音点庵 さん プロフィール

  •  
音点庵さん: 音点庵の若女将成長記♪
ハンドル名音点庵 さん
ブログタイトル音点庵の若女将成長記♪
ブログURLhttp://ameblo.jp/tontenan/
サイト紹介文正倉院に残る象牙「撥鏤(ばちる)」の菓子切や、帯留。美しい着物とともに修行中の若女将がご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/02/11 14:40

音点庵 さんのブログ記事

  • お盆のお休みのお知らせと、温かい御馳走。
  • ◆お休みのお知らせ ?13日(日曜日)〜8月17日(木)まで、お盆のお休みをいただきます。お電話は、つながりますので、お気軽にどうぞ。 ◆呉服の佐々木  ℡ 0776−22−4124 ー贅沢な御馳走ー。 お客様から、美味しいものをいただきました。なんて、贅沢な食卓。 なあんて、思っていると、お写真を撮り忘れてしまうのですが(笑) お心遣いを、本当にありがとうございます。 福井でも美味しいと有名なとある [続きを読む]
  • 軽井沢
  • 暑い毎日ですが、いかがお過ごしですか。 先日、両親や兄弟家族と、軽井沢に行ってきました。 私は、10年ぶりの軽井沢です。 星野グループの色々なものが出来ていて、まあ。なんて素敵☆。 しかし、我が家は、男ばっかり。 素敵なカフェや、レストランとは、無縁なのです・・・。?? ショッピングも、愉しくない!美術館なんて、行きたくない!そんなところ、興味ない!はあ・・・・。とは、小学高学年の長男。 しかも、雰囲 [続きを読む]
  • 着物 図案から打ち合わせをする想い 
  • ホームページの店主の眼にて、図案から打ち合わせをする想い 店主は、お客様のお好みなどを考えながら、一点一点、別注をすることが多く、そのことについて書かれています。 オリジナルだから、良いということではなく、佐々木好みを作っている。から、すごい。ということでもなく、想いは、実にシンプルです。 ホームページを少しずつ更新しています。よろしければ、ご覧なってくださいませ。 夏の着物も更新 [続きを読む]
  • 感謝。ありがとうございました。
  • 生憎のお天気でしたが、ゆかたと夏の着物の会に、足をお運びくださったお客様。 また、県外の方や、遠く九州からから、ご連絡をくださった方もいらっしゃいました。 本当に、うれしく、心からお礼申し上げますm(__)m。m(__)m。ありがとうございました! 小さなお店ではありますが、扱っているもの、扱う姿勢、専門性は、業界の中でも、とても高いお店です。 ただ、売り込みや、自己アピールの下手な私たちで [続きを読む]
  • ゆかたで、トキメキのそぞろ歩き。(会のご案内)
  • 日本の美は、情緒を大切にするとか。五感を通して静かに心をひきつけられます。 「ゆかた」は、「日本の美」の入り口でもあります。 折角なら日常を離れて「美の気配」が深まるようなゆかた姿で出かけませんか。 今年の佐々木ならではのゆかたが揃いました。 「 ゆかたと夏の着物の会 」 平成29年6月7日〜10日(土)場所 呉服の佐々木(ホテルフジタ1F) 少数精鋭にて、ゆかた、夏 [続きを読む]
  • 日常から少し離れて。
  • 夏を思い浮かべるような陽射しのなか、お茶会のお手伝いで忙しくしていた店主。 時折、お土産を持って帰ってきます。 昔は見向きもしなかった和菓子ですが、味覚が変わってきたのか、味が分かるようになったのか(笑) 本日は末富さんのお菓子と聞いて、頭の中に?マークが。(笑)。 末富の店主が、わざわざ、京都から大量のお菓子を抱えて持ってきてくださったそうで、 そんなお菓子の背 [続きを読む]
  • 心潤うとき。
  • 花筏という植物をご存知でしょうか。 夏のころに、葉の上に、黒真珠のような実を一つ抱きます。 季節になると、お店に飾っているのですが、(写真を探すのですが、見つからないッ!) とある雑誌に、新芽の頃のみ、天ぷらにして食べると美味しいと。 どうしても食べてみたかった店主。 朝一番に、取ってきて、自分で揚げて、朝食に出してくれました(笑)。 一口食べてみると、美味しい! サ [続きを読む]
  • ホームページの作成を通して想うこと。
  • 新緑が美しい季節で、外に出るのが楽しいですね。 最近の私は、ホームページを一生懸命、作っています。 店主は、着物の「眼」に定評があり、専門的知識も豊富。しかも、バカ正直なので、一部の眼のあるお客様には、とても、信頼して頂いていますが、 なにせ、不器用な私たちは、上手に、アピールするのが苦手(笑)。 すこしでも、店のスタンスをお伝えできたら・・と店主に代わって、私が作っ [続きを読む]
  • 一花三季。−花筏ー
  • 福井も、桜が美しい季節になりました。 桜より、梅が好きだ・・なんて、思っていたけれど、 圧倒的な桜の美しさに、毎日、眼を奪われっぱなしです。(笑)。 日々、違う姿を見せる桜ですが、 私の一番好きな姿が近づいてきました。 春とばかりに風に吹かれる桜吹雪に、お堀に描かれる壮大な花筏。足元を見れば、花びらの絨毯。 絵巻物の中にいる錯覚になりますね。 どなた [続きを読む]
  • 入園式!何着ていく?
  • 春らしい、うららかなお天気が続く福井です。 明日は、次男の入園式。 うちの次男は、やんちゃすぎて・・。 先日も、静かに何をしているのかと思えば・・・。 買ってきたばかりの洗剤を、どくどくどくと・・。楽しそうに洗面で流していました。Σ(゚д゚lll)ガー ン。 そんなやんちゃ半端ない次男なので、 明日は、汚れても構わない花菱小紋という無地感覚の着物にする予定です。 帯も、名古 [続きを読む]
  • 卒業式。学校の先生の装いに想う。
  • 卒業式のころ。 「春の戸」という言葉が好きです。 別世界への扉を開ける時期は、いくつになっても、何だか、切ない。 庭に、窓の月が、ようやく、次々、花開きはじめました。袴と言えば、生地は、何でできているか、考えてみたことって、あるでしょうか。 今は、袴と言えば、レンタルが多いのでしょうが、レンタルは、絹ものではないので、 絹の袴を作りたいという学校の先生が、毎年、ぽつぽつといら [続きを読む]
  • 【ご質問】着物に触ると柄の部分がニチャニチャするのはどうして?
  • 梅の花がほころぶと、長い冬の終わりを感じます。年齢を重ねてくると、不思議なもので、桜よりも、梅の花に心ひかれるようになります。桜はまぶしすぎて(笑)。 先日、お客様より、他店様でご購入された訪問着のお手入れをお預かりしたのですが、その際に、ご質問をいただきました。 「柄の部分を触ると、ニチャニチャするのですが、どうしてでしょう・・」 確かに触ると、ニチャニチャします。 当店では、 [続きを読む]
  • 年齢を重ねるということ。
  • 雪がちらつく寒いころ、とあるお茶の先生が、袋帯をお誂え下さいました。 選んだ帯は、眼の有る方らしい、味のある金地の無地。 味があるというのは、金地ながら、ムガシルクという野蚕を用いているため、 風合いが、柔らかで軽やかで、多くの方が締めている西陣の金色の帯とは味わいが、各段違う。 その帯をしめて、お店に少しお立ちより下さったのですが、 おぐしを上品に整えて、ほのかにお化粧をさ [続きを読む]
  • 四季を感じる。
  • とうとう、雪が積もり、寒い福井となりました。福井県民としては、こうでなければ、冬を過ごした気持ちになりません(笑)。 フジタホテルの隣の中央公園は、あたり一面、雪野原なのですが、咲いていましたよ! 梅の花。 雪の中に、確かな春を感じるこの瞬間が、とても好きです。 花を開く梅を見たら、ふと、思い出し、一刀彫のお雛様を、お店にも飾りました。 何気なく、過ぎていく日々に、意味を込め [続きを読む]
  • 御殿の雛飾り。
  • ?だというのに、春のような陽気の福井です。 「雪が解け、草が萌え出し、花が咲く。」 父が、孫たちのために、少しずつ、今年は2つのお雛様を出したそうです。 そのうちの一つ。我が家に、女の子が生まれたら、譲ってね・・と言っていた御殿の雛飾り。 残念ながら、我が家は男の子二人です。(笑)。我が家にはなくて、実家にあります。 お部屋が暗くて、ちょっと、写真が粗いです [続きを読む]
  • 新春の京都
  • 新しい年の初めの京都。 色々な仕入先の初春のおもてなしや、京の町の迎春の雰囲気が大好きです。 今年は、残念ながら、仕入先しか回っていなくて、あまり、お正月!という雰囲気を感じられなく・・・。 気候も関係しているのでしょうか。 春先のような温かさ。それでも、福井も、京都も晴天。 福井ではあまり、お見掛けしませんが、京の町では、神鈴をお正月に飾るお店をしばしばお見掛け [続きを読む]
  • 丁酉ーひのととりーに願いを込めて。
  • 新春を迎えまして、皆さまのご多幸とご健康をお祈り申し上げます。 本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。 1月5日より営業となります。呉服の佐々木  晴天の続くお正月となった福井から、若女将です。毎年年末になると、お正月の飾りを、どうしようかと、漠然と考え始めます。 ホテル内にある当店。佐佳枝神社がお隣にあることもあり、初詣に来られる方々に、少しでも、お祝いの気持ち [続きを読む]
  • 日本人の精神性を想う。
  • 暖かい冬を迎えています。お正月には、清浄な雪景色・・・が良いですね。 先日、お客様が能の舞台に出られるということで、誘われて行ってきました。 新しくなった能舞台にて、特別講演は、重要無形文化財総合認定者 辰巳万次郎氏が主役。 能鑑賞デビューの私ですが、正直、歌舞伎よりも、感動してしまいました。 能楽師の方だけでなく、地謡、鼓み、舞台の上の方々が紡ぎ出す空気は、た [続きを読む]
  • 可愛い振袖姿。ー振袖の選び方ー
  • ここ、数週間、県外の方々の、七五三、結婚式、お宮参りが、何件も重なり、慌ただしく過ごしております。 そんなわけで、ちょっと、遅れてしまいましたが、ずっと、ブログにあげたかったお写真。 先日、成人式の前撮りのついでに、お立ちより下さいました。美しくて、愛らしいお姿に、主人も、私も、デレデレでした(笑)。 才女でありながら、可憐で、何て愛らしい。美しい方の着物姿はこんなに、うれしくて、幸 [続きを読む]
  • 筋の通った思いに想う。
  • 銀杏があまりにきれいで、見とれています。 先日、お客様から、お菓子を頂いてきた店主。何気なく包装紙に目を向けると、「吉はし」と。 金沢で、店頭販売をせず、予約しないと食べられないというお店。知る人ぞ知るお店である。 最近は、雑誌にも良く出ているそうですが、店頭販売をしていないことに変わりなく。 キャー。うれしい♪ 早速、お福分けとばかりに、お見えになったお客様にもお出し [続きを読む]
  • (ご質問)着物は、初心者でも量より質で良いのでしょうか。
  • 写真は、今年最後の秋明菊となるでしょうか。「花はそのままで風情がある」と、茶花好きな義母が良く言っていたことをふと、思い出します。本当にその通りで、私の無駄な抵抗など全く必要としない。そのままで、何て愛らしい。 先日、福井新聞にのっていた華道家 前野博紀氏のコラムにひきつけられ、何度も、何度も眼を通しています。 「花無心にして蝶を招く。願わなければ叶わないのも、真実ですが、機会を大事に、 [続きを読む]
  • 店主、何してるの?専門店ならではの1コマ。
  • 秋も深まりつつあります。そろそろ、秋の草花も終わりに近づいてきました。これからは、紅葉と、椿の開花が待ち遠しい。 反物にかじりついている店主。 「何してるの?」 それは先日、お客様にお求めいただいた牛首紬。店主は、こうやって、仕入れた反物や、お求めいただいた反物を、シュルシュル〜シュルシュル〜と隅から隅まで、よく、見ます。 いえ、しつこい。くらい。(笑)。 お客様に、他 [続きを読む]
  • 今日は十三夜でした。不思議な力。
  • 秋の花が咲き誇るようになりました。我が家の近くでは、たかのはススキや、秋明菊、ホトトギス、フジバカマ、紫式部、水引・・。このまま散ってしまうのは、はかなすぎると、咲き誇るままに、手折り、そのまま、入れてみました(笑)。 お店からの帰路、ふと、何か、視線を感じ、空を見上げると、月が見事に霞んでいて、なんて素敵。 この季節は、妙に月が気になります。 なあんて、思っていたら、今夜は、 [続きを読む]
  • 新しいホームページが出来ました。
  • 家にいると、庭で咲いている金木犀の香りに、ふと、秋を感じています。 数年前より、音点庵以外に、本業の「呉服の佐々木」のホームページを作ろうと思いはじめましたが、妊娠・出産により、随分時間がたってしまいました。 数年を経て、ようやく完成しました。完成と言っても、直したいところや、修正しなければならないところなど、まだ、たくさんあり、少しずつ、手を加えていきたいと思っています。 ホームペ [続きを読む]
  • 振袖に愛らしい真綿入り草履。
  • 最近の我が家は、専ら、「真田丸」。戦国時代好きの長男の影響を受けて、歴史嫌いだった私も、いつの間にか、興味津々で、長男の本にまで、手が。大河ドラマでは、どこまでが史実かどうかが気になり始めて、調べたりしてます(笑)。 歴史は、語ると言いますが、結局は、まっすぐで、恩義に忠実で、純粋な人は、抜け目のない人にはかなわないのだろうか・・・と、複雑な気持ちにもなっています。浅はかな私の知識。違 [続きを読む]