールがありふれた風景
  • 街中のモールを歩いていたらアメリカンフットボールを少年にも普及させようという広告が当たり前のように転がっていました。野球やサッカーのような極端に人気のあるスポーツがないせいか、それぞれの競技が肩身を狭くせずに堂々と闊歩している気がシマス。子どもの数が減ってきて、競技も多様化。アメリカンフットボール普及には日本はまだまだ大変デス。フラッグ人口が着実に増えている恩恵がそのうち目に見えてくるでしょうか… [続きを読む]
  • Flag姉vs.世界遺産ビスカヤ橋
  • 姉から送られてきた写真を見て、板目の橋を渡っているのね、吊り橋かなぐらいに思っていましたが、そこはどうやら世界遺産ビスカヤ橋。冷静になって写真の端を眺めたらどんでもない高さデス。川面までの高さは60mだとか…世界最古の運搬橋なんだそうデス。ま、近隣の皆さんはFlag姉たちの通っている部分をわざわざ渡るわけではなくて、この高さから吊られたゴンドラで対岸とを行き来するとのこと。吊っているところを観光地化して [続きを読む]
  • Flag姉vs.乾貴士
  • スペイン遠征中のFlag姉たちの試合を眺めてくれたのはリーガ唯一の日本人選手、乾貴士くんでシタ!試合直後にそれに気づいて乾選手のもとに殺到したというFlag姉たち。ツーショット撮影までして頂いて姉も嬉しそうデス。翌日には夕食会に参加していただき、お話しまでうかがえたとのこと。エイバルの練習見学も含めれば、都合3日もお付き合いしてくれた乾選手のホスピタリティに感服致しマス。姉たちが帰ってすぐのリーガでゴール [続きを読む]
  • Flag姉と4月1日
  • Flag姉は束の間の帰省期間を終えて寮に帰って行きました。いよいよ高校生でアリマス。と、夜半に突然LINEのメッセージが飛び込んできます。「スパイク忘れた!」せっかく新調したはずのスパイクをまんまと実家に忘れていったFlag姉...「なにやってんダヨー...」というヤレヤレ感を胸に言葉を失うFlag父。「だって、ちゃんと箱を持ってたのに!」と驚くFlag母。「どこに忘れたの!?」という問いに「部屋だー」と嘆くFlag姉。Flag父 [続きを読む]
  • Flag姉のスパイク新調
  • これまでチーム支給のスパイクを履いてきたFlag姉でしたが、ここにきてこれまで履いてきたスパイクの型番が支給リストから外れたようで、別の型を履くことに...しかし、これがどうにも足の形にあわないのデス。靴擦れをしたり、つま先がフィットしなかったり、靴が変わってから途端にトラブル続出ということもありまして、帰省を機に足型にあったスパイクを新調デス。何足かを履き比べて慎重に選んだ姉。サッカーショップの店員さ [続きを読む]
  • Flag姉の15の夜
  • Flag姉は帰国して15歳のお祝いをしていただきました。広々としたパーティルームを貸し切って、豪勢にお祝いデス。テラスに出れば心地よい海風がFlag姉を包みマス。キッチンに立って手伝っている風の姉ですが、奮闘してくれたのはFlag叔母とFlag母。のんびり夜景を眺めながら、15の夜を満喫するFlag姉なのでシタ。 [続きを読む]
  • Flag弟のキャッチボール道
  • 俄然、本気でキャッチボールをやらないとと思い始めたFlag弟。朝からもうキャッチボールをすることが当たり前だと思っています。スピンの速度をあげるだけで、肩や腕はプランプランに脱力しマス。まだまだボールが頭の上から出てくるまでは時間がかかるとは思われますが、着実に進化は続けているFlag弟。ある程度の時間をもらえれば、Flag父でなんとかできるレベルデス。サッカーよりも、水泳よりもフラッグが好きと断言するFlag弟 [続きを読む]