たれぺぷ さん プロフィール

  •  
たれぺぷさん: 170cm・87kg〜メタボランナーの挑戦
ハンドル名たれぺぷ さん
ブログタイトル170cm・87kg〜メタボランナーの挑戦
ブログURLhttp://tarepep.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文初フルに87kgで参戦以来、ダイエットはそこそこに、サブフォーを目指すメタボランナーの日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/02/09 00:23

たれぺぷ さんのブログ記事

  • 第5回北海道ハイテクAC杯陸上競技選手権大会
  • 平成29(2017)年9月10日(日)、札幌市厚別公園競技場で、第5回北海道ハイテクAC杯陸上競技選手権大会が開催されました。この大会は、日本のトップランナーである、福島千里選手や北風沙織選手、伊藤佳奈恵選手、寺田明日香選手などを育成・輩出した、北海道ハイテクアスリートクラブの中村宏之監督の功績を称えるとともに、女性のスポーツ振興と次世代を担うジュニア選手の普及強化、総合的なスプリント能力の向上などを目的とし [続きを読む]
  • 桐生祥秀選手が9秒98、日本人初の9秒台!
  • 平成29(2017)年9月9日(土)、福井運動公園陸上競技場で開催された、天皇賜盃第86回日本学生陸上競技対校選手権大会の男子100m決勝で、桐生祥秀選手(東洋大)が、9秒98(追い風1.8m)をマークして優勝し、伊東浩司選手が平成10(1998)年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新しました。これまで、追い風参考記録の電気計時では、桐生選手やケンブリッジ飛鳥選手、多田修平選手も9秒台を出していましたが、遂に、日本人が [続きを読む]
  • 第48回くりやまマラソン
  • 平成29(2017)年9月3日(日)、栗山小学校前を出発、田園風景が広がる栗山町内を走り、栗山町スポーツセンター着の第48回くりやまマラソンが開催されました。田園風景が広がる町内の3km・6km・10kmの各コースを力走し、心地よい風と沿道からの声援を受けながらスポーツセンターを目指す大会で、東京都や大阪府を始め、町内外から374人がエントリーしました。今大会は、空知陸上競技協会の下部組織でもある、栗山町陸上競技協会主 [続きを読む]
  • RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO
  • 平成29年8月11日(金)〜13日(日)早朝にかけて、札幌近郊にある、石狩湾新港樽川埠頭横の特設ステージで開催された、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO(以下、RSR)に家族で行ってきました。RSRは、日本初の本格的オールナイト野外ロックフェスティバルとして、1999年に初めて開催され、豊かな自然に囲まれた広大な敷地内で、存分にロックを、音楽を体感することができたら…という理想を掲げてスタートし、今回で19回目で [続きを読む]
  • 藤井聡太四段、遂に初黒星
  • 平成29(2017)年7月2日(日)、全棋士を通じた公式戦連勝記録を持つ藤井聡太四段は、東京都渋谷区の将棋会館で行われた竜王戦決勝トーナメントで、佐々木勇気五段に101手敗れ、デビュー以来、負けなしで続けてきた公式戦連勝記録が、「29」でストップしました。相手の佐々木五段は、22歳ですが、中学2年の4月に奨励会三段に昇段し、中1の10月に昇段した藤井聡太四段に破られるまで、最速タイ記録を保持していました。「久々の中学 [続きを読む]
  • 藤井聡太四段が29連勝、新記録を樹立
  • 平成29(2017)年6月26日(月)、デビュー以来の公式戦連勝記録を更新中の中学3年生、藤井聡太四段は、東京都渋谷区の将棋会館で行われた竜王戦決勝トーナメントで、増田康宏四段に91手で勝ち、デビュー以来の公式戦連勝記録を、「29」に更新するとともに、神谷広志八段が、五段時代の昭和61(1986)年〜62(1987)年に達成した、歴代1位の連勝記録を、30年ぶりに更新しました。相手の増田四段は、現在2人しかいない10代プロ棋士の [続きを読む]
  • 第101回日本陸上競技選手権
  • ロンドン世界陸上の日本代表選手選考会を兼ねた、第101回日本陸上競技選手権大会が、平成29(2017)年6月23日(金)〜25日(日)の間、大阪市のヤンマースタジアム長居で開催されています。この大会で最も注目されていた種目の一つ、男子100mの決勝が24日に行われ、サニブラウン・アブデル・ハキーム選手が10秒05で優勝して、世界陸上代表に内定しました。春先の下馬評では、昨年のリオデジャネイロ五輪4×100mリレーの銀メダルメ [続きを読む]
  • 藤井聡太四段が28連勝、歴代1位に並ぶ
  • 平成29(2017)年6月21日(水)、デビュー以来の公式戦連勝記録を更新中の中学3年生、藤井聡太四段は、大阪市の関西将棋会館で行われた王将戦予選トーナメントで、澤田真吾六段に99手で勝ち、デビュー以来の公式戦連勝記録を、「28」に更新するとともに、神谷広志八段が、五段時代の昭和61(1986)年〜62(1987)年に達成した、歴代1位の連勝記録に、30年ぶりに並びました。相手の澤田六段とは、6月2日(金)にも対戦しており、こ [続きを読む]
  • 加藤一二三九段が63年の現役生活に終止符
  • 平成29(2017)年6月20日(火)、将棋の史上最年長棋士・加藤一二三九段が、竜王戦6組昇級者決定戦で高野智史四段に敗れ、引退となりました。加藤九段は、1月19日(木)に順位戦からの陥落が決まって、出場が決まっている棋戦に全て敗退した段階で、既定により引退することになっており、竜王戦6組昇級者決定戦が最後に残った対局でした。今日の対局に勝てば、1月20日(金)に自身が打ち立てた、最年長勝利記録を更新するとともに [続きを読む]
  • 藤井聡太四段が、デビュー以来20連勝を達成!
  • 平成29(2017)年6月2日(金)、デビュー以来の公式戦連勝記録を更新中の中学3年生、藤井聡太四段は、大阪市の関西将棋会館で行われた棋王戦予選トーナメント決勝で、澤田真吾六段に千日手指し直しの末、155手で勝ち、デビュー以来の公式戦連勝記録を、「20」に更新しました。相手の澤田六段は25歳、今年度無敗で、王位戦では挑戦者決定戦に進出するなど、若手の実力者として知られ、もし連勝記録が止まるなら今日なのではと思われ [続きを読む]
  • ラグビーワールドカップ2019日本大会の組み合わせ抽選会
  • ラグビーワールドカップ日本大会は、東京五輪前年の平成31(2019)年に開催されますが、その組み合わせ抽選会が5月10日(水)、京都市の京都迎賓館で行われ、世界ランキング11位の日本はA組となり、4位のアイルランド、5位のスコットランド、欧州予選1位、欧州予選2位とオセアニア予選3位のプレーオフ勝者と同組となりました。今回の抽選は、まず日本が入る組を決める抽選が最初に行われ、安倍晋三首相がA組と書かれた玉を引き、日 [続きを読む]
  • 第1回アップルパイ日本一会議
  • 北海道砂川市に「お菓子のほんだ」という菓子店があります。和菓子や洋菓子、スナック菓子など、様々なお菓子を販売しているのですが、その中でもりんごスイーツが、このお店の売りのようで、「私たちはりんごのお菓子で日本一を目指します。」というキャッチフレーズの下、非常に力を入れて販売しているように見えます。「お菓子のほんだ」は、砂川市のほか、美唄市、芦別市、深川市、滝川市にも店舗を構えていますが、その中で、 [続きを読む]
  • WE LOVE HOKKAIDO シリーズ 2017
  • 北海道日本ハムファイターズの毎年恒例のイベント、「WE LOVE HOKKAIDO シリーズ」は、今年は例年よりも早く、ゴールデンウィーク初日の4月29日(土)から始まり、5月28日(日)までの約1ヶ月間にわたり、限定ユニフォームを着用して試合に臨みます。今年のコンセプトは、「ハッピーイエロー」で、北海道を舞台に、高倉健さんや倍賞千恵子さん、武田鉄矢さんなどが出演した、映画「幸福の黄色いハンカチ」が、昭和52(1977)年の公 [続きを読む]
  • 平成29(2017)年プロ野球が開幕
  • 平成29(2017)年3月31日(金)、プロ野球のレギュラーシーズンが開幕しました。ワールドベースボールクラシックやオープン戦などで、選手の様子は見ていましたが、やはりシーズン開幕戦となると、ひと味違った真剣さを感じます。私は、札幌ドームに足を運び、北海道日本ハムファイターズ対埼玉西武ライオンズの開幕戦を観戦してきました。球場の電光掲示板が増設されるなど、新装された札幌ドームはきれいでしたので、本当に移転 [続きを読む]