にくにく さん プロフィール

  •  
にくにくさん: 中学受験国語研究ブログ
ハンドル名にくにく さん
ブログタイトル中学受験国語研究ブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mk9aa7m2_school_blood/
サイト紹介文大手進学塾で4年連続NO.1講師だった私が、中学受験国語の奥義をお伝えします。
自由文カリキュラム授業の担当者こそが、生徒を育てます。私は、週1回の志望校対策講座の実績を含めず、カリキュラム授業で御三家に100名以上を送り込んだ講師であり、大手進学塾で、総合評価ナンバー1の評価を得てきました。今までの授業経験から編み出した、中学受験国語の奥義を今こそ世に問おうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/02/10 16:54

にくにく さんのブログ記事

  • 2016年→2017年難化した学校
  • 四谷大塚が実施している合不合判定テストのデータにもとづき、入試の偏差値の増減で難化した学校、易化した学校を紹介します。魅力的な学校→優秀な受験生が集まる→偏差値が上がるということからすれば、偏差値が上がっている学校は、現在、多くの保護者が魅力的だと感じている学校ということになります。偏差値が下がっている学校は、その逆で魅力がないと考えられていることになります。本校では、偏差値の上下を通じて、時代が [続きを読む]
  • 2017年度麻布中入試の求めたもの
  • 麻布中の入試問題の出題傾向は一貫しています。設問により文章内容をトレースさせることで、受験生を主題へと誘導していきます。いわば、入試問題が「第一回の授業」になっているのです。そこでは具体(物語世界)→抽象(物語を通じて筆者の言いたいこと)という立体的な頭脳の使い方が求められています。ひたすら心情を追わせるフェリスの「心情ドラマ」と対照的といえます。さらに平成26年度と同様、主人公が人間ではなく、異 [続きを読む]
  • 2017年度麻布中入試の求めたもの
  • 麻布中の入試問題の出題傾向は一貫しています。設問により文章内容をトレースさせることで、受験生を主題へと誘導していきます。いわば、入試問題が「第一回の授業」になっているのです。そこでは具体(物語世界)→抽象(物語を通じて筆者の言いたいこと)という立体的な頭脳の使い方が求められています。ひたすら心情を追わせるフェリスの「心情ドラマ」と対照的といえます。さらに平成26年度と同様、主人公が人間ではなく、異 [続きを読む]
  • 2017年度サピックス入試報告会
  • 過日行われた2017年度サピックス入試報告会の概要をお伝えします。一、2017年度入試概況1、少子化といいつつも、首都圏の子どもは増加傾向にある。2、中学受験生は3年連続で増加している。受験率のここ三年の推移も12.2%→12.6%→13%と上昇傾向である。この原因は①2020年の大学入試改革に対応するのは私学であるという評価。②高校受験がないのびのびとした環境の良さ。③高校・大学の連携など優れた [続きを読む]
  • 2017年度サピックス入試報告会
  • 過日行われた2017年度サピックス入試報告会の概要をお伝えします。一、2017年度入試概況1、少子化といいつつも、首都圏の子どもは増加傾向にある。2、中学受験生は3年連続で増加している。受験率のここ三年の推移も12.2%→12.6%→13%と上昇傾向である。この原因は①2020年の大学入試改革に対応するのは私学であるという評価。②高校受験がないのびのびとした環境の良さ。③高校・大学の連携など優れた [続きを読む]
  • 日能研入試報告会〜オンザロード2017
  • 過日行われた、日能研本部系主催の日能研中学入試報告会〜オンザロード2017の概要をご紹介します。ちなみに日能研関東系主催のオンザロードは一部内容が異なります。一、本年度入試の概要1、全体傾向本年度入試の受験生は約57000人であった。受験率は昨年度18.9%→19.5%に上昇。首都圏全体での受験率は20.4%。東京のみでは29%。中学受験率は上昇傾向である。公立中高一貫校の受験生(約16900人) [続きを読む]
  • 日能研入試報告会〜オンザロード2017
  • 過日行われた、日能研本部系主催の日能研中学入試報告会〜オンザロード2017の概要をご紹介します。ちなみに日能研関東系主催のオンザロードは一部内容が異なります。一、本年度入試の概要1、全体傾向本年度入試の受験生は約57000人であった。受験率は昨年度18.9%→19.5%に上昇。首都圏全体での受験率は20.4%。東京のみでは29%。中学受験率は上昇傾向である。公立中高一貫校の受験生(約16900人) [続きを読む]
  • 2017年度横浜共立A入試が問うたもの
  • 横浜女子御三家の一角を占める横浜共立A入試の概要をご紹介します。本年度は物語の出題はありませんでした。大問1大問1は漢字です。8題出ています。基本的な問題ですが、「8 年末は売り上げがバイカする。」この問題にはとまどった受験生もいたかもしれません。一瞬「売価」、「梅花」なども頭に浮かんだかもしれませんが、言葉の意味に注目し、売り上げが二倍になることだと分かれば「倍化」という正解が分かったでしょう。大 [続きを読む]
  • 2017年度横浜共立A入試が問うたもの
  • 横浜女子御三家の一角を占める横浜共立A入試の概要をご紹介します。本年度は物語の出題はありませんでした。大問1大問1は漢字です。8題出ています。基本的な問題ですが、「8 年末は売り上げがバイカする。」この問題にはとまどった受験生もいたかもしれません。一瞬「売価」、「梅花」なども頭に浮かんだかもしれませんが、言葉の意味に注目し、売り上げが二倍になることだと分かれば「倍化」という正解が分かったでしょう。大 [続きを読む]
  • 2017年度横浜雙葉中入試で問われたもの
  • 今回は横浜女子御三家の一角を占める横浜雙葉中の入試問題の概要についてお伝えします。同校はかつて塾対象学校説明会において「入試問題作成にあたっては、難しすぎず易しすぎず、努力が報われるようにすることを意識している。」と述べました。まさにその言葉を具現化する問題であったという感想を持ちました。大問1問1は漢字。問2は漢字パズル。「カタカナで答えなさい」という問いの条件を無視してしまうようでは、本校の合 [続きを読む]
  • 2017年度横浜雙葉中入試で問われたもの
  • 今回は横浜女子御三家の一角を占める横浜雙葉中の入試問題の概要についてお伝えします。同校はかつて塾対象学校説明会において「入試問題作成にあたっては、難しすぎず易しすぎず、努力が報われるようにすることを意識している。」と述べました。まさにその言葉を具現化する問題であったという感想を持ちました。大問1問1は漢字。問2は漢字パズル。「カタカナで答えなさい」という問いの条件を無視してしまうようでは、本校の合 [続きを読む]
  • 2017年中学入試総括〜どの塾が勝ったのか?
  • 2017年中学入試総括〜どこの塾が勝ったのか?一 各塾の実績対象(各塾のHPより転載)1、サピックス「サピックス小学部では、内部生手続きを行い、継続的かつ平成29年1月まで在籍した生徒のみを合格実績として掲載しております。テスト生や各種講習生などは、実績に含んでおりません。」 〜「内部生手続きを行い」という条件がポイント。6年後半の日曜日講座(サンデーサピックス)のみの受講生は講習生ではなく内部性 [続きを読む]
  • 2017年中学入試総括〜どの塾が勝ったのか?
  • 2017年中学入試総括〜どこの塾が勝ったのか?一 各塾の実績対象(各塾のHPより転載)1、サピックス「サピックス小学部では、内部生手続きを行い、継続的かつ平成29年1月まで在籍した生徒のみを合格実績として掲載しております。テスト生や各種講習生などは、実績に含んでおりません。」 〜「内部生手続きを行い」という条件がポイント。6年後半の日曜日講座(サンデーサピックス)のみの受講生は講習生ではなく内部性 [続きを読む]
  • 2017年桜蔭中入試問題が問うたもの
  • 2017年桜蔭中入試問題の概要についてお伝えします。大問1は説明的文章。吉村満壱「生きていくうえで、かけがえがないこと」からの出題でした。2016/8/26に出版されものです。以下、特に対比に注意して文章を読んでいくと、①夕日は毎日のように見ているが、じっくり眺めたことがなかった。↓↑対比②そこで、気まぐれにじっと見ると、夕暮れの光景は実に驚くべきパノラマだった。↓③例えば、雲・空の色・形が刻々と変化して [続きを読む]
  • 2017年桜蔭中入試問題が問うたもの
  • 2017年桜蔭中入試問題の概要についてお伝えします。大問1は説明的文章。吉村満壱「生きていくうえで、かけがえがないこと」からの出題でした。2016/8/26に出版されものです。以下、特に対比に注意して文章を読んでいくと、①夕日は毎日のように見ているが、じっくり眺めたことがなかった。↓↑対比②そこで、気まぐれにじっと見ると、夕暮れの光景は実に驚くべきパノラマだった。↓③例えば、雲・空の色・形が刻々と変化して [続きを読む]
  • 教育改革について
  • さる2月12日に四谷大塚で行われた教育改革についての講演会に参加しました。今回はその概要をお伝えします。一、教育改革の背景にあるもの①少子高齢化・グローバル化→日本にも労働者などとして外国人が多数来る。多民族社会。多文化社会が到来する可能性大→コミュニケーションの道具として英語教育の必要性が増した。②人工知能やロボットの発達→人工知能やロボットにできることはそれらがやるようになる。これを使いこなす [続きを読む]
  • 教育改革について
  • さる2月12日に四谷大塚で行われた教育改革についての講演会に参加しました。今回はその概要をお伝えします。一、教育改革の背景にあるもの①少子高齢化・グローバル化→日本にも労働者などとして外国人が多数来る。多民族社会。多文化社会が到来する可能性大→コミュニケーションの道具として英語教育の必要性が増した。②人工知能やロボットの発達→人工知能やロボットにできることはそれらがやるようになる。これを使いこなす [続きを読む]
  • 2017年度聖光学院中1次試験で問われたもの
  • 大問1は漢字です。1 再考  2 拝観  3 礼節  4 好転  5 誤植 なかなか難しいです・・・。 大問2は慣用句です。1 あおすじ(を立てて怒る)  2 ぐうのね(も出ない)  3 しんけつ(を注ぐ)  4 おおぶね(に乗ったつもり)5 仲(むつまじい)大問1、大問2の正答率は非常に低いと予想されます。逆に言えば、漢字力と語彙力で圧勝して合格した受験生もいたことでしょう。2次試験では [続きを読む]
  • 2017年度聖光学院中1次試験で問われたもの
  • 大問1は漢字です。1 再考  2 拝観  3 礼節  4 好転  5 誤植 なかなか難しいです・・・。 大問2は慣用句です。1 あおすじ(を立てて怒る)  2 ぐうのね(も出ない)  3 しんけつ(を注ぐ)  4 おおぶね(に乗ったつもり)5 仲(むつまじい)大問1、大問2の正答率は非常に低いと予想されます。逆に言えば、漢字力と語彙力で圧勝して合格した受験生もいたことでしょう。2次試験では [続きを読む]
  • 2017年度攻玉社中1次入試が求めたもの
  • 2017年度攻玉社中入試の概要をご紹介します。大問1 漢字の読み1 逸脱(いつだつ)  2 御用達(ごようたつ)  3 阻(はば)む  4 彩(いろど)る大問2 漢字の書き取り1 湿地  2 要領  3 散漫  4 言及  5 束大問3 慣用句と単位を問う問題「白羽の矢が立つ」「馬脚をあらわす」「流れにさおさす」「笑う門には福来たる」「真綿で首を絞める」という慣用句の知識と、うさぎ〜羽 いす〜脚  [続きを読む]
  • 2017年開成中入試問題解答・解説
  • 中学入試、頂上決戦の一つ、開成中入試問題について解説・解答を試みます。受験生は、この解答・解説で復習し、2日以降の入試に備えてください。大問1文学的文章。なんと1990年に出版された南木佳士「ニジマスを釣る」からの出題だった。開成の問題は相変わらず誰も予測できません。主人公の心情を追って読んでいこう。 ↓①実家の母から豪雨のため墓が流されたので、墓を移したいと電話 ↓ ②妻は、自分が墓の上の木を切 [続きを読む]
  • 2017年淑徳与野中第一回入試の求めたもの
  • 2017年度淑徳与野中第一回の入試問題の概要をご紹介します。大問1 物語 小川糸「ツバキ文具店」より主人公である「私(ポッポさん)の心情変化を追って読めば理解できる。 ↓①祖母に厳しくされた②家出をするなど反発されていた。↓③モリカゲさんがQPさんがおんぶしているのを見る④自分も祖母におんぶされたことを思い出した。そして反発していたことを後悔する。↓⑤モリカゲさんが今残っているものを大事にすればよ [続きを読む]
  • 2017年浦和明の星中学第一回入試の求めたもの
  • さる1月14日、浦和明の星中学の入試が行われました。素材文が物語、説明文いずれもが昨年に出版されたものですので、2月入試でも狙われるかもしれません。塾などを通じて入試問題を入手することをお勧めいたします。過去、浦和明の星で出題された文章が、聖光学院、あるいは鎌倉学園で出題されたことがあります。それでは、出題の概要をご紹介しましょう。全33題中、自分の言葉で書く記述問題は一題だけで、あとは漢字・選択 [続きを読む]