RYO さん プロフィール

  •  
RYOさん: 金森戦記外伝-歴史私記
ハンドル名RYO さん
ブログタイトル金森戦記外伝-歴史私記
ブログURLhttp://ameblo.jp/heavenryofukuto/
サイト紹介文金森戦記の管理人のブログです。
自由文飛騨の歴史、金森長近、金森氏の歴史紹介サイト「金森戦記」の管理人のブログです。日常や城・寺社仏閣・甲冑・時代まつりなどを掲載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2011/02/10 12:51

RYO さんのブログ記事

  • 【2017】第45回光秀まつり その2
  • 前の続きです。第45回光秀まつり その2です。明智町内の武者行列を終えてからの、橋の上での火縄銃の実演です。今回は、明智町の村長の竹下景子さんも拝見して頂きました。↑橋の上に隊列を整えます。人数が多いので隊を2隊にわけて演武します。私は、後軍となりました。↑最初の立ち撃ち一斉。これが始まるとゴールデウイークが始まった感じでテンション上がります。↑千鳥隊形、順射。↑腰溜め放ち一斉。橋の上に沢山の煙が立 [続きを読む]
  • 【2017】第45回光秀まつりその1
  • ■第45回光秀まつり ■主催者 光秀まつり実行委員会 ■開催地 岐阜県恵那市明智町 ■開催日 2017年5月3日(水) ■参加武者 鉄砲隊・陣方19名明智光秀公の出生地のひとつと推測される恵那市明智町にて「光秀まつり・ちょっとおんさい祭り」 が開催されます。名将、明智光秀公をしのび、明智町の浪漫亭駐車場からB&G海洋センターからまでの約1キロを行列して火縄銃を持った鉄砲隊を先頭に、馬に乗った明智光秀・明智光春・斉藤内 [続きを読む]
  • 【おでかけ】あじさいまつり 大塚性海寺歴史公園
  • おでかけの記事です。梅雨ですね。梅雨の紫陽花を見るので毎年どこかの名所に行くのですが、本年は、愛知県稲沢市の大塚性海寺歴史公園に行ってきました。大塚性海寺歴史公園性海寺は、弘法大師ゆかりの古刹です。本堂・多宝塔などは重要文化財に指定されています。園内にはガクアジサイをはじめ、ヤマアジサイ、西洋のアジサイなど約90種1万株が植栽され、6月には園内一帯にアジサイが咲き誇り、人々の目を楽しませてくれます。 [続きを読む]
  • 【史跡】田中城
  • 史跡巡りの記事です。今回は、縄張りが円形の唯一無二の城、田中城です。ミステリーサークルもしくは、ウォール・シーナ、ウォール・ローゼ、ウォール・マリア、進撃の巨人の街と同じ構成の城です。田中城(たなか)田中城は徳川家康の死因ともいわれる鯛の天ぷらを食した城です。かつては今川氏と武田氏とが奪い合った城で、山県昌景が城主を務めたこともあります。この城の特徴はなんといっても縄張で、本丸を中心に、直径約600m [続きを読む]
  • 【日本100名城】駿府城
  • ■所在地 静岡県静岡市葵区城内 ■遺構 櫓・門・石垣・堀・郭 ■城のタイプ 平城 ■築城者 徳川家康駿府城は、関ヶ原の合戦後で慶長8年(1603)に徳川家康が征夷大将軍に任じられ江戸幕府を開き将軍職を子の秀忠にゆずり慶長10年(1605)に大御所として築いた城です。徳川家康亡き後は、秀忠の三男、徳川忠長が城主となりますが、忠長が転封となると立地上の重要度から江戸時代には、大坂城と同様に幕府直轄領となり駿府城代が置か [続きを読む]
  • 【日本100名城】駿府城天守台 発掘現場
  • 駿府城天守台 発掘現場にいってきました。現在、大規模な発掘調査現場となっており胸高鳴りました。大御所徳川家康公が愛した駿府城は、その天守台が江戸城をしのぐほどの大きさと言われており、多くの大名が築城に動員されたことから、天守台跡地には様々な文化財が埋蔵されている可能性があります。現在、その全容を明らかにするため、天守台跡地を発掘し、重要な歴史的遺産を発見するための調査を行っています。発掘調査の現場 [続きを読む]
  • 【2017】蘭丸祭 供養祭
  • 本能寺の変に近い6月4日は、織田信長とともに殉死した森蘭丸、坊丸、力丸らの菩提を弔うため、岐阜県可児市兼山町にある森家の菩提寺、可成寺にて蘭丸祭(供養祭)が開催されました。例年どおり、スタッフとして参加してきました。兼山町は、森家の所領地で居城の金山城は続日本100名城にも選出されましたね。↑甲冑の着付けスタッフやっていました。秋の武者行列の森可成・長可・蘭丸の甲冑が無料で試着できる超お得な日です。来 [続きを読む]
  • 【史跡】井伊谷 直虎関連史跡
  • 史跡巡りの記事です。井伊谷大河関連の最後の記事です。今回は、井伊谷城や龍潭寺の他の井伊家関連の史跡の紹介です。↑共保公出生の井戸遠景。 井伊家初代の共保が生まれたとの伝説が伝わる井戸。白壁に囲まれた大きな石組の井戸で「井伊氏祖備中守藤原共保出生之井」の碑があります。↑共保公出生の井戸。龍潭寺のすぐ南側にあるので大河ドラマでよく登場する井戸のモデルだと思われますが、劇中だと森の中ですが、のどかな田 [続きを読む]
  • 【おでかけ】龍潭寺
  • おでかけの記事です。今回は、大河の舞台にもなっている遠州の古刹、龍澤寺です。大河効果で境内、人だらけですごかったです。龍潭寺(りょうたんじ)2017年の大河ドラマ主人公・井伊直虎ゆかりの寺であり、井伊家千年の歴史を伝える臨済宗の古刹です。徳川四天王の筆頭井伊直政、幕末の井伊大老直弼など井伊家四十代を祀る菩提寺です。龍潭寺庭園は小堀遠州作の美しい庭で、国指定名勝に指定されています。また、江戸時代そのま [続きを読む]
  • 【史跡】井伊谷城
  • 史跡めぐりの記事です。今回は、大河ドラマの舞台となっている井伊谷にある井伊氏の居城、井伊谷城です。前回、訪れた時よりも大河効果で整備されており、人も沢山訪れていました。井伊谷城(いいのや)南北朝時代、三嶽城を本城とする井伊氏・宗良親王は、この井伊谷城で支城を固め、北朝の大軍と戦ったといわれます。また徳川四天王のひとり井伊直政の父、井伊直親らが城主をつとめました。直親が今川氏真に殺されたのちは婚約者 [続きを読む]
  • おんな城主 直虎 大河ドラマ館
  • 静岡市浜松市へ行って大河ドラマ館と井伊谷周辺の史跡めぐりをしてきました。まずは、「おんな城主 直虎 大河ドラマ館」です。このドラマ館、今週大河でも登場した商業の発達した地域、気賀にあるんですよ。タイムリーな目で見ていました。↑大河ドラマ館全景。なんか凄い人でしたね。人が多すぎてあまり見れなかったのが素直な感想です。↑気賀の関所にいた出世大名家康くんと出世法師 直虎ちゃん。気賀の関所は、なかなかよく復 [続きを読む]
  • 【2017】川中島合戦戦国絵巻 その3
  • 前の続きです。川中島合戦戦国絵巻 その3です。今回が川中島合戦、最後の記事となります。↑米沢藩古式砲術保存会の発砲。いつもよくこの状況で発砲許可がでるなぁと驚きます。愛知県だと保安距離とかで無理ですね。↑橋の上の死闘。私は、1パートのみでスカッと終わって後は、引率のミッションです。本年は、橋の上の木にささくれが刺さる人、続出。↑山本勘助と柿崎景家の一騎打ちパート。結構、グタグタで長いので、バックでモ [続きを読む]
  • 【2017】川中島合戦戦国絵巻 その2
  • 前の記事の続きです。川中島合戦戦国絵巻 その2です。いよいよ戦闘シーンです。↑戦場にて待機する我、演出部隊、武田A隊です。↑何しているのかというと目薬を挿しています。(笑)この場所、ホコリがまって目が地獄のように痛いです。↑上杉軍の車懸りの陣で上杉軍が武田を攻めたてます。↑私らも出陣します。右端で抜刀しているのが私です。↑乱戦。橋を渡り攻めたてる上杉軍↑上杉謙信による三太刀七太刀。その後、上杉謙信を追 [続きを読む]
  • 【2017】川中島合戦戦国絵巻 その1
  • ■開催地 山梨県笛吹市石和町 ■開催日 2017年4月16日(日) ■主催者 笛吹市石和温泉観光協会 ■参加者 総勢900人 私は、演出部隊北川隊毎歴史イベントの先駆的な祭りで、全国各地の歴史ファン・時代祭好きが集まる祭りです。祭りは、笛吹市役所前の河川敷で行われ、武田陣と上杉陣に分かれ川中島の合戦が再現されます。一般参加者ら総勢900人が実際に鎧を身に付け、史実に基づき合戦を繰り広げます。出陣式のほか、有名 [続きを読む]
  • 【史跡】土岐高山城
  • 史跡めぐりの記事です。今回は、岐阜県土岐市土岐津町にあり歴史情緒ある下街道、高山宿に隣接する土岐高山城です。土岐高山城(ときたかやま)弘治2年(1556)、城主、高山伊賀守光俊が亡くなると、武田信玄の命を受けた平井光行が高山へ兵を進め城主となりましたが、その子の平井頼母は織田信長に属しました。そのため、天正2年(1574)に武田勝頼によって攻められ落城しました。その後は岩村城主・田丸直昌の支城となりましたが [続きを読む]
  • 【史跡】美濃鶴ヶ城
  • 史跡めぐりの記事です。今回は、前回紹介した土岐氏の居館、一日市場館の詰城にあたる美濃源氏の居城、鶴ヶ城です。鶴が翼を広げたような美しい縄張りの城です。鶴ヶ城(つるがじょう)築城は美濃守に任ぜられた源国房の時、初めて土岐氏を称した土岐光信の時、あるいは建仁元年(1201)源頼朝から美濃国守護に任じられた土岐光衡の時ともいわれ明白ではありません。城は鎌倉時代から戦国期まで使われ続け、武田方に対する織田 [続きを読む]
  • 【史跡】土岐氏発祥地 一日市場館
  • 史跡巡りの記事です。今回は、美濃守護として繁栄しました土岐氏発祥地となります岐阜県瑞浪市土岐町にある一日市場館です。本籍地、岐阜県民としては、感慨深い場所です。詰城の鶴が城は次回掲載します。一日市場館(ひといちばやかた)一日市場館は詰城に鶴が城の根古屋で美濃源氏である土岐氏によって築かれた居館で、土岐氏発祥の地とされています。土岐氏は鎌倉時代・室町時代に美濃守護に任じられると、この地は美濃国府とな [続きを読む]
  • 【2017】岡崎の桜まつり 家康行列 その2
  • 前のブログ記事の続きです。岡崎の桜まつり 家康行列 その2です。↑演武は、2時からと3時半からと2回行われました。一回目が終わり、少しの小休止にて。朝早く現地入りしていますが、なかなかノンビリしている暇もなくあっという間に一日が過ぎます。↑2回目の火縄銃演武の乙川河川敷の様子。射手が多いので、前列と後列にわけての演武となります。↑立ち撃ち一斉。火柱が見事に撮れてますね。↑お客さんに火縄銃の所作を解り [続きを読む]
  • 【2017】岡崎の桜まつり 家康行列 その1
  • ■岡崎の桜まつり 家康行列 ■主催者 岡崎市観光課・観光協会 ■開催地 愛知県岡崎市康生町(岡崎公園) ■開催日 2017年4月9日(日)  ■参加武者 鉄砲19名 陣方2名本年は、天候が不安定で心配でしたが、昼には快晴になりよき花見日和となりました。また昨年の大河ドラマで本多忠勝役を好演された藤岡弘、さんが本多忠勝役で参陣されました。藤岡弘さんと朝、祭り会場でお会いできまして、喋れて握手もできました。(嬉)↑鉄砲 [続きを読む]
  • 【おでかけ】八橋かきつばた
  • おでかけの記事です。杜若の名所、愛知県知立市の無量寿寺に行きました。さすがにまだ早かったですね。あんまし咲いていませんでした。無量寿寺(むりょうじゅじ)と八橋かきつばた園臨済宗。平安の歌人 在原業平の旧跡として、また5月に開花する、かきつばたの名勝地として有名です。ここのかきつばたは、平安時代の物語「伊勢物語」の第9段で在原業平が東下りの途中三河の国八橋で 「から衣  きつつなれにし  つましあれば [続きを読む]
  • 【2017】第45回光秀まつり暫定レポ
  • ゴールデンウィークの5月3日は、岐阜県恵那市で開催された光秀まつり参加しました。暫定レポです。岐阜県恵那市明智町は、遠山の金さんで有名な遠山氏の所領地で、光秀生誕の地の候補地の一つです。↑行列の開始地点より。朝早くの到着ですが、道中、まだ野桜が散り際の所もあり、藤も咲いており、とても綺麗でした。↑大正村とも呼ばれる街並みを粛々と武者行列で歩いていきます。↑なかなか今回は、行列がスピードが遅く牛歩 [続きを読む]
  • 【おでかけ】尾張津島 藤まつり
  • ゴールデンウィーク休暇に、愛知県津島市の藤まつりを訪れました。津島は、藤の他にも尾張津島天王祭がユネスコ無形文化遺産登録決定されたりと歴史資産の多い街です。尾張津島 藤まつりかつて津島市は「藤浪の里」といわれたほどの藤の名所。そして今に伝えるのが、毎年4月下旬から5月上旬にかけて行われる「尾張津島藤まつり」です。 会場となる天王川公園には、長さ275m、面積約5,034?の見事な藤棚があり、まつり期間中、夜 [続きを読む]
  • 第45回光秀まつり
  • ゴールデンウィークの出陣です。明智光秀誕生の伝承がある地として、名将光秀公をしのんで5月の第一日曜日に開催される明智町のお祭りです。恵那市明智町は、大正村として古い町並みが残る情緒ある街並みですよ。ものものしくも華やかな戦国武将の衣装に身を包んだ現代版「光秀」の武者行列が、光秀ゆかりの史跡が残る町を練り歩く。光秀公を先頭に、騎馬武将、少年が扮する少年武将行列、少女が扮する少女姫行列、山車が続く。山 [続きを読む]
  • 【2017】宗春おもちまつり その2
  • 前の続きです。宗春おもちまつり その2です。名古屋城春の陣 名古屋城二の丸広場での火縄銃演武の紹介です。↑天守を背景に火縄銃演武が始まります。お城に天守に桜っていいですね。↑東南隅櫓を背景に奥の桜が日当たりがいいため満開です。↑立ち撃ち順射↑弾込めの所作↑カルカで火薬を固めます。↑鉄砲の轟音と煙に包まれる二の丸広場↑隊を3つにわけて撃つ三段撃ち射法↑中膝放ち一斉↑千鳥早打ち順射↑演武も無事終了。鉄砲 [続きを読む]
  • 【2017】宗春おもちまつり その1
  • ■開催地 愛知県名古屋市中区本丸 ■開催日 2016年4月1日(土) ■主催者 NPO法人宗春ロマン隊「宗春おもち祭り2017」実行委員会 ■参加武者 鉄砲15名名古屋城の「春の陣」のイベント期間に開催されます。尾張名古屋の経済発展の基礎をつくった尾張七代藩主 徳川宗春をPRし、名古屋を元気な街へと活動している「NPO法人宗春ロマン隊」が企画する「宗春おもち祭り」。愛知県内で活動している文化・芸能を発信し、昔からある [続きを読む]