itchann さん プロフィール

  •  
itchannさん: 何がなんでもキャンプだし
ハンドル名itchann さん
ブログタイトル何がなんでもキャンプだし
ブログURLhttp://campdaisuki.blog9.fc2.com/
サイト紹介文キャンプ場やキャンプ用品・キャンプ道具の情報、ファミリーキャンプのためのアクティビティ情報を発信中。
自由文もちろん一年のうち2ヶ月を外で過ごすことを目標にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供309回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2011/02/11 17:22

itchann さんのブログ記事

  • まさかお花見キャンプになるとは…  
  • 前夜、夜更かしをしてしまったのです。目覚めたらもうこんなに明るくなっておりました。自宅では夜明け前に起きることが珍しくありませんが、キャンプだと寝坊することが多いのは、いろいろと楽しいことがありすぎるせいかもしれません。起きてすぐ、と言ってももうすぐ7時ですが、その楽しみのひとつをすでに見つけております。思っていた通り、ちびストーブは熾火状態を保ち堪えてくれましたが、そこに地場産のナラ薪を投入する [続きを読む]
  • キャンプの食事・質より量を優先せざるを得ない時期
  • 埼玉県入間郡越生町に所在するスパリゾート、ゆうパークおごせに赴いたのは、昨年末以来となる非ソロキャンプだったから。すでに真冬は過ぎつつあります。年明けから2月までにソロで出ていた時に見たこんな光景は、もう今シーズンは見ることはないでしょう。子連れキャンプから3ヶ月くらい経ち、暖かくなってくると… 我が家の男児たちもキャンプに行きたい誘惑に駆られるようです。そこでいつも訪れる道志方面ではなく、もしか [続きを読む]
  • 入浴施設アリのキャンプ場・埼玉と山梨のビミョーな違いが面白い 
  • 3月中旬を過ぎてだいぶん日が伸びましたが、18時半を過ぎればもう暗くなってしまいます。幕内はケロシンランタンを点灯させ、シュラフも収容状態からロフトを回復させるべく、サックから出してあります。これから入浴と晩メシです。リトルインディアンビレッジのテントサイトから、ゆうパークおごせの本館までは徒歩3〜4分。入浴の受付を済ませて1階フロアに入ると、桃の節句が終わったばかりだというのに… すでに五月人形が [続きを読む]
  • 連休中日に温泉直近キャンプ場を予約できる土地とは?
  • 春分の日を含む3連休でしたが、もろもろの事情があり、出かけられたのは連休中日の19日から。もちろんキャンプですが、珍しい場所を走っています。彩の国。つまり埼玉県です。今回目指す場所は飯能近辺なのですが、世間的にはキャンプもそろそろオンシーズンに入りますから、出遅れた感がありましたし、連休中日から入れるキャンプ場などそう易々と探せるものではないだろうと思っていたところ… ここを探し当てたのは3月中旬。 [続きを読む]
  • 撤収中に最も苦労したのがペグ洗いだった件
  • テンティピユーザーになってから早3年…巨大なジルコン15を設営撤収していると、いろいろな方から声をかけられることがありますが、その大半は幕体のあまりの大きさに対する感嘆と、呆れる思いから溢れ出た言葉。そう、 「 たいへんそうだなぁ 」 というのがいちばん多いです。が… ワンポールテントは例え巨大であっても、見た目の大きさほど設営撤収は大変ではありません。ワンポールがゆえです。他のキャンプ好きな方々も同じ [続きを読む]
  • ちびストーブ4への提案・次バージョンは構造的欠陥を見直すべきかと…
  • 1ヶ月ほど前、ツイともさんからこう訊ねられました。「 ちびストーブいいですね!… ( 中略 ) … 純正の脚を利用せず、テーブルに載せているのは何か理由があるのでしょうか? 」そうなんです。ちゃんとした理由があるのです。ただ載せているのはテーブルとはちょっと違って、カシワグリルだったりします。以前はオガワデフォルトの脚を筐体に差し込んで使っていたのです。しかしちびストーブは煙突用排煙口が筐体横から出ている [続きを読む]
  • マンティスチェアのポールリペア、再び…
  • 昨年5月に中古部品取り品を入手し、ポールを交換して復活したエーライト マンティスチェアです。その後数回のソロ行ではきちんと活躍していてくれたのですが、実は昨年末のキャンプの時、再びこんな状態になりました。ショックでその時の画像を残せなかったのですが、過去のリソースとほぼ同じ体で壊れました。要は座る人間が体を預け、その重さを支えるポール… その結合部が破損したということです。ふと思いついたのは、過去 [続きを読む]
  • 大光量がゆえケロシンランタンのメンテに欠かせない学用品?
  • 加圧式灯油ランタンはとにかく明るいのです。灯油はレガシーな燃料で、前世紀中にその技術が円熟点に達したのだろうと思いますし、その燃料の特質がゆえ、汚れやすいことは分かっています。昨秋のキャンプでこれまでさんざん酷使してきた639のホヤ汚れを、台所用洗剤の原液を使って磨いたら、ビックリするくらいキレイになりました。上の画像の左が磨き前で左が磨いた後の状態。もちろん完全に冷えた状態で処理しております。しか [続きを読む]
  • 巨大ワンポール内暖房にアルパカストーブって意味があるのかというと…
  • 時刻はもうすぐ22時。幕内に戻り、就寝準備を始めます。ちびストーブにナラ薪を数本投入。この時は燃焼が上手く進んでいたようで、幸い扉を開けても幕内は煙くならず。新たに投入した薪に火が回り始めたのを確認して… 扉を閉じます。吸気口も全閉状態です。ランタンは点灯させたままですが、真冬にキャンプしている時より暖かくなってきたので、実験してみることにします。幕内副暖房であるアルパカストーブ、今回の就寝時は使用 [続きを読む]
  • 標高800メートルの地の晴れた夜は美しくないワケがなくて…
  • これを頂いたのはいつだったか… 贈り主は久保キャンプ場の管理者様で、寒い時季の利用者に無償で配布された物を食材コンテナの中に温存してあり、やっと食べる日を迎えました。しかし最近は担々麺ばかりキャンプで食べている気がする…(^^ゞ 450ml のお湯で茹でるので、ちょうど良いクッカーはやはりこれ。MSR ストアウェイポット。の775cc サイズ。DUG焚火缶のSもありますがその容量は1160mlとやや大きすぎますから、やはり775 [続きを読む]
  • ソレルの防寒性能は設営中の足元にとっても優秀なのですが…
  • 今はすでに伝説になってしまったガレージブランドである、デザインリコさんのミニテーブルの上には、ティッシュボックスが鎮座しております。どうもこの日、本格的にデビューしてしまったようで… 往路で違和感を感じ、マスクも買っておいたのは正解でした。そう、花粉症。杉花粉の発生源みたいな場所に来てしまったせいでしょう。鼻腔がチリチリする感覚は以前からあったのですが、その発生頻度がこの日は激増してしまいました。 [続きを読む]
  • ペグの抜き差しにキャンプ道具屋のハンマーなど必要ない
  • 誰が言い出したのか分かりません。ここは都心からのアクセスも良いキャンプ場密集地である道志みち沿いにあっても、「王者」にあたるのだそうですが、それは夏に来た時の話。暑い時なら人気絶頂な天然プールのほとり、3月の今は隣に設営された方に気を遣う必要がありませんから、何の遠慮もなく、ソロでも直径6メートルのテントを設営することが適います。では本題。今までのキャンプで毎回必要とは感じなかった道具のこと。これ [続きを読む]