RYO さん プロフィール

  •  
RYOさん: 金森戦記外伝-歴史私記
ハンドル名RYO さん
ブログタイトル金森戦記外伝-歴史私記
ブログURLhttps://ameblo.jp/heavenryofukuto/
サイト紹介文金森戦記の管理人のブログです。
自由文飛騨の歴史、金森長近、金森氏の歴史紹介サイト「金森戦記」の管理人のブログです。日常や城・寺社仏閣・甲冑・時代まつりなどを掲載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2011/02/10 12:51

RYO さんのブログ記事

  • 【2017】越前朝倉戦国まつり 暫定レポ
  • 福井県福井市の一乗谷朝倉史蹟で開催された越前朝倉戦国まつりに参加しました。暫定レポです。真夏の炎天下2時に火縄銃演武と基本的に暑いのですが、本年は例年よりも暑くて火縄は汗で濡れて、銃身はかなり熱くなり、コンタクトは、曇って視界不良でかなりヘヴィでした。↑見知った戦友。今年は、いろいろな知り合いの方も参戦されていました。↑夜の越前朝倉万灯夜は、幻想的ですが、昼も沢山のお客さんが訪れて静かな一乗谷も賑 [続きを読む]
  • 【史跡】安田城
  • 史跡めぐの記事です。今回は、綺麗に整備されて曲輪が解りやすい国指定の平城の安田城です。堀に咲いている水連が見頃で綺麗でした。安田城(やすだ)城は富山県富山市婦中町安田にあった戦国時代末の平城です。存城期間が短かったため後世の改変がなく、当時の遺構をほぼそのまま残す全国的にも貴重な城跡です。城は、全国統一を目指す羽柴(豊臣)秀吉が越中の佐々成政を攻めた際、秀吉の本陣となった白鳥城の支城とされています [続きを読む]
  • 【おでかけ】おおかみこどもの花の家
  • おでかけの記事です。実家にお盆休みの帰省の際に、富山県に行ってきました。細田守監督の作品「おおかみこどもの雨と雪」の劇中モデルとなった花の家に行ってきました。おおかみこどもの花の家映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルになったお家です。まるで映画からそのまま抜け出してきたような、とても懐かしい、優しい感じで迎えてくれる古民家は、富山県中新川郡上市町にあります。現在も映画と変わらぬ姿で公開され [続きを読む]
  • 第47回越前朝倉戦国まつり
  • 本年も真夏の暑い時期で灼熱の一乗谷ですが、出陣します。現在、アニメ「信長の忍」で朝倉攻めで金ヶ崎の退陣をしていますが、真柄直隆とか朝倉の武将が登場していますね。 戦国大名・朝倉氏一族が栄華を極めた城下町跡。朝倉・浅井連合軍を再現した武者行列、約15,000のキャンドルの光で浮かび上がる「越前朝倉万灯夜」が見どころです。 開催日時 平成29年8月19日(土)〜20日(日)開催場所 一乗谷朝倉氏遺跡( [続きを読む]
  • 【2017】設楽原決戦場まつり その2
  • 前の続きです。設楽原決戦場まつり その2です。今回は、馬防柵での火縄銃演武の様子です。↑立ち撃ち一斉↑立ち撃ち順射↑千鳥一斉↑千鳥早打ち順射↑私がアップになっている弾込め所作の様子↑隊を3つにわけて連続して放つ隊別射法。無事にミスなく演武終了しました。↑長篠設楽原鉄砲隊の三段撃ち↑柵外での演武。行くとき使ってきたので言うのもなんですが、新東名の道路が著しく景観を損ねる。利便性と景観のバランスは難しい [続きを読む]
  • 【2017】設楽原決戦場まつり その1
  • ■第28回設楽原決戦場まつり ■主催者 設楽原をまもる会 ■開催地 愛知県新城市竹広  ■開催日 2017年7月2日(日) ■参加団体 、駿府鉄砲衆、大垣城鉄砲隊、堺鉄砲隊、愛知古銃研究会、長篠・設楽原鉄砲隊日本で初めて鉄砲が大量に使われた、1575(天正3)年の長篠・設楽原の戦い。その設楽原古戦場を舞台に火縄銃の演武や小・中学生による武者行列、子ども武者による馬防柵演武などが行われ、当時の様子が再現されます。↑ [続きを読む]
  • 【史跡】根本砦
  • 史跡巡りの記事です。マイナーな城の掲載ですいません。もうネタが枯渇しているんで・・・今回は、よく行く岐阜県多治見市にある「根本砦」です。地元の国人の居館と城址です。根本砦(ねもととりで)この地で土豪化した若尾氏が、詰の城としてここに砦を築き、平時は山麓の「御殿屋敷」に居住していた。天文年間(1532-55)末から天正年間(1573-92)初頭にかけて、武田勢が東濃へ侵攻して来たのに伴い、根本を最先端の拠点とした [続きを読む]
  • 【寺社】早雲寺
  • 今回は、箱根町にある北条の菩提寺、早雲寺です。小田原の役の時には豊臣秀吉の本陣となったお寺でもあります。早雲寺(そううんじ)大永元年(1521)北条早雲の息子氏綱により創建されました。小田原北条家の菩提所として栄えましたが、天正18年(1590)秀吉の小田原攻めの際に焼失しました。現在の伽藍は江戸時代再建以降のものですが、北条五代画像をはじめ戦国時代・江戸時代の文化をしのぶ多くの文物が伝えられています。(1)本 [続きを読む]
  • 天狼ノ星 (劇団ZTON )
  • 先週週末の土曜日は、蘭丸まつりやイベントや忘年会でお世話になっている劇団ZTONさんの公演「天狼ノ星 天の章と地の章」2作品を大阪福島区にあるABCホールに観劇に行ってきました。ちなみにABCホールは、福沢諭吉の生誕地です。蒸し暑い大阪の夏でしたが、観劇も楽しめて楽しい大阪の夜でした。写真は、アフターイベントの写真です。最近の劇団ZTONさんは、一作で作品が終わらない叙事詩的な超大作が多いですが、この作品もス [続きを読む]
  • 【続日本100名城】石垣山一夜城
  • ■所在地 神奈川県小田原市早川 ■遺構 石垣・堀・郭 ■城のタイプ 山城 ■築城者 豊臣秀吉石垣山一夜城は、豊臣秀吉の小田原合戦の際に本陣となった陣城です。この城が、世に石垣山一夜城または太閤一夜城と呼ばれるのは、秀吉が築城にあたり、山頂の林の中に塀や櫓の骨組みを造り、白紙を張って白壁のように見せかけ、一夜のうちに周囲の樹木を伐採し、それを見た小田原城中の将兵が驚き士気を失ったためと言われています。 [続きを読む]
  • 箱根武士の里美術館
  • 箱根町の「箱根武士の里美術館」に行ってきました。小田原合戦の際に、仙石秀久が奮闘した場所と伝えられる仙石原にある沢山の武具が展示してある美術館です。箱根武士(もののふ)の里美術館室町時代から江戸時代末期にかけての甲冑武具、大名道具、浮世絵、美人画、蒔絵、茶道具など収蔵品のなかから常時300点を展示。甲冑試着 1,500円〜、新撰組試着 1,000円、試着体験もできます。1階の2階の展示室があり、2階にはコンデショ [続きを読む]
  • 三国志 〜趙雲伝〜
  • 雑記です。WOWOWで放送中の三国志 趙雲伝っていう趙雲子龍が主役の中国ドラマを毎週も見てますが、最初の方は、全然三国志ぽくない話でしたが、董卓が死んでからようやく三国志ぽくなって毎週見るのを楽しみにしています。今回は、その話を書きます。製作費に40億かけたらしいのですが、ツッコミどころ満載のドラマですが、衣装が三国無双のような雰囲気。特にブルーの甲冑とかは、さすがに違和感を感じましたが、しかしなんと [続きを読む]
  • 【日本100名城】小田原城(中世)
  • ■所在地 神奈川県小田原市小田原 ■遺構 堀・郭 ■城のタイプ 平山城 ■築城者 北条氏五代戦国時代には、小田原北条氏の本拠地として、最盛期には、周囲9キロメートル余りにわたる総構を巡らした中世の日本最大規模の城郭として、関東地方に覇を唱えました。永禄4年(1561)年に上杉謙信、永禄12年(1569)年に武田信玄が攻めてきた際にも総構をもつ難攻不落の防御力にて撃退しましたが、天正18年(1590)の豊臣秀吉の小田原 [続きを読む]
  • 【日本100名城】小田原城(近世)
  • ■所在地 神奈川県小田原市小田原 ■遺構 天守・櫓・門・石垣・堀・郭 ■城のタイプ 平山城 ■築城者 大森氏・北条氏・大久保氏・稲葉氏室町時代、西相模に進出した大森氏が築いた山城が前身でこれを早雲が攻め取ってのち、北条氏の居城として関東に君臨しました。徳川氏の関東入封とともに大久保忠世が領有し、その子忠隣は改易、その後に入封した稲葉氏(稲葉正勝・正則)が近世城郭として整備しました。その後、大久保忠朝 [続きを読む]
  • 【武具】一社 日本甲冑武具研究保存会 全国大会
  • 一般社団法人日本甲冑武具研究保存会の全国大会が小田原城内の報徳二宮神社で開催されたので参加してきました。 一般社団法人日本甲冑武具研究保存会日本甲冑武具研究保存会は、鎧兜を中心に、馬具・陣羽織・旗幟・指揮具など武具全般を対象にした研究と、後世に伝えてゆくための保存活動を行っております。会の紹介も兼ねてHPアドレス付けときますね。会員募集中(とくに東海支部)こらら 同時開催の武具展「武者揃え」に出展され [続きを読む]
  • 【企画展】小田原城 武者揃え 戦の時代の装い
  • 私も所属している一般社団法人日本甲冑武具研究保存会の会員が出展されている企画展が小田原城で開催されたので見に行きました。小田原城天守閣もリニューアルされてマニアックで魅力ある企画展でした。小田原城天守閣は、昨年5月のリニューアルオープン以来、多くのお客様にご来城頂いております。これを記念し、これまでの小田原城天守閣特別展の中でも特に人気が高かった武具・甲冑展を開催いたします。今回は、一般社団法人 [続きを読む]
  • 【2017】設楽原決戦場まつり暫定レポ
  • 7月の暑い時期でしたが、設楽原決戦場まつりに参陣しました。暫定レポです。今回は、駿府鉄砲衆、大垣城鉄砲隊、堺鉄砲隊、愛知古銃研究会、長篠・設楽原鉄砲隊の5団体が火縄銃演武を実施しました。↑今回参加されている駿府鉄砲衆の見知った方々のお二人。いつも川中島合戦などで一緒に参加していますが、火縄銃関連では初めての共に参陣です。↑朝早く、現地で練習して本番に挑みました。暑かったですが晴れたので、撃つには [続きを読む]
  • 若獅子蘭丸2017参加者募集
  • 募集が6月4日からはじまっているので、こちらからも転機しますね。基本的には、オフィシャルブログのものを転載しています。 開催日時 10月15日(日)正午〜午後3時(着付け準備午前9時〜)開催場所 岐阜県可児市兼山本通 募集配役 下記図参照(文字入力がつらいので画像貼りました。) 上の項目が見ずらい場合は、こちら 森蘭丸、森可成、森長可が騎乗ありで甲冑フル装です。妙向尼、長可妻が着物衣装、姫車に乗ります。上の集合写 [続きを読む]
  • 設楽原決戦場まつり
  • 本年も参加します。詳細です。物凄く暑いか梅雨どきなので雨で難儀するか今まで、体力的に印象に残る祭りですが、やりがいもあり出てよかったと思うお祭りです。日本で初めて鉄砲が大量に使われた、1575(天正3)年の長篠・設楽原の戦い。その設楽原古戦場を舞台に火縄銃の演武や小・中学生による武者行列、子ども武者による馬防柵演武などが行われ、当時の様子が再現されます。開催日 2017年7月2日(日)開催時間 9:00〜14:30開 [続きを読む]
  • 【2017】第45回光秀まつり その2
  • 前の続きです。第45回光秀まつり その2です。明智町内の武者行列を終えてからの、橋の上での火縄銃の実演です。今回は、明智町の村長の竹下景子さんも拝見して頂きました。↑橋の上に隊列を整えます。人数が多いので隊を2隊にわけて演武します。私は、後軍となりました。↑最初の立ち撃ち一斉。これが始まるとゴールデウイークが始まった感じでテンション上がります。↑千鳥隊形、順射。↑腰溜め放ち一斉。橋の上に沢山の煙が立 [続きを読む]
  • 【2017】第45回光秀まつりその1
  • ■第45回光秀まつり ■主催者 光秀まつり実行委員会 ■開催地 岐阜県恵那市明智町 ■開催日 2017年5月3日(水) ■参加武者 鉄砲隊・陣方19名明智光秀公の出生地のひとつと推測される恵那市明智町にて「光秀まつり・ちょっとおんさい祭り」 が開催されます。名将、明智光秀公をしのび、明智町の浪漫亭駐車場からB&G海洋センターからまでの約1キロを行列して火縄銃を持った鉄砲隊を先頭に、馬に乗った明智光秀・明智光春・斉藤内 [続きを読む]
  • 【おでかけ】あじさいまつり 大塚性海寺歴史公園
  • おでかけの記事です。梅雨ですね。梅雨の紫陽花を見るので毎年どこかの名所に行くのですが、本年は、愛知県稲沢市の大塚性海寺歴史公園に行ってきました。大塚性海寺歴史公園性海寺は、弘法大師ゆかりの古刹です。本堂・多宝塔などは重要文化財に指定されています。園内にはガクアジサイをはじめ、ヤマアジサイ、西洋のアジサイなど約90種1万株が植栽され、6月には園内一帯にアジサイが咲き誇り、人々の目を楽しませてくれます。 [続きを読む]
  • 【史跡】田中城
  • 史跡巡りの記事です。今回は、縄張りが円形の唯一無二の城、田中城です。ミステリーサークルもしくは、ウォール・シーナ、ウォール・ローゼ、ウォール・マリア、進撃の巨人の街と同じ構成の城です。田中城(たなか)田中城は徳川家康の死因ともいわれる鯛の天ぷらを食した城です。かつては今川氏と武田氏とが奪い合った城で、山県昌景が城主を務めたこともあります。この城の特徴はなんといっても縄張で、本丸を中心に、直径約600m [続きを読む]
  • 【日本100名城】駿府城
  • ■所在地 静岡県静岡市葵区城内 ■遺構 櫓・門・石垣・堀・郭 ■城のタイプ 平城 ■築城者 徳川家康駿府城は、関ヶ原の合戦後で慶長8年(1603)に徳川家康が征夷大将軍に任じられ江戸幕府を開き将軍職を子の秀忠にゆずり慶長10年(1605)に大御所として築いた城です。徳川家康亡き後は、秀忠の三男、徳川忠長が城主となりますが、忠長が転封となると立地上の重要度から江戸時代には、大坂城と同様に幕府直轄領となり駿府城代が置か [続きを読む]
  • 【日本100名城】駿府城天守台 発掘現場
  • 駿府城天守台 発掘現場にいってきました。現在、大規模な発掘調査現場となっており胸高鳴りました。大御所徳川家康公が愛した駿府城は、その天守台が江戸城をしのぐほどの大きさと言われており、多くの大名が築城に動員されたことから、天守台跡地には様々な文化財が埋蔵されている可能性があります。現在、その全容を明らかにするため、天守台跡地を発掘し、重要な歴史的遺産を発見するための調査を行っています。発掘調査の現場 [続きを読む]