脳力開発研究所 さん プロフィール

  •  
脳力開発研究所さん: 子宝日記(障がい児の成長記録)
ハンドル名脳力開発研究所 さん
ブログタイトル子宝日記(障がい児の成長記録)
ブログURLhttp://ebi353.blog48.fc2.com/
サイト紹介文ダウン症、自閉症、発達障害、知的障害、学習障害(ld)、言葉の遅れ等の子供達の成長記録です
自由文障害があっても、適切なトレーニングをすることにより、障害がかなり改善されています。お父さんお母さん、障害があるからといって決してあきらめないでください。心配な事があったら、何でも一人で悩まずに、お気軽にお尋ねくださいね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2011/02/09 01:29

脳力開発研究所 さんのブログ記事

  • 言葉が発達してきました。ダウン症1年
  • 最初の頃は、全く言葉が無く、言葉の理解もほとんど無かったので、お母さんが「〜持ってきて。」と、言って、子供さんが知っている物を持って来るように指示しても、持って来れませんでした。 そんな状態でしたが、適切な教育を受ける事によって、言葉の理解が急速に発達してきました。「〜持ってきて。」という指示にも応えて、例えば、「リモコン持ってきて。」と言うと、テレビのリモコンを持ってくるようになりました。 笑顔 [続きを読む]
  • 癇癪が軽減しました(自閉症5歳)
  •  最初の頃は、癇癪が酷くて、お母さんと一緒に買い物に連れて行ったりする事は、考えられない状態でした。1日に何回もさしたる理由も無く泣き怒っていました。 そんな状態から適切な教育を始めると、少しずつ少しずつ落ち着いてきて、癇癪の頻度が軽減し、癇癪の程度も軽減してきました。 そして、笑顔が全く無かったのが、少しずつ笑顔で人に接するようになってきました。今では、お母さんと一緒に店に買い物に行く事もできる [続きを読む]
  • 普通学級で頑張っています(遺伝子障害1年)
  •  幼児期に発達が遅れていたので、検査を受けると、遺伝子に障害があると言われました。医師からは、健常児になる事は無いと言われていましたが、幼児期から適切なトレーニングを続ける事で、小学校の普通学級に在籍できるところまで急速に発達しました。 小学校に上がるまでに、多動もなくなり、発語も普通にできるようになり、平仮名もスイスイ読める様になっていました。従って、小学校の1年生の国語の教科書も、最初からスイ [続きを読む]
  • 学校の授業についていっています(LD6年生)
  •  最初の頃は、学校の授業についていけなくなって、学校の先生から支援級を勧められていました。しかし、丁寧に本人が理解できるところまで砕いて解り易く説明する事を繰り返すうちに、少しずつ頭の回転も良くなってきました。 今では、学校の授業もよく解る様になって、テストでも平均点が採れるようになりました。今後もこのままみんなと一緒について行って欲しいと願っています。脳力開発研究所 [続きを読む]
  • 普通学級で頑張っています。(ADHD中学2年)
  • 幼児期にADHDの傾向があると診断されました。小学校低学年で、すでについて行くのが難しくなって、半分支援級に在籍していました。しかし、適切なトレーニングを受ける事によって、知性が向上して、普通学級だけに在籍するようになり、小学校は、無事に普通学級だけに在籍して卒業できました。 中学校では、内容がさらに難しくなり、特に数学が難しいですが、何とか普通学級だけに在籍して、健常児として勉強しています。今後とも [続きを読む]
  • 多動が軽減しました(発達障害4歳)
  •  最初の頃は、多動であり、じっと座って落ち着いて物を見る事ができませんでした。常に動いていて、それを止めると怒りだしました。そんな状態からトレーニングを続ける内に、少しずつ少しずつ落ち着いてきました。そして、落ち着いてカードを見たりパズルをしたりする事が出来る様になりました。 教室で落ち着いてくると、施設にいっても施設の先生から、「最近、落ち着いてきたね。」と、褒められる事が多くなっています。今後 [続きを読む]
  • 100点採れています(発達障害2年生)
  •  最近の総合テストで、国語100点、算数90点でした。1歳半検診で、言葉の理解が遅れ、癇癪が酷く、発語は全く無い状態で、発達障害と診断されました。その後、幼児期は、施設にずっと通っていました。 当所に通われるようになってから、情緒も知性も急速に発達して、小学校に上がる頃には、健常児範囲に入っていました。小学校では、普通学級で全ての授業を受けて、1年生は、大体他の子供達と同じ様に学習できて、無事に2年生にな [続きを読む]
  • 情緒も落ち着き、知性が向上しています。(ダウン症1年生)
  •  最初の頃は、多動で激しく動き回っていました。家でも、学校でも、当所でも、外出しても同じです。それが、トレーニングを続ける内に、少しずつ落ち着いてきました。そして、落ち着いて座れるようになり、知性も向上しています。 言葉の理解が良くなり、学校でも先生の指示が通り易くなったと、先生から褒められるようになってきました。今後の成長が楽しみです。脳力開発研究所 [続きを読む]
  • 情緒が落ち着いてきました(自閉症3年生)
  • 昨年は、始業式でも落ち着かずに、耳を押さえてあちこち走り出していたそうです。今年の始業式は、ずっと落ち着いていて、耳を押さえる事もなく、あちこち走り回る事もなく、静かに落ち着いて行動できたそうです。 普段の生活でも、随分と落ち着いてきたので、お母さんはとっても楽になっています。そして、子供さんもお母さんも笑顔で過ごす事が多くなりました。今後の成長が楽しみです。脳力開発研究所 [続きを読む]
  • 言葉が出てきました(発達障害4歳)
  •  当初は、言葉が全く出なくて、言葉の理解も低い状態でしたが、トレーニングを続ける内に、少しずつ言葉の理解が良くなり、発語も出てきました。 また、眼を合わせる事も無かったのですが、少しずつしっかりと相手を見るようになってきました。今後の成長が楽しみです。脳力開発研究所 [続きを読む]
  • 普通学級についていっています(自閉症2年生)
  •  幼児期は、自閉症の傾向があると診断されていました。言葉は全く出ないし、言葉の理解も低く、癇癪もありました。そんな状態からトレーニングを始めてづづけるうちに、少しずつ言葉を理解できるようになり、発語も出てきて、癇癪も無くなりました。 小学校には、1年生の時から普通学級で授業を受けれるまでに成長しました。1年生のお勉強にも、普通の子供達と同じ様について行けました。 無事2年生になって、益々張り切って [続きを読む]
  • 癇癪が減りました(自閉症4歳)
  •  癇癪が酷くて、歩道を歩いていても、途中でご機嫌が悪くなると、地べたでひっくり返って大声で泣き叫んでいました。優しいお母さんですが、どう宥めても癇癪が治まるのを待つしか無い事がありました。 それが、トレーニングを続ける内に、少しずつ癇癪の度合いが軽くなってきて、癇癪を起す回数も減ってきました。そして、笑顔が見られるようになってきました。子供さんが良くなると、お母さんも次第に穏やかな笑顔を見せてくれ [続きを読む]
  • 他の人への気遣いが出来る様になりました(ダウン症中学2年)
  •  周りの空気を読んで、他の人への気遣いができるようになりました。例えば、外出しても、電車等にのってもニコニコ笑顔でおとなしくして乗っています。しかし、声が出ないのでは無く、家の中では、いろんな声を出して一杯おしゃべりしています。 学校でも、自分の靴より先に、先生やお友達の靴を靴箱から出して、履き易い様にならべてあげます。このように、学校でも、他のお友達や先生への気遣いがあちこちに見られるので、学校 [続きを読む]
  • 多動が軽減しています(遺伝子障害5歳)
  •  最初の頃は、多動で、尚且つ、視線が定まらず、何を見ているのかよく解らない状態でした。なので、言葉の理解も低く、名前を呼んでも何の反応もできませんでした。 トレーニングを続ける内に、多動が軽減してきました。同時に、少しずつ言葉を理解できるようになりました。カードを見せても、集中して見る事ができるようになりました。今後の成長が楽しみです。脳力開発研究所 [続きを読む]
  • 自然に言葉が出るようになりました(肢体不自由5歳)
  •  最初は、言葉が全く出ない状態でしたが、少しずつ少しずつ言葉を発するようになりました。以前は、言葉をはっするのに、大変な努力を要していたようですが、最近は、自分の思っている事を、すぐに言葉に出して言えるようになってきました。 そして、その場に無い出来事でも、きちんと解る様に言葉で説明する事ができるようになっています。本児が言葉の理解も良く、言葉で思いを伝える事ができるので、本児もお母さんも、お互い [続きを読む]
  • 学校でも可愛い笑顔で魅了しています(自閉症5年生)
  •  最初の頃は、全く笑顔が無く、いつも怒って泣いて走り回っていました。家の中でもず〜っと走り回っていたそうです。それが、トレーニングを続ける内に、少しずつ笑顔が見られるようになりました。さらに続けると、癇癪を起して泣くことが少しずつ減り、さらには、全く癇癪を起さなくなりました。そして、他の人に笑顔で笑いかけて甘えるようになりました。学校でも、先生に甘え上手で、先生から「○ちゃんの笑顔に参ってます。」 [続きを読む]