mirai さん プロフィール

  •  
miraiさん: 藍彩未来
ハンドル名mirai さん
ブログタイトル藍彩未来
ブログURLhttp://ameblo.jp/mirai0087/
サイト紹介文少しだけゆっくりな時間を過ごせるように・・・
自由文もの凄く寂しい時に…
少しだけ勇気がほしい時に…
明日から笑って過ごせるように…



参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2011/02/10 17:24

mirai さんのブログ記事

  • 時空を超えて
  • きみに逢いたいと 願うことは今世も きっと変わらないぼくの記憶は 穏やかな風が 通り抜けるあの 竹林と 空と 夢の中にあってその先に きみがいるんだ振り向かない 横顔だけをのこして…ずっと一緒にいようそう 約束したのはきみだけでは ないのだから…来世もまた…逢おう時空を超えて またこの場所で…そらを見上げる [続きを読む]
  • 一緒に眠ろう
  • ふとした時にきみが いること寂しいからじゃなく 悲しいからでもなくただ ただ きみに会いたいだけなんだそれだけでいい…そんな風に過ごせることそれに叶うものは ないはずだよ今日も 一緒に眠ろう [続きを読む]
  • 刻むこと
  • 眠る前… この時間が好きいちばん孤独で いちばん愛おしくていちばん優しい時間…即興で想いを書き留めて気が済むまで 言葉を並べる旋律が 崩れてても いいんだ伝えるためではないのだから…優しい時間も 穏やかな時間も たくさんは なくて手からこぼれる その前に 刻むからそれが いいんだ安らかに眠れるんだ……………………………………………………………………………今日は、面接の日程で大学生の女の子から 質問がありまし [続きを読む]
  • 今日も
  • ねぇ… 夜は 長いきみを 想うと 長いんだ寂しくて 逢いたくて時計は ゆっくりと 秒針を刻んでいろんなきみの 仕草を思い出すそうするとね眠るのが 惜しくなるんだ 夕焼けが 月夜に照らして夜は おやすみをする準備をはじめるきみのもとへと 続くそらとなって今日もまた きみを想おうだれにも邪魔はさせないように…だれもいない夜に きみを 想おうきょうも きみを 想おう [続きを読む]
  • 大気のように
  • わたしたちのそらは 蒼いどこまでも どこまでも 続いていて焦がれてしまう 気持ちを重ねた不安はなくならないの淡い期待もそう…あなたのそばで眠る時だけ穏やかになれるのはどこまでも どこまでも続く そらと 重ねてるから…あしたも あさってもどこまでも… そう願って大気のように 大樹のようにおだやかで いさせて…おだやかで いさせて [続きを読む]
  • どしゃぶり
  • 孤独な人は どこまで いっても きっと孤独満たされる パズルが そこにあるなら子供みたいになって 解くんだそれこそ 一生懸命にどしゃぶりになると 少し穏やかになるのは置き去りになる心を つなぎ止めてくれるからそんな風に 思えるようになったのはつい最近のこと…いつまで 経っても変わらないのなら 付き合うしかないのかも 知れないね早く どしゃぶりに なりますように… [続きを読む]
  • よわむし
  • ぼくたちは 弱虫そのくせ 強がることだけ 得意になってほら…全然平気そうな振りをするんだおとなに なると そうゆうとこだけ上手くなるみたい…苦手なら苦手と 言えばいいし怖いなら怖いと 言えばいいし逃げたくなるなら…逃げればいい逃げることすら目を 逸らすから いつまで経ってもさ自分のことが 嫌いなんだよ弱虫で 怖がりで 逃げたくなって…そしたら… したらね…それじゃ だめだって 分かるこのままじゃ いけないって… [続きを読む]
  • ぼくのとなり…きみのとなり
  • きみの隣 ぼくがいるそれが いつしかふつうになってひとりで 何かをするのが 好きな僕らはおたがいに 黙々とのめり込んで ふと 振り向くと おたがいに見つめあって 笑うんだ安心して 笑うんだ…ぼくの隣 きみがいるあしたも あさっても きみがいる [続きを読む]
  • そんな今日でも
  • 選択した すべての積み重ねの上に 今があるそれが 良いことでも悪いことでも不可抗力だと してもどこかしらで わたしと つながっていることなら受け入れなければいけないね…そらが 真っ暗な そんな 今日でも… [続きを読む]
  • 五月晴れ
  • とめどなく そらを見上げる雲の上には 虹が あるように感じた風は 優しい… それは 知っているんだ高層が 立ち並ぶ中心の 屋上に登って霧が深くて その先には 蒼だけが見えて…それは ずっと 続いてるようで染まるんだ ぼくたちはいつまでも いつまでも… 深呼吸をして 今日が始まる努力は ぼくたちを 裏切りはしない届かないのは まだ やれることがあるんだ [続きを読む]
  • Lifestyle
  • 3% それがLifestyle分かってる人の割合100人で3人しか いないということきみは その3人の中の1人だといわれた…ただぼくは 精一杯なだけですとがむしゃらなだけですと伝えたらそれが難しいというきみが がむしゃらな 一秒を大切にしてて 一日を過ごすならがむしゃらに 生きてないひとの何倍も何十倍も 一日を色濃く生きてることに なって一年にしたら 想像もできない 差になるんだよ それが 10年後の未来を 形成するなので10年前 [続きを読む]
  • Яe-birth
  • 私が大切にしてることは大切だと わたしが決めた人は相手が手を離さない限り 私からは手を離さないということそれは 絶対だと ここ最近強く思うように なりました波長というものは とても貴重で縁とか 運命とか 前世とか何かしらの 繋がりがあるから 大切に思えるスクランブルエッグの人混みで 記憶の片隅にも残らない人は五万といてその中で 手からこぼれずに繋がれる人は本当に 少ない昨日補い合うと書きましたがそれは 二人称 [続きを読む]
  • きみと 手を繋いで
  • 優しい雨があるいつもは 星の見える トップライトにちいさい雫たちが 音を奏でるそうゆう時は 音楽は聴かずに目を閉じて 少しだけリクライニングさせた椅子に体を 預ける…雨の音は 止まないガラスに打ちつける音は優しく優しく鳴り続けるんだ意識が 現実と夢の通り道を 抜けていくまでおやすみと 言ってくれた きみと共に 眠ろう…手を繋いで 眠ろう [続きを読む]
  • 手から 零れて…
  • 不完全な ことばを 贈ろう ぼくたちはそこから 補いあって 支えあっていくんだよ…きみが 必要に なってぼくを 必要と なっていなくちゃ では なくいてほしいに なって…その 想いが 手から零れて きみにも ぼくにも つたわるならもっと すてきなこと…だよ素敵でいよう ぼくたちは [続きを読む]
  • 完全犯罪 最後の日
  • ぼくは きみが 気になるけどなにも なかったように 過ごすんだ無意識な そらが あるうちはきみに 見とれてしまうけど振り向く瞬間には いつでも無関心な ふりで きみには分からないようにするちょっとした 完全犯罪を 実行するんださくらは そろそろ散りそうだ今日は人混みも たくさんでばれたり しない自信があったから思いきり きみに見とれた桜に染まる 夕暮れと 桜吹雪がきみに 溶け込んでいく…ぼくは 三度の食事より きみを [続きを読む]
  • また 会おう
  • 通り雨の 街角坂道の 向こうには 海が見えるきみは 濡れたまま このままでいようという気の済むまでそうしようかと…春の 暖かくもあり 冷たくもある風をふたり 記憶のなかに 深く閉じ込めた海の先は 境界線の辺りがきらめいていた深い碧と 淡い蒼が とても綺麗でどこまで いけば 雨に濡れないんだろうね…と尋ねるからいつか 試してみようか…と心で願い きみを 見つめていた ぼくは 雨の日 春になると無意識に ここ [続きを読む]
  • はじまり
  • 月の ひかり 映し出された水面波紋が あまりに美しくて 泣いたひとを見て 愛おしいと思いありがとう という言葉に包まれる何気ない 一言は 宿り木の ように 私を壊れないものに 変化させていく鏡の先に あるのはわたしで先の見えない海に 溺れることを望んでいたのは 私であり息苦しさで 見上げた 一筋のひかりを掴んだのも 私でしたそらは あまりに 今日も優しいちゃんと 見ることからはじめようはじめることが できるのは私しか [続きを読む]
  • 4月7日
  • 見渡す限り 菜の花の届くは 望まずきみの 笑みのみ心 満たされ [続きを読む]
  • 忘れることはなきなり…
  • 桜が 開花する時 今世でもあなたを想ふ 桜が散る時 またあなたの涙を思ひ出す私が ゐば おいらかになるなればあなたを 忘れることはなきなり [続きを読む]
  • 特効薬
  • こころは ひとつだけどもひとつでは きっとなくてからだの たくさんの なにかのようにいろいろな ところが 傷ついたりするのだろうほっとくことは できないのだけど治療の仕方も わからないのだから時には お酒を飲みすぎたりひとを 傷つけたり するのだろうこころの 深くからだで あるなら手かもしれない…肩かもしれない…頭かもしれない そんな箇所を わからないなりにも 見つけてちゃんと 看てあげないと治るものも 治らなく [続きを読む]
  • おわりとはじまり…
  • はるになって 恋をするそれは はじまりでもあり 終わりでもあってそんな風に 少しだけの終わりと始まりを 感じるんだ風がまだ 冷たく 昼間は 暖かいひとを たいせつに するのもじぶんで 背負いすぎるのもそらに 任せて 預けてみるのも好きにすれば いい何が たいせつか きみなら わかるよはじまりと おわりの 季節だからこそまっすぐに こころのままに [続きを読む]
  • 見渡すかぎりのしろ…
  • ましろ 鳴り響く鐘…雲一つない そら見渡せば 雪景色 …透き通る空気あるのは 二人だけの 足跡…90秒… 唇に触れる24時間からすれば ささやかな私からすれば 時が 止まるような永遠のような 口づけを…交わす 静寂は 優しい…なによりも 時は…あなたに 出逢えた嬉しさを 儚さにかえて 涙が 溢れだす…わたしはわたしはこのままで 終われたらいいのにと 思うの…わたしはわたしの…傍で 必ずといると約束してくれるなら来世すら [続きを読む]
  • 睡蓮の涙
  • 睡蓮の 向こうひとしきりの 小さいことに夢中になって ばかだな…と思うことに真剣に取り組めば華も咲くんだ… 命よりも前にあるものを きみは 知っている…見守る やさしさもあるやり遂げる 強さも…そう ぼくたちは 何よりも 弱いのだからいくらでも 強くなれるよ [続きを読む]