ビーフ さん プロフィール

  •  
ビーフさん: ドクトル・イトウの地球の果てまで
ハンドル名ビーフ さん
ブログタイトルドクトル・イトウの地球の果てまで
ブログURLhttp://www.itonaika.com/column/
サイト紹介文世界60ヶ国を訪れた院長の、ちょっと変わった見聞録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/02/11 17:00

ビーフ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 第157回 マサイマラ(ケニア):ヌーの川渡りを見てみたい その9
  • 明けましておめでとうございます。「ドクトル・イトウの地球の果てまで 」も7年めに突入します。これからも国内外を問わず、絶景に出会った時に更新していきたいと思います。新年の一発目は、ヌーの川渡りのエピローグから始めたい。現場に着くと、そこは大混雑で前が見えない。でもさすがマンデラ、奇跡的にマジックのように我々を最前列に連れて行ってくれた。隙間から川辺を見ると、何かが動き出している。すると大歓声が沸き [続きを読む]
  • 第156回 マサイマラ(ケニア):ヌーの川渡りを見てみたい その8
  • ではでは、今回の主役、ヌー。今までは注目することもなく、その辺にいてるという感じだったのだけど。。。ドライバーが川渡りの舞台になる、川辺に連れて行ってくれた。対岸には、何台かサファリカーが同じように見に来ている。川面に何か岩のようなものが、ポツポツと。よく見てみると、ヌーの死骸だ。川渡りに失敗したヌーが、このような無残な姿で残っている。その壮絶さが伝わってくる。いったい、どんなドラマがここで繰り広 [続きを読む]
  • 第155回 マサイマラ(ケニア):「ヌーの川渡り」を見てみたい その7
  • 今回出会った動物達をもう少し。アリ塚の上で昼寝中のチーター。ライオンよりも出会う確率が低いし、何と言ってもかっこいい。今回、チーターを見たのは一度だけだったが、なかなか精悍なチーターだった。虎との違いは一目瞭然、模様はシンプルな黒点、顔の縦縞が特徴だ。ドライバーが何やらすごい情報をゲットしたようで、サバンナを大爆走して現地到着。ブッシュにサファリカーが大渋滞。いったい何が???こんなのが何で見つけ [続きを読む]
  • 第153回 マサイマラ(ケニア):「ヌーの川渡り」を見てみたい その5
  • 今回初チャレンジするのが、気球の上からサバンナを眺める、「バルーンサファリ」。滞在した「Little Governors' Camp」はこの「バルーンサファリ」の出発場所でもある。昼間に見ればただの平地。早朝にここから気球が出発する。「Little Governors' Camp」の宿泊者は徒歩数分でここに来れるので、非常に便利。早朝、まだ真っ暗な中、気球の準備が進められる。客たちはコーヒーを飲みながら、気球が膨らんでいく様子を楽しむ。轟音 [続きを読む]
  • 第149回 マサイマラ(ケニア):「ヌーの川渡り」を見てみたい その1
  • 半年ぶりの更新だ。10年間の海外生活で、撮りためた写真や旅行ネタはまだまだ山のようにあるのだが、時の流れと共に、旅行記を書くにはさすがに古すぎるネタとなってしまい、開業以来続けていたブログの更新も止まっていた。今回、なぜかふと、アフリカにまた行ってみたくなった。「アフリカの水を飲んだものはアフリカに帰る」という言い伝えがあるが、スーダンの水を2年間飲んだ者として、自分もそうなのであろうか?実際には [続きを読む]
  • 第148回 「天空の城」竹田城跡(日本):日本のマチュピチュ その3
  • では、今回は竹田城跡そのものと、麓の街並みを紹介する。「天空の城」も、日中に麓の住宅地から見上げると、今ひとつパットしない。最寄りの駅は、JR播但線の竹田駅。駅舎は結構洒落たたたずまい。駅舎の裏から登山道がはじまる。線路の向こう側へは、線路の下をくぐっていく。こんな感じで、線路の下は通路になっている。駅の山側には水路が流れていて、寺が建ち並んでいる。城下町らしい街並みだ。水路には立派な鯉が泳いでいる [続きを読む]
  • 第146回 「天空の城」竹田城跡(日本):日本のマチュピチュ その1
  • このブログを始めて6年目に入ったが、今回はじめて日本の景色を取り上げたいと思う。最近、テレビCMなどで取り上げられ、「天空の城」、「日本のマチュピチュ」として注目されている「竹田城跡」。ペルーで4年間を過ごした自分としては、いったいどんなもん?と、実際に行ってみた。雲海に浮かぶ「天空の城」を見るには、その対岸にある「立雲峡」の展望台から見るのが一番いいらしい。「雲海」はいつでも見られるというものでは [続きを読む]
  • 第137回 「天空の城」竹田城跡(日本):日本のマチュピチュ その1
  • このブログを始めてもうすぐ5年になるが、はじめて日本の景色を取り上げる。最近、テレビCMなどで取り上げられ、「天空の城」、「日本のマチュピチュ」として注目されている「竹田城跡」。ペルーで4年間を過ごした自分としては、いったいどんなもん?と、実際に行ってみた。雲海に浮かぶ「天空の城」を見るのは、その対岸にある「立雲峡」から見るのが一番いいとのことで、早朝に麓の駐車場に車を駐めて、展望台まで登っていった [続きを読む]
  • 過去の記事 …